さか本そば店・下高井戸本店、、、「さか本丼」は、驚愕の3種盛り!(世田谷区赤堤)

浜田山でのお見舞いを終え、コミュニティーバスで下高井戸に着いたワタクシ。
ここは、ワタクシが生まれ育った街なんです。
その懐かしき探索を前に、腹ごしらえ。。
行き先は、さか本そば店でキマリでしょう。
この街で生まれた子供は、みぃんなココのソバやドンブリを食べ、、
そしてシッカリとオヂサンになったのですから。 

NEC_1313.JPG

並んだ2軒のビルの1階部分をブチ抜いた構造で、
その結果、店内は妙に広いんです。
入り口もそれぞれのビルにありまして、
北側は「おそば」のノレン、、、
南側は「お食事処」の看板が掲げられています。
さすが、さか本そば店の総本山ですね。
この店で修行した弟子が大岡山、蒲田でノレンを受け継いだのを筆頭に、
孫子の店も増殖して、70店を越える「のれん会」を形成しているのだとか。
コドモの頃は、そのような話は知りませんですから、
ワタクシにとっては、あくまでも地元の蕎麦屋さんですが。

NEC_1324.JPG

メニューのサンプルがあるのは北側の入り口。
丼モノから中華まで、多彩です。
天丼1150円、かつ丼、親子丼、牛丼は850円、
中華そばは600円、タンメンは750円、、
嬉しい事に、みそラーメン750円もあるんです。

NEC_1314.JPG

注目すべきは、この「さか本丼」950円。
屋号を冠したこのドンブリの正体は、、、、
天丼、かつ丼、開花丼(豚を使った親子丼)の3種盛り!
ドンブリものの王者を競う者共が、一つのゴハンの上に同居しちゃっているんですよ。
コレは、ワタクシの時代には存在しなかったハズです。
実は、これを考案・発売したのは八幡山店なんですって。
グループの会合で発表したところ、
下高井戸の本店をはじめ、多くの店でも次々と採用したのだとか。
テッペンにグリンピースが乗るのが、さか本流。
ワタクシ達は、そういうモノだと思って育ちました。

NEC_1315.JPG

店内に入ると、、、
まず、目に付くのが大量の舌代。
その数は、、軽く100を越えています。
これらの全ての食材が、ホントに確保されているのでしょうか、、
3か月通えば答えが判ります。

NEC_1316.JPG

それ以外にも、ハリガミも多々あります。
レシピも、店主のアタマに全て入っているのでしょうか。
その場の思いつきだったりして。。。

NEC_1317.JPG

年代モノのシャンデリア。。。
もう何十年も前からあるような気がしますが、
そのあたりの記憶は定かではありません。
実際、店内で食べるよりも、出前で食べたほうが明らかに多かったと思います。
この店の電話番号の下4桁は「1098」で、
コレをゴロ合わせで「とっきゅうや(特急屋)」と読ませ、
出前迅速をウリにしていたんです。
かつて、我ら土着民も
「さか本で出前でもとる?」というよりも
「とっきゅう屋で出前でもとる?」、、
なんてのがフツーだったような気がします。

NEC_1319.JPG

さて、さか本丼が登場しました。
味噌汁とお新香がついて950円。
150円の加算で、そばもつけられます。
グリンピースが乗っていないのがショックではありますが、、
わざわざソレを指摘するのもオトナゲないですよね。。
気を取り直して、乗せられたモノを確認しましょうか。

NEC_1320.JPG

ドンブリの奥がカツ丼エリア。
キッチリと、カツ1枚分が乗っています。
手前が開花丼エリア。
親子丼の肉を、鶏から豚に変えた感じです。
それらの上にオワシマシますのは、海老天。
これまたフルサイズのヤツが、デーンと横たわっていました。
ああ、なんて神々しい姿、、、、、では無いですね。。
何気にゴテゴテしてて忙しなく、、
正直、バッちくも見えましょうか。。
カツに至っては、コロモが脱げちゃったりしていますけれど、、、
それでも、、、、コレこそが、さか本の味!
繰り返しになりますが、
この界隈のコドモ達は、みんなさか本のドンブリを食ってオヂサンになったんです。
ワタクシはツユだくなカツ丼が好きで、ソレがフツーだと思って育ったのも、、
全て、さか本の責任です。

NEC_1322.JPG

かつて、、主に出前を担当していたジャイアンツ帽の兄さんがいまして、
その兄さんはオヂサンに進化し、、、今や店主なのだそうです。
それには、たいへんオドロきました。
だって、、、ねぇ。。
この日はお休みなのか、あるいは出前に出たのか、、
その姿が見えなかったのが残念でなりません。
この店の面白いところは、、、この看板をご覧ください。
「店内は広いので 休憩に御利用ください」
これは凄い事ではないですか?
民間の商店が、休憩処を引き受けちゃってるんですよ。
実際に、オババが休息していたりしますもの。
クツロいでるうちにオナカがすき、何かを注文、、、
そんな流れを期待しての作戦なのかもしれませんが、、
ここはひとつ、とっきゅう屋さんの心意気だと解釈しようぢゃないですか。
それにしても、、、なんともナツカシのヒトトキでした。
グリンピースだけは無念です。。。

NEC_1323.JPG



浦島太郎が行く、、、我がセーシュンの下高井戸に続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ゴリライモ

    こんばんは~

    おぎひまさんは下高井戸でしたか。
    ワタクシは同じ沿線の千歳烏山の生まれです。
    今、なんでも作ってくれる食堂って少なくなりましたけど、それにしてもこの店の万能っぷりはスゴイですね。
    「店内は広いので休憩に御利用下さい」笑
    いやぁ、土地に根付くってこういうことなんでしょうね。
    スゴイ。
    2019年10月29日 23:55
  • おぎひま

    ゴリライモさん、コメントありがとうございます。


    そうですか、烏山うまれでしたか!
    急行停車駅で羨ましいです。。
    もし、烏山に足を運ぶ用事ができましたら、
    烏山にも、さか本そば店があったハズです。
    ぜひとも、お試しを!
    2019年10月30日 07:24