祝・令和 復活、冷やし担々麺(なんつッ亭 御徒町店・台東区上野)

豚骨黒マー油ラーメンの雄である、「なんつッ亭」。
その御徒町店限定で、冷やし坦々麺が登場との事で、
御徒町でのヤボ用に絡めて出向いてみました。
サブタイトルは「うまいぜベイビー」という判り易さ。
ネックなのは、、、1日20食限定。。
果たして無事にアリツケますでしょうか。
画像

なんつッ亭の御徒町店があるのは、
JRガード下の御徒町ラーメン横丁です。
中本青葉TETSUチラナイサクラ、、、
名だたる有名店と肩を並べてノレンを掲げているのですが、、
ソコには「うまいぜベイビー」の文字が。。
要は「冷やし担々麺」のサブタイトルではなく、
会社で言うところの「社是」みたいなものだったのですね。
画像

レギュラーメニューは、こんな感じです。(↓の写真)
デフォの「らーめん」を筆頭に、いずれも黒々としたマー油が特徴ですね。
シビレ味噌らーめんは御徒町店だけの限定メニューになります。
なんだか特別みたいでアリガタく思えつつ、、、
痛し痒しなんですよ、ソレわ。
だって、、、
その代わりに、
「辛味噌らーめん 猛烈タンメン鼻血ブー」
なるオチャメなメニューは、御徒町店だけが存在しないんですから。。
画像

いつの間にか、こんなセットも登場していました。
「らーめん」「シビレ味噌」「ガッツリ煮干」の3品いずれかに、
ラーメン+餃子3個+一口めしで1000円。(↓の写真)
これは、定価が高いヤツほど得をする仕組みですな。
らーめんとシビレ味噌とでは、単品だと100円の差がありますもの。
盛りとかで調整するのかも知れませんが。。
画像

店内はニギニギしく格言が飾られていまして、
たとえば「能ある豚はツメがチョキ」。(↓の写真)
これは、なんつッ亭オリジナルなのでしょうか。
ネット上では、このタイトルのブログが多数存在していますが。
まあ、冷やし坦々麺とは関係ありませんですね。。
画像

アリガタくも売り切れておらず、20食の中に滑り込めました。
無事に登場した「冷やし坦々麺」850円。(↓の写真)
なかなか美人なオモモチですね。
タップリな挽肉に、山を成すネギ。
彩よく配置された水菜も、これでもかって程の物量でした。
正直、その食感を持て余す程でしたよ。
冷やしと言っても、汁なし系ではありません。
冷たいスープがタップリ注がれていまして、
自慢のマー油ではなく、ラー油まみれです。
とにかくドップリとソレ漬けながら、、飛び上がるような辛さでは無いですね。
ヤサイやら麺やらと絡み合い、これは食が進みます。
思わず、スープも飲み干してしまいましたが、、
ライスがあれば尚可といったところでしょうか。
とにかく、何とも夏らしいメニューでした。
ああゴチソウゴチソウ。
画像

なんつッ亭 御徒町店を後にして向かった先は、、
モンベルの御徒町店でした。(↓の写真)
カミさんのオツカイで、登山地図を買ったのですが、、、
天気予報がヨロシくなく、山行きは中止の見込み。。
無駄足になっちまったぜ、ベイビー。。
まあ、ウマい坦々麺を食えたので良しとしましょうか。
画像

店舗情報:
https://ramendb.supleks.jp/s/78327.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

品達で「金沢爆濃カレー麺」(金澤濃厚豚骨ラーメン神仙 品達品川店・港区高輪)
Excerpt: 1年振りに品川でのシゴトに出向きまして、、 ヒルメシも、その界隈で喰らう事になりました。 前回はラーメン二郎品川店に行きましたっけ。 でわ、今回は、、、、 なかなか機会が無かった、品達(しなた..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2019-06-30 06:43