讃岐うどん「もり家」~屋島のミステリーゾーンへ【令和元年GW・10】(香川県高松市)

剣山から下山し、見の越の駐車場に戻ったのが12時40分。
ドップリとヒルメシタイムでありますが、
グッと堪えて、香川県に戻ろうぢゃないですか。
それは讃岐うどんを食べる為。
お食事処「まつうら」の祖谷そばぢゃダメなんです。
2008年の讃岐うどん巡りでは2日で5軒食べましたが、、
今年も3軒位は周りたいところですもの。
画像

見の越の駐車場から一番近く、そして営業時間内に間に合う店、、、
狙いが絞られたのが、高松空港近くの「もり家」という店。
かき揚げがウリとの事です。
やはり、四国の酷道は時間が掛かり、15時すぎに到着してみると、、
がぁぁぁぁん。。大行列ですよ。。(↓の写真)
40人くらいは並んでいましょうか。
でも、、待つしかありません。
それが讃岐うどを食べる為の宿命なのであれば。
5日前、1軒目になるハズだった手打十段 うどんバカ一代では、、
行列にメゲて逃走していますし。
画像

メニューを眺めると、、、、イイお値段ですね。(↓の写真)
具材がチョコマカ乗った「もりもりうどん」750円、
「天ぷらおろしうどん」が1080円などなど。。
要は、地元に根ざした日常チックな立ち位置の店ではなく、
観光客に豪華版讃岐うどんをフルマう方向性ですな。
さぬきうどん店が二極化しているのは、前回のツアーで理解しています。
画像

で、コレが自慢の「かき揚げおろしうどん」900円也。(↓の写真)
巨大サイズのかき揚げ、、、コレはソソられますね。ごくり。
高いの何の言ってたクセに? コレを食べる?
アタリマエです。何が悪いのですか!
我が家は観光客なんですから、少しぐらいゼイタクさせてくださいな。
画像

ちなみに、エコノミーなメニューもあります。(↓の写真)
「かけうどん」350円
「ざるうどん」420円
「釜上げうどん」450円
この辺が、何気に身分相応ではありますが、、、
並んでまで食べるのに、そのあたりではナニすぎますって。
画像

到着してから、店に入るまで30分。。
配膳されるまで、さらに25分。。
うどんは、ラーメンよりも待ちが長いですね。
麺茹での時間が余計にかかるのでしょう。たぶん。
待つ間、手打ちの光景を見て過ごすのもオツな時間かもしれません。(↓の写真)
画像

登場した「かき揚げおろしうどん」900円。(↓の写真)
ワタクシ、カミさん、そして長男坊が、コレを頼みました。
それにしても、、、、
このかき揚げのデカさと言ったら!!
かつて高尾山の「もみじや」で食べた、
ユリ根が入ったかき揚げそばに匹敵する巨大かき揚げですよ。
カヂリつくと、、なんとも言えない香ばしさ!
エビが目一杯入っていまして、これはゴチソウです。
タマネギだけの六文そばのかき揚げと比べるのは、犯罪です。
食べ応えも十二分で、、、
ああ、こんなに食べて、2軒目に行けるかしらん。。
麺の具合はどうなのかですって?
ホンモノの讃岐うどんの店のソレが、ンマくない訳ありません。
ツルツル・モチモチ・シコシコに決まっていましょう。
キッパリ。
画像

マナムスメは「鶏からおろし」900円を選びました。(↓の写真)
大振りな唐揚げが5個、、
これまた食べ応えがありそうですね。
いかにも、肉食女子っぽいチョイスだと言えましょう。
たぶん、「かき揚げなんぞ、クサの天ぷら」
なんて考えたんでしょうね。ハズレてますが。
もり家 店舗情報:
https://udondb.supleks.jp/s/43316.html
画像

キッチリとハラは満たされつつも、、、、
次の店、高松市前田の「なかむら屋」へ。
マスコミにも取り上げられる大人気店でありながら、
「かけ」230円と言うエコノミーさ。
麺へのコダワリがハンパないそうです。
到着すると、、覚悟していた行列が無し!!
でも、、ソレはヌカ喜びで、、、
麺切れで営業終了していたのでした。。

気を取り直して、牟礼町の「山田家」へ。
山田うどんぢゃ無いですよ!
ぶっかけうどん発祥の店とも云われる、老舗です。
ところが、、、、
コチラは、駐車場待ちの大渋滞。。
ピクリとも動きません。。
クルマを止めさえすれば、案外と店自体は空いてたりしないかと、カミさんが偵察に行ったら、、
そういうモンダイではありませんでした。
店の前にはアリのように人が群がっていたとの事です。
これは、、退散するしかありません。

通りがかりのセルフうどんの店は、タッチの差で営業終了。。
もう一軒は、あまりのガラガラっぷりに恐れをなしてパス。
みんな「今日は、もうイイや」なんてキモチになってきました。
明日明日! うどんの続きはは明日!
などとウメきながら走る国道は、、、、
驚く事に、右も左も線路ですよ。(↓の写真)
右が琴平電鉄、左がJR高徳線。。
右折しても左折しても踏切が待ち構えている十字路まであり、、
なんだかフシギな光景ですね。
画像

せっかくですので、屋島に立ち寄ってみる事にしました。
源平合戦の古戦場となった、あの屋島にです。
2018年から屋島スカイウェイが無料化されましたし。
そのスカイウェイの名物が、ミステリーゾーンです。
「この先200m ミステリーゾーン 通行注意」
キチンと看板まで出ているんです。(↓の写真)
画像

更に近づくと、再び予告看板。
「この先 ミステリーゾーン?」(↓の写真)
さて、この正体はナニモノでしょう。
画像

このあたりがミステリーゾーン。(↓の写真)
周りの風景や地形の関係で、登り坂なのに下りに見えちゃうポイントなんです。
阿蘇の大観峰の近くなど、他にも何か所かありますよね。
記憶の限り、わざわざ看板まで設けたのはココだけだと思います。
画像

スカイウェイは、標高292mの屋島のテッペンまで続きます。
道は無料化されましたが、駐車場は有料。。
普通車の場合で300円を惜しんだら、ソッコーで戻るしかありません。。
女木島に沈む夕日を眺めつつ、、とっとと帰りましょうか。。(↓の写真)
ちなみに、、、、
屋島は、もともとは島だったそうです。
江戸時代に埋め立てられて陸続きになったとの事。
なので、源平合戦の頃は島だったのですね。
なお、、海上保安庁は、屋島を島として扱っているんですって。
なるほど。。
陸続きと言え、本土との境は川で区切られていまして、
橋を渡らなければ行き来できない状態です。
画像

屋島から戻り、到着したのは、、、、
じゃじゃぁん! やしま第一健康ランドです。(↓の写真)
四国に上陸した初日にココで泊まって以来、、
6日ぶりに戻ってまいりました。
今宵も、ココで泊まるツモリな訳ですね。
その後、、、
車中泊(道の駅 南国風良里)
車中泊(道の駅めじかの里)
車中泊(石鎚山温泉駐車場)
テント泊(マリンパーク新居浜キャンプ場)
テント泊(三野農村ふれあい広場キャンプ場)
と続きましたから、、、
久々に、キチンと床や屋根がある場所での宿泊になるんです。
ボンビー家族が長期旅行に出る為には、仕方ありません。 
画像

世間はドップリとGWですので、GW初日だった前泊とは大違い。
推定3倍ぐらいの客の入りで、館内レストランは超満席。。
でも、外には出られませんから、1階の大食堂「 サンフランシスコ」で、
どうにかジャンクなモノにアリツケました。(↓の写真)
これだって、「配膳に1時間かかるかも」なる条件付きだったんです。
実際には、割りとすぐに出てきましたが。
それでも、キチンと地酒は飲みました。
香川県琴平町の「金陵」です。
画像 画像

画像 画像

おっと、ココにもうどんがありますね!(↓の写真)
「ざるうどん」464円
「きつねうどん」540円
「釜揚げうどん」540円
などなど。
食べ損ねた2杯目として、コレでもいっとく?
やめましょう。明日、キチンとした店で食べましょうよ。
でも、、、今から思えば、、、、
「うどん県」とまで名乗るお国柄ですから、
こういう場所でも、リッパなうどんが出てきたかもですよ。
試しに食べておくべきでしたね。。
無念。。
画像

とにかく、大混雑ですよ。(↓の写真)
基本的に、入場は断らないでしょうから。
廊下もホールも寝場所と化してるんですって。
女子部屋のほうが混雑が激しかったらしく、、
カミさんとマナムスメは、どうにかソファーを確保するのが精一杯だったそうです。
ドトウのごとく押し寄せる観光客に嘆いてはダメですね。
だって、自分たちもソレなんですもの。
画像

寝辛いからなのか、、深夜、マンガコーナーに出没したマナムスメ。(↓の写真)
1万冊の蔵書を誇る、コチラ自慢の設備なんです。
ダメだよ、寝なきゃ。
トォチャンは何をしているのかって?
決まってるでしょう。「キリン」を読んでるんですっ。
こうして、、不毛な夜は更けていくのでした。
画像


剣山から次郎笈(じろうぎゅう)へ!【令和元年GW・9】に戻る
「うつ海うどん」と、大塚国際美術館【令和元年GW・11】に続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 41

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

「うつ海うどん」と、大塚国際美術館【令和元年GW・11】(香川県高松市・徳島県鳴門市)
Excerpt: 大型GW、四国をウロつく我が家。 高松の健康ランドで、8日目の朝を迎えました。 屋島から昇る朝日を拝みつつ、、(↓の写真) この日も良い日でありますよう、オイノリするのでした。 四国で過ごす、..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-06-02 07:38

我が家の2019GW、、、四国遠征・総集編【令和の部】
Excerpt: 平成から令和に切り替わるGW。。 我が家は四国で過ごす事になりました。 元号が替わる5/1を迎えたのは、、、 雨がそぼ降る駐車場での車中泊。。。 何ともシミッタレたスタートではあるものの、 ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-06-11 06:14