フロは銭湯「亀遊館」、、メシはカラオケ。。お泊りはホテル長男坊(神奈川県横浜市)

鎌倉アルプスを縦走した我が家。その汗を流したいところですが、鎌倉界隈には温泉がありません。(高額な施設は除く)そこで我が家は、、、銭湯を活用する事にしました。選んだのは、、金沢八景の銭湯「亀遊館」。スーパー銭湯ではありません。純・銭湯です。 全くの住宅地に中に、ソレはありました。昔ながらの番台式ではなく、料金はフロントで支払う仕組みです。大人490円、、、東京の銭湯480円と、ほぼ同じ…

続きを読む

成人の日スキー2022 IN 猫魔【2】新雪のネコマでボードざんまい!(星野リゾート猫魔スキー場・福島県北塩原村)

成人の日の3連休、猫魔スキー場にやって来ました。天候は、年末の志賀高原と同じく雪模様。。まあ、スキーに来たんだから雪は歓迎すべき!などと、開き直って楽しもうぢゃないですか。この日、カミさん、長男坊、マナムスメの3人は、ボードを選択。新雪が積もっているからこそ、それなのだとか。 猫魔スキー場のリフト券はコチラ。磁気カード式です。今回、2枚分は、ふるさと納税の返礼品としてゲットしました。1…

続きを読む

2022年始は渋温泉【3】さらば! 豪雪の志賀高原、、、、渋温泉もサヨウナラ。。

2021年から2022年にかけての年末年始。。今年も例年通り、志賀高原&渋温泉で過ごす事が出来ました。「コ」のアオリで、色々と制約があったものの、、来年は、全てがクリアされていると信じます。その前に、、、帰る為には、クルマの発掘が必要です。。 さあ、帰宅開始! と思ったら、、、前日のB師匠のスタックに続き、、本隊のクルマ1台がトラブル。。操作ミスによるバッテリーあがりです。。新年早々、…

続きを読む

2022年始は渋温泉【2】初詣は、、、今年も渋温泉・温泉寺へ!(長野県山ノ内町)

2022年が明けました。渋温泉の旅館でカウントダウンし、、その足で初詣に。向かうのは、渋温泉の温泉街にある温泉寺。毎年恒例の行動ではありますけれど、、、、昨年から、「コ」の影響で寂しいばかりです。。 例年ですと、参拝者が除夜の鐘を突けるんです。紅白が終わる頃から順番待ちの行列ができ、、鐘をついた後、記念のダルマを貰えるんですよ。その光景は、こんな感じでした。今年も昨年同様、鐘つきは出来…

続きを読む

2022年始は渋温泉【1】コレが天川荘のゴチソウだ!!(長野県山ノ内町)

志賀高原で年末スキーを楽しんだら、、、渋温泉に降りてきて、ソコで年越し。。。それが、我が家のナラワシになっています。今シーズンは荒天ぎみでしたけれど、、、雪が無い事にはハナシになりませんので、それよりはマシでした。 渋温泉でのお泊りは、、、もはや常宿の天川荘。マナムスメが生まれる前からお世話になっています。雪の中の露天風呂も、たいへんにキモチ宜しゅうございました。いざ湯舟から出ると、コ…

続きを読む

2021年末は志賀高原【3】吹雪の焼額山、、、、渋温泉に退散!(長野県山ノ内町)

今シーズンも、志賀高原で年末スキーでした。今年も、出だしが1日遅く、30日の午後からの滑り始め。大晦日はスキーを楽しみ、そのまま渋温泉に下る計画です。おおむね例年通りの行程なのですが、滑りに出るには、、、一夜にして埋没したクルマを、掘り出さねばなりません。。 やっとクルマの姿が見えたと思ったら、、、スタックして身動きが取れない、B師匠のクルマ。。4駆スタッドレスなんですけどね。。かつて…

続きを読む

2021年末は志賀高原【2】お泊りは、高天ヶ原のサニー志賀(長野県山ノ内町)

志賀高原・ブナ平スキー場に、突如誕生した新ゴンドラ。かつての4人乗りリフトをゴンドラに架け替えた模様です。これで、蓮池にある山の駅と東舘山山頂が、3基のゴンドラで結ばれた事になります。おニューのブナ平ゴンドラで発哺温泉に降り立てば、、、オナジミの岩菅ホテルが目の前にそびえていました。残念ながら、、今回は満室で泊まれなかったんです。。 気を取り直して、昔っからの東舘ゴンドラ(たまゴンドラ…

続きを読む

鶴巻温泉弘法の里湯、、、弘法山の汗は弘法の里で流せ!(神奈川県秦野市)

秦野市の鶴巻温泉、、、まさに駅前温泉で、その名もズバリ「鶴巻温泉駅」から徒歩2分。1889年(明治22年)に開湯され、位置づけは「東京の奥座敷」だそうです。観光地よりも、お泊り宴会の会場みたいなイメージでしょうか。お湯に含まれるカルシウムの量は世界でも有数で、その含有量は、牛乳よりも濃ゆいんですって。それでは、お山の汗を流しましょうか。 登山やハイキングと絡めてココに至る客は、もちろん…

続きを読む

滝を眺めて馬頭刈尾根へ【5】秋川渓谷瀬音の湯、、、秋川の汗は秋川で流せ!(東京都あきる野市)

正式名称は「秋川渓谷瀬音の湯」。2007年にオープンした温泉施設で、あきる野市が所有し、運営委託しています。日帰りだけでなく、宿泊も出来るのですが、、ソチラは、、なかなか良い値段ですね。。ライバルは、日の出町の生涯青春の湯つるつる温泉でしょうか。それは尾根一つ越えた反対側になります。 露天風呂やサウナも完備で、入浴料は、オトナ900円。高いと言えば高いですが、、まあ、許容範囲です。。つ…

続きを読む

留守番旅行記・博多ステイ【4】波葉の湯から、中洲屋台・雨編。。。45分待ちの焼きラーメン(福岡市博多区)

糸島半島を満喫した、カミさんとマナムスメ。その足で、温泉に向かった模様です。泊っているドミトリーはシャワーだけですので、やはりニポン人なら湯舟でしょう。博多港にあるベイサイドプレスが営む「波葉の湯」、、、地下800mから汲み上げる天然温泉なんですって。引き続き、留守番トォチャンが写真だけを見て旅行記を綴ります。。 さすがに女湯での撮影は出来ませんから、公式サイトの写真をお借りしました(…

続きを読む

リハビリ登山! 日の出山【5】生涯青春の湯 つるつる温泉、、、日の出の汗は日の出で流せ!(東京都日の出町)

日の出山からの下山を終えた、ワタクシとカミさん。オタノシミは、つるつる温泉です。ココでキッチリと汗を流し、生ビールを呑んじゃう作戦ですね。その為に、クルマではなく電車で来たんですから。ハイキングは、生ビールをウマくする為のアイテムです。 生涯青春の湯 ひので三ツ沢 つるつる温泉。日の出町が出資する第三セクターが運営する、日帰り温泉です。アルカリ性のお湯で、やたらツルツルした肌ざわりなの…

続きを読む

ビバ! 南会津【2】赤い露天風呂と南会津の夜。。。(古町温泉赤岩荘・久川ふれあいキャンプ場、、、福島県南会津町)

シルバーウィークの終盤、、2年ぶりに南会津にやって来ました。台風のアオリで、わずか1泊2日ではありますが、大いにキャンプを楽しもうぢゃないですか。場所は、旧伊南村の、久川ふれあいキャンプ場です。 昼に到着し、ゆるりと過ごした後は、、温泉に行きましょう! それがレジャーというものです。キャンプ場から1kmほど歩いた所に、立ち寄り温泉があるんです。ビールも飲んじゃいましたので、歩きましょう…

続きを読む

デコ平温泉でミステリー、、、ココは八百万(やおよろず)の神の保養温泉ですか?(福島県北塩原村)

西吾妻山の山麓にある、裏磐梯グランデコ東急ホテル。スキーリゾートのグランデコの宿泊施設ですね。その中の大浴場は「デコ平温泉」と称し、日帰り入浴も出来るんです。先日、、裏磐梯でのキャンプの際に利用したところ、、女湯で、ミステリーな出来事があったのです。あ、オイロケうっふんな話は全くありません。念の為。。 小野川湖周辺を軽くトレッキングし、、その汗を流す為に、デコ平温泉に立ち寄った次第です…

続きを読む

裏磐梯で1人っ子キャンプ【3】裏磐梯の汗は裏磐梯で流せ! グランデコ東急ホテル・デコ平温泉(福島県北塩原村)

小野川湖周辺のトレッキングコースを、中途半端に辿った我が家。あんまり汗はかいていませんですが、歩いた後は、温泉を楽しもうぢゃないですか!目指すは、デコ平温泉ぶなの湯。スキーリゾート、グランデコ東急のホテルの中にあるんです。昨年、西吾妻山の下山後に入浴するモリだったものの、時間が遅くなり、日帰り入浴タイムに間に合いませんでした。。 小野川不動滝駐車場からは、クルマで数分。ココが裏磐梯グラ…

続きを読む

裏磐梯で夫婦キャンプ【2】ニッコウキスゲの無い、雄国沼。。。(福島県北塩原村)

マナムスメが林間学校に出かけたスキに、カミさんと2人でやって来た、裏磐梯の雄国沼。日本最大級のニッコウキスゲの群生地です。通常、6月下旬から7月初旬が見ごろであるというソレは、、、一輪たりとも咲いている姿を見る事は出来ませんでした。。1週間以上も遅いですもんね。。。 咲いていた時期には来れなかったんですから仕方ありません。気を取り直して湖畔を探索、、、もともと、ニッコウキスゲだけが目的…

続きを読む

お持ち帰りは下呂温泉セット、、、、「天領・大吟醸」「みすと」「なごみの美湯」

カミさんが、何やらステキなモノを持ち帰ってきました。「日野屋」とか「天領」とありますが、、、、どうやら日本酒です。これは何よりも嬉しいですよ。酒の一滴には千人の神様が宿ってると言いますし。飛騨の国・下呂温泉のお酒みたいですね。どこから入手してきたのですか? 造っているのは、岐阜県下呂市の天領酒造。その天領酒造が、新しく立ち上げたブランドが「日野屋」なのだそうです。創業者が滋賀県蒲生郡・…

続きを読む

マナムスメ、北へ!【2009GW】3日目・酸ヶ湯温泉~函館山

八甲田山の山麓の民宿に泊まった我が家。せっかくなので、酸ヶ湯温泉に立ち寄る事にしました。巨大混浴露店風呂・ヒバ仙人風呂が有名ですよね。まだ雪も残る、山の中の温泉、、、風情もアリアリです。 午前も午後も、8時から9時まで、ヒバ仙人風呂は女性専用タイムになるんです。カミさんとマナムスメは、それを活用して入浴しました。ワタクシと長男坊が9時を待って仙人風呂に向かうと、、、、ダッシュで浴室に向…

続きを読む

2021GW キャンプ&登山【9】絶景露天風呂・湯めみの丘、、、巨摩の汗は巨摩で流せ!(山梨県甲斐市)

茅ヶ岳から下山し、、、お待ちかねのヒルメシタイム!でも、その前に汗を落してサッパリしたいですよね。。そしたら、メシ処つきの立ち寄り湯が良いですよ。と言う訳で向かったのが、「湯めみの丘」。源泉かけ流しの温泉です。 「湯めみの丘」の場所は、中央道・双葉JCTの近く。ちょっとした高台の上にあり、なかなか眺めが良いんです。写真右寄りに見えるのが、先ほど山頂に立った茅ヶ岳。そして、左側に霞むのは…

続きを読む

2021GW キャンプ&登山【5】道の駅にらさきの「ゆーぷるにらさき」と、オギノの うさぎパン(山梨県韮崎市) 

山梨県韮崎市のサクラリゾートにテントを構えた我が家。2日目、朝うどんを食べた後、ゆるりと韮崎市街に降りてきました。この日は買い出しとフロを済ませたら、後はキャンプ場で過ごす予定です。朝ビールに朝風呂? ゼイタクすぎ?その通りです。返す言葉はございません。。 やって来たのは、道の駅にらさき。隣接する立ち寄り湯「ゆーぷるにらさき」に入るツモリです。正式名称は「韮崎市健康ふれあいセンター ゆ…

続きを読む

年始は、裏磐梯猫魔スキー場【2】お宿編、、、、今年もリゾートインみちのく(福島県北塩原村)

正月明けのスキーは、やっぱり裏磐梯猫魔スキー場。お泊りは、恒例のリゾートインみちのくです。カミさんはココのメシを大いに気に入っていまして、スキーとメシ、どちらが主目的なのか判らない状態です。今回は短縮日程で、滑るのは1日だけ。その分も、大いに楽しもうぢゃないですか。 ココは、みちのくの玄関。「リゾートイン」などと聞きますと、豪華なホテルっぽいですが、実態は民宿です。それ以外のナニモノで…

続きを読む

年末年始は志賀高原・2020~2021【6】深夜の渋温泉、、、来年はニギヤカでありますように。。

渋温泉で2021年を迎えました。ここでも、「コ」の影響は容赦ありません。テレビの「ゆく年くる年」が始まる事に、温泉街のハズレに位置する温泉寺に出向いてみると、恒例の、除夜の鐘は中止となっていました。鐘をつく順番待ちが、密になるからだと思われます。参拝者もまばらで閑散とした境内を後にし、、、温泉街の様子をひと眺めしてから宿に戻る事にしました。 小雪が舞い散る、渋温泉のメインストリート。。…

続きを読む

年末年始は志賀高原・2020~2021【5】年越しは、今年も渋温泉・天川荘

大晦日の日、志賀高原でのスキーを終え、、、夕方に渋温泉まで下りてきました。ココでの年越しが、我が家の恒例なんです。お泊りは、おなじみの天川荘。今年もよろしくお願いいたします。 天川荘は、渋温泉の外れ、、、天川橋の近くに位置します。コジンマリとした宿ではありますが、、、リッパな露天風呂と、豪華なメシがウリなんです。我が家は初めて泊まったのが2006年で、、今回は丁度10回目になりました。…

続きを読む

奥久慈男体山・クサリ場祭り【5】三太の湯、、、奥久慈の汗は奥久慈で流せ!(茨城県常陸大宮市)

奥久慈男体山から生還し、、、、ひとっ風呂浴びてから帰る事にしました。山頂にあった「茨城百景 男体山と湯沢温泉」なる石碑に従えば、湯沢温泉に浸かるのが清く正しい姿でしょうか。しかし、なんだか高級っぽいので、、、8kmほど東京寄りの公営立ち寄り湯「やまがたすこやかランド 三太の湯」へ。「山方」と書く「やまがた」です。 この施設は2000年に旧・山方町がオープンさせ、、後の市町村合併で常陸大…

続きを読む

マナムスメ1歳、旅に出る【2】滝が温泉! 川原毛大湯滝(秋田県湯沢市)

引き続き、2008年の夏休みの振り返りです。田沢湖キャンプ場にて、マナムスメがキャンプデビューを果たし、、ソコから、コチラに移動してきました。秋田県湯沢市の山奥、、、、、大きな滝自体が温泉になっている、川原毛大湯滝です。 川原毛大湯滝へのアクセスは、川原毛大湯滝駐車場から徒歩15分ほど下ります。ハイキングコースのような道で、スニーカーなら問題なく歩けます。ただし、駐車場までがシンドい山…

続きを読む

秋の西吾妻山【5】露天風呂 香の湯、、、吾妻山の汗は裏磐梯で流せ!(福島県北塩原村)

西吾妻山から、無事に(ロープウェイで)下山した我が家。山でかいた汗は、キモチよく温泉で流したいものです。ロープウェイを運行するグランデコは、日帰り温泉も営業していまして、、グランデコ東急ホテルの「デコ平温泉」が利用できるんです。大人1100円は少々高めですが、、まあイイでしょう。ところが、、、日帰り客の入場は16:00までとの事でした。。無念。。 カミさんのニュー・スマホで、立ち寄り湯…

続きを読む

真夏の磐梯山【7】磐梯の汗は磐梯で流せ! 桜峠温泉・ラビスパ裏磐梯(福島県北塩原村)

我が家の夏休みは、磐梯方面の登山。2日がかりで、猫魔ヶ岳と磐梯山に登りました。山に登れば汗をかき、、温泉に立ち寄ってキレイに流したいところです。ただし、、、世間は「コ」の真っただ中。。ニュースでは、露骨に都民の入場を断る温泉も報道されていました。さて。我が家は、ひとっ風呂浴びる事が出来ますでしょうか。。 まずは地元の声を確認しましょう。我が家のスキーの常宿で、今回利用するキャンプ場のオ…

続きを読む

営業再開! 青海南ふ頭公園、そして大江戸温泉、、、ですが。。。(江東区青海)

先月に続き、シゴトで江東区の青海(あおみ)にやって来ました。その時は閉鎖されていた青海南ふ頭公園の様子を確認すべく、目的地であるテレコムセンターの1つ前のバス停、「東京港湾合同庁舎前」で降りてみました。東京税関の目の前ですね。国際貿易港ですから、税関だってありましょう。こんな船も係留されてます。 果たして、南ふ頭公園は、、、、立ち入り禁止が解除されていました。一時期は週に2回ほど一息つ…

続きを読む

春分スキー2020【5】スーパー湯の花の朝日屋旅館と、天ぷら饅頭の日乃出屋(中ノ沢温泉・福島県猪苗代町)

春分の日の3連休。裏磐梯でのスキーを終え、ひとっ風呂浴びて帰る事に。おなじみ、日乃出屋の天ぷらまんじゅうを食べて帰る為、風呂は、日乃出屋のある中ノ沢温泉に立ち寄る事にしました。この行動が、何となく定番化しつつあります。 中ノ沢温泉に到着し、1月にも利用したボナリの森に着いたのですが、、16時以降は宿泊客しか入浴できないとの事。我が家の到着は16時10分、、、アウトです。。スゴスゴと引き…

続きを読む

春分スキー2020【3】裏磐梯の宿は、、、おなじみ、リゾートインみちのく(福島県北塩原村)

裏磐梯での宿は、、、もやは常宿とも言うべき、「リゾートインみちのく」です。安くてゴチソウが出て温泉がキモチ良い、、、そりゃもうキマリですよ。今シーズン2回目、通算7回目の利用となりました。 「リゾート」などと冠していますが、、まあ、フツーの民宿です。我が家は4人で8畳間。手打ちそば、馬刺し、ビール1本つきプランで1人8300円(小学生6500円)。金額は、税・サービス料込です。ね、ね、安い…

続きを読む

ウップン晴らしに「たんばらスキーパーク」【3】アフタースキーは、、道の駅「白沢」の望郷の湯(群馬県沼田市)

吹雪の中のスキーを終え、、、、カラダを温める為にも、温泉に漬かって帰りましょうぞ。今回、選んだのは、、、道の駅 白沢の中にある天然温泉「望郷の湯」です。R120号線には面しておらず、「白沢」なる地名もピンときませんが、、関越道沼田ICからも4キロ程度と近く、尾瀬や片品からの行き帰りにも便利です。 望郷の湯は、なかなかゴリッパな建物でして、、大きな池で囲まれている構造は、、まるで、どこぞのオ…

続きを読む