マリンパーク新居浜キャンプ場、、安い!広い!ウツクシい!【令和元年GW・3】(愛媛県新居浜)

今回のGWの四国遠征のメインイベント、石鎚山登山を終え、、
下山後、マリンパーク新居浜のキャンプ場にやって来ました。
神戸行きのフェリーが発着する、新居浜東港のすぐ近くです。
マリンパーク内にある公営の施設でして、
今回の旅では、初めてのキャンプ場泊まりです。
ああ、早くビールが飲みたいなぁ。。
画像

オートキャンプ場ではありませんので、
サイト内にクルマで乗り入れる事は出来ませんが、
テントひと張り600円と言う安さが魅力ですよ。
入場料的なモノは無く、4人で泊まっても全員で600円。
1張りテントであれば、10人で寝ても600円です。
駐車場も隣接していますから、不便と言う程の事はありません。
広くて真っ平なサイトですので、ユッタリと張れるのもイイですね。
画像

炊事場とトイレが一体化した建物がコチラ。(↓の写真)
トイレは洋式水洗です。コギレイです。
この棟は、バーベキューコンロ付きテーブル(有償500円)が並ぶサイトにありまして、
フリーサイト側には、水場が無いのが少々残念です。
これは、コンロを借りさせる為の作戦ではありません。
もともとのキャンプ場は、コンロつきエリアだけでして、
キャンプ場拡張の為に、公園の広場をサイトに転じたのがフリーサイトのエリア。
後付けなので、キャンプ場としての設備が物足りないのでしょう。
それでも十分ですよ。何よりも安いんですから。
画像

隣接するフェリーターミナルに、フェリーの姿が。(↓の写真)
神戸行きの「おれんじホープ」ですな。
トラックがメインの航路ですので、旅客には便利なダイヤではありません。
新居浜を夕方16:20に出航し、神戸着は深夜23:40。。
まだ留まっているところを見ると、、
たぶん、この日は休航なのでしょう。
画像

今回、5泊目にして初めてメインのテントを張りました。(↓の写真)
天気が悪かったのもありますけれど、、、
道の駅や駐車場での野宿が、3夜も続きましたたからね。。
今夜は心置きなく、4人揃って真っ平な環境で寝る事が出来ますよ。
ああシヤワセシヤワセ。
画像

今回の旅では初めて、調理らしき事もしました。
メニューは、2人たちも大好きな焼肉です。
レタスに包んで食べ、野菜不足も解消する作戦ですよ。
持参する調理道具を大いに絞ったので、簡易調理ではありますが、、
それでも、連夜のカップ麺や出来合え惣菜に比べれば、
清く正しいキャンプ生活だと言えましょう。
画像

レタス+肉+エリンギを食らうマナムスメ。(↓の写真)
ああ、肉とエリンギって、なんて仲良しなんでしょう。
こんなに美味しくなければ、食われずに済んだのに。
でもマナムスメに言わせれば、、
「食べろと言われたから食べてるだけで、ホントはクサ(野菜の事)なんか、いらない」
そうです。
肉食獣め。。
画像

運上に浮かぶ山々を眺めながらビール、、最高ですね。(↓の写真)
「ホラ、あの山に登ってきたんだよ」
なんて感じですが、、実際には違うと思われます。
石鎚山よりも東に移動してきましたので、
西赤石山とか東赤石山とか、その辺の山かと思われます。
別名は法皇山脈。
なにか謂れがありそうですね。
画像

イワシも焼いてみました。(↓の写真)
焦がした訳ではありません。
最初っから、こういう色をした開きです。
ホントなら炭火で焼きたいところですよね。
最低限の調理具しか持参していなので仕方ありません。
理由ですか?
車中泊に備えて、車内に置く荷物を極力削減したからです。
寝るスペースが優先な訳ですね。
画像

酒は、もちろん地のモノを用意しました。
愛媛県松山市の雪雀酒造の「特別本醸造 超辛口」です。(↓の写真)
やっぱり、日本酒は辛いのが良いですよ。
石鎚山での疲れを癒すべく、キモチよく泥酔しましょうぞ。
画像

朝飯は、こんな感じでした。
いつもどおりのカップ麺+パン類です。(↓の写真)
テントを張っても同じぢゃないか、、ですって?
それは、、、朝早くから行動したいので、
調理や洗い物の時間を節減する為なんです。
この超大型GWは、コチラ四国もやっぱりアチコチ混みまして、、
どこもかしこも、特に昼を過ぎてからがダメですね。
早立ち早着、、、なんだか登山みたいな行動が宜しいようで。。
画像

港湾沿いですから、自然感は乏しいキャンプ場という印象でしたが、、
改めて見ると、、こんなビーチに隣接していました。(↓の写真)
人工浜だそうですけれど、、、、
海水浴とキャンプを絡めたらキモチ良さそうですね。
シャワーなどの設備もある模様ですし。
画像

オトナにテントの撤収作業をさせといて、、、
卑怯にも散歩に出ていた2人たちが
「船が浮いている!」
などと大騒ぎ。
そんなアフォな。
あまりにも水が綺麗すぎて、船が浮いているように見えてしまう、、、
たとえば、西表島の船浮などがソレですが、
ココの海は、そこまでキレイぢゃないでしょう。
どれどれ?
ううむ、確かに浮いて見えない事もありません。。(↓の写真)
目の錯覚ですよ、コレわ。。。
とにかく、早く支度しなさい。
これから、マチュピチュに向かうのですから。
画像

マリンパーク新居浜キャンプ場 公式サイト:
https://www.city.niihama.lg.jp/soshiki/kouwan/4537.html

石鎚山(天狗岳)1982m、令和初日に登頂! シメは石鎚山温泉【令和元年GW・2】に戻る
東洋のマチュピチュ、別子銅山跡、、東平(とうなる)エリア編【令和元年GW・4】に続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

東洋のマチュピチュ、別子銅山跡、、東平(とうなる)エリア編【令和元年GW・4】(愛媛県新居浜)
Excerpt: 令和10連休、四国を彷徨う我が家ですが、 この日は、別子銅山跡へ。 別子銅山は、1973年に閉山された、日本を代表する銅の鉱山です。 深い山の中に残された施設の跡地が、新聞によって 「東洋のマ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-05-25 06:27

讃岐うどん「もり家」~屋島のミステリーゾーンへ【令和元年GW・10】(香川県高松市)
Excerpt: 剣山から下山し、見の越の駐車場に戻ったのが12時40分。 ドップリとヒルメシタイムでありますが、 グッと堪えて、香川県に戻ろうぢゃないですか。 それは讃岐うどんを食べる為。 お食事処「まつうら..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-06-01 06:51

いざ関ヶ原へ! 朝倉運動公園でゲリラキャンプ【令和元年GW・13】(岐阜県垂井町)
Excerpt: GWの10連休で、四国を訪問した我が家。 8日目の昼に徳島から淡路島経由で本土に戻り、 名神高速の東行きに乗り入れたのでした。 そのまま東京まで帰る? それはキツそうですよ。 行ける所まで行っ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-06-04 06:20

我が家の2019GW、、、四国遠征・総集編【令和の部】
Excerpt: 平成から令和に切り替わるGW。。 我が家は四国で過ごす事になりました。 元号が替わる5/1を迎えたのは、、、 雨がそぼ降る駐車場での車中泊。。。 何ともシミッタレたスタートではあるものの、 ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-06-11 06:14

カップラーメン紀行【18】我が家の2019GW・四国遠征で食べたカップ麺
Excerpt: 10連休のGWに、四国を周った我が家。 4名さまで旅館泊ではベラボーな費用になりますので、、 8泊の内訳は、 車中泊:3 テント泊:3 健康ランド:2 こんな感じになりました。 メシもイ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-06-13 06:06