雪はあるのか2020裏磐梯【4】お宿は、、おなじみ「リゾートインみちのく」です(福島県北塩原村)

成人の日の3連休。
今回の宿も、おなじみのリゾートインみちのくです。
ゴチソウと露天風呂が自慢の民宿ですね。
我が家にとっては、リーズナブルなのもアリガタく、、
今回で6回目の宿泊になりました。

NEC_1392.JPG

宿の場所は、五色沼の入り口からグランデコに向かう道沿い、
秋元湖と小野川湖に挟まれた、赤矢印のあたりです。
奥が猪苗代湖、その手前が磐梯山、一番手前が檜原湖ですね。
この鳥瞰図は南北が逆転していますので、お間違えの無いように。

NEC_1334-1.jpg

今回の部屋は、2号室。
この宿で唯一、、磐梯山ビューの部屋ですね。
ココに案内されやという事は、我が家の地位もあがりましたでしょうか。
いえいえ、そんな事は無いと思います。
たまたまでしょう。
窓からの眺め以外に、特に何かが抜きんでた部屋ではありませんですし。

NEC_1322.JPG

スキー宿としては、なかなか便利です。
猫魔、グランデコ、アルツ磐梯、、
3つのスキー場のリフト券とセットになった、格安パックが用意されています。
例えば、猫魔の1日券付き、1泊2食付きの場合、、、
休前日の場合でオトナ一人11200円。
猫魔の一日券はフツーに買うと4200円ですから、
けっこう安いと思いませんか?

NEC_1439.JPG

自慢の露天風呂は2つありまして、、、コチラは檜風呂。
貸し切り式ですので、グループで混浴も可能です。
おひとりさまでもOKですよ。
予約は、当日の先着順。追加料金は不要です。
もちろん温泉です。

NEC_1323.JPG

コチラは岩風呂。
どちらも完全なる露天ではありません。
構造的には屋内で、窓が全面開放されるイメージですね。
なので、冬場は窓が閉鎖され、、思いっきり内湯です。。。
その代わり、、、
天井がありますから、天候に左右されずに良いかもです。

NEC_1383.JPG

内湯は、こんな感じです。
ごくごくフツーの家庭用風呂、、ソレの大きいヤツ、、
そんな印象ではあるものの、、、
嬉しい事に、コチラは24時間入浴可。
もちろん温泉です。

NEC_1440.JPG

でわ、、、、
この宿の、もう一つの自慢である、メシを見てみましょう。
中央にあるのは馬刺し。これは定番です。
目の前で焼くステーキもありまして、肉っけは十二分です。
おっと、これで全てではありませんですよ。

NEC_1327.JPG

じゃじゃぁん!
岩魚です。
アタマからカブリつけば、、、思いっきり酒が必須です。
困ったなぁ。。。生酒、おかわりぃ!!

NEC_1331.JPG

という事で、、、、生酒が登場!
「会津ほまれ」の淡麗 本醸造辛口。
このあたりでは定番の酒ですよね。
ツマミの味を生かす方向性の酒なのも、
この宿には向いているのかもしれません。

NEC_1330.JPG

追っかけで、オタノシミの手打ちそば。
別料金のオプションではありません。
通常の夕食に含まれます。
コレがまた、冷酒に似合うんですよ。
ああシヤワセシヤワセ。。

NEC_1333.JPG

これは、2泊目の夕食です。
引き続き、馬刺しが登場!
せっかくこの地に来たのですから、
これは毎日でも食べたいですよ。

NEC_1385.JPG

前日のステーキは、すき焼きに変わりました。
やばい、ビールが進んでしまう!
それはノンベェの宿命、、、仕方ありません。
オカミぃ! ビールぅ! オカワリぃ!

NEC_1437.JPG

イワナも連夜の登場です。
これも困りましたね。。
オカミぃ! 冷酒もぉぉぉ!
もちろん手打ちそばも出てきます。
冷酒、やっぱり3本ねっ!

NEC_1332.JPG

そして朝になりました。
部屋の窓から眺める磐梯山です。
連日、未明に雪が降りまして、、
少しばかり積もった模様です。

NEC_1335.JPG

朝ご飯は、清く正しい民宿の朝メシですね。
サケに生玉子、納豆、、、三種の神器ですよ、これらは。
ノリも定番。タイヘンに良くできました。

NEC_1306.JPG

二日目の朝は、キチンと変化しています。
生玉子が温玉に、、サケがブリに、、納豆がコンブに。。
ハムが笹かまに変わったのも見逃しませんですよ。
キッチリと食べて、今日もガンバリましょう。

NEC_1387.JPG

手作りリンゴジャムも買って帰らねばなりません。
オウチに帰ってから、コレでアップルパイを作るそうです。
マナムスメが?
いえいえ、カミさんが作り、マナムスメは食べる役なんですって。
あのぉ、、、トォチャンの分もあるよね。。。

NEC_1390.JPG

そうそう、残念なお知らせもありまして、、、、
土間の薪ストーブ前が定位置だったネコさまが、
昨年の3月、お亡くなりになったとの事でした。。
もうトシで、、大往生だったんですって。
丁度1年前に会ったのが、オワカレでしたね。
その時のネコさまの様子はコチラです。。。

リゾートインみちのく 公式サイト:
http://www.r-michinoku.com/



【その5】日本最古の現存スキー場、、、沼尻スキー場へ!に続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    今晩は!
    いや~あっ、奇遇ですね(@_@;)
    地図を見ていたら、裏磐梯国民宿舎の斜め向いがリゾートインみちのくじゃあ~りませんか。食事内容や館内の設備もよく似ていますね(^_-)-☆
    11年前に吾妻山の帰りに泊まった時も、偶然にも京都の愛宕山でよく逢う人と同宿になりました。
    2020年01月24日 23:01
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。

    裏磐梯国民宿舎ですか!
    まさにお向かいですね!
    ソチラのほうが若干高級でしょうか。
    旅の邂逅はイロイロですよね。
    それも楽しいものです。
    2020年01月25日 06:15