2019夏休み・鳥海山編【6】最終回・・旅の打ち上げは「鳥海温泉 あぽん西浜」と「とりみ亭」

鳥海山を降りた足で向かったのがコチラ。
鳥海温泉あぽん西浜、、鳥海山の汗は、鳥海山で流さねばなりません。
2日前に訪問した際は、海水浴客が溢れていて退散しましたが、
13時過ぎですから、まだ皆様は海で泳いるハズですって。
その隙を狙って、風呂へGO!

NEC_1788.JPG

あぽん西浜は、山形県遊佐町にある公共系の立ち寄り温泉です。
400円は良心的ながら、大広間を使のであれば610円になります。
我が家は、使わないからダイジョーブ。
だって、ソッコーで昼メシを食いに行かねばなりませんので、
本格的にクツロいでいる場合ではないですから。
さらに急いでいる場合は、、、
目の前の足湯「湯っ足(ゆったり)」が使えます。
コチラは無料です。

NEC_1789.JPG

小ぶりな露天風呂もありまして、
コチラは無人でしたので、写真アリです。
泉質は、海沿いの温泉に多い「塩化物泉」。
きりきず、やけど、疲労回復に良いとの事で、
ワタクシにはバッチリです。
鳥海山に膝蹴りをした際のキズ、、、、
天気が良すぎて焼けすぎた日焼け、、、
疲労回復は言うまでもありません。

NEC_1790.JPG

これが、遊佐町のゆるキャラ、米~ちゃん(べぇーちゃん)のパパだそうです。
体が米で、アタマが鳥海山になっている感じでしょうか。
脱衣場のカゴの中に、コレが入っていました。
ちなみに「あぽん」とは、、、
「母親がおさな子と一緒にお風呂に入ること」だそうです。。

NEC_1792.JPG

メシは、すぐ隣の「とりみ亭」へ。
あぽん西浜とは関連施設の模様で、渡り廊下で繋がっていました。
立ち寄り湯から出場する事無く、
ココでメシを食って再び温泉に戻れる仕組みですね。


NEC_1634.JPG

メニューは、ラーメンとかカレーとか定食類とか、、
まあ、そんな感じの店です。
ワタクシは「遊佐カレー」770円。
ご当地モノっぽいメニューを選んだらコレになりました。。
フンダンな野菜類、エビ、ホタテ、、、
このあたりが、たぶん遊佐の地のものなのでしょう。
他のカレー系は、「カレーライス」と「カツカレー」になります。

NEC_1625.JPG

マナムスメは、シンプルに「醤油ラーメン」650円。
メンマ、チャーシュー、ネギ、、、
王道的なタイプですね。
カノジョの好きなアッサリ魚介系で、なかなか満足の一品だった模様です。
他は「味噌ラーメン」670円、「お子様ラーメン」420円。
デザートのゼリー付きでも、さすがにお子様ラーメンは卒業しました。。

NEC_1628.JPG

カミさんが選んだ驚愕のメニューがコレ。
「トンタン麺」850円です。
何が驚愕かと言いますと、、、、、
ドンブリのサイズです。直径30cmもあるんです。

NEC_1629.JPG

マナムスメのドンブリと比べてみると、、こんな感じです。
確かにデカいですけれど、、
ご安心ください。けっして大食い系メニューではありませんから。
モノを食べ残す事が大っ嫌いなカミさんが、そういうモノにはチャレンジしませんですよ。
あらかじめスタッフに確認すると、、
麺は1玉。フツーのラーメンと同じとの事でした。

NEC_1632.JPG

一口味見をしてみたら、チャンポン系の味わいですね。
野菜類の旨味が、よく出ています。
メニュー名の「とんたん」の言われは判りません。
けっして担々麺系ではありませんでしたし。
まあ、とんこつタンメン、、そんなところでしょうか。
食後、、、、ラーメンのドンブリと重ねてみると、この通り。
やっぱりデカいです。大迫力です。

NEC_1633.JPG

メシの後は、、、
なるべく東京に近づいて、どこかで泊の予定でした。
感覚的には、蔵王か裏磐梯か。
ところが、、
この夜から翌日にかけては、連日の猛暑をさらに上回るらしい事が判明し、、
アチコチで、朝から30℃超えとなるんですって。
我が家は、、打ち上げカンパイのキャンプを断念し、、
この足で東京まで帰還となりました。。
鳥海山のテッペンの山小屋で目を覚ました時には、
まさか、その日のうちに深夜の自宅にたどり着く事になろうとは夢にも思わず、、
こうして、結果的には4泊5日で、、
最後はドタバタした夏休みが終わりました。。
カミさんが、さらに山道具を揃えようとしているのがブキミです。。


NEC_1635.JPG

あぽん西浜 公式サイト:

とりみ亭 店舗情報:




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    こんにちは!
    いや~あっ、汗を流す最後の締めがまだ残っていましたね^^
    速攻で自宅までお帰りとはちょこっと勿体ない気もしますが、猛暑続きではどこへ行っても同じかも知れませんね。
    奥様が山道具を揃える?頼もしいじゃないですか(^_-)-☆
    2019年09月08日 10:03
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。

    トンボ帰りは疲れましたが、
    翌日を丸々自宅で休めた事をアリガタがっときます。
    カミさんが気合満々で、ますます山登りがあがりそうです。。
    近々に、東北NO.3の山に挑む事になりました。。
    2019年09月08日 12:49