長男坊の卒業家族旅行 IN 山梨【1】富士吉田のソウルフード、吉田うどん(山梨県富士吉田市)


昨年の暮れに就職が内定し、、、、、
4月の就職までは自由なヒトトキを過ごすハズだった長男坊。。
しかし「コ」がハビコる中、いわゆる卒業旅行には行けません。。
緊急事態宣言が解除された、3月のとある週末。。
せめて家族でスキーでもと思ったら、、雪のある地方は荒天が予想され、、
スキーは止めて、マナムスメからずっとリクエストを受けていた、
河口湖のねこペンションに向かう事にしました。
長男坊くん、どこにも行かないよりイイよね?

NEC_5385-1.jpg

初日のヒルメシは、吉田うどん。
富士吉田市のソウルフードなのだそうです。
そのあたりの云われはコチラをご参照頂きまして、、
あの、チクワブを麺にしたような特異な食感を、キッチリと味わおうぢゃないですか。
カミさんがネットで調べ、「みうらうどん」に向かってみました。

NEC_5371.JPG

メニューは、こんな感じです。
「素うどん」300円、「かけうどん」350円とありますね。
素うどんは、汁も無しという事でしょうか。
なお、コチラの店は「冷や」は無い模様です。
あ、お酒ぢゃないですよ、冷たいうどんの事です。

NEC_5375.JPG

店の外まで列が出来る盛況っぷりでした。
机の上には樹脂製の防御板がビシっと置かれ、
グループでは無い客どおしの相席は許さず、
キチンとした「コ」対策が為されていました。
消毒用のアルコールも万全でしたが、
吞むほうのソレを置いていないのも、「コ」対策なのでしょうか。。
せっかく運転手がいるのに。。。ぐすん。。

NEC_5373-1.jpg

卓上のイヂクリグッズは天かすと唐辛子。
地元民しか行かないようなマニアックな店に行くと、
漬物や茹でキャベツが置かれているそうです。
15年前、我が家が初めて行った店「桜井うどん」も、
そのような感じの、いわば健脚向きな店でした。。

NEC_5374.JPG

登場した、吉田うどん。
オヤクソクのド太い麺、、、、ホレボレしますね。
具材の基本は茹でキャベツでして、、
アタリマエのように、どれにもソレは鎮座しています。
ご、ごくり。。

NEC_5379.JPG

カミさんとワタクシは「肉うどん」450円。
ドサっと乗った肉が、なんとも官能的ぢゃないですか。
揚げ玉はセルフです。

NEC_5381.JPG

長男坊は「肉わかめうどん」450円。
気がつけば、肉うどんと同額なのですね!
ああ、、コッチにすべきでした。
肉量が目に見えて減っている感じではありませんですし、
ならばアレコレ楽しめたほうがイイですもの。
長男坊くん、、、抜け目ないですな。。食べ物に関しては。。

NEC_5378.JPG

マナムスメは「かけうどん」350円。
いずれにしても安いです。
確かに観光客らしき姿も多いですけれど、、
本来は、地元の人々が日常のヒルメシを食べる店。
なので、観光地価格では無いのです。

NEC_5377.JPG

このド太い麺、そしてチクワブのような食感、、、
これはクセになりましょう。
ぜひぜひ、お試しくださいませ。
その際は、、、、
ヒルメシどきしか営業していない店も多く、、、
キッチリとご確認くださいませ。
あくまでも、地元用の店ですから。。

NEC_5384-1.jpg

ハラゴナシに、忍野八海を訪ねてみる事にしました。
ワタクシは、中学生の時の林間学校以来、、、
後の3人は初めてです。
果たして、ノーミソの中には当時の記憶がどれだけ残っていましょうか。
わくわくドキドキ。。

NEC_5390.JPG





【ワタクシのメインサイトに登場する、吉田うどん】
うどんとネコと無人島(2005秋・うの島)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 82

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    こんにちは!
    いや~あっ、息子さんの卒業旅行はこのご時世であれば、家族旅行の方がいいかも知れませんね。
    吉田うどんなるソウルフードがあるんですね。お店の看板が元祖みうらうどんとなっていますが、屋号なんですよね?
    それにしても、茹でキャベツ入りの太麺とは変わっていますね。
    素うどんは、かけうどんじゃないんだ?
    2021年04月13日 12:08
  • shadom

    こんにちわ^^))
    うわぁぁぁあ^^)) 富士山方面に来て下さったんですね^^))
    吉田うどん名物ですよ^^)) 私もつい2日前に富士急行線へ撮影しに行ってきました^^)) 忍野八海も行かれたんですね^^)) なんか見ている方もワクワクしてしまいます^^))
    2021年04月13日 14:09
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。

    ご指摘の通り、「みうらや」は屋号です。
    茹でキャベツに昆布出汁、、、それがキマリなのだそうです。
    富士吉田の披露宴では、必ず最後にコレがでるそうですよ。
    2021年04月14日 09:01
  • おぎひま

    shadomさん、コメントありがとうございます。

    かつての富士吉田駅、、、今の富士山駅ですか。
    そこも立ち寄りたかったのですが、
    時間が無くてダメでした。。
    国道からチラっと見えたら、
    駅舎がリッパになっていてタマゲました。
    2021年04月14日 09:05