真夏の磐梯山【3】ベースは、みちのくキャンプ場、、、、超ソーシャル・ディスタンス(福島県北塩原村)


夏休み、2泊3日で磐梯山への登山をモクロんだ我が家。
福島に、東京の「コ」を持ち込む訳にはいきませんですので、
泊まる場所も、大いに気を使いました。
選んだのは、「みちのくキャンプ場」。
毎年、スキー宿としてお世話になっている民宿、
リゾートインみちのくの併設キャンプ場です。

NEC_2321-1.jpg

リゾートインみちのくの所在地は裏磐梯。
小野川湖と秋元湖に挟まれたあたりです。
キャンプ場は、そこから1kmほど離れたところです。
どちらからも湖は見えませんが、、
晴れていさえいれば磐梯山はバッチリです。
民宿前からの眺めは、こんな感じです。
冬の磐梯山はモノトーンな色調ですが、
雪の無い時期は、山体崩壊の跡が生々しい土色なのですね。

NEC_2374.JPG

我が家は、このキャンプ場を使うのは初めてです。
だって、スキー以外でココに来た事はありませんですから。
キャンプ場のチェックインは、リゾートインみちのくで行います。
予約は受け付けていません。
みちのくのオカミ曰く
「広いからダイジョーブ! 満員になんかならないから」
との事でした。
いざ着いてみれば、、、、
あらまぁ、ホントに広いです。

NEC_2387.JPG

この日、(我が家が到着した時点で)受付を済ませているのは10組ほどとの事でしたが、
それぞれのテントは、まさに「ポツンと一軒家」状態です。
数十メートル間隔ですので、これで どうやって感染しましょうか。

NEC_2388.JPG

サイトは、クルマでの乗り入れOKです。
我が家は、テントとクルマのスペースで、
100平米ぐらい使わせて頂きました。
キャンプ代は、ひとり1000円。
我が家は3名(長男坊は留守番)なので3000円ですね。
一人でバイクで旅をしていた頃ならば、ずいぶん高いと感じた事でしょう。
でも、イマドキのオーキャンとしてならば格安ですよ。

NEC_2326-1.jpg

設備は屋根付き水場、水洗トイレ、いずれもコギレイです。
風呂やシャワーのタグイはありません。
近隣の温泉に行くならば、、休暇村裏磐梯のソレが立ち寄りで800円。
周辺のホテルでも、日帰り入浴をやっているところは多いです。
バイクの姿も見えますね。
公道からキャンプ場内への道は、一部ダートです。
短いですが、ワダチのある登りの箇所もありますので、ダート走行に自身が無い方は、、、
リゾートインみちのく側から向かう場合、キャンプ場の最初の看板(レンタルスキー屋さんのところ)を見送り、
2つ目の看板のある道からお入りくださいませ。
ソチラもダート道ですけれど、距離は短くてフラットです。

NEC_2322.JPG

サイト内に「ふれあい山小屋」なる建屋がありました。
雨が降った時など、この中で炊事も出来ますね。
タープを持たないライダーは、大いに助かりましょう。

NEC_2384.JPG

小屋の中は、こんな感じです。
ソロライダーどおしで、酒を酌み交わしながら話がハズみそうですね。
ワタクシもカミさんも、そうやって旅を楽しんできたクチながら、、、
今回は、ふれあいはオアズケ。。
特に都民である我が家は、、思いっきりディスタンスを確保します。

NEC_2385.JPG

サイト内での直火はダメですが、、、
焚火台を持ち込めば、焚火もOKです。
場内に売店は無く、薪や炭の販売はありません。
そもそも、基本的に無人です。自販機もありません。
全て、必要なモノを用意した上でお越しくださいませ。
最寄りのコンビニは、ヤマザキショップ裏磐梯店が1.7km、
セブンイレブン裏磐梯店までは2.2kmです。
近隣にスーパーはありません。
猪苗代町まで、10km以上も下る必要があります。。


NEC_2386-1.jpg

2晩目は雨がパラつきまして、、
エラく久しぶりにタープも登場!
超ゆったりスペースなので、余裕で張る事が出来ました。
コレを張ると、これぞキャンプって感じになりますね。
でも、、、
かつてボンビーライダーだった頃は、タープは天敵だったんです。
知床・熊の湯ような大人気のキャンプ場では、
ソーシャルディスタンスって何ですか? な密着状態。。
早めに着かないと、1人用ツーリングテントでさえ張る場所が無く、、、
アカラサマな斜面とかにも張ったものです。
そうなると、ファミキャンのタープがウラメシいんですよ。
あの場所を譲ってくれれば、オレたち5人ぐらい張れるのに。。
なんてもんでした。。
タープはTPOをワキマエましょうね。。

NEC_2375.JPG

サイトから眺める磐梯山。
今回は、このサイトから
「アソコに登るんだぞぉ」
「アソコに登ったんだぞぉ」
両方を確認する事が出来ました。
ホントなら、一晩ぐらいはリゾートインみちのくに泊り、
あの豪華な料理や自慢の露天風呂も満喫したいところでした。
でも、、、GOTOからもハジかれた都民としましては、、
この場に居られるだけでも感謝いたします。。。


NEC_2382.JPG


リゾートインみちのく 公式サイト:



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    こんにちは!
    いや~あっ、家族全員じゃなかったんだ。息子さん一人留守番とは気の毒。
    その分、三人で久し振りの開放感を堪能された事でしょうね(^_-)-☆
    東京No.で肩身が狭い思いをさせられるのが苦痛でしょうが、こんなにコロナ対策を取っておれば大丈夫ですよね。現実にOKでしたから。
    6月に長野県と新潟県の県境へ行った時など、東京、神奈川、千葉、北海道の方は立ち入り規制がされていましたから、その時を思えばよくなった方ですね。
    2020年09月10日 11:43
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。

    長男坊は、試験に備えて辞退となった次第です。。
    ずっと自粛を続けたら観光業の全滅は必至。。
    アレコレ探りながら、安全な方法を探すしかないですね。
    都民のGOTOも、来月から認められるみたいです。。
    2020年09月11日 08:51