剣山から次郎笈(じろうぎゅう)へ!【令和元年GW・9】(徳島県三好市、那賀町)

四国第2の高峰・剣山への登頂を果たした我が家。
あまりにも、あっけなかったので、、、
剣山とは兄弟山である次郎笈(じろうぎゅう)にも登る事にしました。
標高は、剣山こと太郎笈(たろうぎゅう)1955mに対して次郎笈1930m。
降りた分だけ、ほぼ登り返す事になりますな。
オテヤワラカに。。
【剣山出発 9:38】
画像

頂上から、ガレた急坂をイッキに下り、、、
巻き道との分岐に着きました。(↓の写真)
バックは剣山です。
帰りに、この巻き道を使えば、、、
剣山の山頂に戻らずに、西島駅に戻れます。
ここまでで150mほど高度を下げましたが、
まだまだ下らねばなりません。
【時刻は9:53 剣山より0:15】
画像

ダラダラと稜線を下り、、ジロウギュウ峠に到着。(↓の写真)
太郎・次郎の鞍部になりまして、標高は1750m弱くらいでしょうか。
ココからが、いよいよ登り返しですね。
三嶺(1894m)方面に縦走する場合、、、
次郎笈をパスする巻き道が、ココから分岐しています。
【時刻は10:04 巻き道分岐より0:11】
画像

快適そうに見えた稜線も、実際に歩けば相応にキツいですね。(↓の写真)
ややガレな急登、、剣山からの下りの裏返しみたいな感覚です。
目の前には、常に次郎笈が見え隠れ。
頑張りどころですな。
画像

振り返れば、剣山。(↓の写真)
とっても快適そうな稜線に見えますね。。
世の中、遠くから見ればウツクしいモノですよ。
まだまだ頑張りどころが続きます。
画像

3つのピークが連なっている感じの、次郎笈の頂上。
その1つ目に到着しました。(↓の写真)
真ん中のピークが最高峰で、三角点もソコにあります。
ココまで来れば、着いたも同然ですね。
画像

次郎笈に登頂!(↓の写真)
たいへん良く頑張りました。
なんだか、アニキ分の太郎笈(剣山)よりもキツかったですよ。。
【時刻は10:35 ジロウギュウ峠より0:31】
画像

真ん中のピークは大混雑でしたので、、
一番奥、、南よりのピークに移動して一休みしました。
後方は剣山、その左側は丸笹山(1712m)です。
この次郎笈のすぐ南側の斜面を走っているのが、剣山スーパー林道ですね。
全長87.7kmにもなる日本最長の林道で、、、
四国を訪れるオフローダーの聖地なんですよ。
もちろん、ワタクシもカミさんも走っています。
カミさんはTT250、ワタクシはTW200。
コチラに、当時の写真があります、。(ワタクシだけ)
https://ogihima.at.webry.info/201707/article_2.html
画像

西側を見れば、、
三嶺をはじめ、四国山地の山々が連なっていました。(↓の写真)
どの山がどれだかはサッパリ判りません。
快晴時には、石鎚山とかも見えるそうですか。。。
画像

コチラは、朝方に走って来た酷道438号線。(↓の写真)
四国の国道の過酷さを象徴する路線、R439(通称:よさく)の兄弟分みたいな道でした。
下山後も、再びアレを走るとなると気が重くなりますけれど、
もし439経由で祖谷側に抜けると、、
おそらくかずら橋の駐車場待ち渋滞に巻き込まれる事でしょう。。
それは、5日前に目撃しています。
【次郎笈出発 10:51】
画像

次郎笈から戻り、剣山の巻き道分岐に到着。(↓の写真)
せっかくだから、もう一回剣山に登っとく?
いやいや、、巻き道に行きましょう。。
ヒルメシは持参していませんので、
下山しなければ何も食えませんですから。
【時刻は11:21 次郎笈から0:30】
画像

大剣神社の剣岩が見えてきました。(↓の写真)
確かに、剣っぽい岩ですよね。
これこそが、剣山の山名の由来であるとの説もあるそうです。
山容は、決して剣ではないですもんね。
北アルプスの剱岳は、説得力のあるオモモチだと思います。
画像

ちょっと寄り道して、「剣山御神水」にも立ち寄りました。(↓の写真)
環境省が名水百選に選定した水なんですって。
この水が、祖谷川の源流になるそうです。
【時刻は11:40。巻き道分岐から0:19 】
画像

穴の中の水を、ひしゃくで救う仕組でした。(↓の写真)
ううむ。流水ではなくて溜り水、、、
ちょっと抵抗がありますね。。
まあ、お役所が選んだ水なので、ヤバい事はないでしょう。
でも、、、
エッ? 若返りの水とも言われている?
い、頂こうぢゃないですか。
画像

「四国 つるぎ山」と書かれた鳥居をくぐると、、、(↓の写真)
ソコは、リフトの西島駅でした。
次郎笈に寄った為に、ずいぶん予定より遅くなりましたが、、
そのまま剣山から下山するよりも、う~んと楽しめましたよ。
楽しみついでに、、、
リフトを使わずに下山しましょうか。
【時刻は12:03。剣山御神水から0:23】
画像

位置関係を確認すると、こんな感じです。(↓の写真)
ココ、西島駅から登山口の見の越駅までは徒歩30分。
当然ながら、リフトは上下で時間は変わらず15分。
15分差ですから、あんまり変わらないですもんね。
なお、登りは15分と40分。。
運賃は、登りも下りも片道1030円也です。
画像

西島駅のすぐ近くに、テントの姿が!(↓の写真)
ゲリラキャンプではありません。
西島キャンプ場です。
無料、トイレあり、水場ありです。
剣山からの日の出狙いとか、三嶺への縦走とか、
そんな場合に使い勝手が良さそうですね。
画像

下山中、リフトとクロスするポイントがありまして、
取って付けたようなトタンのトンネルで通過です。(↓の写真)
このあたりが、リフトの中間点でしょうか。
画像

劔神社の境内に出ました。
お参りして行きましょう。(↓の写真)
壇ノ浦の合戦に敗れた安徳天皇を奉じた神社との事です。
大剣神社や宝蔵石神社も、コチラの関連ですね。
ご利益は、縁結びと安産だそうですよ。
靴洗い場とかも設けてありました。
画像

神社の階段を降りれば、、、、駐車場に到着!(↓の写真)
リフトを使わずに剣山を目指す場合、
登り口は、この会談になります。
とにかく、お疲れ様でした。。
石鎚山と剣山、四国の2つのピークに足跡を残せました。
今回のGWのメインでしたので、無事に登頂が叶ってヤレヤレですが、、、
旅は、まだまだ続きますです。
【時刻は12:41。西島駅より0:38】
画像

【我が家のコースタイム】
剣山→(0:15)→剣山巻道→(0:11)→ジロウギュウ峠
→(0:31)→次郎笈→(0:30)→剣山巻道分岐→(0:19)→
剣山御神水→(0:23)→西島駅→(0:38)→見の越(駐車場)

四国の屋根、剣山へ!【令和元年GW・8】に戻る
讃岐うどん「もり家」~屋島のミステリーゾーンへ【令和元年GW・10】に続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    今晩は!
    「剣山御神水」以前、山ちゃんが訪れた時は四国が水不足で取水制限がされている時でしたから、水が全くなくて飲む事が出来ませんでした(>_<)
    お陰でしょうか?若返る事もなく老けるばかりです。
    2019年06月07日 23:05
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。

    剣山御神水、涸れちゃってましたか!
    もともと、湧水の量は多く無さそうですので、
    日照りには弱いのかもしれませんね。
    まさか、剣山御神水にバルブがあって、
    ソレも取水制限の対象だったりして。。
    2019年06月08日 06:19

この記事へのトラックバック

讃岐うどん「もり家」~屋島のミステリーゾーンへ【令和元年GW・10】(香川県高松市)
Excerpt: 剣山から下山し、見の越の駐車場に戻ったのが12時40分。 ドップリとヒルメシタイムでありますが、 グッと堪えて、香川県に戻ろうぢゃないですか。 それは讃岐うどんを食べる為。 お食事処「まつうら..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-06-01 06:51

我が家の2019GW、、、四国遠征・総集編【令和の部】
Excerpt: 平成から令和に切り替わるGW。。 我が家は四国で過ごす事になりました。 元号が替わる5/1を迎えたのは、、、 雨がそぼ降る駐車場での車中泊。。。 何ともシミッタレたスタートではあるものの、 ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-06-11 06:14