5本も折れてる! さあ、どうする。。。バイク&ニンゲン編2


千葉県・天津小湊のオフロードコース「F2小湊」にてバイクでガケ落ちし、
亀田総合病院に運び込まれたワタクシ。
骨折は5か所で即入院でしたが、手術はナシ。
1週間ほどの療養を経て、都内の病院に転院する事になりました。
アニキが手配してくれた、新宿の国際医療センターです。

450px-National_Center_for_Global_Health_and_Medicine.jpg

折れた箇所を確認しますと、、、
まずは鎖骨(さこつ)。肩の部分のホネですね。
今回は、ココが一番の重傷でしょうか。
幸いに複雑な折れ方では無く、、
鎖骨バンドでギュギュっと締め上げられ、そのまま固める模様です。
そして肋骨(ろっこつ)が3本。
鎧のように肺とかを守るホネです。
これも、自然に治るのを待つ事になりました。

images.jpg

そして、腰椎横突起(ようついおうとっき)。なんざんしょ、ソレは。。
腰椎と言えば、背骨のメインの部分。
ソコが折れたらタンヘンな事なのでしょうけれど、、
横突起は、そこから横に生えている枝みたいなもので、
お家の一大事的なモノではなさそうです。
なので、手術する必要もなく、、、
そのまま宙ぶらりんの状態で、放置する事になりました。
スキーやスノボ、バイク事故などで、よく折れるとの事ですから、
今回も、まさに王道的な原因だった訳ですよ。

201812060000070-w500_0.jpg

ちなみに、、、
ワタクシが崖落ちした「F2小湊」は、こういう所です。
あ、コレは事故って放置されたクルマではなく、、、
まさにコースを走行中なんですよ。
まあ、こういう場所なんです。
東京ドーム8個分にも広がるワンダーランドでしたが、
すでに閉鎖されてしました。

PIC0018.jpg

この病院でも、鎖骨バンドで鎖骨を固めるだけで、
特に治療らしい治療はありませんでした。
ただし、自力で体を起こす事が出来ませんですので、
一人暮らしだったワタクシは退院も出来ず、、
電動ベッドと看護師の皆様のおかげで生活できる状態でした。
鴨川の亀田病院と違って救急病院では無い為、同室者達の入院期間も長く、、
結果、和気あいあいと過ごしていた感じです。
体の動きも、日に日にマシになってきましたから、
同室のオヂサン達にも頼まれ、商店街までコロッケを買いに行ったりもしました。
やっぱり、病院食だけではヒモジいですもん。
それがバレて
「(オリコウにしていられないなら)亀田病院に返すわよ!」
なんて怒られましたっけ。。

20161223165603.jpg

そうそう、初めて買い物に出た際、予想外の出来事がありました。
怖いんですよ、道路を走るクルマのスピードが!
病院内には、そんなに早く走るモノはありませんので、
目がついていけないんでしょうね。
周りで最も速く動くものは、、メシ運搬用のワゴンだったりしますから。
なので、、歩道を歩いていても、なんだかヒヤヒヤでした。
まあ、すぐに慣れましたけれど、、想定外の感覚だったんです。。

2016122906440000 (2).jpg

この病院には、橋本龍太郎総理(当時)のお母さんも入院していたんです。
ワタクシが入院中にも、3回ぐらいは お見舞いに来たでしょうか。
当時、入院病棟の玄関のすぐ脇に喫煙所がありまして、、
ワタクシども喫煙患者が、常に何人かはソコに居る訳ですよ。
現職の総理大臣を警備する側から見ると、何気にジャマな位置なんです。
しかしSP達は、いたいけな患者どもを強引に排除するような事はしませんでした。
総理がお見舞いに来る時、、、、
スーツ姿のSP達は固まってドドドドっとはやって来ず、さりげなく集まってくるんです。
まさに、気がつけばソコにいるみたいな感じですね。
そして、思い思いに突っ立っているように見せて、実は巧妙な立ち位置で、
総理のクルマが玄関前に乗り付けた時には、近寄ろうにも進路を塞がれている感じでです。
そこを、橋本総理がササっと通過して行く訳ですね。
オバチャン達が「龍さまぁ!」などと声をかけると、、
立ち止まって笑顔を見せたるするあたり、、なかなかの役者でしたよ。
そして、、気がつけばSPの姿は無いんです。
患者たちにプレッシャーを与えない配慮なのでしょう。
良い気配りですね。票にも繋がりますし。
まさに、電光石火の早業的な入退場でしたけれど、
事前にロータリーの入り口を閉鎖し、タクシーも一般車も入れなくしているので、
それを知ってしまえば「あ、また来たな」「そろそろ帰るな」ってのが丸判りでした。
後に総理大臣になる小泉純一郎さんも、一度だけ来院するのを見かけました。
誰のお見舞いなのか判りませんが、1人っきりで歩いてきました。警備もナシです。
世の中、出世したもん勝ちだなぁ、と思いましたけれど、、
小泉さんの その後は、ご存じのとおりです。

ダウンロード.jpg

ワタクシの入院と重なった大きな出来事の一つは、アトランタオリンピック。
オリンピックといえば、ついつい夜中に競技を見ちゃって寝不足、、
それがオナジミの行動パターンですよね。
でも、この大会のワタクシは違います!
何しろヒマがシゴトみたいな状況ですので、昼でも夜でもテレビ見放題!!
だったのですが、、、、、
いつでも見れると思うと安心して寝てしまい、、
結局、夜中に見る事は無かったと思います。もったいない。。
ちなみに、、、日本のメダルは14個。うち、金が3個。
金は全て柔道でした。ヤワラちゃんは銀、野球も銀、有森さんが銅、、
何とも懐かしいです。
そして、渥美清さん、、寅さんがお亡くなりになったのも、ワタクシの入院中。
昼も夜も、追悼の映画が放送されていましたけれど、、
コチラも、同じ理由でほとんど見ていません。モッタイナイ。。

noda.jpg

特に治療もリハビリも無く、残念な事に幸いにもシャワーも介護なし。
要はホッタラカシで、、、
「自力で起き上がれるようになったら退院!」みたいな空気でした。
寝転んだ状態から、上半身を起こす事が出来ないんです。
身を起こしさえすれば、歩くのも自由自在だったんですけどね。。
そこで、その練習をするのですけれど、フシギなもので、、、
いままで、どうやって起きていたのかが思い出せないんですよ。
這えば立て、立てば歩め、、みたいなチャレンジが続き、、
コチラで3週間、亀田病院を合わせれば1か月で、やっと退院が叶ったのです。

sikoku.jpg

まさか1か月も家を空ける事になるとは思いませんでしたから、
冷蔵庫の中身や、ゴミやら洗い物は、無残な状態になっていました。。
何よりも、炊飯ジャーがカラッポだったのが幸いです。
そして、退院後の初出勤。。
骨折は完全に治った訳では無く、鎖骨バンドでギチギチに締め上げられている状態なんです。
なので、肩を後方に反らして、妙に胸を張った姿勢なんですよ。
出勤早々イチバンに、カイシャのエラい人にお詫び&状況説明に向かったのですが、
「ゴメイワクをかけて済みませんでした」
なんて態度に見えない訳ですね。エラそうに反り返っちゃってて。
まずは、その説明から始めなければならないのでした。。

20210618_1.jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 22

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント