大阪ふたり旅【4】コチラはモロ見え、、履中天皇陵古墳(百舌鳥耳原南陵・もずのみみはらのみなみのみささぎ)

仁徳天皇陵を拝観したものの、なんだか煮えきりません。だって、確かに規模のデカさは判りましたが、、、古墳そのものは、ほんのチラ見しか出来ないんですから。そこで、すぐ南側に位置する、履中天皇陵に出向いてみる事にしました。それは仁徳天皇陵、応神天皇陵に続く日本で3番目に大きな古墳で、仁徳天皇陵と違って外堀が無い為、本体が丸見えのハズなんです。ぢゃあ、行ってみましょうか。 仁徳天皇陵と履中天皇陵の…

続きを読む

大阪ふたり旅【3】世界遺産・仁徳天皇陵(大仙陵古墳)へ!

所用の為、長男坊と2人で大阪にやって来ました。日本橋のホテルで一夜を過ごし、、、、、ワタクシは、ウン十年ぶりに南海電車に乗ったんです。行き先は大仙陵古墳、、、いわゆる仁徳天皇陵。世界遺産登録が決まった「百舌鳥・古市古墳群」を見るツモリですね。おいおい、古墳巡りが所用か? ですって?ちがうの。話をきいて。大阪に所用があるのは長男坊で、、トォチャンはただの付き添い。ヒマ人なんです。 という訳で…

続きを読む

お山は雨天! 富士下山【5】走れ! 砂走り(静岡県小山町)

熾烈な風雨、時々アラレだかミゾレだか。。 そんな中、須走口から富士山への登頂を果たした我が家。 眺望もヘッタクレもありませんが、 とにかくココが頂上である事にはマチガイございません。 イチオウは、念願が叶ったという事で。。 頂上の山小屋、扇屋でお汁粉を食べる、、、(↓の写真) これが、我が家の富士山頂での唯一のアトラクションです。 冷え切った身体も、どうにか暖まりました。 や…

続きを読む

お山は荒天! 富士登山【4】須走り口・山頂へ(静岡県小山町)

須走口からの富士山登頂を目指し、、、 7合目の山小屋・太陽館で一夜を過ごした我が家。 ソコソコ及第点だった天候は前夜までで、、、 早朝から強風と断続的な雨に晒されるハメになりました。。 完全装備で、、、とりあえず行けるとこまで行きましょうか。。 須走口の登山道は、富士山の東斜面にありますから、 1年中、どこからでも御来光が拝めるそうです。 ただしソレは、当然ながら晴れた日の限定…

続きを読む

お山は晴天(のち雷天)! 富士登山【3】須走り口7合目・太陽館(静岡県小山町)

富士山頂を目指し、須走り口7合目まで登ってきた我が家。 この日はココにある山小屋、太陽館泊まりです。 かなり余裕がある、、ありすぎる行程ですが、、 高山病になって下山するよりはマシだと考えました。 ゆっくり高度順応して、明日頑張りましょう。 太陽館は、1泊2食付で10260円。素泊まり6480円。 富士山の山小屋の中では、かなり高額な部類です。 一つ上の本7合目見晴館なら2食付…

続きを読む

お山は晴天! 富士登山【2】目指せ!3000m越え(静岡県小山町)

須走口5合目から、富士山登頂を目指す我が家。 山梨県内で降っていた雨も上がり、、、 と言うか、このあたりは降った形跡もありません。 山の天気は油断が出来ませんので、 晴れているうちに、どんどん登ってしまいましょう。 古御岳神社(↑の写真)までは整備された階段が続き、、 そこを過ぎると、荒れた溶岩のゴツゴツ道となりました。 樹林帯の中を進むのは、須走口の特徴の一つです。(↓の写真…

続きを読む

お山は曇天! 富士登山【1】高度順応はドンブリ攻め(静岡県小山町)

満を持しての富士登山。 今年こそソレにチャレンジしたいと決意したカミさん。 4月の房州・御殿山を皮切りに、徐々に歩行距離を伸ばし、、、 石尾根から雲取山、大倉尾根から塔ノ岳と訓練を重ねた上で、 いよいよ、その時を迎えました。 選択したルートは須走口。頑張りましょう。 須走口5合目への道「ふじあざみライン」は、シーズン中は一般車は入れません。 なので、シャトルバス(有料)が発着す…

続きを読む

富士山に登頂しました。

アラレと強風の中、須走口から富士山頂にたどり着けました。 さすがにお鉢巡りは断念ですが、一時はどうなるかと思いましたから、 結果オーライです。 曇取山や大倉尾根で練習を積んだかいがありました。 須走り口7合目・太陽館に泊まりました 下山は、砂走りを疾走 詳細編はコチラ。 https://ogihima.at.webry.info/201809/article_1…

続きを読む

斜里岳に登頂! ここから先は知床だ!【2018北海道・11】(斜里郡清里町)

知床半島の根っ子にそびえる斜里岳。 そのオタノシミは、沢登りと山頂からの眺望なのだそうです。 悶絶の沢登りを終え、、 あとはテッペンを楽しみに頑張りましょう。 連綿と折り重なる知床半島の山々、、その両側に海、、 そんな光景に期待するワタクシでした。 新道・旧道の合流地点・上二俣からは、 ちょろちょろ水の流れる沢を少しばかり歩いて、やがてソレは涸沢に。 そのあたりから、イッキに…

続きを読む

知床半島の盟主・羅臼岳(北海道羅臼町・斜里町)

今年の夏休み、我が家は2年連続で北海道に向かいます。 天売や焼尻など、離島を巡った昨年と異なり、、、、 今年は、カミさんの強い要望で登山中心になりそうです。 大雪山旭岳、雌阿寒岳、斜里岳あたりを目指したいそうですが、 なぜ斜里岳なの? 羅臼岳ぢゃないの? ワタクシ的には、そう思ったのですが。。。 変化に富んだ登山を楽しむなら斜里岳でしょうけれど、 知床と言ったら羅臼岳ぢゃないで…

続きを読む

しまなみ~広島~岩国~宮島~石見銀山【2018GW総集編】

今年のGWは鹿児島の離島! のハズでしたが、、、、 飛行機が取れずに断念し、中国地方を巡る事になったんです。 我が家が飛行機に乗れるのは株主優待券があってこそですが、 ソレ用の枠が激減し、、、多客期の人気路線の予約は事実上ムリですよ。 気を取り直して、空きのある便を押さえ、、、 いざ広島空港へ! 【その1】旅立ちは、ダブル保安検査と生そば「あずみ野」 広島空港のレンタカー屋で…

続きを読む

世界遺産・石見銀山、、お代官様、ドイツのパンにござりまする【2018GWその16】(島根県大田市)

石見銀山の鉱山チックな部分を見終えたら、、、 武家屋敷、町屋、代官屋敷などが居並ぶ町並み地区へ。 鉱山を支えた人々が過ごした街が、 当時に近い形で保存されている感じでしょうか。 ソコを散策しつつ、、 この街に相応しいメシでも喰いましょうか。 街並みはハリボテではなく、 実際に様々な商店が営まれています。 コチラは駄菓子屋さん。(↓の写真) 「アイスクリーン」の文字がイカシて…

続きを読む

世界遺産・石見銀山、、、ナゾの要塞・清水谷精錬所跡【2018GWその15】(島根県大田市)

常時公開されている唯一の坑道・龍源寺間歩に潜ってみたものの、 何となく食い足りないキモチですね。正直なところ。。 ソレを補うデザートを求めて、、、 散策MAPに書かれた「清水谷精錬所跡」なる所を目指してみました。 なんだか廃墟系のニホイが漂っていそうでしたから。 精錬とは、掘り出された鉱石からお目当ての金属を抽出する工程です。 メインの散策路から枝道に入り、急坂を登るのですが、、…

続きを読む

世界遺産・石見銀山、、間歩(坑道)潜入編【2018GWその14】(島根県大田市)

今回の旅行の重要目的地の一つ、石見銀山にやって来ました。 日本では14番目に世界遺産への登録を果した観光地ですね。 カミさん的には大いに期待している様子ながら、、 ネット上では「ガッカリな世界遺産」などと指摘されていたりもします。 そのあたりは、この目で見て判断いたしましょう。 環境保護の為、銀山をクルマで見て回る事は出来ません。 世界遺産センターの駐車場にクルマを停め、 そこ…

続きを読む

世界遺産・温泉津(ゆのつ)温泉と櫛島キャンプ場【2018GWその12】(島根県大田市)

しまなみ海道、広島、宮島を堪能してきた我が家ですが、、 瀬戸内に別れを告げ、イッキに日本海側に出ました。 島根県大田市の温泉津(ゆのつ)温泉が、最初の目的地です。 癒しの温泉と呼ばれ、あの因幡の白ウサギも、ココで傷を癒したんですって。 石見銀山の関連施設として、温泉街が世界遺産登録されています。 コチラは、JRの温泉津駅。(↓の写真) 特急も停まる、温泉津温泉の玄関口、、、と言い…

続きを読む

安芸の宮島・ 厳島グルメ編【2018GWその11】(広島県廿日市市)

今回は車中泊の旅でして、どうしてもバンメシが簡素になります。 1泊目は大三島でレトルトおでん。。。 2泊目は錦帯橋の傍でコンビニ惣菜。。。 朝メシは、コンビニで買い食いが定番です。。 そういう流れですので、ご当地モノを堪能するチャンスはヒルメシ! この日は、宮島でソレにチャレンジです。 最初に目に入ったのがコレ。 「BIG SET 宮島本店」という店です。 店先に張られたポス…

続きを読む

安芸の宮島・ 最高峰 弥山(みせん)登山編【2018GWその10】(広島県廿日市市)

厳島の最高峰は、弥山(みせん)535m。 せっかく上陸したからには、もちろんソコを目指そうぢゃないですか。 今回、大三島の鷲ヶ頭山ではドエラいクサリ場に往生しましたが、 この山には、そういう難所は無さそうです。 サクっと頂点を極めましょう。 弥山への登山ルートは3つ。 紅葉谷川を遡上する「紅葉谷ルート」、 白糸川を遡上する「大聖院ルート」、 駒ヶ林から縦走する「大元ルート」、…

続きを読む

安芸の宮島・ 厳島神社参拝編【2018GWその9】(広島県廿日市市)

岩国・錦帯橋のタモトで一夜を明かし、、、 再び広島に戻ってきました。 この日の目的地は、、、安芸の宮島。 日本三景に数えられたソレですよ。 厳島にはワタクシは3回目、カミさんは2回目の上陸になりますが、 アレヤコレやと楽しもうぢゃないですか。 宮島へは、本土側の宮島口から船で渡ります。 コチラはJR西日本の宮島フェリー。(↓の写真) かつての国鉄連絡船・宮島航路の血筋ですね。…

続きを読む

広島平和記念資料館と平和記念公園 【2018GWその7】(広島市中区)

広島に来たなら、ぜひとも訪問せねばならない場所、、、 ココは、その一つではないでしょうか。 広島平和記念資料館、、、 かなり重たい場所ではありますが、、、、 我が家の二人たちに是非とも見ておくべきだと思います。 ワタクシも、資料館は初めての訪問になりました。 資料館の壁写真を拝借して、、マナムスメが広島を案内しましょう。 健在だった頃の原爆ドームです。(↓の写真) 広島県物産…

続きを読む

富岡製糸場と七五三(群馬県富岡市)

長崎の教会群、、、世界遺産登録申請を取下げちゃいましたね。。 ムリに申請して「不登録」の裁決が出ると、二度と申請できないそうですから、、 いったん仕切り直しの道を選んだのでしょう。。 さて。 富岡製糸場が世界遺産に登録されたのは2014年。 正式に申請されたのは2013年だそうですが、、、 我が家はソレの前、2010年に訪問しています。 当時は、すでに「日本の世界遺産暫定リスト…

続きを読む

哀愁の世界遺産、、、荒船風穴(群馬県下仁田町)

荒船山に登る為に内山峠を目指した際、、、 その道中で、やたら目にしたのが「世界遺産・荒船風穴」の看板でした。 エッ?  そのようなモノが登録されたというニュースは聞いた事が無い、、、、と思ったら、、、 「富岡製糸場」の関連施設として登録されたとの事です。  なるほど。そういう事ですか。 内山峠からさほど遠くなく、下山後に立ち寄ってみた次第です。 荒船風穴の場所は、神津牧場の裏手…

続きを読む

秋の富士山麓【4】驚愕! 青木ヶ原の西湖コウモリ穴(山梨県鳴沢村)

富士五湖周辺には、数々の洞窟があるんです。 噴火の際に流れた溶岩流からガスが抜けた跡なのだそうで、、 「富岳風穴」や「鳴沢氷穴」が有名ですね。 青木ヶ原の樹海の中に「コウモリ穴」というのもありまして、、 ソレが最大級、最強の洞窟だと言うのです。 ソコだけはワタクシも未経験。。。 さっそく潜ってみようぢゃないですか。 入場料を払うと、、、いきなりヘルメットを貸し出されました。 …

続きを読む

秋の富士山麓【1】足和田山(五湖台)で5湖を見よう!(山梨県富士河口湖町・鳴沢村)

マナムスメの希望で、河口湖のペンションに泊まる事になりました。 カノジョが何にホダされたのから後述する事としまして、、、 せっかく富士山麓まで行くのなら、イロイロと楽しまねば損ですよ。 ってな訳で、、、、、 足和田山、、別名「五湖台」を登ってみる事になったんです。 愛鷹山(足高山)、箱根の足柄山と共に「富士三脚」と呼ばれた山で、、標高は1355m。 山麓の標高は1000m前後だったり…

続きを読む

宝永山荘、、、、雲上のサンマーメン(富士宮口新六合目・静岡県)

先日、NHKの「ブラタモリ」で宝永山を訪問するシーンがありまして、、、 我が家も4年前に訪れた地ですから、なんともナツカシく見ていました。 宝永山は、富士山の寄生火山です。 東京方面から眺めると、中腹のちょっとしたデッパリながら、 正面から見れば、山腹にデカデカと口をあけている火口がソレですね。 いわゆるキレイな富士山型を崩している存在ながら、、、 エクボだと思えば、なかなかチャーミ…

続きを読む

万里の長城? 世界遺産・今帰仁城址(沖縄県今帰仁村)

沖縄県本島の北西部に突き出た本部半島、、、、 美ら海水族館や沖縄記念公園(海洋博公園)が有名ですね。 でも、それだけではありません。 まるで万里の長城チックな、グスク(城)の跡があるんです。 2010年5月、家族でソコに訪れてみました。 その名は「今帰仁城址」。(↓の写真) このあたりの自治体名も今帰仁(なきじん)村になります。 「今、帰っていったヒト」、もしくは「今、帰ってき…

続きを読む

留守番旅行記・北海道【最終回】(知床・納沙布 駆け足編)

オ、オシンコシンの滝ですか! 道内8日目にして、ついに知床に踏み入ったらしい母子3人旅。 北海道に行くからには、そこは重要度の高い場所ですが・・・ 確か、翌日には新千歳からの飛行機で帰ってくる予定のハズ。。。 ダ、ダイジョーブなのでしょうか、日程的に。 東京でお留守番のオトォチャンは、何気にハラハラするのでした。 ややや! イッキにカムイワッカまで着きましたね。 天然の滝が温泉…

続きを読む

白糸の滝・音止めの滝(静岡県富士宮市)

田貫湖キャンプの帰りに、コチラにも立ち寄ってみました。 ある意味、オヤクソクの場所ですもんね。 富士山の世界遺産登録申請に含まれている要素ですし。 コチラが白糸の滝。 もう何十年ぶりかの訪問になりました。 現在は滝壺のあたりが工事中だとかで、 ココより先には行けません。。 ヘンに不自然な護岸工事などを行ってしまっては、 世界遺産登録に影響したりしないのかしらん。。 …

続きを読む

宝永山(静岡県)

東京からも見える大火口ですから、さすがにデカいですね。 静岡側の五合目から徒歩15分で6合目、 そこから火口までは看板どおり 「お子様でもお年寄りでも7分」 でした。 かなぁり壮観です。

続きを読む

富士山初冠雪の日(静岡県)

静岡側の五合目までやってきました。 もちろんクルマでです。。 気温は8度、山頂付近には白いモノも。。 秋を通り越して、イッキに冬の気分です。 六合目の山小屋では、コタツも出てましたし。

続きを読む

川北温泉(知床・北海道)

北海道の秘境露天風呂シリーズ、知床編の最終回は川北温泉です。 知床半島の南側付け根の山中で、知床とは言いがたいかもしれません。 ダート道を登ること数キロで、何やら建物跡が見えてきます。 この温泉、かつては温泉旅館だったのです。 やがて旅館は廃業し、建物は取り壊され、浴室部分だけが残っていて、 ソコで入浴できる仕組みなのです。 屋根は無く、男女別の脱衣場や湯船がありますが、仕切りが…

続きを読む