春分スキー2020【2】今シーズンのゲレ食収めは、おなじみの猫魔食堂。。( 猫魔スキー場・福島県北塩原村)


星野リゾート猫魔スキー場でのランチは、オナジミの猫魔食堂。
年々、メニューが簡素化されてきたのは残念なのですが、、
他の選択肢はオヤツ系の販売車だけで、競合店はありません。
とにかくキッチリと食べて、、、、
今シーズン最後のスキーを楽しみましょうぞ。

NEC_1304.JPG

嬉しい事に、、、、
消滅してしまった「ねこまんま」が復活しているぢゃないですか!
「これぞ猫魔スキー場」的な看板メニューだったんですよ。
春限定とありまして、3/19から販売開始との事です。
同じく春限定の「かき揚ざるうどん」「桜エビのかき揚丼」も引き連れての登場で、、、
どれもこれもウマそうですね。

NEC_1373.JPG

注文ですか? もちろん、ねこまんまですよ。
丼コーナーのカウンターでソレを受け取り、
用意された「ねこまんまのタレ」をセルフで掛ければ、、
「ねこまんま」800円の完成です。

NEC_1296.JPG

かつての「ねこまんま」は、カツブシと釜揚げシラスのブッかけゴハン、、
トッピングに温玉という構成でした。
4年前に食べた際の写真は、こんな感じです。
復活版は温玉が無くなった代わりに、サクラエビが乗っているのですね。
100円ほど値下げされたのも好印象ですよ。

NEC_1369.JPG

二日目の昼には、「かき揚ざるうどん」1000円も食べてみました。
これもまた、サクラエビがフンダンに使われています。
かき揚げは、つけ汁に入らないほどデカいサイズで、
崩して食べるのに往生するほどでした。
ふむふむ、、うどんながらワサビで食べるのですね。
スナオに全量をブチ込んでみますと、、
ううむ。キリリと引き締まった味わいでした。

NEC_1301.JPG

長男坊は、「豚キムチラーメン」1100円。
やっぱり肉っけを求めた訳ですな。
タップリの具材はウマそうながら、、、
1月にコレを食べたカミさんは
「ココのラーメン、前は喜多方ラーメンだったのに。。今は違う。。」
なんて残念がっていたんです。

NEC_1302.JPG

ところが、、、
今回の2日目に、カミさんが「ラーメン」950円を注文したところ、、
「アッ! コッチは喜多方だ!」
などとカンゲキしていました。
ヒダヒダの麺は、明らかに豚キムチラーメンとは使い分けられていまして、、
なかなか憎い事をしますね、猫魔食堂。。
ヒトのカミさんの心をホダさないでくださいませ。。。

NEC_1367.JPG

マナムスメは「あまりおなかがすいていない」との事で、、
「ミニチキン南蛮丼」400円。
これは、本来はラーメン用のサイドメニューですね。
小さなドンブリにキャベツを敷いて、唐揚げとタルタルソーズ。
案外とウマそうですよ。
でも、さすがにコレだけではハラは満たされず、、、
フルサイズのドンブリも欲しいですよね。

NEC_1297.JPG

二日目のヒルメシの際、、長男坊は考えました。
それは、、ミニ丼を2つ食べる作戦ですね。
「ミニチキン南蛮丼」400円と、「ミニ高菜明太子丼」350円。
なるほど、、2種類の味を楽しめるのがステキですな。
都合750円ですから、案外とコストパフォーマンスも良いです。
次のチャンスには、ワタクシもマネをさせて頂きたく。

NEC_1368.JPG

2日目のマナムスメは、、、「フライドポテト」350円だけ。。
コレでホントに足りるのでしょうか。。
理由は、、、「宿で朝メシを食べ過ぎたから」との事です。
ならばイイです。
宿の朝メシ代は宿代に込み込みですから、
ソッチでハラを満たしてくれたほうが安く上がりますって。
そういうモンダイぢゃない?
そ、そうですよね。。

NEC_1370.JPG



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 16

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • ゴリライモ

    こんにちは~

    猫魔・・・地名なのでどうとも言えませんが、スゴい地名ですよね。
    猫魔の食堂で猫魔食堂、うーん、スゴい店名だ。
    猫魔まんまでねこまんま。
    なんの変哲のないのっけメシもこういうところで食べれば美味さ100倍といった感じですね。
    環境って大切だ。
    2020年03月29日 11:55
  • おぎひま

    ゴリライモさん、コメントありがとうございます。


    確かに、「猫魔」という地名はオドロオドロしいですよね。
    実際にも急峻な地形で、猫魔が出そうですよ。
    それで印象に残れば、何かの役にも立ちましょう。
    地名も活用すべきは活用してみるモノですね。
    2020年03月30日 05:55