豚骨ラーメン色彩、、、フライングでオープンしていました。海老味噌豚骨ラーメン1000円(千代田区外神田)

「小諸そば末広町店」の跡地に誕生した、、豚骨ラーメンの店です。
何気に大手チックな店ですが、、、
予告より1週間も早く開店するなど、なかなか気合を感じます。
いわゆる長浜系のド豚骨ではなく、多彩なメニューで勝負しています。
味噌もある?
もちろん、ソレを頂きましょう!
2019070812040000.jpg
先月、オープン前のこの店からカイシャ宛に、、
「無料試食会」の招待状が、届けられたんです。
「6/27の14時~16時の間に来てください」とありました。
さっそく、職場のラーメン好きな女子が派遣されたところ、、、
店の中は、スーツ姿の関係者がズラっと並び、客は自分一人だけ。。
そのフンイキに、大いにキンチョーし、、
ラーメンを味わうどころではなかったんですって。
プププププ。。
その招待状には「7月8日に開店」とあるものの、
実際には、翌日の6/28にオープンしてしまった模様です。
弊社ラーメン女子を含めた試食会の反応に、
よっぽど自信を持っちゃったのでしょうか。
2019062715100000.jpg

屋号の「色彩」に合わせるような、カラフルなカンバン。
これも、豚骨ラーメンの店っぽく無いですね。
オドロきなのは、営業時間です。
11:00~16:00までの時短チックな営業で、
定休日は水木、、、なんと週休2日なんですよ。
イイなぁ、、ココで働きたいですねぇ。。
ラーメン屋は、けっこう重労働?
や、やめときます。

2019070812250000-1.jpg

メニューは、こんな感じです。
「白豚骨ラーメン」750円、、、これがベーシック豚骨とありまして、、、
「赤豚骨ラーメン」800円、、、辛味ラーユ豚骨ですね。
「海老味噌豚骨ラーメン」1000円、、コレがワタクシの狙いですが、、
4桁もある値段にメマイを感じてしまいます。。
フツーの味噌でイイのに。。
2019070812030001.jpg
まだまだあります。
「緑豚骨ラーメン」800円、、これはジェノベーゼ豚骨とありますが。。
「黒豚骨ラーメン」800円、、黒マー油すね。
シメは「醤油豚骨チャーシュー麺」1000円、、家系風とあります。
いずれも、替え玉1玉が無料だそうです。
2019070812030002.jpg

卓上のイヂクリグッズも充実していますね。
右の味噌樽風の容器は、
「特製辛子」「紅生姜」にんにく」になります。
豆板醤もあればカンペキでしょう。

2019070812030000.jpg
で、登場した「海老味噌豚骨ラーメン」。
メニュー写真よりも色合いは穏やかで、、
白味噌よりの端麗な味わいですね。
ベースはド豚骨といった感じではなく、、、
シミジミとした、、そしてヒトナツっこい仕上がりですよ。
一般的に、海老味噌ラーメンの宿命は、、、
それはカッパエビセン味になってしまう事。
で、この一杯は、、そうではありませんでした。
全般的にトゲトゲしさが無い分だけ、ソレを回避できたのかもしれません。
デーンと乗っかった海老は、、、、
これはナシでも良いですから、価格を下げてくださいな。

2019070812260000.jpg

もちろん替え玉も頂戴しました。
皿で登場するタイプです。
海老味噌ラーメンの麺は、それ専用の麺らしく、、
ビミョーに平べったい中細麺でした。
替え玉は、デフォらしいストレート細麺。
まさに博多トンコツのオナジミなタイプですね。
最初の麺のほうが、このスープには合致していますけれど、
ずいぶん印象が替わり、これはこれで面白いお色直しですよ。
1杯で2度美味しい感じでしょうか。
キッチリとハラも満たされましたよ。
ゴチソウサマでした。

2019070812250001.jpg

ライバルは、中央通りを挟んだ真向かいの博多風龍 秋葉原総本店でしょうか。
ソチラは王道的な博多豚骨で、替え玉2玉まで無料です。
常に流行っている店ですから、手強そうですぞよ。
もっとも、やたら道幅のある中央通に遮られていますから、
あんまり「お向かいさん」という感じでは無いのかもしれません。
ちなみに、、、
閉店した「小諸そば 末広町店」の場合、
中央通りを挟んだお向かいさんは小諸そば 秋葉原店でした。
こういう共食い状態は、、アキバでは珍しくはございません。。

豚骨ラーメン色彩 店舗情報:

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント