ビバ! EXPO'70 大阪万国博覧会

実家から、懐かしいアルバムが出てきました。家族で大阪万博に出向いた時の写真です。ワタクシは小さかったので、記憶はイマイチですけれど、、、部分的には鮮明に覚えていたりもするんです。太陽の塔、、確かに見ました。外からだけですが。。。 初めて新幹線に乗ったのも、その時です。まだ新大阪が終点でしたでしょうかね。車両はコレ。0系というやつ。これぞ新幹線! というオモモチでしょう。もっとも、当時は…

続きを読む

ただただオヤツを並べてみました。。。その26、、、笹餅、かるかん、たこせんべい

オナジミのヒマネタ、、、久々の登場ですね。特にテーマもなく、、、おおっ! とオドロくような菓子もありません。まあ、いつもそんな感じでしたね。。テキパキいきましょう。 新潟銘菓、笹餅です。笹団子、笹餅、笹飴、、、笹が絡むと新潟銘菓だったりしますが、それは、どういう謂れなのでしょうか。笹を使う理由は、笹の葉が持つ抗菌作用や防腐作用を期待しての事でしょうね。新潟との絡みは、、、判りません。笹…

続きを読む

広島風お好み焼きにチャレンジ! これはムツカシい。。。。

我が家は お好み焼きが大好きで、食卓にもフツーに登場します。方向性は東京風、、、と言いますか、我が家風ですね。だいたい豚玉天とイタリア天の2本立て。こんな感じです。ところが、この日のトォチャンは気合が入りまして、、、初めて、広島風のお好み焼きに挑みました。ソレが、思いっきりムツカシいという事実は、、実際に広島のお好み焼き屋さんを訪問し、目の当たりにしております。(店のスタッフが作りました) …

続きを読む

カミさんの逆襲、、、、やっぱりサカナめし。。月曜定食とオミヤゲ魚

それなりにトシをとり、若い頃よりも魚の消費が増えましたけれど、、まだまだ肉っけのほうが大好きです。本能です。カミさんは、昔っからサカナや野菜(マナムスメ曰くクサ)が大好きで、ジャンジャンと魚のオカズ(ツマミ)を出してきます。も、もちろん嬉しく頂いていますとも。日本酒にはピッタリですし。。。。 少なくとも、週に一度は魚料理。月曜定食(魚+肉じゃが+お新香)が定番ですから。魚は基本的に週替…

続きを読む

消える巨大煙突、、、、今は鬼太郎のゲゲゲハウス。。(江戸川清掃工場・江戸川区江戸川)

一昨年の後半より、江戸川区の江戸川清掃工場の新築工事が始まっています。まずは既存の設備の解体からなのですが、解体完了は2年後。。新工場の完成には、まだ5年も掛かる長期戦なんです。これから解体される旧煙突の上にはフシギな小屋が乗っかりまして、、まさに、鬼太郎のゲゲゲハウスの状態です。煙突の根元周辺を探しましたけれど、妖怪ポストは見つかりませんでした。。 ゲゲゲハウスの正体は、、、解体の為…

続きを読む

6月末に惑星直列!? 水 金 (地) 火 木 土 天 海。。

今年の6月中旬から下旬にかけて、惑星がズラっと並ぶ、、、そんなニュースにドヨメく我が家、、、の中のワタクシ一人。。明け方に、水金(地)火木土天海が並ぶのだそうです。2年前の2020年7月にも、部分的な惑星直列がありましたよね。その時は水金地火木土(冥)。。。天王星と海王星以外がズラっと並んだそうです。次の惑星直列は2161年だと聞きましたけれど、、もう2161年になっちゃったのですか? …

続きを読む

吉見百穴、住居か、墓か!?【2】これが百穴グルメ!(埼玉県吉見町)

ヤボ用で東松山までやって来まして、、、その近くにあるらしい、吉見百穴に立ち寄ってみました。古墳時代後期の横穴墓群という遺跡です。そのテッペンは、標高50mほどの展望台になっていまして、まずは関東山地の山々を ひと眺め。その奥には茶屋のような建物があったので、覗いてみました。マナムスメさまに、エサを与えるオヤツを献上する為です。 その建物、窓には「無人販売所」と書かれていて、「やさい販売…

続きを読む

吉見百穴、住居か、墓か!?【1】ホントは219穴、、ヒミツ基地も!(埼玉県吉見町)

所用で、埼玉県の東松山まで出かけた帰り。「吉見百穴 3km」なる標識が目に入ったんです。このあたりに、そういう遺跡がある事は知っていました。もっとも、名前を聞いた事がある程度でしたが。そんなに近いなら、ちょっと寄ってみる事にしたんです。それだけの為に、わざわざココまで来る感じではありませんですから。 吉見百穴、、、読みは「よしみひゃくあな」が正解だそうです。ゆるキャラの「よしみん」が、…

続きを読む

続・テンパリ出張IN 静岡・由比【2】清水と言ったら魚市場。平日限定海鮮丼!(静岡市清水区)

GWを挟んで5回ほど続いた、静岡出張。。けっして喜ぶべき内容では無かったのですが、、、どうにか終わりが見えてきたのが4回目。。ハッピーな、、いや、ベストな、、、いや、ベターな、、、せめてグッドな最後でも、、終わりさえすればモンクなしです。。 とにかく先が見えてきましたので、、、4回目の昼メシは、少し余裕をカマシました。同行のオヂサマがハンドルを握り、、薩埵山の向こう側、、清水の市街を目…

続きを読む

続・テンパリ出張IN 静岡・由比【1】由比と言ったら桜えび。浜のかきあげやで かき揚げ丼!(静岡市清水区)

GWに突入する前日、、急遽静岡への出張をブチ込まれまして、一歩マチガエれば、翌日の格安航空券をフイにするところでした。それは目出度く回避できたものの、、、、結局、、GWが終わってから何度も出張る事になりました。。GW直前のも合わせて、都合5回。やれやれです。。 ひと月のうちに5回も行けば、景色も飽きましょう。富士山、、、やあ! こんちは!愛鷹山、、、やあ! また逢ったね!そんな感じです…

続きを読む

惣菜グルメ FROM 九州、、、圧巻の高額ハンバーグも登場!

いくつかのスーパーで、地名を冠した「○○フェア」が相次ぎ、おかげさまで、各地の味を楽しめました。今回は、九州フェア。Aスーパーで九州フェアがあると、次週はBスーパー、その次はCスーパー、、そのように続くのはなぜでしょう。もしかしたら、、売れ残りをタライ回しにしている?そんな事は無いでしょうね。。 これは、ライフでの九州フェア。「揚げ出し豆腐の博多明太子チーズ焼き」です。明太子は、GWの…

続きを読む

ただただオヤツを並べてみました。。。その25、、ニセモノ「小技」と、、、全国制覇!プリン倶楽部の野望。。

オナジミのヒマネタです。久々なので、オヤツ写真がけっこう溜まりました。特にテーマもありません。テキパキいきましょう。豆大福です。大福は、江戸時代の中期に江戸の小石川で誕生したんですって。(諸説あり)思ったよりも新しい食べ物なのですね。 セブンイレブンのチョコ&バニラ、、、そしてカスタードエクレア。マナムスメにオヤツを買いに走らせたら、コレを買ってきました。トォチャンの大好物を、ちゃんと…

続きを読む

秩父の象徴、、、今や断末魔の武甲山【4】さらば武甲山! 裏参道で浦山口に。。

我が地元のスーパーの屋上からも、その姿が確認できる武甲山。片面だけが妙に急峻な独特の姿なので、判りやすいんです。その急峻な崖の正体も観察できましたし、、あとは、下山して「温」と「ビ」を楽しむだけです。その為にも、、、安全にトロトロ降りましょうね。。 浦山口の駅を目指して我が家が辿る橋立コースは、通行不能情報もありましたけれど、何事も無く、長者屋敷の頭まで降りてきました。ここからは、しば…

続きを読む

秩父の象徴、、、今や断末魔の武甲山【3】武甲山山頂に、マボロシの三角点(1336m)が!

秩父の霊峰、、、日本200名山にも名を連ねる武甲山(1304m)。山頂にデーンと構える武甲山御嶽神社の境内を抜け、一番高いところ、、、テッペンを目指しましょうか。元々の最高地点を含め、山頂の半分を失ってしまった哀れな姿も、キッチリと見届けなければなりません。ドキドキ。。【武甲山御嶽神社:10:57】 本堂のすぐ裏に、鐘塔がありました。木槌が添えられていますので、叩いてイイんですよね?こ…

続きを読む

秩父の象徴、、、今や断末魔の武甲山【2】先は長いぞ! 頂上の御嶽神社は52丁目。。

秩父の霊峰・武甲山に挑む、ワタクシとカミさん。有料特急+タクシーを使い、不相応なお大尽アプローチでやって来ましたが、ココから先は歩かねばなりません。出発は、武甲山御嶽神社の一の鳥居の登山口。それでは参りましょう。。【手前の三差路:8:26】【一の鳥居:8:41】 鳥居をくぐると、、、すぐ先に、豪華なトイレがありました。登山ポストも設置されていて、我が家も届を提出。「浦山口への橋立ルート…

続きを読む

2022GW、、おみやげ編【2】対馬の「いりやき」、壱岐の「猿川」、大宰府の「すみっコぐらし」。。

GWのお土産、その2です。対馬名物の「いりやき」からいきましょうか。プレゼンテーターは、引き続きツシマヤマネコちゃん。それもオミヤゲのひとつで、、マナムスメに与えられたものです。カミさんは、「地鶏」と「真鯛」、、、2種類の「いりやき」を買いました。ところで、「いりやき」って何でしょう。まずは、そこからです。 いりやきは、対馬の郷土鍋。冠婚葬祭や特別なお客さんをモテナす際、飼っている鶏を…

続きを読む

2022GW、、おみやげ編【1】対馬の「ろくべえ」と、博多豚骨ラーメン「名島亭」

今年のGW、カミさんは10日間の対馬・壱岐巡り、、ワタクシ・長男坊、マナムスメは3日間の北部九州巡り、、それぞれに楽しみ、最後は博多の屋台で合流したりもしましたが、、早いもので、、、あれから、もう1か月も経ってしまいますね。過ぎた日は、加速度的に遠ざかっていくものです。。せめて、、、買ってきたオミヤゲで楽しもうぢゃないですか。 まずはコレ。「ろくべえ」。プレゼンテーターは、ツシマヤマネ…

続きを読む

沖縄の本土復帰50年、、、我が家は食べて祝いました。

このところ、アチコチのスーパーで沖縄フェアをやっていると思ったら、、なるほど、本土復帰50周年を記念する特売なのですね。ならば、ソレをキッチリと堪能し、、、沖縄の繁栄に協力しようぢゃないですか。微力ですが。。そして、じゃんじゃんバリバリと稼いだら、、、エラく久々に、、沖縄にも足を踏み入れたいところです。。 1軒目のスーパー。ココで勝ったのは、ミミガー、ラフティー、ソーキ、あぐー豚ハンバ…

続きを読む

父子3人、九州北部プチ巡り【最終回】さらば九州! さらば博多の屋台!

カミさんは10日間、、トォチャン・長男坊・マナムスメは3日間。それぞれの旅を終え、それぞれの日常に帰らねばなりません。ホテルから真っ直ぐ福岡空港に着いたのはカミさん。午前中の便で、一足先にお帰りなんです。ゲットした格安チケットは便の変更が出来ないタイプなので、夕方の便で帰るワタクシどもとは、別行動となりました。 カミさんが乗ったのは、ANA便。どういうチケットだか判りませんですが、「安…

続きを読む

父子3人、九州北部プチ巡り【14】旅の終わりは金印バーガー、、そして風雲・名島城(福岡県東区)

志賀島で、名物の「志賀島ドッグ」を食べるツモリだったのに、道をマチガエて、志賀島を後にしてしまった我が家。。そのまま一本道で海の中道を抜け、博多の街まで戻るサダメなのでしょうか。。↓の写真は、志賀島・潮見公園からの眺め。手前の木々が志賀島、右側の砂州の先の細い陸地が海の中道、、その奥のビル群が人工島の新都市、福岡アイランドシティーです。 ほどなく、何やらノボリが見えてきました。「やすら…

続きを読む

父子3人、九州北部プチ巡り【13】金印、元寇、志賀島ドッグの志賀島へ! (福岡市東区)

2泊3日の、大忙しの九州北部巡り。旅するヒトは、ワタクシ、長男坊、マナムスメの3人です。大宰府にて、マナムスメの高校受験・合格祈願を終えた後、、、今回の旅の最後の観光スポットに向かいました。軽レンタカーのダイハツ・ムーヴは、松林の中をひた走り、、、ナビの画面には、左右どちらも海が映り込んできました。果たして行先は、、、、まさかの富津岬でしょうか。。。。 そんな訳はありません。博多湾に突…

続きを読む

父子3人、九州北部プチ巡り【12】受験の神様・大宰府、、、、主役はマナムスメ(福岡県太宰府市)

GWに福岡に行くと決まった際、訪問が必須となったスポットがありました。それは、大宰府天満宮。言わずと知れた受験の神様ですね。今年、中3になったマナムスメ。受験生なんです。第一志望の高校を目指す為には、内申の底上げが必要で、、、これは、ご利益にも頼ろうぢゃないですか。対馬・壱岐での長旅を終えて空港に向かうカミさんと別れ、、トォチャン、長男坊、マナムスメの3人で大宰府を目指しました。 駐車…

続きを読む

父子3人、九州北部プチ巡り【11】「大ちゃん」の〆ラーメンと、博多の台所・柳橋連合市場の夜(福岡県博多区)

対馬と壱岐を、9日間かけて周ってきたカミさんと、前日に博多に乗り込んだ、トォチャン、長男坊、マナムスメの3人。約束の地・中洲の川端で再会を果たし、、、オナジミの屋台で、家族で飲み食いを楽しんだのでした。さて。。。シメは、やっぱりラーメンんでしょう。もちろん屋台で。 春吉橋の南側は、相変わらずのニギワイでした。到着した頃よりは、若干客足が減りましたけれど、まだまだ、どこの屋台も4人でササ…

続きを読む

父子3人、九州北部プチ巡り【10】博多・中洲の屋台で全員集合!!  オナジミの一平へ(福岡県博多区)

永年勤続表彰の10連休をゲットし、GW前から対馬・壱岐を旅していたカミさん。GWに入ってから、格安チケットで福岡まで飛んできたのは、ワタクシ・長男坊・マナムスメ。4人の家族が、夜の博多で集合したのでした。トォチャン・マナムスメ組とカミさんは8日ぶり、、、カミさんと長男坊は40日ぶりの再会です。 集合場所は、博多・中州の川端。博多名物の屋台が那珂川沿いにズラっと並ぶ、一大観光地です。父子…

続きを読む

父子3人、九州北部プチ巡り【9】恩讐の彼方の青の洞門、、、耶馬渓へ!(大分県中津市)

2泊3日の駆け足で周る、九州北部の旅。。貴重な中日、、2日目の行先を決めるのに悩みましたが、、まずは、poniesさんの記事を拝見して気になっていた関門海峡を選びました。海外の旅、キャンピングカーでの旅、、今は乗り鉄の旅を続けられている、我が家のアコガレのご夫婦です。で、、、その後の行先に選んだのはコチラ、、耶馬渓です。国語や道徳の教科書に出てくる、、、青の洞門、「恩讐の彼方に」の舞台ですね…

続きを読む

父子3人、九州北部プチ巡り【8】門司港レトロ、、、門司港名物! バナナマンと焼きカレー

かつての九州の玄関口・門司港。その界隈を大正時代の風情で再現したのが、門司港レトロです。門司港駅は1914年に建てられ、当時は堂々と「門司駅」を名乗っていたんですって。さて。その頃の情景をアタマの中に思い描きながら、、門司港が発祥の地とされる、焼きカレーを食べようぢゃないですか! 機械式のオルガンを奏でるオヂサン。思いっきり大正時代ですよ!もちろん、ワタクシは大正時代なんぞ経験していま…

続きを読む

父子3人、九州北部プチ巡り【7】門司港レトロ、、、門司港駅とレトロ観光線

関門海峡の下関側で、巌流島に上陸した我が家。トンネルをくぐって九州に戻り、門司港レトロにやって来ました。門司港レトロとは、門司港周辺のイニシヘの建造物を整備した観光スポットで、大正時代を偲ぶ街並みに仕上げられているんです。ワタクシ、その時代には生きちゃいませんですので、懐かしさは無いですけれど、雰囲気を楽しませて頂きましょうぞ。 高さ103mの門司港レトロ展望台と、旧門司税関。赤レンガ…

続きを読む

父子3人、九州北部プチ巡り【6】巌流島2、、、敗者は佐々木小次郎か! それともマサ斎藤か!

関門海峡のスミッコにヘバりつく巌流島。宮本武蔵VS佐々木小次郎の決闘で歴史上に名を残し、アントニオ猪木VSマサ斎藤の対決で、さらに認知度を高めた無人島です。それらを目当てに観光船も通う島ですけれど、、、さて。そのほかに見どころはありましょうか。。 島の東端近く、、武蔵・小次郎の像のすぐ下に人工の砂浜がありまして、ここが決闘の際の上陸地点なのだそうです。そこに、ハマヒルガオの群落がありま…

続きを読む

父子3人、九州北部プチ巡り【5】巌流島1、、、勝者は宮本武蔵か! それともアントニオ猪木か!

関門海峡にやって来た、トォチャン、長男坊、マナムスメの3人。下関側の唐戸港より、観光船で巌流島へ。僅か10分の船旅で、アッサリと上陸する事が出来ました。写真は、巌流島の桟橋に着いた、我らが観光船「かんもん」19トンと、対岸の彦島にある、三菱重工下関造船所のドックに停泊中の「さんふらわあ」です。 巌流島の位置と、島内マップはこんな感じ。下関市公式観光サイトより転載です。https://s…

続きを読む

父子3人、九州北部プチ巡り【4】関門海峡を越えて巌流島へ!!

福岡県は博多・天神のビジホで迎えた朝。トォチャン、長男坊、マナムスメの3人でホテルの朝メシを食らい、ソソクサと観光に出かけようぢゃないですか。何しろ、2泊3日の強引な日程で福岡まで来ているのですから、かなり有効に過ごさなければ交通費のモトが取れません。なお、この行程を仕組んだ首謀者・カミさんは、、、、壱岐のキャンプ場で朝メシの菓子パンを食っているハズです。。 まずは、バスで博多駅に。す…

続きを読む