ガケから落ちたぞ! さあ、どうする。。。バイク&ニンゲン編


ワタクシも属していた「ざ・TW組」とは、、、、
YAHAMAのバイク、TW200を愛する人々の、極々私的な集まりです。
組長が、バイク雑誌の「メンバー募集コーナー」で呼びかけたのが始まりで、
ワタクシの場合は、キャンプツーリング中、、、
そこで出会った組員からスカウトされました。
それから長い月日が経ちまして、ワタクシもゴブサタとなり、、、
今では、組織だった活動は行われていないと思われます。たぶん。

tw (1).jpg

ワタクシが初めて参加した、TW組のキャンプがコチラです。
これだけTWばかりが並ぶと、なかなか壮観だと思いませんか?
こんな感じで、ちょくちょく集まりがありました。
この時は、山道で脱輪したクルマと遭遇し、
みんなで持ち上げて助け出し、オダチンを貰いましたっけ。。。
アレもコレも、良い思い出ですね。

tw2 (1).jpg

1996年の夏、、、ワタクシにとっては大きな事件がありました。
千葉県の天津小湊に「F2小湊」というオフロードコースがありまして、
そこでキャンプし、オフロード走行も楽しむTW組の企画に参加したんです。
F2とは、「ファミリー フィールド」の略称で、、、、
なんだか牧歌的なコースが思い浮かびますでしょう?
ところが、実態は、、、
大改造されたジムニーとかがブイブイ言わせながら走ったり、そして横転したり、、
かなり本格的な鬼コースだったんです。

9607tw00.jpg

翌朝、さっそくコースに挑むTW組のメンバー。
3つ目か4つ目のアトラクションで、ワタクシはヤラカしてしまったんです。。
急斜面を全開で登っている最中に前輪を弾かれ、進行方向がイッキに90度回転し、、、
そのまま、コース脇の崖からバイクごとダイビング。。
落ちている最中は記憶が無く、、
駆けつけてきた組員らに助け起こされたのでした。
アチコチが痛かったですけれど、打撲ぐらいだと思っていましたので、
救急車を呼ぶという組員たちを制したりしていましたが、
あまりにも執拗なので断り切れず、やって来た救急車に乗りました。
救急車に乗るのは初めての経験で、
おおっ! 自分が乗っていると、ドップラー効果が無いぞ!
などと納得したりもしました。
ドップラー効果を、ごくごく簡単に説明しますと、、、
やって来た救急車が自分の前を通り過ぎると、サイレンの音程が変る、アレです。

aso1.jpg

運び込まれたのは、安房鴨川の亀田総合病院。
房総地区では有名な救急の拠点で、ヘリポートなんぞもあるんです。
救急搬送口に到着すると、看護士さん達が待ち構えていました。
アチコチ痛いながらも自力歩行も出来たのですが、
それを主張する前に、そのままストレッチャーで運び込まれました。
レントゲンを撮られ、、そして結果発表!
痛みさえ引けば帰れると信じていたワタクシには、思わぬ宣告が待っていたんです。
「折れてるよ。あっ!ここもだ! お~っと、ここもだ~ぁ!!」
結果、、鎖骨骨折、肋骨を3本骨折、そして腰堆横突起も骨折、、計5本!
その瞬間から、ワタクシは寝たきりになりました。

kame.jpg

打撲だと思い込んでいる時は、どうにか動けたんですよ。
少し休んで痛みが引いたら、そのまま帰るツモリでしたし。
しかし、、、骨折と聞いたら、、、もうダメ。動けません。
もちろん、即入院。。
自力では動けない患者さんばかりの病室に入れられました。
ああ、せめてタバコの一服でもしときたかったなぁ。。
そう考えたワタクシは、、喫煙所まで行ってみる事に。。。
自力ではカラダを起こせませんでしたが、、、、
電動ベッドを駆使したら、どうにか立ち上がれたんです。
そこまで、5分ぐらい掛かりましたけれど。。
あとは、廊下の手すりを頼りにヨロヨロと。
そしたら、ソッコーで看護師さんに発見され
「アナタ! なにやってるの!!」
などとお説教。。
どうしても吸いたいのだと哀願したら、、、1日5回だけの約束で許可されました。
回数はワタクシの提案。寝起き、朝昼晩の食後、そして1回は予備です。
そうしたら、、、直ちに寝たきり部屋からフツーの病室に移動させられ、、、
ベッド用の歯磨きセットやら尿瓶やら、全て回収されてしまいました。
タバコを吸いに行くぐらいなら自分でやれ! そう言う事だと思われます。。。

FIRI7627.JPG

ワタクシの治療は、特に手術をせず、、、幹部の固定でくっつける事になりました。
なので、基本的にはベッドでゴロゴロし、、、
トイレとタバコの時だけ、痛みに耐えながら起き上がる生活パターンです。
入院3日目、、、看護士さんが朗報を告げてくれました。
「先生が、今日からシャワーOKだって!」
それはありがたいです。
なにしろオフロード走行&崖落ち、、、そのまんまの状態でココに来たもので、
汗やヨゴレでベタベタどろどろでしたから。
でも、ギチギチに鎖骨バンドで縛られていて、腕が完全に自由には動きません。
「ダイジョーブですよ。介護のヒトが洗ってくれますから」
さいですか。それは助かります。
そしたら、、やって来たのは19歳のオネェチャン。
マヂすか! ど、どうしましょ。。。
何ともコッパズカシいですし、ハンノーしちゃったらどうしましょう。。どきどき。。
「自分で洗えるところは自分で洗ってくださいね」
そ、そうですよね。。。
で、、その結果は、、、、、ずっとオリコウにしていられました。
エッヘン。。

HOZX4332.JPG

喫煙所から駐車場を見下ろすと、、スミッコに我がTWが止められているのが見えたんです。
とりあえず走行するには問題が無かったらしく、組員が現場からココまで乗ってきてくれた訳ですね。
毎日、相棒の姿が見えるのは嬉しく、そして非常に頼もしいものでしたけれど、、、、
行きつけのバイク屋さんにお願いし、軽トラで東京まで運んでもらいました。
バイクに乗って帰れるまで入院している訳にはいきませんですし。
なにしろコチラは、救急患者を受け入れるのが使命の病院ですから、
特に治療の無いワタクシは、とっとと転院先を見つけて出て行けと言うスタンスでした。

tw2.jpg

毎日、房総の海を眺め、、、
ゴロゴロしているだけで3食が用意され、、
悪いヤツがお見舞いに持ってきてくれたビールをアリガタく呑み、、
その結果、ズキズキと痛みが激しくなって大後悔し、、、
そして、シャワーのたびにドキドキする日々。。。
1週間ほど、そんな状態が続き、、、
やがて、アニキが迎えに来てくれました。
ワゴン車の荷台にフトンを敷いた状態で、準備はバッチリです。
鴨川有料道路をビュンビュンと走り、、、、
着いたところは、新宿区の国際医療センター。。
アニキが、どこをどう手配したのかは判りませんですが、
ずいぶんとリッパな病院にブチ込まれたものです。
こうして、ワタクシの入院は、後半戦に突入したのでした。

images.jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    こんにちは!
    ひえ~えっ、崖からバイクもろとも転落とは恐ろしい。
    骨が5本折れただけで、正に、九死に一生を得たような体験をされましたね。
    2022年05月01日 11:59
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。

    まあ、若気の至りで。。。
    今だったら、即死します。。。
    2022年05月01日 20:03