おみやげリンゴは、川場と裏磐梯(群馬県川場村、福島県北塩原村)


川場スキー場で買ったお土産、、、、
日帰りでしたし、家族全員で出向いた事もあり、
たった一つだけでした。
コレがソレ。
焼きリンゴの菓子です。
箱がリンゴっぽく作られていて、ささやかにコジャレていますね。

NEC_1528.JPG

商品名は「焼き蜜りんご」。
利根沼田産りんご100%使用とありますので、
レッキとしたご当地みやげですね。
コレを選んだのはカミさんで、
ドライフルーツのようなモノを期待したとの事です。

NEC_1530.JPG

箱を開けてみると、、、、
ひとつづつ梱包されたモノが、ドサっと出てきました。
と言っても、箱の容積からするとコジンマリとしてますな。
数えてみると、、、10個入りですか。
一つ当たり、65円と言う事になります。

NEC_1531.JPG

中身は、、、、
焼きリンゴのドライフルーツですが、ちょっとシットリしていました。
オフィシャルの説明では「セミドライフルーツ」といありますね。
長野銘菓の「みすず飴」を彷彿させる味わいで、
ちょっとしたオヤツには具合良いですね。
ただ、、、物量が。。。。。

NEC_1532.JPG

そして、、、、、
川場からの帰りに立ち寄った温泉、昭和の湯でマナムスメが買ったコイツ。
トォチャンから200円もの大金をタカり、ロビーのガチャガチャでゲットしたヤツです。
これも、オミヤゲといえばオミヤゲでしょうか。
全っ然、ご当地性はありませんけれど。
まあ、本人が喜んでいるのだから良しとしましょう。
あ、トォチャンがヒルメシに通う立ち食いソバ屋では、
ゲソ天の単品の値段は160円です。

NEC_1533.JPG

嬉しそうに、帰りの車中でもソイツをイヂクリまわしていたマナムスメ。
やがてオウチに着くと、、、、
ややややや、キミは誰?
シ、シロクマさんですか、、、
ちょっと薄汚れていますが。。
さすが、ガチャガチャのクオリティーですな。
違うの! 話を聞いて!
アタシはパンダ! こんなに変わってしまったけれど。。

汚れつちまつた悲しみに 今日も小雪の降りかかる

そうそう、新潟のスキー場に、じゃんじゃん雪が降ってくださいませ。。

2020020906350001.jpg

ところで。。。
成人の日に出かけた裏磐梯でゲットした手作りリンゴジャムは、
無事に、アップルパイに生まれ変わりました。
作ったのはカミさんで、パイ生地は市販のヤツだと思います。
どうやって作るのか、、ワタクシにはサッパリ見当もつきません。

2020012607580000.jpg

リクエストした張本人は、それはシヤワセそうに食べていました。
コゲた部分を与えるなんて虐待?
いいえ、このヒトは、そういう部分が大好きなんですよ。
ゴハンのオコゲも率先して食べたがります。

2020012608050000.jpg

さらに、余ったジャムとパイ生地を使い、
平日の昼間、自分でも作ったとの事でした。
送られてきた写メがコチラでして、、
さすが、カフェの店長を目指すムスメさんですな。
これはカイシャから帰るのが楽しみだと喜んだんですよ。
結果的に、ヌカ喜びでしたけどね。
完成したアップルパイは、長男坊と2人で食べつくしたんですって。
「こんど作ってあげるから」
期日を指定しない約束は、大半が反故になる、、、
トォチャンはソレを知っています。。

200130_164921.jpg

"おみやげリンゴは、川場と裏磐梯(群馬県川場村、福島県北塩原村)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: