本枯中華そば 魚雷で稲庭中華そば。そして、こんにゃくえんま様(文京区小石川)

魚雷、、、なんだかタダナラぬ屋号ですが、、
文京区・春日駅の近くの人気ラーメン店です。
ビシバシと効いたカツオ出汁がウリでして、、、、
そのあたりを魚雷で表現したのでしょうか。
健康診断(の再検査。。。)の為、店の近くまで行きましたので、
そのついでに立ち寄ってみました。

2020010913090001.jpg

店先で、まず目を引くのは、、
軒上に、デーンと掲げられた魚雷ですよ。
もちろんハリボテでしょうけれど、なかなかの威圧感です。
ぶるぶる。。

2020010913160001.jpg

メニューを見ますと、、、
「本枯中華そば」790円をベースに、
「旨玉中華そば」910円、「特選中華そば」1000円、
そして「炙り中華そば」1150円などといったラインナップです。
本枯とは、何度もカビ付けを行った極上の鰹節ですね。
目を引くのは「稲庭中華そば」850円。
稲庭と言えば、秋田がご当地の稲庭うどん
ソレの中華そばバージョンなのでしょうか。
実は、、、
かつて、この店を冠したカップ麺・魚雷 稲庭中華そばと言うのを食べた事がありまして、、
でもソレは、所詮はカップ麺。
ホンモノにチャレンジしてみようぢゃないですか。
なお、この店のルーツは秋田県ではなく、、、
長野県が拠点の「きむづかし家」の系列です。
我が地元の江戸川ヌードル悪代官や、御徒町のチラナイサクラも同門ですね。

2020010913150000.jpg

いずれかの中華そばを選択すると、、、
11種類のトッピングの中から、3つを選べる仕組みでした。
選択肢は
「豚バラチャーシュー」「鶏チャーシュー」「姫たけのこ」
「メンマ」「エリンギメンマ」「きくらげ」
「バラのり」「うずらの卵」「なると」
「チンゲン菜」「季節の野菜」
これらは中華そばの代金に含まれ、追加料金は不要です。

2020010913150001.jpg

ワタクシが選択したのは
「豚バラチャーシュー」「姫たけのこ」「きくらげ」
以上3品。
それらは中華そばに先立ち、別皿で登場しました。
ネギは無条件でつく模様です。
これらは単品でもウマそうで、、
なかなかヂラしてくれるぢゃないですか。

2020010913050000.jpg

さて。モンダイの中華そばですが、、、
ウワサどおり、スープをサイホンで仕上げているんです。
スープに混入するカツオ節の破片などを、丁寧に取り除く為なのでしょうか。
なんだかそれだけでウマそうに感じられるからフシギですよね。
破片が入っているほうがアクセントが効いてオモシロいような気もしますが。。

2020010913060000.jpg

登場した「稲庭中華そば」850円。
泡立ちが、妙にウマそうですね。
ストレートの麺がクッキリと見える澄んだスープ、、
確かに、ラーメンというよりは、おジョーヒンなうどんにも見えましょう。

2020010913090000.jpg

別皿の具材を乗せまして、、、、
キッチリとラーメンらしいオモモチになりました。
スープをススると、、、
カツオならではの清涼感に、鶏の旨味が加わった仕上がりですな。
ただし「稲庭」と名乗る神髄は、その部分ではなく、、
モッチリ感がアリアリの麺のほうでしょうか。
この麺は、稲庭うどんの老舗である佐藤養悦本舗と、
コラボで作り上げた中華麺なんですって。
そりゃウマい訳ですよ。
ううむ、乾麺のラーメンで、ここまでイケてるのは予想外です。
個人的には、、もっとシゲキ的なほうが好きなんですけどね。
クサレ舌でゴメンなさい。。

2020010913100000.jpg

ところで。。。。
この店のすぐ脇の交差点の名前に目をやると、、、
なんと「こんにゃくえんま前」とあるんです。
なんちゅうネーミング、、、どんな閻魔さまなんですか、ソレは。
調べてみますと、、、
この近くに源覚寺というお寺がありまして、
ソコに閻魔様がオワシマスますんですって。
その閻魔様が、老婆の目を直してあげたところ、、、
老婆は、お礼に、自らの好物であるこんにゃくを供え続け、、、
結果、この閻魔様は「こんにゃくえんま」と呼ばれるようになったのだそうです。
メイワクな話、、、かもしれませんですよ。閻魔様にしてみれば。。
人助けしたら、自分勝手なお供えを一方的に押し付けられ続け、
その結果、妙な名前で呼ばれるようになったんですから。。
いえいえ、案外と気に入っているかもしれません。
「ワシは、フツーのエンマとは一味違うのぢゃあ!」
みたいな感じで。

2020010913170000.jpg

それにしても、、、
フツーだったら、交差点名は「源覚寺前」なのでしょうけれど、
あえて「こんにゃくえんま前」にしたのはウケ狙いだったのでしょうか。
そのあたりも、当事者である閻魔様の希望だったりするのかもしれません。
交差点の目の前に「えんまや」なる居酒屋さんがありました。
その店のメニューに、こんにゃくはありません。。。

2020010912540000.jpg


店舗情報:

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ゴリライモ

    こんばんは~

    サイフォンでダシをとるラーメン。
    テレビでみたことがありましたが、春日にあったんですね。
    ガツンとした刺激はなくとも上品で美味しいラーメンと想像いたします。
    仕事帰りに足を延ばしてみたくなりました。
    こんにゃく閻魔。
    僕がどこかを治してもらったらカレーえんまになってしまいますね。
    おぎひまさんが治してもらったら味噌ラーメンえんま・・・。
    どっちにしても威厳のない閻魔さまになっちゃうなぁ。
    2020年01月19日 22:37
  • おぎひま

    ゴリライモさん、コメントありがとうございます。

    ココはぜひお出かけくださいませ。
    トッピング3品は、あらかじめ決めておくと注文がスムースです。
    カレーえんまは支持者が多そうですよね。
    でも、味噌ラーメンえんまは。。。
    2020年01月20日 05:49