営業再開! 青海南ふ頭公園、そして大江戸温泉、、、ですが。。。(江東区青海)

先月に続き、シゴトで江東区の青海(あおみ)にやって来ました。その時は閉鎖されていた青海南ふ頭公園の様子を確認すべく、目的地であるテレコムセンターの1つ前のバス停、「東京港湾合同庁舎前」で降りてみました。東京税関の目の前ですね。国際貿易港ですから、税関だってありましょう。こんな船も係留されてます。 果たして、南ふ頭公園は、、、、立ち入り禁止が解除されていました。一時期は週に2回ほど一息つ…

続きを読む

春分スキー2020【5】スーパー湯の花の朝日屋旅館と、天ぷら饅頭の日乃出屋(中ノ沢温泉・福島県猪苗代町)

春分の日の3連休。裏磐梯でのスキーを終え、ひとっ風呂浴びて帰る事に。おなじみ、日乃出屋の天ぷらまんじゅうを食べて帰る為、風呂は、日乃出屋のある中ノ沢温泉に立ち寄る事にしました。この行動が、何となく定番化しつつあります。 中ノ沢温泉に到着し、1月にも利用したボナリの森に着いたのですが、、16時以降は宿泊客しか入浴できないとの事。我が家の到着は16時10分、、、アウトです。。スゴスゴと引き…

続きを読む

春分スキー2020【3】裏磐梯の宿は、、、おなじみ、リゾートインみちのく(福島県北塩原村)

裏磐梯での宿は、、、もやは常宿とも言うべき、「リゾートインみちのく」です。安くてゴチソウが出て温泉がキモチ良い、、、そりゃもうキマリですよ。今シーズン2回目、通算7回目の利用となりました。 「リゾート」などと冠していますが、、まあ、フツーの民宿です。我が家は4人で8畳間。手打ちそば、馬刺し、ビール1本つきプランで1人8300円(小学生6500円)。金額は、税・サービス料込です。ね、ね、安い…

続きを読む

ウップン晴らしに「たんばらスキーパーク」【3】アフタースキーは、、道の駅「白沢」の望郷の湯(群馬県沼田市)

吹雪の中のスキーを終え、、、、カラダを温める為にも、温泉に漬かって帰りましょうぞ。今回、選んだのは、、、道の駅 白沢の中にある天然温泉「望郷の湯」です。R120号線には面しておらず、「白沢」なる地名もピンときませんが、、関越道沼田ICからも4キロ程度と近く、尾瀬や片品からの行き帰りにも便利です。 望郷の湯は、なかなかゴリッパな建物でして、、大きな池で囲まれている構造は、、まるで、どこぞのオ…

続きを読む

20年ぶりの石打丸山スキー場【3】スキーの後は、越後湯沢駅で温泉&酒蔵(酒風呂 湯の沢、駅の酒蔵・新潟県湯沢町)

石打丸山スキー場でスキー&スノボを楽しんだ後、、、カミさんの希望で、JR越後湯沢駅に立ち寄る事になりました。駅構内の酒蔵でオミヤゲを買いたいのと、、ソコには立ち寄り温泉もあると言うのです。お酒も買う?ぢゃ、ぢゃあ行きましょうぞ。 みぞれ交じりの中、越後湯沢駅に到着しました。新幹線も止まる、地域のターミナル駅でして、、かなりゴリッパな駅ビルです。ココに来るのは何年振りだったでしょうか。。…

続きを読む

川場スキー場でスノボ! 2020【3】スキー上りは、日帰り温泉。昭和村総合福祉センター昭和の湯(群馬県昭和村)

川場スキー場でスノボ(1名だけはスキー。。)を満喫し、、、温泉でひとっ風呂浴びて、カラダを暖めてから帰りたいところです。前回は、スキー場から下ったところにある川場温泉センターいこいの湯に立ち寄りましたが、せっかくなので、違う温泉にも浸かってみる事に。さらに、もうちょっと下った「桜川温泉せせらぎの湯」?いえいえソコは高いです。いこいの湯の430円の倍以上の、1050円もしますから。 で、向か…

続きを読む

雪はあるのか2020裏磐梯【6】スキーの後は天ぷらまんじゅうと温泉!、、中ノ沢温泉ボナリの森(福島県猪苗代町)

沼尻スキー場を後に、、、向かったのは、中ノ沢温泉の日乃出屋。名物、天ぷらまんじゅうを食べる為です。そもそも、この日の行動は、、、まんじゅうが主役で、スキー場がオマケだったんですよ。ソレはソレとしまして、、食いましょう! 天ぷらまんじゅうを! これが、天ぷらまんじゅうです。よくあるタイプの温泉饅頭を、天ぷらにしたモノですね。右上が「つぶあん」、右下が「こしあん」、、そして左は、新製品の「芋あ…

続きを読む

雪はあるのか2020裏磐梯【4】お宿は、、おなじみ「リゾートインみちのく」です(福島県北塩原村)

成人の日の3連休。今回の宿も、おなじみのリゾートインみちのくです。ゴチソウと露天風呂が自慢の民宿ですね。我が家にとっては、リーズナブルなのもアリガタく、、今回で6回目の宿泊になりました。 宿の場所は、五色沼の入り口からグランデコに向かう道沿い、秋元湖と小野川湖に挟まれた、赤矢印のあたりです。奥が猪苗代湖、その手前が磐梯山、一番手前が檜原湖ですね。この鳥瞰図は南北が逆転していますので、お間違…

続きを読む

雪不足の志賀高原 2019~20【5】シメは今年も渋温泉・天川荘、、、、、ゴチソウで年越し。。

志賀高原でのスキーをした後は、、、例年通り、渋温泉に降りてきました。温泉街の天川荘で、年越し宴会をする為ですね。我が家は、7回目の参加になります。今年も雪の露天風呂にシッポリと浸かり、ゴチソウを食べながら新年を迎えようぢゃないですか。 部屋は、こんな感じです。落ち着いた感じの純和風、、、決して豪華・金ピカ・成金仕様ではありませんですよ。コタツがあり、その上に置かれたお茶と温泉饅頭、、もうそ…

続きを読む

雪不足の志賀高原 2019~20【2】今年の宿も、発哺温泉の岩菅ホテル。雪は無くともゴチソウは有るぞ!

年末の志賀高原でのスキー。横手山を下り、、、その枝葉のバーン、クイーンゲレンデへ。ワタクシ的には、高校のスキー教室での特訓場となった、熊の湯と共にナツカシのバーンなんですよ。いまだにボードを締め出した、スキーオンリーのバーンでもあります。今や貴重なシングルリフトも珍いですよね。 残念ながら下半分のリフトしか動いていなかったものの、、林間に踏み入って深雪に挑むマナムスメ。カノジョにとっては、…

続きを読む

新春2020年、、今年も渋温泉で迎えました。(長野県山ノ内町)

今年の年末年始は、例年通りの志賀高原&渋温泉。例年に無い雪不足に見舞われましたが、どうにかスキーも楽しめました。とりあえず、その速報版です。 ゲレンデが全面オープンしていたのは熊の湯スキー場だけでして、、ソコのレストハウスでラーメンをススるマナムスメ。ココは、トォチャンが高校のスキー教室で訪れたゲレンデで、何もかも懐かしゅうございます。と言うか、、、、昔過ぎて、多くの事が記憶にございま…

続きを読む

初冬の伊豆半島、、、山と温泉【5】これが格安バイキング(伊東園ホテル別館・静岡県伊東市)

伊東園ホテル別館にて、オタノシミのバンメシ。飲み食い放題のバイキングです。これは思いっきり食べて、得をしなければなりません。でも、、、バイキングって、、ついつい食べ過ぎちゃうんですよね。。 ワタクシの第一弾はコチラ。(↑の写真)まずはビールのツマミになるモノから選びました。唐揚げ、天ぷら、刺身、そしてカニ!なんと、カニも無制限です。 カミさんも似たような構成ですね。(↓の写真)当然の…

続きを読む

初冬の伊豆半島、、、山と温泉【4】伊東園ホテル別館で飲み食い放題!(静岡県伊東市)

天城山の登頂を果たし、、、通常であれば立ち寄り湯で汗を流して帰るのですが、、今回は泊まり。しかも温泉ホテル。温泉で疲れを癒し、飲み放題付きバイキングで大いに喰らう所存です。ずいぶんお大尽な振る舞い?め、めっそうもございません。身分相応の格安プランです。。 泊まるのは、新聞のチラシで見た伊東園の別館。そこに、格安バイキングプランがあったんです。土日料金で、2食付き1人あたり税込み8250円(…

続きを読む

晩秋の安達太良山【6】安達太良の汗は安達太良で流せ! スカイピアあだたら「空の湯」(福島県二本松市)

安達太良山から下山したら、、さっそく温泉で汗を流しましょう。気候的に、あまり汗はかかなかったものの、、前夜のキャンプの焚き火で、スス臭くもなっていますしね。向かったのは、ベースキャンプの市営あだたら高原野営場の目の前の、スカイピアあだたら「空の湯」です。 スカイピアあだたらは、市が所有するレジャー施設。その中にある日帰り温泉が、「空の湯」です。露天風呂は無いものの、広々ユッタリとした空間で…

続きを読む

秋・会津2019【5】会津駒ケ岳から駒の湯へ。駒の汗は駒で流せ!(福島県檜枝岐村)

会津の最高峰、会津駒ケ岳(2133m)への登頂を果たした我が家。駒ノ小屋まで戻り、ソコでヒルメシを食べる所存です。サクっと食べて、夕方前には下山を終えたいところです。なにぶん、クマが出没する地域ですから。。【駒ケ岳山頂出発 12:24】 快適な湿原地帯を通り抜け、アッサリと駒ノ小屋に到着。小屋の前でクツロぐ人々は、ほぼほぼ小屋泊まりの人々で、13時のチェックイン開始を待っている状態でした。駒ノ…

続きを読む

秋・会津2019【3】縁結び「三石神社」と、リニューアルした「ひとっぷろ まち湯」(福島県只見町)

田子倉湖、只見湖から只見の市街を目指してR252を走ると、只見駅に着く直前あたりで、「縁結び三石神社」「要害山登山口」の看板が見えます。我が家が目指すのはソコ。要害山の中腹にある、三石神社です。何しに行くのかですって?縁結びの祈願に決まっていましょう。マナムスメの強い要望です。。 神社の歴史は、ずいぶん古いですね。平安時代の末期に奉納されたとありますよ。ただし、、「縁結びの神」とされたのは…

続きを読む

山中湖平野温泉 石割の湯、、、石割の汗は石割で流せ!(山梨県山中湖村)

石割山(1412m)登山で、ひと汗かいた我が家。下山後は、温泉に浸かって帰るのがキモチ良いですよ。山中湖界隈の温泉ですと、山中湖温泉 紅富士の湯がオナジミですが、登った山の名を冠した「石割の湯」ってのもあるぢゃないですか。ならばと、ソコを目指してみました。 石割山の登山口から2km足らず、、、、クルマで、わずか5分で到着しました。石割の湯は、山中湖村が運営する日帰り温泉。入浴料は800円、…

続きを読む

2019夏休み・鳥海山編【6】最終回・・旅の打ち上げは「鳥海温泉 あぽん西浜」と「とりみ亭」

鳥海山を降りた足で向かったのがコチラ。鳥海温泉あぽん西浜、、鳥海山の汗は、鳥海山で流さねばなりません。2日前に訪問した際は、海水浴客が溢れていて退散しましたが、13時過ぎですから、まだ皆様は海で泳いるハズですって。その隙を狙って、風呂へGO! あぽん西浜は、山形県遊佐町にある公共系の立ち寄り温泉です。400円は良心的ながら、大広間を使のであれば610円になります。我が家は、使わないからダイ…

続きを読む

2019夏休み・鳥海山編【1】鳥海山、登山前夜、、、展望温泉「眺海の湯」から、5合目鉾立駐車場で車中泊

鳥海山、、東北地本では2番目の高峰で、標高は2236m。出羽三山に続き、我が家はソコに挑む所存です。登山の前日の宿営場所として向かったのは、遊佐町の西浜キャンプ場。海沿いの松林の中のサイトで、立ち寄り湯の「ゆらり」にも隣接し、なかなか便利でイゴコチも良いキャンプ場なんです。そんな20年以上も前の記憶を頼りに向かってみれば、、、 ダメです。記憶は間違っちゃいなかったものの、、、、海に近いのも…

続きを読む

2019夏休み・出羽三山編【7】羽黒山前夜、、、隋神門前駐車場で車中泊。風呂はやまぶし温泉ゆぽか

出羽三山のうち、湯殿山と月山をクリアした我が家。残る羽黒山に挑むべく、その門前で一夜を過ごす事になりました。予定では、「休暇村庄内羽黒」の中にある「羽黒山キャンプ場」で泊まるツモリだったのですが、満員との事で入場が出来ず、流れ流れてココに来た次第です。真夏の車中泊、、、準備は万全です。 我が家が陣取った隋神門前駐車場は、羽黒山への登山口に当たる隋神門から、西寄りに300mほど離れた場所にあ…

続きを読む

2019夏休み・出羽三山編【3】お泊りは湯殿山参籠所、、仙人澤温泉 御神湯と精進料理

出羽三山・湯殿山の参拝を終えた我が家。この日の宿は、仙人澤の「湯殿山参籠所」を予約しました。参拝者用の宿泊施設で、いわゆる宿坊ですね。決して格安な宿泊施設ではありませんけれど、、、霊場で精進料理、、、、、そんなシュチュエーションにホダされ、ココを選びました。わくわく。 これが、湯殿山参籠所。宿泊の他、食事や入浴も出来るんです。ただし、日帰り入浴は対象時間が短く、9時から15時までですのでご…

続きを読む

梅雨の合間の蓼科山【2】雲上の生姜焼丼、、、そして池の平温泉へ。蓼科の汗は蓼科で流せ!(長野県立科町)

梅雨の合間を縫って、、、蓼科山にチャレンジした我が家。どうにか登頂を果たすも、山頂はガスの中。。まあ、カッパを着ずに下山できれば御の字ですね。ゴツゴツ大岩ゾーンが雨に濡れたら、シャレになりませんから。焦らず、安全に降りましょうぞ。予報では、夕方あたりから雨マークなんです。 とは言え、、、、山頂ヒュッテで焼き鳥なんぞを食べて、ロスタイム。。仕方ありません。だって、激しくウマそうだったんですもの。…

続きを読む

讃岐うどん「もり家」~屋島のミステリーゾーンへ【令和元年GW・10】(香川県高松市)

剣山から下山し、見の越の駐車場に戻ったのが12時40分。 ドップリとヒルメシタイムでありますが、 グッと堪えて、香川県に戻ろうぢゃないですか。 それは讃岐うどんを食べる為。 お食事処「まつうら」の祖谷そばぢゃダメなんです。 2008年の讃岐うどん巡りでは2日で5軒食べましたが、、 今年も3軒位は周りたいところですもの。 見の越の駐車場から一番近く、そして営業時間内に間に合う店、…

続きを読む

三野農村ふれあい広場キャンプ場《無料》、、向かいは紅葉温泉【令和元年GW・7】(徳島県三好市)

マチュピチュ、ナスカ、ウユニ塩湖、モンサンミッシェルを周り、、 もちろん、全て「みたいなモノ」がつきますよ。。 とにかく、それらを見た後は、、 イッキに三好市のキャンプ場にやって来ました。 その名は「三野農村ふれあい広場キャンプ場」。 日帰り温泉が目の前にある、無料の公営サイト場です。 ところが、一筋縄ではいかなそうです。 GWですので、カミさんがキャンプ場の予約の要否を、市役…

続きを読む

石鎚山(天狗岳)1982m、令和初日に登頂! シメは石鎚山温泉【令和元年GW・2】(愛媛県西条市)

令和の世の中になった初日に、石鎚山を目ざした我が家。 まずは、弥山1978mの頂上に着きました。 もちろん、最高峰の天狗岳1982を目指す所存ではあるものの、、 山頂へのルートは思いっきり困難そうで、、、 それがアカラサマに見えるんですよ。。(↓の写真) とにかく、落ちないように頑張りましょう。。 まずは、弥山の山頂直下の、下りクサリ場。(↓の写真) ずっとクサリ場を避けていた…

続きを読む

あしずり温泉「足摺テルメ」~道の駅「めじかの里」で車中泊【平成最後のGW・10】(高知県土佐清水市)

足摺岬で雨に打たれつつ、、、、 ぼちぼち、この日の宿泊地も決めなければなりません。 その前に、温泉に漬かっておきましょう。 足摺岬の観光看板でみつけた、 「あしずり温泉」に向かう事にしました。 今時、日本中どこに行っても温泉がありますね。。。 足摺岬を見下ろす感じの丘の上に、ソレはありました。 施設の名前は「足摺テルメ」。 「絶景リゾートホテル」と称しています。 大きな白亜…

続きを読む

四国に上陸、、、、初夜は、やしま第一健康ランド【平成最後のGW・2】(香川県高松市)

10連休のGW、四国を目指した我が家。 東京を朝の5時30分に出発し、、 18:30頃、やっと大鳴門橋に差し掛かりました。 コレを渡ると、いよいよ四国への上陸です。 ここまで13時間の長旅でしたが、、 まだまだ先に進まねばなりません。 そのまま高松道をひた走り、着いたのはコチラ。 高松市内・屋島の崖下にある健康ランド「やしま第一健康ランド」です。(↓の写真) ココでひとっ風呂…

続きを読む

道の駅保田小学校の「里の小湯」、、、房総の汗は房総で流せ!(千葉県鋸南町)

嶺岡愛宕山と嵯峨山、、 二つの山でかいた汗は、ご当地で流して帰るに限ります。 もっとも、愛宕山では殆ど汗はかいていませんが。。 ソレはソレとして、どこに向かいましょう。 ばんやの湯か、笑楽の湯か、、 いずれも良いお湯でしたけれど、 今回は、初めてのところに行って見る事にしました。 向かったのは、道の駅保田小学校。(↑の写真) 廃校となった小学校を利用した施設でして、 レスト…

続きを読む

檜原温泉センター数馬の湯、、檜原の汗は檜原で流せ!(東京都檜原村)

三頭山登山でひと汗かいた後は、、、 やっぱり、温泉につかって帰ろうぢゃないですか。 この界隈には、日帰り入浴が可能な宿も何軒かありますが、 公共施設の数馬の湯に向かってみました。 正直、、、あんまり汗はかいていませんで、、、、 むしろ、キッチリと暖まって帰る感じでしょうか。。 ココが数馬の湯。(↓の写真) 檜原街道沿いで、判りやすい立地です。 泉質はアルカリ性単純温泉、源泉温…

続きを読む

川場温泉センターいこいの湯、、、川場の冷えは川場で癒せ(群馬県川場村)

川場スキー場でオタノシミの後、、、 やはり、ひとっ風呂あびてカラダを解凍してから帰りたいものです。 ナビで近隣の立ち寄り温泉を探してみたところ、、 コチラ「川場温泉センターいこいの湯」がヒットしました。 殆ど通り道ですし、さっそく出向いてみると、、、 ややコナレた、民家風の建物、、いい味出してますよ。(↑の写真) 大人430円ってのが凄いですね! 東京都の銭湯が460円ですので…

続きを読む