我が家のシルバーウイーク、、振り返り


2009年より、敬老の日がフレキシブル運用される事になり、
それが秋分の日と上手く絡む年にやってくるシルバーウイーク。
2009年、そして2015年に5連休となりました。
今年は4連休なので、正式にはシルバーウイークとまでは言えないそうですが、、
それでも、4連休はアリガタい事ですよ。
「コ」さえいなければね。。ケッ。。。

P1360336-1.jpg

我が家の9月の連休は、南会津で開催される豊田組林道祭りに参加するのが恒例で、
今年は、22回目の参加になる予定でした。
長男坊が生まれる前、、カミさんとケッコンする前から続いていた訳ですが、
今年は、、、とうとう、、開催自体がお流れですよ。
おのれぇ! 「コ」めっ!!
昨年は、ソレに絡めて会津駒ケ岳に登りましたっけ。。
ヨッパライには厳しい登山でした。。。

【本編】
秋・会津2019【4】会津の最高峰、会津駒ケ岳へ
秋・会津2019【5】会津駒ケ岳から駒の湯へ。駒の汗は駒で流せ!

P1360326-1.jpg

2018年もシルバーウイークではありませんでしたが、
やはり豊田組林道祭りに絡めて、帝釈山と田代山へ。
雨の登山となりつつも、、プリン型の田代山の頂上湿原を、
フンイキだけでも満喫出来たのでヨシとしましょうか。。

【本編】
200名山・帝釈山へ!【南会津2018 その2】
雲上の湿原・田代山へ!【南会津2018 その3】
森の温泉館アルザ尾瀬の里、、、南会津の汗は南会津で流せ!【南会津2018 その4】
P1330290-1.jpg

さて、ココからがシルバーウィークの振り返りです。
いずれも、豊田組林道祭りが終わった後に、南会津から向かいました。

2015年シルバーウィーク
南会津を日の出前に出発し、宮城県の塩釜港に。
ソコから連絡船に乗りまして、、向かったのは浦戸諸島です。
日本三景の一つ、松島の沖合に広がる島々ですね。
4つの有人島を、この連絡船と、無料の渡船で渡り歩きました。

【本編】
震災後の浦戸諸島【1】市営汽船・鈍行便
https://ogihima.at.webry.info/201510/article_1.html
P1260217-1.jpg

1つ目の島が、朴島。
浦戸の有人島では最奥の、そして最小の島です。
島中が菜の花畑で、花の季節は壮観だそうですよ。
栽培しているのは、菜の花の一種であるハクサイ。
「松島白菜」という品種の種を収穫する為の畑なんです。
他の品種との交配を避ける為、離島で栽培するんですって。

【本編】
震災後の浦戸諸島【2】菜の花の島、、朴島
https://ogihima.at.webry.info/201510/article_2.html
P1260229-1.jpg

2つ目の島は、寒風沢島。
浦戸諸島では最大の島です。
広大な田園風景が印象的でした。
海水浴と潮干狩りが島の観光の柱だったそうですが、
震災後に造られた巨大防波堤で、砂浜は消滅。。
その後が大変に気になるところです。

【本編】
震災後の浦戸諸島【3】離島の田園風景、、寒風沢島1
https://ogihima.at.webry.info/201510/article_3.html
震災後の浦戸諸島【4】潮陽館と巨大堤防、、寒風沢島2
https://ogihima.at.webry.info/201510/article_4.html
P1260269-1.jpg

3つ目は、野々島。
島のアチコチに、四角い洞窟があるんです。
もちろん人工の構造物なのですが、、
いつ、だれが、何の為に掘ったのかは判っていないんですって。
フツーに倉庫とかに使われているものもあり、
島の風物詩の一つですね。

【本編】
震災後の浦戸諸島【5】謎の洞窟群、、野々島
https://ogihima.at.webry.info/201510/article_6.html
P1260293-1.jpg

4つ目、、最後の有人島が桂島です。
一番開けた島でして、(訪問当時に)浦戸諸島で唯一の商店がありました。
巨大堤防を回避できたビーチが残っているのもココだけです。
遊歩道は、痛々しい程に津波の痕跡が残っていました。。

【本編】
震災後の浦戸諸島【6】最高峰・津森山と鬼ヶ浜、、桂島1
https://ogihima.at.webry.info/201510/article_7.html
震災後の浦戸諸島【7】離島のペンション、スターボード、、桂島2
https://ogihima.at.webry.info/201510/article_8.html
震災後の浦戸諸島【8】展望台は崩壊中、、、桂島3
https://ogihima.at.webry.info/201510/article_9.html
震災後の浦戸諸島【番外編】誰の為の復興なのか。。。
https://ogihima.at.webry.info/201510/article_12.html
P1260337-1.jpg

2009年シルバーウィーク
豊田組林道祭りの会場・南会津を日の出前に出発し、宮城県の石巻港に。
東北地方内の移動ながら、、、
東京に帰るのと同じぐらい時間が掛かりました。
東北のフトコロの深さを甘く見過ぎましたね。。
石巻から船に乗り、、行先は牡鹿諸島。
その中の、田代島と網地島に渡りました。

P1030336-1.jpg

コチラは田代島。
猫の島としてブレイクしま島です。
今や日本中に猫の島は存在しますが、
コチラが元祖だったように記憶しています。

【本編】
田代島(宮城県石巻市)
https://ogihima.at.webry.info/200909/article_21.html
田代島(宮城県石巻市)その2
https://ogihima.at.webry.info/200909/article_22.html
【振り返り編】
震災前の田代島
https://ogihima.at.webry.info/201502/article_21.html
P1030371-1.jpg

コチラは網地島。
なんと、路線バスまで走っていました。
でも、小さな島なんですよ
島のサイズには不相応な大きなビーチがありましたが、
震災後、どうなりましたでしょうか。。

【本編】
網地島(宮城県石巻市)
https://ogihima.at.webry.info/200909/article_23.html
網地島(宮城県石巻市)その2
https://ogihima.at.webry.info/200909/article_24.html
【振り返り編】
震災前の網地島(あじしま・宮城県石巻市)
https://ogihima.at.webry.info/201502/article_22.html
P1030417-1.jpg

離島から戻り、帰りに立ち寄ったのが宮城県の亘理。
名物の「はらこ飯」、、、サケの親子丼です。
ソレを思いっきり堪能しようと、宿をとったんです。
泊りならば呑めますもんね。
はらこ飯(右手前)を、まだ一人前など食べられないマナムスメに取り分けつつ、、
身もココロも、そしてイブクロでもシヤワセを感じていたトォチャン。。
その1年半の後、、、この宿は津波に襲われました。

ご主人は、震災直後に関連死され、この民宿「見晴」も廃業となったのですが、、
オカミとご子息のガンバリで、2015年に見晴は食堂として復活!
その年に、オカミ、そしてはらこ飯とも、無事に再会を果たす事が出来ました。

【本編】
鳥の海(宮城県亘理町)
https://ogihima.at.webry.info/200909/article_26.html
【振り返り編】
震災前の、はらこ飯(民宿見晴・宮城県亘理町)
https://ogihima.at.webry.info/201502/article_23.html
再会!見晴の「はらこめし」(ごはんと麺の店 見晴・宮城県亘理町)
https://ogihima.at.webry.info/201509/article_27.html
P1030442-1.jpg

次のシルバーウィークは、2026年なのだそうです。
そう簡単には いかないとは思いますけれど、、、、
「コ」よ、キミは消滅していてね。
振り返り記事ばかりでは、ウスラ寂しいです。。。

どうなる! 今年のGW。。。。。この5年間を振り返ると、、、
我が家の海の日連休、、振り返り。。。
我が家の夏休み、、振り返り

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント