父子3人、九州北部プチ巡り【6】巌流島2、、、敗者は佐々木小次郎か! それともマサ斎藤か!


関門海峡のスミッコにヘバりつく巌流島。
宮本武蔵VS佐々木小次郎の決闘で歴史上に名を残し、
アントニオ猪木VSマサ斎藤の対決で、さらに認知度を高めた無人島です。
それらを目当てに観光船も通う島ですけれど、、、
さて。そのほかに見どころはありましょうか。。

MXEO7859.JPG

島の東端近く、、武蔵・小次郎の像のすぐ下に人工の砂浜がありまして、
ここが決闘の際の上陸地点なのだそうです。
そこに、ハマヒルガオの群落がありました。
武蔵と小次郎の決闘があったのは4月中旬だそうですので、
ハマヒルガオが咲くには、少々早すぎですね。。
もしかしたら、この二人は先走りの花を眺めたかもしれません。
猪木とマサ斎藤は、、10月なので とっくに散っています。。

IJDT4638.JPG

島の地図を見ますと、、、
右側のエグレた湾が、現在地の人工海岸。
武蔵と小次郎の時代は、ココが島の最南端で、、、
その左側の一帯、、ベージュ色の部分は後に造成された埋立地。
全ては三菱重工の私有地で、立ち入る事は出来ません。

JJLH1253.JPG

私有地の東側に沿うように設けられた、遊歩道を南下してみました。
柵の向こうが私有地で、この道もろとも元々は海の中です。
ヤブになっていて様子を伺う事は出来ませんですが、
グーグルの航空写真を見ると、資材置き場みたいな感じです。

IHRU4364.JPG

イキドマリには東屋が一つ。
海峡にせり出した島の南端ですから、
行きかう船を眺めるには、最高のポジションかもしれません。
悪い国の軍艦が攻めてきたら、ココから地対艦ミサイルをブチ込むのも良いでしょう。
実際は、釣りをする人々のヒミツ基地みたいになっていました。
ヘイワです。

ATTX3875.JPG

ここは、島の中央に設けられた「憩いの広場」。
バーベキューをする想定の造りになっています。
事前に市に申し込むと、沪の鍵が貸し出される仕組みなのだそうです。
使用料は無料、、、タダってのはステキな言葉ですね!
ただ、島には売店も水場も無く、ゴミ捨て場もありませんですから、
実際に使うのは、色々とタイヘンかもしれません。
ワタクシは、てっきりココが猪木・マサ斎藤戦のリングが張られた場所かと思っていましたが、
当時の動画を見ると、ソレはココではなく、、
背景の感じでは、島の北東岸のトイレの前あたりかと思われます。

AGER9250.JPG

船着場に戻ってきました。
フツーに島を1周して、所要時間は45分ぐらい。
帰りの船までの1時間が、丁度いい感じでしょうかね
ただし、、雨に降られたらヒサンだったかもしれません。
雨宿りできるのはトイレぐらいですから。。

ROFQ1335.JPG

さんふらわあがオワシマシました対岸のドックを眺めると、、
その並びに、自衛隊の艦の姿も見えました。
どういう役割の船かは判りませんですけれど、
お国の為に頑張ってくださいませ。

MLIV6213.JPG

帰りの観光船がやって来ました。ヘイワな船です。
船名は「しいがる」、、行きに乗った「かんもん」と同じ19トンながら、
定員は50人も少なく、屋上のデッキもありません。
オトナシく船内の席に座り、、、
この島から生きて帰れる事に感謝しようぢゃないですか。
小次郎さんのご冥福を祈ります。。。

TBJA4454.JPG

関門海峡を進む、我らが「しいがる」。
相変わらず交通量がマシマシの海峡ですから、
目の前では3隻の貨物船が、折り重なるように行き来していますよ。
しいがるは、海峡のハジッコをイソイソと進み、、、
10分の航海で、唐戸港に到着しました。

GVYW7547.JPG

船着場の横には「はい! からっと横丁」などというダジャレな遊園地がありまして、
その客目当てなのか、ズラっと並んだオヤツの屋台。
売っているのは、かき氷、ベビーカステラ、フライドポテト、梅乃枝餅までありますね。
マナムスメが、このようなスポットを見落とす訳がありません。
巌流島に渡る前の段階で、オネダリの予約をされていました。

WAUP5978.JPG

マナムスメが出向いたのは、フルーツあめの屋台。
メニューはマンゴー、干芋、ピーチ、パイン、レモン、メロンなどなど、、
その中から、キウイの飴をゲットです。
たぶん、巌流島に上陸した事を忘れても、この飴の記憶だけは残りましょう。
今までのパターンからすると、マチガエありません。

PISR9223-1.jpg

それでは、九州に戻りましょう。
対岸の門司港に渡って、名物の焼きカレーを食べる計画です。
巌流島から、門司港行きの船も出ていましたけれど、
クルマを置いて行く訳には行きません。。。。
レンタカーでも、返すまでは我が家のクルマですもの。。
海峡越えは、往路は関門橋でしたから、、、
復路は関門トンネルでを潜ってみましょうか。

QMIO7408.JPG

ワタクシが関門トンネルを通過するのは2回目。高校の修学旅行以来です。
萩・津和野など、中国地方を周る行程だったんですよ。
ところが、下関の宿から秋芳洞に向かう際、、、
我らが貸切バスは、なぜか関門トンネルをくぐり、
そのままソッコーで関門橋を渡って本州に戻ってきたんです。
その目的は、、、何だったんでしょうね。。
後に、自力で九州に上陸するまでの間、、
「九州に行った事がある?」という質問に、どう答えるべきか悩みました。

VHRG0475.JPG

トンネルの長さは3461m。案外と長いですね。
うち、海底部分は780mなので、すぐに出口が見えてきました。
キミタチ、、あの明かりは九州のなのだよ。
ちなみに、、、本州から九州に渡る場合の料金は、、
新幹線なら、新下関・小倉間で1200円。
JR在来線は、下関・門司間で230円
関門橋は、下関IC・門司IC間のETC料金で280円。
我が家はETCカードを忘れたので370円。。。
船で渡れば唐戸港・門司港間で400円。
この関門トンネルの場合は、クルマ150円。
我らは軽自動車なので100円、破格的に安いですね。
なお、チャリは20円、、歩いて渡れば無料です。
ああ、タダってのは、なんてステキな、、、、
でも、、、さすがに徒歩は実用的にはナニですよ。。
まあ、アトラクションとして渡ればオモシロいかもしれません。。

SHXR7191.JPG


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

  • おぎひま

    かっちゃんさん、コメントありがとうございます。

    リンクの記事、拝見しました。
    なるほど、トンネルと船、、、その手がありましたね。
    チャリを乗せてくれるとは想定外でした。。
    2022年05月18日 18:38