日本三大鍾乳洞・龍河洞、、、スベる巨匠と神の壺【平成最後のGW・8】(高知県香美市)

四国で過ごすGWの3日目を迎えた我が家。
2019年5月29日、、朝7時半。
夜行バスで追いかけてきた長男坊とも高知駅で合流し、
晴れて家族4人が揃いました。
この日は朝から雨模様ですので、、
屋根のある観光地、、龍河洞を目指す事にしました。
画像

その前に、アサメシですね。
朝から営業している店を探しながら市内を走ると、、
路面電車のオデコの部分に、「ごめん」の文字が!(↓の写真)
有名な、土佐電鉄のごめん電車ですね。
行き先の「後免」をカナで標示している訳です。
ちなみに、反対側の終点は「伊野(いの)」ですので、
「ごめん」と「いーの」で行き来しているんですよ。
せっかくの「ごめん」の文字は、ワイパーが被ってしまいました。。
雨のイヂワル。。
画像

やっと見つけた店は、「なか卯」でした。(↓の写真)
「32号高知葛島店」とあります。
新宿・マクドでバンメシを食べて夜行バスに乗り、
降りたら高知・なか卯でアサメシ、、
なんだか長男坊がフビンです。
でも仕方ありません。
コンビニのオニギリよりはマシでしょう。
画像

マナムスメは「和風牛丼(並)」380円。(↓の写真)
朝から牛丼ですか、、さすが肉食女子ですな。
なか卯のソレは、しらたきが入っているのですね。
やっぱりワタクシは吉野家が好みです。
アキバ界隈では、サンボのほうが幅を利かせてますが。。
画像

長男坊も負けていません。
「4種チーズの親子丼」590円。(↓の写真)
これまたパワフルですな、朝から。
夜行バスで疲れた体を癒す?
まあイイでしょう。癒されなされ。
画像

ここでワタクシが参戦すれば、、、
富士山5合目・朝飯ドンブリ合戦の再現という事になりましょう。
あの時は、マナムスメ「カルビ丼」、長男坊「親子丼」、
そしてワタクシが「かつ丼」でしたっけ。
でも、今回は辞退いたします。
トシヨリにムリは禁物。若い者だけで盛り上がりなさい。
で、選んだのは「目玉焼きベーコン朝定食」390円(↓の写真)
なかなか豪華で、なのにエコノミーでしょ? エッヘン。
別に、ワタクシがエラい訳ではありませんが。
画像

もちろん、カミさんもドンブリ合戦には参戦せず、
注文は「海老かきあげうどん」430円です。(↓の写真)
さすがオトナです。キチンと生きています。
カミさんは、富士山5合目でも「きのこそば」を頼んでいましたもの。
それから比べると、、少しばかりゼイタクではありますね。
画像

ハラも満たされ、、、、
龍河洞に到着しました。
恐れ多くも、日本三大鍾乳洞のメンバーです。
ちなみに、後の2箇所は岩手・龍泉洞と山口・秋芳洞ですね。
国の天然記念物にも指定されている、栄えある鍾乳洞なのですが、、
まったくさえない、このゆるキャラはナニゴトでしょうか。(↓の写真)
「龍河洞リューくん」というそうです。。
画像

この絵のタッチに、なんとなく見覚えがあると思ったら、、、
そうそう、やなせたかし画伯の作品ですよ。
地元・高知が生んだ巨匠が、じきじき生み出したキャラでしたか。。
我が家の2人たちも、アンパンマンにはずいぶんお世話になりました。
それはそれとしましても、、このリューくんは、、、ねぇ。。
きっと、発注元の担当者も、地元の巨匠の作品にダメ出しは出来なかったんでしょうね。
フクザツな、オトナの事情の世界ですよ。
マンホールのフタにもリューくんの姿が。。(↓の写真)
やっぱりサエません。。
画像

気を取り直して、龍河洞に入りましょう。
入り口に至る階段を登る二人達。(↓の写真)
実はすぐ横にエスカレーターがあるのですが、
あえてソレを使わない、ツオい子供たちです。
画像

これが、龍河洞の中身です。(↓の写真)
決して一本道ではなく、ずいぶん入り組んでいるんですね。
赤い線が現在の見学ルートです。
かつては違うルートが公開されていた時期もあったんですって。
黄色い線は、1クラス上の「冒険コース」。
専用の衣装に着替え、ヘルメットを被った上で、一般未公開ルートに立ち入るそうです。
通常の入場料1100円の他に、冒険コース代1000円、衣装や長靴類のレンタル1000円が加算されます。
けっこうなお値段になりますが、、、、
なかなかの大人気で要予約。
その予約もビシっと埋まっていまして、キャンセル待ちは必至との事でした。
よって、飛び込みでチャレンジしようとしていた我が家は、アウトです。。
画像

仕方なく、一般コースを突き進む我が家。(↓の写真)
一部狭いところもあるものの、概ね快適です。
思いのほか水が澄んでいないのは、外が雨だからでしょうか。
画像

急峻な個所にはキチンと梯子が掛かっています。(↓の写真)
実はワタクシは2回目なんです。
もちろん細かい事は覚えちゃいませんので、
新鮮なキモチで見学させて頂きましたですとも。
画像

女木島の人工洞窟と違いまして、、、
大小様々な鍾乳石がお出迎えですよ。
初めて来た時は、主だった見所にスタッフが立っていまして、
アレコレ説明してくれたのが印象的でした。
しかし、今回はスタッフの姿がありません。
コストカットの為に廃止されてしまったのでしょうか。。
画像

カラフルなライトアップもステキです。(↓の写真)
こういう工夫も楽しいですよね。
日本一長いと言われる岩手の安家洞は、
あまりにも地味すぎて飽きましたですもの。。
画像

やややや! 説明員を発見!
黄色いウィンドブレーカーの御仁が、そのお方です。(↓の写真)
我が家は8:30のオープンとほぼ同時に入場しましたので、
スタッフの配置が間に合わなかったのでしょうか。
あるいは、そうではなく、、、
配置は、この重要ポイントだけに絞ったのでしょうか。
正解は、、、、
どうやら有料化され、同行しながら説明してくれる仕組みになった模様です。
画像

これが、その重要ポイント。
龍河洞の一番のウリの一つ、、、「神の壺」です。(↓の写真)
壺のような形の鍾乳石? そうではありません。
ホンモノの壺なんですって。弥生時代の。
この龍河洞は、弥生時代に人が住んだ痕跡があるそうです。
ここは、水が汲める場所でして、、、
水汲み用に配置されていた壺が、何らかの理由でそのまま放棄され、、
長い年月の経過のうちに、鍾乳石に取り込まれてしまったんですって。
壺の持ち主に何があったのかは、もう誰にも判りませんが、、
アナタの壺は、アナタの住居を天然記念物に導く大きな要因になりましたよ。
画像

「第二の神の壺」を作る実験も行われていました。(↓の写真)
壺を配置し、鍾乳石に取り込まれていく経過を観察している訳ですね。
設置されたのは昭和12年、、、、すでに82年が経過しています。
でも、まだまだ「取り込まれる」と言える状態には至っておりません。
昭和、平成、令和、、、、
どれだけ年号を重ねれば、そうなりましょうか。
なにしろ、こうなるまでに2000年が経過しているんですから。
画像

ココが出口。お疲れ様でした。(↓の写真)
歩行距離は、約1km。
アップダウンもある、、、と言いますが、殆どがソレですので、
相応の体力をつけてからチャレンジしてくださいませ。
画像

洞窟の前に連なる売店で、「ごっくん馬路村」を発見!(↓の写真)
高知県馬路村が誇る、ゆずジュースなんです。
地元の清涼飲料ですから、ココで売ってるのはフツーなのですが、
実は、奥多摩の七ツ石小屋の主人がコレのファンで、、
コレを定番の飲み物として小屋で売っているんです。
マナムスメは、七ツ石小屋でコレを飲み、大いに気に入っていたんです。
まさかの再会、、、、嬉しい限りです。
画像

オトナ達が惹かれたのは、コチラ。
土佐鶴に酔鯨、、、我が家でもオナジミの高知の酒ですよ。(↓の写真)
さっそく、都内では見かけない箱に入った酔鯨を購入し、、、
夜になるのが楽しみで仕方ありません。
この日の宿泊地は、この時点では未定ですが、、、
雨の中で野宿である事は確定しています。。。
画像

お土産で目立ったのが、このカツオ人間。(↓の写真)
何気に人気者らしく、アレコレに活用されていまして、、、
ヌイグルイもありましたが、かなりシュールです。
夕張の恐怖のメロン熊に匹敵するブキミさでした。
買わないのか? ですって?
買いません。キッパリ。
その代り、、、、
酔鯨のアテ用に、ホンモノのカツオの燻製をドッサリと買いました。
画像

お土産屋さんには、こんなモノもありました。
いわゆるガチャガチャなのですが、
タイトルは「なにかの化石」。(↓の写真)
思わず買いたくなりましたよ、コレは。
こういうネタものは大好きです。
でも、、、
500円という金額が、衝動的なココロをキッチリとなだめてくれました。
やれやれ。
画像

龍河洞 公式サイト:
http://ryugadou.or.jp/

祖谷のかずら橋~土佐の風良里へ【平成最後のGW・7】に戻る
すさき駅前食堂で鍋焼きラーメン・うつぼ入り~足摺岬【平成最後のGW・9】に続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    こんにちは!
    高知県のご当地お土産「ごっくん馬路村」が奥多摩の山小屋にあるとは驚きですね。やはり、どなたもお気に入りの物があるんですね。
    土佐鶴は何度か飲む機会がありましたが、酔鯨は飲んだ事がないです。鯨も酔うほど強いお酒でしょうか?
    2019年05月21日 09:21
  • おぎひま

    やまちゃんさん、コメントありがとうございます。

    酔鯨は、オソロシく口当たりが良い酒です。
    なので、ついついグビグビ飲み過ぎちゃうんですよ。
    ある意味、非常にキケンなお酒です。
    2019年05月21日 13:05

この記事へのトラックバック

すさき駅前食堂で鍋焼きラーメン・うつぼ入り~足摺岬【平成最後のGW・9】(高知県須崎市・土佐清水市)
Excerpt: 高知駅で長男坊と合流し、龍河洞の見学も終えた我が家。 雨にたたられる中、この日は移動日という事にし、 ひたすら西に進む事にしました。 ボンヤリとした到達目標は、足摺岬です。
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-05-19 07:33

あしずり温泉「足摺テルメ」から道の駅「めじかの里」へ【平成最後のGW・10】(高知県土佐清水市)
Excerpt: 足摺岬で雨に打たれつつ、、、、 ぼちぼち、この日の宿泊地も決めなければなりません。 その前に、温泉に漬かっておきましょう。 足摺岬の観光看板でみつけた、 「あしずり温泉」に向かう事にしました。..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-05-20 05:52

東洋のマチュピチュ、別子銅山跡、、端出場(はでば)エリア編【令和元年GW・5】(愛媛県新居浜)
Excerpt: 東洋のマチュピチュ、、と言うのは少々マユツバですが、、 とにかく、別子銅山跡にやって来た我が家。 廃墟チックな東平エリアを後にし、、、 一大観光地な端出場エリアに移動しました。 道の駅「マイン..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-05-26 05:56

我が家の2019GW、、、四国遠征・総集編【平成の部】
Excerpt: 10連休にもなった今年のGW。 まとまった休みを満喫するべく、、 我が家は四国に遠征する事にしたんです。 経費節減の為に往復は陸送、、、基本は野宿。 かつては、ワタクシもカミさんも、、 それ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-06-10 05:55

我が家の2019GW、、、四国遠征・番外編【おみやげの部】
Excerpt: GWの四国旅行で買ってきたオミヤゲ。 いつもながら、自宅向けの食べ物ばかりです。 サケのサカナにして、思い出にヒタる作戦ですよ。 まずはコレ。「かつおとチーズ」。(↓の写真) チーズ入りの、カ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-06-12 06:08