札幌熟成味噌らーめん匠神 湯島店、、、、麻婆味噌ラーメン、ザンギつき(文京区湯島)

オドロくべき事に、、、豚骨ラーメン色彩で海老味噌豚骨ラーメンを食べて以来、、一ヶ月も味噌ラーメンを食べていない事が判明しました。ワタクシにとって、ソレは異例の事。は、早く味噌ラーメンを食べなければ手が震えてしまう。。しかも、とびきり、、、いや、なるべくウマいヤツでも良いですよ。。という訳で、、、いざるように味噌ラーメン専門店を目指しました。 到着したのはコチラ。湯島の「札幌熟成味噌らーめん…

続きを読む

雪の日は、「寒のり(北海道・天売島)」と「寒シマメ(隠岐・海士町)」

この冬で初めて、東京でもマトモに雪が降りました。 積雪は、東京で1cm未満、千葉で2cmだったそうですが、 我が江戸川区の場合、、、 歩道を覆う程度には積もりました。 昨年の1月のような、20cm越えの大雪にならなくて良かったです。 我が家のアロエ4姉妹も、どうやら生き残りました。 2014年の大雪では瀕死の状態になったんです。 今回は4輪咲いてまして、、、、 そのうち1輪は…

続きを読む

「夕張石炭くろラーメン」と「つるちゃん生ラムジンギスカン」(北海道夕張市)

何気に夕張市を応援するカミさん。 以前、ふるさと納税をして夕張メロンの返礼を受けていましたが、 今回は、別のモノを狙った模様です。 そして、夕張市から送られてきたのは、、 「夕張石炭くろラーメン」と「つるちゃん生ラムジンギスカン」 な、なんというモノを。。。 まずは、「夕張石炭くろラーメン 醤油味」。(↓の写真) 昨年の夏に訪問したゆうばり屋台村でポスターを見かけましたが、 …

続きを読む

かわり鮨とうまい肴 鮨や一丁 秋葉原店、、、コレがザンギだ!(千代田区外神田)

エラいヒトが、ヒルメシをゴチソウしてくれる事になりました。 ああ嬉しや。 オナジミのねぎしで牛タンかと思ったら、、 「今日は、ザンギを食おう」と言う事に。 御意に。モンクはございません。オゴラレの身ですから。 でも、、、、 ザンギ? ザンギって何なのでしょうか。 出向いた先は、、、寿司屋さん? 「かわり鮨とうまい肴 鮨や一丁」とあります。(↓の写真) 回転している様子が無い…

続きを読む

札幌熟成味噌らーめん匠神 湯島店、、、、新装オープン(文京区湯島)

10月オープンの札幌味噌の新店? それは行かねばなりません。 店の名は「札幌熟成味噌らーめん匠神 湯島店」。 埼玉には「匠神」のつく店が何店か展開していまして、 たぶんコチラはその系列なのでしょう。 本場「札幌」からの進出店では無さそうですが、 ウマけりゃそれでもイイんです。 果たして、そのジツリキは如何に。。 店の場所は湯島天神の南東、、 昌平橋通り沿いです。 かつて「…

続きを読む

北海道らーめん ひむろ 秋葉原2号店(千代田区神田佐久間町)

「ひむろ」と言えば、北海道ラーメンがウリの店。 同じ会社が「北海道らーめん味源」なる屋号の店も営んでいますが、 使い分けは判りません。 その東京の会社で、支店は東京および近郊のみです。 それでも北海道らしいラーメンがウリでして、 これまで、亀戸店や秋葉原店でソレを満喫しております。 今回は、2年前にオープンした 秋葉原2号店に出向いてみました。 店は秋葉原駅昭和通口のすぐ近くで…

続きを読む

マ、マチガイですよね? コレは。。 (その15)北海道で見たヘンなモノ

今年の夏休み、我が家の訪問先は北海道でした。 雨に祟られたと言えばソレでしたが、、 まあ、相応に楽しめたので満足です。 そして、、、 ヘンなモノも、キッチリと見てきましたよ。 まずは、往路に乗ったスカイマークの羽田・千歳便。 座席前のポケットに、夜行便の案内書きが入っていました。(↓の写真) 「札幌・東京の滞在時間が拡大!」 「せっかくの旅だから、現地でゆっくり楽しもう。」 …

続きを読む

網走ゴールデンエール、、旅のシメは地ビールで【2018北海道・最終回】(標津郡中標津町~東京都羽田)

今年の北海道の旅も、いよいよ終わりです。 ギリギリまで道東をウロウロしていたのは、、 帰りの飛行機が、ANAの中標津・羽田線だったからでした。 1日1往復しか無い路線ながら、どうにかソレが取れたのです。 そう言う訳で、今回の北海道とのお別の地は、 中標津空港になりました。(↓の写真) それに先立ち、、空港の近くでレンタカーの返却ですよ。 千歳空港の営業所で借りて以来、お世話にな…

続きを読む

野付半島。。郷土料理武田に、ぽっぽや参上!【2018北海道・19】(標津郡別海町・標津町)

知床半島と根室半島の間に、ユーレイの手のようにヘバリつく野付半島。 波の影響で砂が堆積した砂嘴(さし)と呼ばれる地形で、 その長さ28kmは、国内最大級なのだそうです。 フラワーロードと名付けられた道を進めば、 延々と続く「右も左も海!」というシュチュエーションを楽しめるんですよ。 今回の北海道のシメとして、ソレを堪能しましょうか。 これが、フラワーロード。(↓の写真) 標津の…

続きを読む

多和平・養老牛温泉・開陽台【2018北海道・18】(川上郡標茶町、標津郡中標津町)

北海道最後の1日は、朝から雨。。。 ならばクルマでドライブ、、そんなところでしょうかね。 バイクで鍋釜担いで旅したあの頃から比べると、ラクチンなモノですよ。 道東の懐かしスポットでも巡りましょうか。 阿寒湖畔を後にして、、いざ東へ! まずやって来たのは、標茶町の多和平。(↑の写真) 標高195mほどの丘でして、地平線が360度見えるとアピールしているんです。 地平線の定義がムツ…

続きを読む

阿寒湖温泉ホテル御前水、、、湖畔のお大尽宿へ【2018北海道・17】(釧路市阿寒町)

今年の北海道の最後の夜は、イチマンエンの観光ホテル。。 雨の中のテントか、そこいらで車中泊のハズでしたから、 キモチ的には5階級特進ですよ。 せっかくなので、大いに楽しもうぢゃないですか。 出費の分は、帰ってからキッチリと稼ぎましょう。。 翌日には宅急便で送り返さなければならないテントを濡らしたくなく、、 雨の車中泊だと、メシを作るのもカッタルい。 そんな理由で、、急遽じゃらん…

続きを読む

「オンネトー湯の滝」の哀愁と、逆さ雌阿寒岳モドキ【2018北海道・16】(足寄郡足寄町)

温泉の滝と聞きますとアタマに浮かぶのは、、 カムイワッカ湯の滝 (北海道)や川原毛大湯の滝(秋田) 、 そのあたりがアタマに浮かびます。 見た事ないですけれど、沼尻温泉の白糸の滝 (福島)に至っては、 落差150mの大瀑布だそうですよ。 ソレに比べると小ぶりながら、、、 オンネトーの近くにも、温泉の滝があるんです。 雌阿寒岳登山を雨天中止した代わりに、、、 せめてソコまで、軽くハ…

続きを読む

青春のアイヌコタンと、MOKAのカレースパ&天津風カツ丼【2018北海道・15】(釧路市阿寒町)

雌阿寒岳登山が雨天中止となり、、、 阿寒湖畔の阿寒湖アイヌコタンにやって来ました。 「アイヌコタン」とは「アイヌの集落」という意味でして、、 ココには20軒を超えるアイヌの民芸店が並んでいるんです。 ワタクシ、コチラへの訪問はウン十年振りになりますが、、 当時に少しばかり繋がった縁も確かめてみましょう。 ココがアイヌコタンです。(↑↓の写真) 両側に店がズラっと並んだ坂道、、、…

続きを読む

阿寒湖のチュウルイ島で、マリモと出会う【2018北海道・14】(釧路市阿寒町)

北海道では有数の観光スポットである阿寒湖。 火山の噴火による堰止湖かと思っていたら、 意外や意外、、カルデラ湖なのですね。 その割りに水深が浅いのは、 雌阿寒岳や雄阿寒岳の噴火で埋められてしまったからなのだとか。 今回の訪問の主目的は雌阿寒岳登山でしたが、 雨模様の中、登頂断念の気配です。。。 雌阿寒岳へは、阿寒湖の東・オンネトーの湖岸、 野中温泉から往復4時間足らずのコース…

続きを読む

神の子池から、怨念の裏摩周展望台へ【2018北海道・13】(斜里郡清里町)

斜里岳登山を終え、再び清岳荘に泊って雨を回避し、、、 この日は朝早くに出発し、阿寒湖方面を目指しました。 朝から生憎の雨。予報も悪いのですが、、、 天気が奇跡の回復をしたならば、雌阿寒岳に登る所存なんです。 さてさて、うまくいきましょうか。。 道中、立ち寄ったのは神の子池です。(↓の写真) 摩周湖からの伏流水が湧き出した池でして、 かなり以前に、ニュースステーションで取り上げら…

続きを読む

清里町温泉パパスランド、、斜里岳の汗は斜里で流せ!【2018北海道・12】(斜里郡清里町)

斜里岳の登山を終え、、ひとっ風呂浴びましょうか。 近隣の立ち寄り湯を探したら、コチラがヒット! 道の駅「パパスランドさっつる」の中にある、清里町温泉パパスランドです。 温泉ですか、アリガタいですね。 場所は、国道からは離れた清里の市街地の中で、 JR釧網本線・札弦駅の近くですね。 登山口の清岳荘から20Kmほど走って到着すると、、、 大きな道の駅で、キャンピングカーの姿もウヨウ…

続きを読む

斜里岳に登頂! ここから先は知床だ!【2018北海道・11】(斜里郡清里町)

知床半島の根っ子にそびえる斜里岳。 そのオタノシミは、沢登りと山頂からの眺望なのだそうです。 悶絶の沢登りを終え、、 あとはテッペンを楽しみに頑張りましょう。 連綿と折り重なる知床半島の山々、、その両側に海、、 そんな光景に期待するワタクシでした。 新道・旧道の合流地点・上二俣からは、 ちょろちょろ水の流れる沢を少しばかり歩いて、やがてソレは涸沢に。 そのあたりから、イッキに…

続きを読む

エンジョイ沢登り!! 旧道経由で斜里岳へ【2018北海道・10】(斜里郡清里町)

斜里岳にチャレンジする朝を迎えました。 前夜から清岳荘に泊まり、準備はバッチリです。 沢登り箇所があるのが気がかりですが、 いざとなったら尾根伝いの新道もありますし。 その辺は、状況で判断する事にいたしましょう。 とにかく、いざいざ! 斜里岳への登山路は、基本的にピストンです。 ただし途中で二股に分かれまして、、 旧道が沢登り、新道が尾根伝いになります。(↓の写真) モンダ…

続きを読む

清岳荘、、、斜里岳登山口の山小屋です【2018北海道・9】(斜里郡清里町)

旭岳からの下山後、、 長躯280Kmを駆け抜け、斜里郡の清里町にやって来ました。 翌日の斜里岳登山に備え、山小屋に泊まる為です。 清岳荘(せいがくそう)は、清里町が営む山小屋で、 斜里岳の登山口にデーンと構えています。 平成16年完成の新しい建物でして、 旭岳の疲れを癒し、斜里岳登山に備えようぢゃないですか。 清岳荘へはクルマで乗り付ける事が出来るんです。 清里の市街地から斜…

続きを読む

旭岳温泉・湧駒荘で温泉&びえい豚カレー【2018北海道・8】(上川郡東川町)

大雪山・旭岳の山頂に、無事に登頂を果たした我が家。 下りリープウェイで山麓駅に降り立ったのが11:40。 せっかくですので、隣接する旭岳温泉でひとっ風呂浴び、 そしてヒルメシも食べてしまう事にしました。 旭岳の汗は旭岳で流せ! ってなところですね。 まずは手じかに、無料駐車場に隣接する「旭岳温泉ホテルベアモンテ」に。 日帰り入浴は可能でしたが、12:30からとの事。。 待つの…

続きを読む

北海道の山頂、大雪山・旭岳へ! 眺望&下山編【2018北海道・7】(上川郡東川町)

北海道の最高峰、旭岳(2290m)に挑んだ我が家。 ロープウェイ姿見駅を降りた時には雨模様でした。 しかしソレは、山頂から見おろす雲海の下の出来事だった模様です。 キッチリと眺望にも恵まれ、、、 北海道のテッペンへの到達感もアリアリですよ。 噴煙を噴き上げる地獄谷は、こんな感じです。(↓の写真) 大雪山を構成する他の山々、、、 間宮岳とか黒岳とか、ソチラ方面に目をやると、、、(…

続きを読む

北海道の山頂、大雪山・旭岳へ! 登頂編【2018北海道・6】(上川郡東川町)

今回の北海道旅行の立案者はカミさんですが、 一番の目的は、旭岳(2190m)への登山との事でした。 やはり、北海道の最高峰は極めておきたいと。 良いでしょう。 前日から山麓の旭岳キャンプ場に陣取り、気合を入れていたのですが、、 雨なんです。前日の夜から。。 ダイジョーブ! 登ってしまえば、たぶん雲海の上!  前向き前向き。。 6時のロープウェイ始発便に乗り、、、(↓の写真) …

続きを読む

東川町旭岳青少年野営場、、、キャンプ場で車中泊。。【2018北海道・5】(上川郡東川町)

大雪山の最高峰、旭岳への登頂を目指す我が家。 ロープウエイも使い、山頂往復だけのお気軽登山ではありますが、 とにかく、北海道の頂上を極めようぢゃないですか。 ロープウェイ乗り場近くの旭岳キャンプ場にテントを張り、 朝6時のロープウエイ始発に乗車! それが目標だったのですが。。。。 道内入りした新千歳空港、そして立ち寄った夕張と雨模様でしたが、 途中の富良野あたりで雨が止みました…

続きを読む

「ゆうばり屋台村」と「夕張メロン市場」、、、ヒルメシはカンペキ!【2018北海道・4】(夕張市)

炭鉱見学を終えた後、夕張駅に戻ってきました。 駅前の「ゆうばり屋台村」で、ヒルメシを食べる為です。 ジンギスカン、ラーメン、中華、寿司、洋風居酒屋など、、、 様々な店舗が店を構えているんです。 さて、何を食べましょうか。 屋台村の別名は「バリー屋台」。(↓の写真) バリーとは、夕張の「ばり」でしょうか。 屋台といっても屋内ですから雨でもヘーキ。 各店舗の席とは別に、各店舗共通…

続きを読む

夕張市石炭博物館、、、模擬坑道は迫力満点!【2018北海道・3】(夕張市)

廃墟チックな「石炭の歴史村公園」の中で、 唯一、真新しい施設が石炭博物館です。 お一人様1080円也の大枚をハタいて入場してみれば、、 これは凄い!  大迫力の模擬坑道がデーンと構えていたんです。 何とも冴えない夕張の街の中で、、、 これは想像以上です。たいへん良く出来ました。 博物館は2階建てで、何となく想像できそうな展示内容なのですが、、 一連の見学を終えると、順路は地下…

続きを読む

黄色いハンカチ、、廃止直前の夕張駅、、歴史村は虫の息【2018北海道・2】(夕張市)

新千歳空港に降り立ち、大雪山登山口の旭岳温泉を目指す我が家。 その途中、夕張の街に立ち寄ってみました。 炭鉱の閉山を経て財政再建団体となってしまった夕張市。 TVのドキュメントでそれを知ったカミさんは、 夕張市にふるさと納税をして応援しています。 その夕張を実際に見てみたいとの事でした。 まずは、オヤクソクの「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」へ。 云わずと知れた、あの映画のロ…

続きを読む

スカイマークで新千歳へ。ヤリキレナイ旅立ち【2018北海道・1】(羽田~新千歳)

我が家の夏休みは、2年連続で北海道となりました。 昨年は離島巡り、今年は登山がメインです。 で、、、北海道への足ですが、、、 割引チケットの確保に失敗し、どうにか入手出来たのはスカイマーク便。 カミさんは、初めてのLCCだとワクワクしているものの、 スカイマークは一つ格上のMCC(ミドルコストキャリア)ですよね? とにかく出かけましょう。 ワタクシもLCC(ローコストキャリア)…

続きを読む

斜里岳で沢登り

旭岳に続き、斜里岳に登頂しました。 知床半島の根っこに位置する山で、日本百名山にも名を連ねています。 頻繁に登場する川越えや滝越えなど、沢登り気分も大いに満喫出来ました。 詳細編はコチラ。 https://ogihima.at.webry.info/201808/article_30.html

続きを読む

大雪山旭岳

大雪山・旭岳に登頂しました。 下界は雨、山頂は雲海の上で晴天。 あきらめずに登って報われましたよ。 大昔に登った前回、山頂で目にする事が出来たのは ガスと道標と地面のみ。 今回は初めて大雪山の大パノラマも拝めました。 ああ嬉しい。 詳細編は後日。

続きを読む

知床半島の盟主・羅臼岳(北海道羅臼町・斜里町)

今年の夏休み、我が家は2年連続で北海道に向かいます。 天売や焼尻など、離島を巡った昨年と異なり、、、、 今年は、カミさんの強い要望で登山中心になりそうです。 大雪山旭岳、雌阿寒岳、斜里岳あたりを目指したいそうですが、 なぜ斜里岳なの? 羅臼岳ぢゃないの? ワタクシ的には、そう思ったのですが。。。 変化に富んだ登山を楽しむなら斜里岳でしょうけれど、 知床と言ったら羅臼岳ぢゃないで…

続きを読む