春のトォめし【4】北海道名物「松尾ジンギスカン」登場、、、助っ人は「ケンミン焼きビーフン」

春のトォチャンメシの第4弾は、、、北海道名物、松尾ジンギスカンです。スーパーで、そのマトンを見つけまして、、ついつい買ってしまいました。これは食べるしかありませんでしょう。調理も簡単、、、のハズだったのですが。。 これまでにも、自宅ジンギスカンは何度かやりましたけれど、、松尾のヤツは初めてだと思います。用意したのはキャベツとモヤシ。まあ、失敗などあり得ない料理ですので、、何も心配はありませ…

続きを読む

春のトォメシ【1】久々にトルコ料理に挑戦、、、、「シシケバブ」と「カヌルヤルク」

春から中学生のマナムスメ。晴れて、自分の部屋を与えられる事になりまして、、その為には、大掛かりな片付けをしなければなりません。休みの日は、カミさんとマナムスメでソレに掛かりっきり。。少しは手伝え? そういうの、、メンドクサいですぅ。。それならば、、後方支援でもしましょうぞ。トォチャンがメシを作ろうぢゃないか! そのようなシュチュエーションですから、、、テキトーにゴマカす訳にはいきま…

続きを読む

ふるさと納税、、今年は寒シマメ(海士町)と鰻の白焼き(西尾市)

カミさんは、今年も「ふるさと納税」を行いまして、、、今年は、隠岐の海士町(あままち)と西尾市を選びました。海士町は5年連続、西尾市は初めてになります。まず、、海士町からの返礼品は、、、もちろん寒シマメ。隠岐ではスルメイカをシマメと呼びまして、冬の一番ウマい時期のソレが寒シマメになるんです。わくわく。 返礼品は3点セットで、これは「しゃきしゃき漬け」。カミさんの一番のお気に入りなんです。味も…

続きを読む

スマホが割れた! いざ、アリオ北砂へ!(江東区北砂)

長男坊が、スマホを落とし、見事にガラスを割りやがりました。我が家で唯一のスマホ使いなんだから、大事にしなきゃダメぢゃないか!このままでも操作的には問題ない模様ながら、、ワレメから水が入ったらアウトでしょうし、、たいへん、見苦しゅうございます。さっそく修理を試みたのですが、、、、 実は、ガラスの修理は2回目。。でも、契約時に加入した「安心保障パック」というヤツのおかげで、その時は修理代金…

続きを読む

おみやげリンゴは、川場と裏磐梯(群馬県川場村、福島県北塩原村)

川場スキー場で買ったお土産、、、、日帰りでしたし、家族全員で出向いた事もあり、たった一つだけでした。コレがソレ。焼きリンゴの菓子です。箱がリンゴっぽく作られていて、ささやかにコジャレていますね。 商品名は「焼き蜜りんご」。利根沼田産りんご100%使用とありますので、レッキとしたご当地みやげですね。コレを選んだのはカミさんで、ドライフルーツのようなモノを期待したとの事です。 箱を開…

続きを読む

水道橋でタイ風カレーラーメンを喰らふ、、、、、魅惑の揚げ麺。。。(SAPANA 水道橋西口店・千代田区三崎町)

所用で、神保町に出向きました。正確には、神保町と水道橋の中間あたりですね。その界隈でヒルメシを食う事になりまして、、店選びは、カミさんに一任しました。この界隈で学生時代を過ごしたカミさん、、オススメの店もありましょう。 カミさんが向かった店は、、、、「SAPANA」とありまして、、基本的にはカレー屋さんの模様です。確かにココは、これまでにもカミさんが二人達を連れて行ったりしていますね。カミ…

続きを読む

川場スキー場でスノボ! 2020【3】スキー上りは、日帰り温泉。昭和村総合福祉センター昭和の湯(群馬県昭和村)

川場スキー場でスノボ(1名だけはスキー。。)を満喫し、、、温泉でひとっ風呂浴びて、カラダを暖めてから帰りたいところです。前回は、スキー場から下ったところにある川場温泉センターいこいの湯に立ち寄りましたが、せっかくなので、違う温泉にも浸かってみる事に。さらに、もうちょっと下った「桜川温泉せせらぎの湯」?いえいえソコは高いです。いこいの湯の430円の倍以上の、1050円もしますから。 で、向か…

続きを読む

川場スキー場でスノボ! 2020【1】雪はバッチリ! 全面滑走可! (群馬県川場村)

日帰りでスキーに出向く事になりまして、、向かったのは、群馬県の川場スキー場。雪不足に苦しむ今シーズンではありますが、なぜか群馬北部のゲレンデは比較的に雪がある模様で、ソコを選びました。道中で姿を見せてくれた浅間山も真っ白で、期待をしちゃっても良さそうです。 到着した川場スキー場は、白銀の世界!全リフトが動き、そして全コースがオープンしていました。年末の志賀高原よりも豊富な雪、、スバラシい!…

続きを読む

上野・御徒町・秋葉原、、三都物語【3】アメ横、モンベル、書泉ブックタワー(台東区上野、千代田区神田佐久間町)

東上野での所用、じゅらくでのヒルメシを済ませた我が家。そのまま南下し、アメ横に突入しました。正式名称はアメヤ横丁。戦後にココで売られた「芋あめ」が、その語源だと言われます。(所説あり) 何かを買いに来た?そういう訳ではありません。モンベルの御徒町店に向かう途中、せっかくなので通り抜けてみた次第です。ニギヤカな商店街であると共に、観光地でもありますね、ココは。 日曜の午後という事も…

続きを読む

上野・御徒町・秋葉原、、三都物語【2】上野の「じゅらく」は哀愁の大食堂。。(台東区上野)

上野で食べるゴチソウと言えば、、、、オカネモチは精養軒で、庶民は聚楽台。そんな図式も懐かしきオモヒデとなりました。上野まで、家族で出向いたこの日、、せめて聚楽台の流れをくむ「じゅらく」で、ヒルメシを食う事にしたんです。 聚楽台の入っていた、上野の一等地である西郷会館は、、、「UENO3153」という商業ビルに生まれ変わりました。おっと、よく見りゃ、「3153」って、、、「さいごうさん」…

続きを読む

上野・御徒町・秋葉原、、三都物語【1】上野の路地裏に踏切が!(上野検車区・台東区東上野)

所用で上野に出向きました。商店街の奥に、デーンとオワシマシますスカイツリー。なかなか絵になる眺めぢゃないですか。上野と言えば、東京の北の玄関と言われた上野駅や、動物園、不忍池の周辺、、そのあたりしかイメージが湧きません。そうそう、懐かしのバイク屋街も上野でしたよね。 「かっぱ通り」の旗を発見!正式名称は「かっぱ橋本通り」。調理器具などの道具屋街で有名な、合羽橋に続く道ですね。元々は、大…

続きを読む

マ、マチガイですよね? コレは。。 (その19)これ、、ホンモノですか?

水道橋界隈に出向いた際、、、「炸煨貼」なるカンバンを発見。大豊記という中華屋さんです。各文字の意味は調理法で、炸・・・炒める煨・・・煮込む貼・・・鍋貼(餃子のような焼き方)との事です。(弊社の中国人スタッフに聞きました) そのカンバンをよく見ると、、、、錆具合もイイ感じですね。もしかして、コレはホンモノの中華鍋ぢゃないですか?しかも、実際に調理に使われたヤツ。そんな気がしてきました。ずいぶ…

続きを読む

御茶ノ水に都電の線路が登場!(お茶の水橋・千代田区神田駿河台)

JR御茶ノ水駅の御茶ノ水橋口の改札を出て、神田川を渡る橋。それが「お茶の水橋」、、、「お」は平仮名が正解です。1931年に完成し、90年近くも使われている橋なのですが、、、今、何やら補修工事が行われているんです。 橋の中央部分の車道、、2車線分を通行止めにして、ソコが工事現場となっているのですが、、あれ? なんだかヘンんぢゃなりませんか?よぉぉく見ると、線路のようなモノが。。 じゃぁ…

続きを読む

アウディー御用達の讃岐釜揚げうどん? (丸亀製麺 一之江店・江戸川区一之江)

取引先に向かう途中でヒルメシを食う事になりまして、、同行者が選んだのは、コチラ丸亀製麺。2000年に誕生した新鋭の讃岐うどんチェーンですが、実は丸亀市とは無縁で、、市内には1店舗も無いそうです。。屋号は存じ上げていましたが、ワタクシは初訪問になりました。 同行者は、「ぶっかけうどん」300円と「かき揚げ」を手に取りました。ううむ、なかなか慣れていますな。って、、、、、あのぉ、、、汁っけゼロ…

続きを読む

ビッグサイト青海展示場で、木久蔵ラーメンと遭遇!(江東区青海)

シゴト関係の展示会を見学すべく、東京ビッグサイトに向かいました。もう通いなれた場所ではありますが、、、、現在、東京オリンピックの関連で東展示場が使えず、仮説の青海展示場というのがオープンしているんです。ソコに立ち入るのは初めてなので、ちょっぴり楽しみなワタクシでした。 既存のビッグサイトから青海展示場へは、無料の巡回バスが運行されているとの事でした。さっそく、その乗り場に向かってみると…

続きを読む

オヂサンの街の裏路地で、本格的な長崎チャンポンを喰らふ(長崎街道・港区新橋)

ビッグサイトでの展示会に向かう途中、、、、ゆりかもめに乗り換る新橋で、ヒルメシを食う事にしました。久々の新橋ですから何を食べようか迷いつつ、、、とある店の存在を思い出したんです。そうだ、長崎に行こう!そこで、ちゃんぽんを食べようぢゃないですか。 オヂサンが集う駅前のSL広場を抜け、狭い狭ぁい裏路地へ。このような所に長崎がある?そうなんです。あるんですよ、長崎が。 思いっきり怪しげ…

続きを読む

雪はあるのか2020裏磐梯【番外編】オミヤゲは、にんにく辛子味噌とナゾのサイフ。。

成人の日の3連休は、裏磐梯でスキーでした。ご覧の通り、猪苗代町の市街は地べた丸見え状態で、例年にない雪不足が体験できた!!と、、ブログには書いておきましょう。。今回は、お土産も貧弱です。。 我が家が必ず買うのは、にんにく辛子味噌です。ラーメン、チャーハン、餃子、炒め物、、、何にでも合っちゃう、万能調味料なんですよ。主な製造元もこんなにあります。これで全部ではありません。会津地方では定番…

続きを読む

雪はあるのか2020裏磐梯【7】喜多方インスパイア、、「ガリミソ」(喜多方ラーメン来夢 猪苗代店・福島県猪苗代町)

成人の日の3連休。今シーズンの積雪の少なさは記録的で、、、磐梯山の周辺では、複数のスキー場がオープン出来ない有様でした。猪苗代町の市街から眺めた猪苗代スキー場も、ゲレンデの下部は無雪状態ですね。我が家は、イチオウはスキーを楽しめましたから喜多方ラーメンでも食べて、とっとと帰りましょう。 喜多方まで出向くのは時間がかかりますので、おなじみの、来夢 猪苗代店で食べましょうか。かつて、シゴトで何…

続きを読む

雪はあるのか2020裏磐梯【4】お宿は、、おなじみ「リゾートインみちのく」です(福島県北塩原村)

成人の日の3連休。今回の宿も、おなじみのリゾートインみちのくです。ゴチソウと露天風呂が自慢の民宿ですね。我が家にとっては、リーズナブルなのもアリガタく、、今回で6回目の宿泊になりました。 宿の場所は、五色沼の入り口からグランデコに向かう道沿い、秋元湖と小野川湖に挟まれた、赤矢印のあたりです。奥が猪苗代湖、その手前が磐梯山、一番手前が檜原湖ですね。この鳥瞰図は南北が逆転していますので、お間違…

続きを読む

本枯中華そば 魚雷で稲庭中華そば。そして、こんにゃくえんま様(文京区小石川)

魚雷、、、なんだかタダナラぬ屋号ですが、、文京区・春日駅の近くの人気ラーメン店です。ビシバシと効いたカツオ出汁がウリでして、、、、そのあたりを魚雷で表現したのでしょうか。健康診断(の再検査。。。)の為、店の近くまで行きましたので、そのついでに立ち寄ってみました。 店先で、まず目を引くのは、、軒上に、デーンと掲げられた魚雷ですよ。もちろんハリボテでしょうけれど、なかなかの威圧感です。ぶるぶる…

続きを読む

雪不足の志賀高原 2019~20【番外編】山ノ内町の町民食、、サバタケを食べてみました。(長野県山ノ内町)

年末年始を過ごした志賀高原のオミヤゲ編です。これ何だかお判りでしょうか。ソバはフツーのソバです。東京で買いました。この場合の主役は、漬け汁なんですよ。その正体は、、、、 道の駅「北信州やまのうち」で買ってきた「サバタケ」の缶詰です。サブタイトルに「北信州 山ノ内町の町民食」とあります。このあたりの特産である「根曲がり竹」の筍と、サバとを煮込んだ汁、、、これを味噌汁として食べるのが山ノ内流な…

続きを読む

雪不足の志賀高原 2019~20【5】シメは今年も渋温泉・天川荘、、、、、ゴチソウで年越し。。

志賀高原でのスキーをした後は、、、例年通り、渋温泉に降りてきました。温泉街の天川荘で、年越し宴会をする為ですね。我が家は、7回目の参加になります。今年も雪の露天風呂にシッポリと浸かり、ゴチソウを食べながら新年を迎えようぢゃないですか。 部屋は、こんな感じです。落ち着いた感じの純和風、、、決して豪華・金ピカ・成金仕様ではありませんですよ。コタツがあり、その上に置かれたお茶と温泉饅頭、、もうそ…

続きを読む

2020正月、、令和最初の初詣【5】トリは大物、、、神田明神は大混雑(千代田区外神田)

アレやコレやと続いた初詣。。トリを務めるのは、神田明神となりました。シゴト初めの日に、カイシャぐるみで参拝する訳ですね。朝早く、集合場所の随神門を目指すと、、、、、神田明神の前の中山道を警察車両が封鎖し、早くも通行止めになっていました。 随神門に向かう参道は、ズラっと露店が並ぶんです。もはやお祭りの様相ですね。参拝するのはサラリーマンが殆どですので、果たして、バナナチョコは売れるのでし…

続きを読む

青森の名店・長尾中華そば 東京神田店で「にぼ味噌」を食らふ(千代田区小川町)

長尾中華そばと言えば、青森に根ざした老舗。超ド級に濃厚なニボシのラーメンがウリですね。東京にも、1店舗だけながら進出しているんです。メニューには味噌ラーメンもありまして、その名も「にぼ味噌」。いただきましょう。無条件です。 東京神田店という位置づけですが、、、、最寄り駅は神田ではなく小川町です。アキバの職場からですと、昼休みに往復するのはギリすぎまして、この日は、外出先からの帰りに立ち寄っ…

続きを読む

2020正月、、令和最初の初詣【4】地元でも参拝、、天祖神社。お獅子も来たぞ!(東京都江戸川区)

初詣は、まだまだ続きます。だって、地元の神社もお参りしなきゃなりませんですから。で、出向いたのは天祖神社。いつもは4日以降の参拝ですが、今年は3ヶ日に間に合いました。なので、御焚き上げにくべるべく、、何年分も溜まった古い破魔矢やお守りを持参しての訪問です。 お焚き上げの煙が見えましたので安心したら、、、な、なんと有料なのですか!アクリルの投票箱のようなモノが設置されていまして、「お焚き…

続きを読む

2020正月、、令和最初の初詣【3】神明神社で無人参拝、、、のち手巻き寿司(千葉県花見川区)

令和2年、、3回目の初詣。。この日は、カミさん実家に訪問し、、連日の孫見せ興行を行いました。千葉市内といえども、ノドカな田園風景が広がる中、、さて、お参りに行きましょうか。 向かうのは、神明神社という小さな御社です。いつぞやの正月、義理兄家族と散歩をしている際に見かけ、それ以来、なんとなく参拝が恒例化した次第です。かつてコドモ4人で駆け上った土手も、今や通りたがるのは1名、、小学生のマナム…

続きを読む

2020正月、、令和最初の初詣【2】大行列! 菅原神社は参拝を断念。。(東京都世田谷区)

渋温泉での年越しからの帰路、その足で我が実家のある世田谷へ。その目的は、ジジババへの新年孫見せ興行です。ジジババと向かった初詣は、菅原神社。学問の神様とされる菅原道真公を奉った神社でして、ワタクシの、ガキの頃からの遊び場でもあります。さっそく出向いてみると、、、、、 ううむ。。大行列。。。小さな神社とは言え、敷地を半周する行列が出来ていました。元日なので、それなりの人出は覚悟していたの…

続きを読む

2020正月、、令和最初の初詣【1】年越しそば & 温泉寺で除夜の鐘(長野県・渋温泉)

年末は志賀高原でスキーを楽しみ、そのまま渋温泉で年越し。ここ数年、そんな流れが定着しています。紅白も終わり、日付が1月1日に変わったら、、温泉街の浅草寺に出向いて初詣。しかし、今年はビミョーに順番を入れ替えてみたんです。 昨年は、そのパターンで年越しそばを食いっぱぐれているんです。温泉寺で除夜の鐘を突く順番待ちをいているうちに、蕎麦屋が閉店してしまった訳ですね。なので、先にソバを食ってしま…

続きを読む

新春2020年、、今年も渋温泉で迎えました。(長野県山ノ内町)

今年の年末年始は、例年通りの志賀高原&渋温泉。例年に無い雪不足に見舞われましたが、どうにかスキーも楽しめました。とりあえず、その速報版です。 ゲレンデが全面オープンしていたのは熊の湯スキー場だけでして、、ソコのレストハウスでラーメンをススるマナムスメ。ココは、トォチャンが高校のスキー教室で訪れたゲレンデで、何もかも懐かしゅうございます。と言うか、、、、昔過ぎて、多くの事が記憶にございま…

続きを読む

2019総括【3】今年は、この島に渡りました

これまで、ひたすら離島を目指してきた我が家ですが、、、今年は、殆ど島には出向きませんでした。もはや渡り尽くした、、と言う程ではありませんが、、未踏なのは遠い島ばかりになりまして。。。まあ、ボチボチいきましょうか。。 今年の初上陸は、、、GWの淡路島。。四国に渡る為の通り道でして、、じっくりと滞在した訳ではありません。。ココは、淡路サービスエリア内の「恋人たちの聖地」。。対岸は、本土側の街並…

続きを読む