秋・会津2019【最終回】最後のメシは、栃木名物「ひたしそば」&「スープギョーザ」(そば八・栃木県那須塩原市)

南会津林道祭りも無事に終了した帰路。。ヒルメシをどこで食べるかという話になったところ、、カミさんは「ひたしそば」が良いとの事です。ひたしそば? 聞いた事がありません。そしたら、それはカミさんも同様だそうで。。聞いた事が無いのに、何で知ってるの?なぜなら、、、2日前に南会津に向かう往路で、そういうノボリを見つけたんですって。 それを見たのは塩原の温泉街だったとの事ですが、、温泉街を行き来する…

続きを読む

アキバに立ち食い餃子店誕生! 餃子の王将 Expressアトレ秋葉原店(千代田区外神田)

アキバのアトレに餃子の王将が開店と聞きまして、正直、ふぅん、、、ってな感じでした。もっと近くに大阪王将ならありますし。そしたら、、、どうやらフツーの王将ではなく、なんと立ち食い店で、メニューからして全く違うとの事。それで王将の後に「Express」がつく訳ですか。ならば、様子見に行きませうか。 さっそく、アトレにやって来ました。相変わらずのニギニギしさ。。。立ち食い寿司やら丸亀製麺やらは、すで…

続きを読む

ランチ花見2019、、、カツと餃子とワンカップ(篠田堀親水緑道・江戸川区)

今年も花見のシーズンですね。 オナジミの篠田掘親水緑道に出向いてみれば、、、 満開には至っていないぢゃないですか。 アキバ界隈は、数日前にバッチリ満開だったんですよ。 でも、こんだけ咲いてりゃ十分です。 飲み食いするのがメインですもの。 ちなみに、、去年はこんな感じだったんです。 今年は、全般的に遅れている訳では無く、 木によって咲き具合がマチマチですね。 コチラは5分咲き…

続きを読む

和合餃子 秋葉原3号店で担々刀削麺(台東区秋葉原)

台東区秋葉原? 千代田区でしょ? いいえ。「秋葉原」なる町名は、台東区に存在するのです。 その実態はコチラをご確認いただくとしまして、、 とにかくその街に、刀削麺がウリの店が2月に開店したそうなのです。 その名も「和合餃子」。 屋号にも掲げられた餃子つきのセットもアリとの事で、 さっそく出向いてみました。 秋葉原練塀公園の脇にハタメく、刀削麺のノボリ。(↓の写真) それが和合…

続きを読む

台湾阿Q麺館、、、2年ぶりの純正・台湾麺&飯(江東区南砂町)

所要で南砂町を訪れまして、、 ヒルメシとして、コチラに入店しました。 台湾では有名な店だそうでして、 コチラは、その日本進出店と言う位置づけなんですって。 和風アレンジ抜きの、本格的な台湾メシ、、、 2年ぶりに、ソレを味わおうぢゃないですか。 ココが、その店です。(↓の写真) 「台湾伝統の屋台料理」を謳っていますが、 実際には屋台ではありません。 決して、円卓が並ぶ高級中華…

続きを読む

味工房 ラーメンハウスとんとん、、、猪苗代の定番味噌ラーメン(福島県猪苗代町)

猪苗代リゾートスキー場で滑った後、、、 ラーメンを食べて帰る事になりました。 いつもの流れだと、猪苗代町のヨークベニマルでにんにく辛子味噌を買い、 同じ敷地内にある来夢で喜多方ラーメンを食べるのですが、、、、 今回は、別の店を目指してみる事に。 長男坊がスマホで見つけ出した、「とんとん」という店です。 ネット上で 「猪苗代でラーメンといえばここ」 「猪苗代の味噌ラーメンでは筆…

続きを読む

街中華 むらやま、、、、元ヒルトン副料理長が作る、メタボなワンタンメン!(江戸川区瑞江)

江戸川区東部事務所の近く、、、 いつのまにか中華屋さんが開店していました。 その名は「街中華 むらやま」。 昨年の12月に開店していた模様です。 自ら「街場の中華屋」的な屋号を掲げつつ、 実は、店主は一流中華店の出身との情報もあります。 でわ、お手並み拝見。。 ココが、その店です。(↓の写真) 土曜日の昼、カミさん、マナムスメと共にやって来ました。 かつてSAFAL インド…

続きを読む

碧落の御蔵島【最終回】さらば橘丸。。。最後の晩餐は東京湾

我らが橘丸も東京湾に入り、、、 あたりは、すっかり夕暮れとなりました。 巨大貨物船と富士山の2ショット、、、(↓の写真) そういえば、富士山を拝むのは今回は初めてですね。 富士山7合目の太陽館からは神津島まで見えましたから、 逆もアリかと期待していたのですが。。 橘丸を追いかけるように、ずぅぅぅっと見えていた伊豆諸島の島々も、 次々と姿を消してしまいました。 オワシマシますの…

続きを読む

幸楽苑で「苫小牧発 味噌カレーらーめん」(江戸川篠崎店・江戸川区篠崎)

「昭和二十九年年創業」「中華そば290円」 それがウリの幸楽苑。 来年の1月中旬までの期間限定で、 味噌カレーラーメンが登場したとの事です。 どちらも大好きなワタクシには、 ソレを食べに行かない理由がありません。 さっそく食べようぢゃないですか。 幸楽苑は郊外を中心に展開しているイメージですが、 なんと、我が職場のあるアキバにも1店舗あるんです。 秋葉原駅昭和通口の近くの、…

続きを読む

味の三恵、、、デカ盛り味噌ラーメン。。(千代田区外神田)

末広町の外れ、、トンカツ乗せソバが衝撃的なきぬそばの隣り、、 そこに、力いっぱいノスタルジアな中華屋さんがあると言ふ。 ならば出かけてみようぢゃないですか。 ソコで昭和なラーメンを喰らい、 フヌケになって帰ってくる所存です。 ありましたありました! 「中華料理 味の三恵」と書かれた、その店が!(↓の写真) 何気に、コナレぎみの小料理屋風のオモモチですね。 開け放たれた引き戸か…

続きを読む

モツ野菜ラーメン、、今年も登場!(日高屋 秋葉原駅前店・千代田区神田佐久間町)

日高屋の秋の期間限定「モツ野菜ラーメン」が、今年も登場しました。 以前平井南口店で食べた時は570円でしたが、今年は610円ですか。 5年前も前ですので、40円ならば許容範囲でしょうか。 ならば、久々に食べてみる事にしました。 冬になると、例年通りならチゲ味噌ラーメンと入れ替わっちゃいますので、 食べるなら今のうちです。 今回は、オナジミの秋葉原中央通店ではなく、 秋葉原駅前店…

続きを読む

らーめんチャーハン関関、、、ひっそりとグランドOPEN(江戸川区南篠崎)

9月の中頃、、、、 最寄駅など存在しない街中に、ラーメン店が新規開店しました。 駅に見放されても、我が家からは徒歩圏内。 そう言う場所に新店とは嬉しい限りですよ。 さっそく、家族で押しかけてみました。 店の名前は「らーめんチャーハン関関」。(↓の写真) 「かんかん」と読みます。 ここは、かつて「悟空」という中華屋さんがあった場所ですな。 我が家も1度2度程度は利用しましたが、…

続きを読む

期間限定・酸辣きのこ湯麺(日高屋 秋葉原中央通店・千代田区外神田)

ウダるような暑さの中、、、 こういう時はクソ辛いモノを喰らって、、 もう感覚をマヒさせちゃうに限ります。 酸辣湯麺(サンラータンメン)なんか最高ですよ。 そしたら、、、、 日高屋にあるぢゃないですか、期間限定でソレが! いよっ! 日高屋! ハイディーパワー! いただきましょう。そして大汗かきましょう。 出向いたのは、秋葉原中央通店。(↓の写真) やはり夏限定のごま味噌冷やし…

続きを読む

山海楼 中華・ハイボール酒場、、、麺セットで行こう!(台東区御徒町)

湯島と御徒町の間あたりにある、中華系の居酒屋です。 ランチタイムは地元のヒルメシおやぢでニギワってまして、 ワタクシも、その一員として訪問してみました。 この手の街中ニィハオ中華はセットが充実している店が多く、 コチラ多分に漏れず、そのあたりはバッチリです。 店構えは、こんな感じです。(↓の写真) ハイボールの文字がマバユいですが、、 ヒルメシなのでソレはガマンです。。 ここ…

続きを読む

千葉ねぎ、、、、万能調味料?(やます・千葉県市原市)

カミさんの実家(千葉)から貰ってきたモノの中に、 「千葉ねぎ」なる小瓶がありました。 ネギミソのタグイでしょうか。 「いつものおかずが手軽にプロの味」とあり、、 ならば、試してみようぢゃないですか。 容器に記載された使用例を見ると 「ご飯・豆腐・揚げ物・餃子」 とありました。(↑の写真) ならば、豆腐で試してみるのが無難ですね。 さっそく冷奴に乗っけてみると、、、(↓の写真…

続きを読む

らーめん よつば上野広小路店、、、味噌がウリ!(台東区上野)

7月アタマ、御徒町に誕生した新店です。 味噌がウリで、看板にも北海道マークが描かれていますが、、 経営母体は大阪のカイシャ。。 「びっくりドンキー」などを展開しています。 「よつば」は、コチラと江東区・清澄白河の2店。 その店も開店1年半くらいですので、新しいブランドの模様です。 訪問したのは、開店3日目。 5人待ちでしたので、出だしはソコソコ良い感じでしょうか。 中華一品料…

続きを読む

札幌ラーメン・インスパイアの老舗、、、えぞ菊 御徒町店(台東区上野)

JR御徒町駅のガード下にある老舗です。 昭和43年の創業とありますね。 それは、札幌ラーメンが東京上陸を果し、大ブレイクした時代。 ブームに便乗した都内の中華屋やうどん屋までもが 次々と札幌ラーメンの看板を掲げたんですって。 最も成功したのは、おなじみのどさん子ですが、、 コチラは1年遅れで誕生した、同じく東京起源の札幌ラーメンです。 やはり味噌ラーメンがメインですね。(↓の写…

続きを読む

あごのだし 醤油味ラーメン、、、ガチムチ仕様(関本食品・新潟市)

カミさんがスーパーで買ってきたラーメン。 「あごのだし」をウリにしているヤツでした。 アゴ出汁、、、トビウオ出汁ですな。 妙なクセが無くってウマいんですよ、これがまた。 カミさんは、五島うどんのアゴ出しにホダされ、、 五島列島ではソレばかり食べていましたっけ。 アゴ出汁のラーメン、果たしていかなる具合でしょうか。 コレが「あごのだし醤油味ラーメン」のパッケージ。(↓の写真) …

続きを読む

珍満、、、老舗中華屋の「手のし餃子」(台東区御徒町)

御徒町駅の近くの老舗中華、、その名も珍満。 創業は昭和27年だそうですから、かなりの年季ですよ。 ちなみに、、、 屋号は、その頃から珍満だったのでしょうか。。 いつも大いに混雑しているイメージですが、 この日は空きがあったので、入店してみる事にしました。 これが珍満の店構え。(↓の写真) 堂々たる珍満っぷりぢゃないですか。 なんだかキンチョーしますね。 身が引き締まる思いで…

続きを読む

ジャストサイズメニューでプチ宴会(餃子の王将 瑞江駅北口店・江戸川区瑞江)

この日は、瑞江駅の近くでヒルメシを食べる事になりました。 ワタクシ、カミさん、マナムスメの3人です。 マナムスメは餃子とチャーハンがイイとホザき、、 オトナ2名は、なんとなく生ビールモードでしたので、、、 ならば餃子をつっつきながら、軽く呑んじゃいましょうかね。 そうと決まったら、餃子の王将ですよ。(↓の写真) 瑞江駅北口店は11:30の開店でして、 ソレと同時に入店しました。…

続きを読む

打倒、鶏皮餃子! ガンバレ!海の幸連合。。

ちょっと前のネタになりますが。。。。 1月に気仙沼・大船渡への出張に出向いた際、 大船渡銘菓の「カモメの卵」を買ってきたんです。(↓の写真) オヤツが大好きなマナムスメは大喜びで、 半分は一人で食べてしまいましたとさ。 ソレはソレで良かったのですが、、、、 カモメの卵なんぞはオマケでして、、、 堂々たる主役は、カツオのなまり節だったんです。(↓の写真) カツオは土佐というイメ…

続きを読む

元祖つけ麺大王、、昭和の遺産?(鮫洲店・品川区東大井)

品川陸運局に出向いた際、、 ヒルメシを喰う為にコチラに立ち寄りました。 「元祖つけ麺大王」、、、なんて懐かしい響きなんでしょう。 かつて、都内のアチコチで目にした強豪チェーン店ですよ。 すっかり凋落してしまった感は否めませんが、 まだまだ数店は残っている模様です。 ワタクシも、初めてつけ麺を食べたのはつけ麺大王です。 ずいぶん前なので、何も思い出せませんが。。 つけ麺を考案し…

続きを読む

極旨揚豚排肉(ぱいくぅ)麺!(麺家くさび 郡山本店・福島県郡山市)

磐梯山の裏表でスキーを楽しんだ帰り道。。 磐梯熱海温泉でひとっ風呂浴びた後のヒルメシとして、郡山市内に乗り込みました。 そこでウマいラーメンを食べる所存です。 郡山ブラック? ソレでもイイですね。 出来れば味噌系がウレシイのですが。。 実はワタクシ、、福島市内の某ラーメン店を狙っていたんです。 中ノ沢で天ぷらまんじゅうを買った後は、高湯温泉経由で福島市内へ。 この計画は、一度は…

続きを読む

ソースとんこつ、、、フシギなとんこつラーメンです(博多一風堂 上野広小路店・台東区上野)

ソースとんこつ? 一風堂が仕掛けてきた、期間限定ラーメンです。 いわゆるスープ焼きそばのようなモノだと思われ、 塩原温泉のこばや食堂のソレを思い出します。 青森にも「黒石のツユやきそば」ってのがあり、やはりソース仕立てでしたね。 博多トンコツの店が作ると、果たしてどのようになりましょうか。 コレが「ソースとんこつ」のポスターです。(↓の写真) このメニューは、もともと10/29…

続きを読む

宇都宮餃子を那須で喰らふ(宇都宮餃子館 西那須野店・栃木県那須塩原市)

南会津からの帰路、ヒルメシのリクエストを募ったら、、、 「ゴハンものをキッチリと食べたい」 それが長男坊の希望でした。 キャンプ中は麺類ばかりだったので、その反動でしょうか。 ならば宇都宮に立ち寄り、餃子でゴハンを喰おうぢゃないか! 餃子好きのマナムスメも異存はありません。 R400で塩原の温泉街を抜け、県道30号を右折して宇都宮方面を目指そうと思ったら、、、 「宇都宮餃子館 …

続きを読む

中華食堂ぎょうざの萬里 本店、、、デカっ!萬里餃子(千代田区外神田)

コチラは、アキバ電気街の中の老舗です。 巨大な餃子がウリでして、 「手作り大判萬里餃子」 というのが正式名称なのだそうです。 餃子を絡めたセットも充実していますので、 バッチリとソレを堪能できる仕組みでございます。 セットの仕組みは、こんな感じです。(↓の写真) 「生油らーめん」の場合は、単品で500円。 「半盛セット」は、「半チャーハン」又は「半麻婆丼」がついて650円。 …

続きを読む

台湾阿Q麺館、、、台湾伝統の屋台料理!(江東区南砂町)

ちょいと所用で、家族で南砂町に出向きまして、、 ヒルメシも、その界隈で食べる事になりました。 カミさんに坦々麺を食べさせるべく、店を探したら、、 「台湾の人気店が日本上陸!!」 そのようなアピールをする店があったんです。 台湾料理の店ならば、たぶん坦々麺もあるハズですよ。 お手並みを拝見しましょう。 ココがその店、「台湾屋台 阿Q麺館」というそうです。(↓の写真) 「台湾伝統…

続きを読む

岡山中華そば後楽本舗、、、大人の事情で屋号変更。。(港区新橋)

「岡山中華そば」を冠する、新橋駅の近くの店です。 10年近く前に一度食べていますが、 肝心の岡山っぽさはサッパリ判りませんでした。 ご当地ウンヌンよりも、エコノミーさがウリな店でして、 ソチラ系の用途には、大いに役立ちましょう。 新橋での乗換の際、久々に立ち寄ってみました。 ところで、岡山のラーメンの特徴は何なのでしょうか。 以前の訪問時に調べてみたら、当時のwikiには 「…

続きを読む

哈爾濱 (ハルピン)、、、食べ飲み放題3340円!(千代田区外神田)

中央通り沿いの中華屋さんです。 店が地下にある為、いまひとつ目立ちませんが、、、 「オーダーバイキング 食べ飲み放題、2時間3340円」 そんな看板に釣られて、ゾロゾロと出向いてみました。 3名以上が条件でしたので、メンバーは職場の7名様。 ちなみに、、、女性は2880円になりますよ。 これが、モンダイのカンバンです。(↓の写真) 確かに3340円(2880円)とありますが、 …

続きを読む

大阪王将 末広町店、、、「餃子」ナシでも餃子あります(千代田区外神田)

餃子、、、しかもラーメンつきでソレが食べたくなり、、、 ならばと、王将にイザナワれてみました。 有名専門店ですから、マチガイは無いでしょう。 屋号にもキッチリと、、、あれ? ソレには、餃子の文字が全く無いのですね。。 餃子がウリの王将は、2つの系統あるんです。 別名「京都王将」とも言われる「餃子の王将」が元祖です。 後に創業者一族が分派して独立したのが「大阪王将」。 双方はラ…

続きを読む