札幌熟成味噌らーめん匠神 湯島店、、、、麻婆味噌ラーメン、ザンギつき(文京区湯島)

オドロくべき事に、、、豚骨ラーメン色彩で海老味噌豚骨ラーメンを食べて以来、、一ヶ月も味噌ラーメンを食べていない事が判明しました。ワタクシにとって、ソレは異例の事。は、早く味噌ラーメンを食べなければ手が震えてしまう。。しかも、とびきり、、、いや、なるべくウマいヤツでも良いですよ。。という訳で、、、いざるように味噌ラーメン専門店を目指しました。 到着したのはコチラ。湯島の「札幌熟成味噌らーめん…

続きを読む

投票済証で替え玉サービス! 博多一風堂 上野広小路店(台東区上野)

第25回参議院議員選挙の翌日、、、さっそく、一風堂に行ってみました。理由ですか? もちろん、タダで替え玉をもらう為。一風堂では、選挙の投票済証を提示すると、、、、替え玉1玉か味玉をサービスすると発表しているんです。ならば頂こうぢゃないですか。上野広小路店にGOGOGOGOGO! 昼休みに到着すると、、数名の外待ち客の姿が。みぃんな投票済証を持ってきたのでしょうか。そのあたりは判りませんです…

続きを読む

祝・令和 復活、冷やし担々麺(なんつッ亭 御徒町店・台東区上野)

豚骨黒マー油ラーメンの雄である、「なんつッ亭」。 その御徒町店限定で、冷やし坦々麺が登場との事で、 御徒町でのヤボ用に絡めて出向いてみました。 サブタイトルは「うまいぜベイビー」という判り易さ。 ネックなのは、、、1日20食限定。。 果たして無事にアリツケますでしょうか。 なんつッ亭の御徒町店があるのは、 JRガード下の御徒町ラーメン横丁です。 中本、青葉、TETSU、チラナ…

続きを読む

中華料理 清華、、、御徒町の街中華(台東区御徒町)

JRの高架脇の路地に面した、街場の中華屋さんです。 何気に老舗感が漂ってますが、建物は古くなさそうで、 実際に、いつから営業しているのかは判りません。 素朴な一杯が楽しめそうで、 ならばソレを食べてみようぢゃないですか 端正な店構え。(↓の写真) 高級中華っぽく見えなくもないものの、 そういう店ではありません。 麺類、ドンブリ類、それらのセットの店でして、 一品料理は餃子3…

続きを読む

ラーメン豚山 上野店、、、二郎系新店、味噌もある!(台東区上野)

御徒町に、いわゆるJ系のラーメンが誕生しました。 場所は、御徒町の中央通沿い。 一風堂 上野広小路店のすぐ並びで、 僅か4か月足らずで閉店したらーめん よつば上野広小路店の跡地です。 さっそく、開店初日に出向いてみました。 ラーメン豚山、、、、 本店は町田で、その他東京と神奈川にチラホラ。 この上野店は6軒目の店舗の模様です。 方向性は、カジュアルなJ系とのウワサもありました…

続きを読む

「谷記 御徒町店」改め「中華料理 慶豊」、、、安さは、そのまんま(台東区御徒町)

錦糸町を中心に展開する、格安中華の「谷記」。 読みは「くき」です。なかなか読めません。。 御徒町の、ラーメン横丁の近くにも支店があったのですが、、 気が付けば、看板が変わっていたんです。 「中華料理 慶豊」とありまして、、 果たして、どんな店でしょうか。 場所は、麺や希の、一軒挟んだすぐ隣。 屋号は「慶豊」。フツーに「けいほう」と読みます。(↓の写真) この看板に変わったのは…

続きを読む

辛味噌らーめん鬼退治、、これは辛い!(つけめんTETSU 御徒町ラーメン横丁店・台東区御徒町)

つけめんTETSUに、凶悪な辛味噌ラーメンがあると聞きました。 冬季限定で、その名も「鬼退治」。 なにしろ、無限の辛さを謳っているのです。 鬼のようなラーメンを、客が退治するのか、、、 あるいは、退治されるのが客なのか、、、 とにかく試してみようぢゃないですか。 やって来たのは、御徒町ラーメン横丁。(↓の写真) つけ麺を殆ど食べないワタクシには縁の薄い店ですが、 かつて限定・…

続きを読む

今冬限定「味噌トマ」、、、、トマト味の味噌ラーメン(太陽のトマト麺 上野広小路支店・文京区湯島)

トマト味の味噌ラーメン? もしくは、味噌味のトマトラーメン? 正式名称は 「ジューシーチキンと彩り野菜の味噌トマ」。 これを食べずして何を食う! だって、どちらも好物なんです。 さっそく、GOGOGO! ソレを出すのは、「太陽のトマト麺」。 大阪王将やよってこやの系列ですね。 太陽のトマト麺なる屋号は存じ上げていましたが、、 なんとなく足が向かなかったんです で、、今回…

続きを読む

魁 肉盛りつけ麺 六代目けいすけ、、冬季限定・漆黒の辛シビ味噌らーめん登場!(文京区湯島)

この日のヒルメシは、御徒町。 「冬季限定・味噌トマト麺」なるモノを求めて、 上野広小路の店まで出向いたのですが、、、 たまたまその日は500円セールをやっていて、大行列。。 思わず逃走し、コチラに出向いた次第です。 コチラが「魁 肉盛りつけ麺 六代目けいすけ」。春日通り沿いです。(↓の写真) 前回の訪問も、本命店にフラれて流れ着いたんでしたっけ。。 移転前の天神下 大喜で冬季限…

続きを読む

麺や希 御徒町店で味噌カレーラーメン(台東区御徒町)

御徒町のJ系ラーメン「麺や希(めんやのぞみ)」で、、 味噌カレーラーメンを食べたとの情報を入手しました。 あああ、なんてステキなその響き、、、 つい先日、幸楽苑でも味噌カレーらーめんを食べましたが、、 コチラはJ系、しかも元々からしてドロドロ味噌、、 これがウマくない訳がありません。 カラダをムシバむウマさ、、思いっきり堪能しましょうぞ。 イソイソと店に到着!(↓の写真) ま…

続きを読む

らーめん藪づか、、、オープン初日の担々麺(台東区御徒町)

ややややや! 4月に閉店した中華食堂ふくふくの跡地に、ラーメンの立て看板が!(↓の写真) まさか復活でしょうか? いえいえ、「藪づか」とありまして、屋号が違います。 開店祝いの献花もズラっと並んでいますし。 なるほど、坦々麺がウリみたいですね。 ぢゃあ、試してみましょうか。 ふくふくが閉店した理由は「建屋の老朽化」との事でしたので、 建物をリニューアルしての開店な訳ですな。 …

続きを読む

美膳房、、、、ラーメンイエローの隣で中華味噌ラーメン(台東区台東)

この日、ヒルメシに向かったのはラーメンイエロー。 新潟が発祥の、J系ラーメンの店ですね。 めん屋いなばから屋号が変わった、去年の9月以来の訪問でして、、 そろそろ味噌ラーメンでも登場していないか、様子見のツモリでした。 到着すると、、、たった一人の外待ち客となったワタクシ。。 その位置から、店内に置かれた券売機の様子を覗いてみました。 クチが縦にヒシャゲていたかもしれませんが、 …

続きを読む

札幌熟成味噌らーめん匠神 湯島店、、、、新装オープン(文京区湯島)

10月オープンの札幌味噌の新店? それは行かねばなりません。 店の名は「札幌熟成味噌らーめん匠神 湯島店」。 埼玉には「匠神」のつく店が何店か展開していまして、 たぶんコチラはその系列なのでしょう。 本場「札幌」からの進出店では無さそうですが、 ウマけりゃそれでもイイんです。 果たして、そのジツリキは如何に。。 店の場所は湯島天神の南東、、 昌平橋通り沿いです。 かつて「…

続きを読む

山海楼 中華・ハイボール酒場、、、麺セットで行こう!(台東区御徒町)

湯島と御徒町の間あたりにある、中華系の居酒屋です。 ランチタイムは地元のヒルメシおやぢでニギワってまして、 ワタクシも、その一員として訪問してみました。 この手の街中ニィハオ中華はセットが充実している店が多く、 コチラ多分に漏れず、そのあたりはバッチリです。 店構えは、こんな感じです。(↓の写真) ハイボールの文字がマバユいですが、、 ヒルメシなのでソレはガマンです。。 ここ…

続きを読む

らーめん よつば上野広小路店、、、味噌がウリ!(台東区上野)

7月アタマ、御徒町に誕生した新店です。 味噌がウリで、看板にも北海道マークが描かれていますが、、 経営母体は大阪のカイシャ。。 「びっくりドンキー」などを展開しています。 「よつば」は、コチラと江東区・清澄白河の2店。 その店も開店1年半くらいですので、新しいブランドの模様です。 訪問したのは、開店3日目。 5人待ちでしたので、出だしはソコソコ良い感じでしょうか。 中華一品料…

続きを読む

札幌ラーメン・インスパイアの老舗、、、えぞ菊 御徒町店(台東区上野)

JR御徒町駅のガード下にある老舗です。 昭和43年の創業とありますね。 それは、札幌ラーメンが東京上陸を果し、大ブレイクした時代。 ブームに便乗した都内の中華屋やうどん屋までもが 次々と札幌ラーメンの看板を掲げたんですって。 最も成功したのは、おなじみのどさん子ですが、、 コチラは1年遅れで誕生した、同じく東京起源の札幌ラーメンです。 やはり味噌ラーメンがメインですね。(↓の写…

続きを読む

さらば!中華食堂ふくふく、、、、別れの「とつげきラーメン」(台東区御徒町)

先月、「ホンコンラーメン」を食べに向かったら、、、 なんと、ふくふくは4/27で閉店とのハリガミが出ていたんです。 ううむ。。。ソレは無念。。 1杯で2度美味しい「ふくふくラーメン」でラストをキメたいところですが、、 最後のお別れのラーメンは、、、、 やはり、とつげきラーメンでイキましょう。 コレがソレです。(↓の写真) 「お知らせ 諸般の事情により、4月27日をもちまして …

続きを読む

珍満、、、老舗中華屋の「手のし餃子」(台東区御徒町)

御徒町駅の近くの老舗中華、、その名も珍満。 創業は昭和27年だそうですから、かなりの年季ですよ。 ちなみに、、、 屋号は、その頃から珍満だったのでしょうか。。 いつも大いに混雑しているイメージですが、 この日は空きがあったので、入店してみる事にしました。 これが珍満の店構え。(↓の写真) 堂々たる珍満っぷりぢゃないですか。 なんだかキンチョーしますね。 身が引き締まる思いで…

続きを読む

中華食堂ふくふく、4月末で閉店!!哀愁のホンコンラーメン。。(台東区御徒町)

何気に変わりメニューが楽しい、コチラふくふく。 前回は、1杯で2度美味しい「ふくふくラーメン」を頂きましたっけ。 次は「とつげきラーメン」を予定していましたが、 思わず、それより先にコチラに手が出てしまいました。 その名は「ホンコンラーメン」。。 ななんと、回鍋肉+目玉焼き乗せのラーメンなんです。 この店は、どうやら「天下一ラーメン」の系統みたいで、、 「とつげき」も「ホンコン…

続きを読む

「麺屋武蔵 武骨」で冬季限定味噌ラーメン(台東区上野)

コダワリのラーメンと言えば麺屋武蔵でしょうか。 ヘンにコダワリ過ぎて空回りしてるヤツもありますが。。 武蔵〇〇なる店は、職場の徒歩圏内に3軒あるんです。 秋葉原の武仁と巌虎、、 そして御徒町の「武骨」ですね。 季節限定で味噌を登場させる店もありまして、、 今回は、「武骨」のソレを頂戴しました。 コレがソレ。(↓の写真) 冬季限定「濃厚味噌武骨らー麺」980円。(↓の写真) …

続きを読む

「麺屋げんぞう」羅臼塩のラーメンと坦々麺、、味噌もアリ?(文京区湯島)

湯島の路地裏にたたずむ、塩ラーメンがウリの店です。 何でも、知床・羅臼の塩を使ってるんですって。 羅臼に塩田があるイメージは全く無いのですが、 どうやら、海洋深層水から採取された塩なのだとか。 ならば、ソレの塩ラーメンを頂き、、、ません。 ワタクシ的には、何気に存在しているらしい味噌ラーメンが狙いです。 コレが店先にあったメニューです。(↓の写真) 「羅臼塩」とだけ記されたヤツ…

続きを読む

濃厚完熟味噌から転進、、旭川味噌ラーメンせいべえ上野本店(台東区御徒町)

「せいべえ」と言えば、ガッチガチの濃厚味噌ラーメン、、、 かつて新橋で開店して以来、そういう印象だったんです。 店の正式名称は 「濃厚完熟味噌拉麺ライス専門店味噌屋せいべえ」で、、、 ライスが必須なぐらい濃ゆ濃ゆだったんっですよ。 本店が新橋から御徒町に移って9年経ちました。 エラく久々にド濃ゆさにヤラレようかとノレンをくぐったら、、、 な、なんか様子が違うんですよう。 券売…

続きを読む

ソースとんこつ、、、フシギなとんこつラーメンです(博多一風堂 上野広小路店・台東区上野)

ソースとんこつ? 一風堂が仕掛けてきた、期間限定ラーメンです。 いわゆるスープ焼きそばのようなモノだと思われ、 塩原温泉のこばや食堂のソレを思い出します。 青森にも「黒石のツユやきそば」ってのがあり、やはりソース仕立てでしたね。 博多トンコツの店が作ると、果たしてどのようになりましょうか。 コレが「ソースとんこつ」のポスターです。(↓の写真) このメニューは、もともと10/29…

続きを読む

10月限定・黒カレー、、、つけめんTETSU御徒町ラーメン横丁店(台東区)

あおば、中本、なんつッ亭、チラナイサクラ、そしてコチラ。 5店がシノギを削る、御徒町ラーメン横丁で、、 ワタクシが唯一、未訪なのがコチラでした。 屋号に堂々と「つけ麺」と掲げられると、、、 殆どソレを食べないワタクシはカンペキな外道ですもの。。 コチラの中華そばなら、ららぽーと豊洲マリーナキッチン店で食べた事があるんですけどね。 そんなワタクシでも食べられそうなメニューが無いかと覗い…

続きを読む

北谷食堂で、豪華沖縄すばセット(末広町店・千代田区外神田)

北谷と書いて「ちゃたん」、、、、まさに沖縄読みですね。 この店では、ランチメニューに「沖縄すば」があるそうで、 めんそーれぇ! などと叫びながら食べてみようぢゃないですか。 おっと、、あくまでもキモチ的な叫びですよ。 ホントにやったら通報されちゃいますって。 沖縄県にある北谷食堂本店からの東京進出店、、、、 なるノーガキがあるものの、、、(↓の写真) 実際には東京の会社が営む店…

続きを読む

富白(とみしろ)、、営業は1日3時間。マボロシのタンメン(台東区台東)

アキバと御徒町の間、、、御徒町寄り、、 そんな位置関係にある、タンメン専門店です。 営業は昼だけ、、11:30~15:00ながら、 大概はスープ切れで途中終了してしまうそうです。 なので、実質の営業は1日3時間といったところでしょうか。 マボロシとの表記は、そういう意味です。。 スープは「鶏塩」と「鶏ぶた塩」の2本立てで、(↓の写真) それぞれにラーメンとタンメンがある仕組みで…

続きを読む

嬉しハズカし、、湯島聖堂と湯島天満宮(文京区湯島)

神田明神(千代田区外神田)の南側に古風な白壁が続いてますが、(↓の写真) その正体は湯島聖堂。。 へぇ、そのあたりも湯島なんですか。 湯島と聞くと「上野の南」というイメージながら、、 調べてみると、お茶の水駅の間際までが湯島ぢゃないですか。 ずいぶん南までがソレなのですね。 ワタクシにとって、湯島と聞けば湯島天神! ってなイメージで、、湯島天神(湯島天満宮)と湯島聖堂もゴッチャ…

続きを読む

中華そば青葉、、 ラーメン横丁の重鎮です(御徒町店・台東区)

「中華そば青葉」と言えば、東京ではの大物老舗。 中野の本店を祖として、、今や20を超える支店を構えています。 ラーメンの方向性は、、、 東京ラーメンと博多豚骨のイイトコドリだと言われています。 有名店が並ぶ御徒町のラーメン横丁でも、 重鎮的な位置づけですね。 ワタクシ、もちろん青葉は存じ上げていますが、 ずぅぅぅぅぅっと未訪だったんです。 味噌が無いから? それもありますが、…

続きを読む

広島式 汁無し担担麺 湯島ひよこ堂、、湯島天神の門前です(文京区湯島)

ワタクシ的には、ラーメンは汁アリに限ります。 おツユをタップリ飲み終えてこそ、 「あ~、、ラーメン食べたぞぉ!」 などと、キモチを完結できるぢゃないですか。 特に、まぜそば系は、、、ちょっと苦手です。 食べ物をグチャグチャ混ぜちゃうお作法が、ちょっと。。。。 でも、、、食べてしまいました。 湯島天満宮(湯島天神)方面に出向いたら、目の前にこの店があったんですもの。。 コチラは…

続きを読む

ラーメンイエロー、、、「いなば」の流れ?(御徒町店・台東区台東)

めん屋いなば御徒町店が、やたら黄色っぽくなっていました。 ナニゴトかと思ったら、、、、 やややや! 違う店に変わってるぢゃないですか! 大盛り自慢、麺自慢の店だったのに残念です。。 で、今度の店はどんな方向性かと思ったら、、、 お、思いっきりJ系(二郎系)なのですね。。 店先にはテンコ盛りのドンブリの絵がデカデカと。(↓の写真) そこに 「ニンニク入れますか?」「まし! まし…

続きを読む