雪不足の志賀高原 2019~20【5】シメは今年も渋温泉・天川荘、、、、、ゴチソウで年越し。。

志賀高原でのスキーをした後は、、、
例年通り、渋温泉に降りてきました。
温泉街の天川荘で、年越し宴会をする為ですね。
我が家は、7回目の参加になります。
今年も雪の露天風呂にシッポリと浸かり、
ゴチソウを食べながら新年を迎えようぢゃないですか。

NEC_1442.JPG

部屋は、こんな感じです。
落ち着いた感じの純和風、、、
決して豪華・金ピカ・成金仕様ではありませんですよ。
コタツがあり、その上に置かれたお茶と温泉饅頭、、
もうそれだけで十分ですよ。

NEC_1397.JPG

お風呂は、こんな感じです。
もちろん温泉ですよ。
泉質は、ナトリウム・カルシウムー塩化物硫酸塩温泉。
1年の疲れは、キッチリと癒されましょう。
24時間入浴できます。

NEC_1400.JPG

自慢の露天風呂はコチラです。
貸し切り式ですので、グループで混浴なんぞも可能です。
もちろんお一人様でもOKとの事。
入浴予約は、用紙に名前と希望時刻を書く先着順。
借り切り時間は40分になります。
1部屋あたり1予約になりますので、
同室だけど混浴はイヤな場合は、、その40分を上手く使い分けましょう。
アリガタい事に、別途入浴料は不要です。

NEC_1447.JPG

この宿の自慢は、何といってもメシなんです。
今宵のメインディッシュはローストビーフ。
コドモ料金のマナムスメは、一品少ないです。
かつてはカレーライスとかオムライスが出てきたりもしましたが、
すでに小6ですから、食べる量もオトナ並みですもんね。

NEC_1407.JPG

これは湯葉。
生姜の風味が聞きまくり、なかなか珍味です。
これに合わせるにはビールでは荷が重く、、
日本酒の登場を待たねばなりませぬ。

NEC_1409.JPG

山の中の宿でも、お造りは必須。
世の中、そういうオヂサン達が多く、、、
海のモノも出さざるを得ないんですって。
ワタクシですか?
まったくコダワリはありません。
ただただ、ウマいモノを食べたいだけです。
すみません。ビミョーにウソをつきました。
旨いモノをツマミにして呑みたいのがメインです。。

NEC_1412.JPG

グラタンも登場しました。
コドモ向け? オトナが食べてもウマいです。
こういうチーズものは、渋温泉に限りますって。
ホントでしょうか。。

NEC_1411.JPG

ゴハンに汁にデザート、、、、
あとは何が出てきましたっけ。。
いくつかノーミソの記憶から消えたみたいですが、、、
イブクロの中には確実に消えたハズです。
デザートは、「マ」がつく人に取られたかもしれません。

NEC_1410.JPG

イイのよイイのよ、デザートなんて。
コッチのほうが大事です。
今年も登場した、三重県名張市・木屋正酒造の「而今(じこん)」。
そして初登場! 長野県佐久市・土屋酒造の「茜さす」。
これらは両極端な酒でして、、、
片や、酒自体をキッチリ楽しむ骨太な酒。。
そして、ツマミを引き立てるスッキリ系の酒
いずれも、キッチリとウマい酒でした。

NEC_1398.JPG

温泉寺での除夜の鐘つき、深夜の年越しソバはコチラをご覧いただきまして、、、
一夜明ければ元日の朝。
朝ゴハンも、恒例の元日特別料理でした。
お雑煮に、お節料理。
まいどまいどながら、、、なかなかゴージャスですね。
ワタクシ的には、質より量のほうが、、、
おっと、怒られちゃいますね。。

NEC_1439.JPG

メニューは、ほぼ毎年変わりませんが、、、
「寿」型のコンブは初登場。
なんだかオメデたくてイイですよ。
いざ食べてしまえば、、全くコンブでした。
アタリマエですね。

NEC_1437.JPG

お雑煮だけでなく、ゴハンも頂きました。
だってオカズがイロイロあるんですもの。
金箔入りの黒豆だって、リッパなオカズですよ。
勿体ないと思っちゃ負けでしょうかね。。。
まあ、正月ですから。

NEC_1440.JPG

これで年末年始の年越しスキーも終了しました。
名残惜しいながらも、帰ろうと思ったら、、、
全てのクルマのボンネットに、雪だるまが乗っているではありませんか!
はっはぁん。マナムスメのシワザですな。
ちょっと前に、クルマの雪かきをしていましたから。。

NEC_1451-1.jpg

帰る途中に、道の駅「北信州やまのうち」に立ち寄りました。
これも毎年恒例です。
コチラでは、元日にキノコ汁を振舞ってくれるんですよ。
今年もキッチリとソレを頂くツモリです。

NEC_1452.JPG

これがキノコ汁。
アツアツで、とてもカラダが温まります。
キノコがフンダンに入っていまして、、、、無料です。
タダって、なんてステキな言葉なのでしょう。
もちろん、その分だけオミヤゲもアレコレ買いましたよ。

NEC_1453.JPG

今年は、キノコ汁の他にも餅が配られました。
「菓撰  おりがさね  餅」とありまして、、、
地元産ではなく、なぜか岡山のタナベという会社の製品みたいです。
コレを配る云われは判りませんが、、
クセのない生八つ橋チックな味わいで、ウマかったです。

NEC_1454.JPG

宿を出た後、約3名は地獄谷温泉に向かったんです。
温泉に浸かるサルを見る為ですね。
我が家では、マナムスメだけがソレを見た事が無く、、
ウチも一緒に行くかと声を掛けてみたところ、、、
「見なくてもイイ」
との事でした。
片道30分の歩行がカッタルいからだそうです。
この道の駅では、地獄谷温泉のライブカメラを放映していました。
ぢゃあ、ソレでも見て帰りましょう。。
やれやれ。。。

NEC_1441.JPG

天川荘 公式サイト:




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • ponies

    地獄谷温泉、サルの露天風呂は必見ですよね、ほっこり
    しますね、家族で楽しい年末年始良かったですね。
    今年もよろしくお願いいたします。
    2020年01月13日 10:29
  • おぎひま

    poniesさん、コメントありがとうございます。
    今年もよろしくお願いいたします。

    サルの表情がキモチよさそうでたまりませんですよね。
    近年は国際的にも有名な観光スポットになり、
    日本人よりも外国人観光客のほうが多い状況みたいです。
    サルも気合が入りそうですね。
    2020年01月14日 05:57
  • 山ちゃん

    今晩は!
    雪不足のスキーを何とか楽しんだ締めには、こんな温泉もいいもんですね(^_-)-☆
    でも、酒のあてに合う各地の地酒が登場するのは何故でしょう?
    まさか、あてをみこしての持参じゃないでしょうね。
    2020年01月16日 23:12
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。

    温泉と酒が主目的で、
    スキーはソレのオマケ、、、、、
    そんな訳では無いのですが、どちらも具合イイです。。
    各地の地酒は、、、
    プロのノンベェが居まして、毎年アレコレ用意してくれるんです。
    2020年01月17日 07:19