梅雨の合間の蓼科山【番外編】懐かしの白樺湖、、その「明」と「暗」(長野県茅野市・立科町)

蓼科山への登山を終えた我が家。天気予報がヨロシくないので、予定していたキャンプを止め、、そのまま帰宅する事になりました。その帰路に通るのが白樺湖。高原リゾートのイメージ漂うその地名は、懐かしい場所でもあるんです。せっかくですから、少しばかり立ち寄ってみる事にしました。 初めて白樺湖を訪れたのは、小学生の時。小諸の母方実家に向かう際に立ち寄ったんです。新宿から茅野まではJR、ソコからは路線バスを…

続きを読む

東洋のマチュピチュ、別子銅山跡、、東平(とうなる)エリア編【令和元年GW・4】(愛媛県新居浜)

令和10連休、四国を彷徨う我が家ですが、 この日は、別子銅山跡へ。 別子銅山は、1973年に閉山された、日本を代表する銅の鉱山です。 深い山の中に残された施設の跡地が、新聞によって 「東洋のマチュピチュ」などと紹介されて注目され、、 観光スポットに生まれ変わりつつあるようです。 ジックリと廃墟系を堪能しようぢゃないですか。 別子銅山跡は、2つのエリアに分かれます。 東平(とう…

続きを読む

黄色いハンカチ、、廃止直前の夕張駅、、歴史村は虫の息【2018北海道・2】(夕張市)

新千歳空港に降り立ち、大雪山登山口の旭岳温泉を目指す我が家。 その途中、夕張の街に立ち寄ってみました。 炭鉱の閉山を経て財政再建団体となってしまった夕張市。 TVのドキュメントでそれを知ったカミさんは、 夕張市にふるさと納税をして応援しています。 その夕張を実際に見てみたいとの事でした。 まずは、オヤクソクの「幸福の黄色いハンカチ想い出ひろば」へ。 云わずと知れた、あの映画のロ…

続きを読む

野島公園キャンプ場2018【2】野島掩体壕と伊藤博文別邸(横浜市金沢区)

今年も、GW明け恒例の野島キャンプが終わりました。 これで日常に戻るのね、、などと嘆きつつ、、、 今年は、もう少しだけココに留まらねばなりません。 だって、、 よーたんが、昼前の11時頃にやっと到着したんです。 このまま解散したら、あまりにもムゴいぢゃないですか。 本隊は、すでに撤収が完了しています。(↓の写真) 野島キャンプ場は駐車場とサイトとが離れていますのでリヤカーは必須…

続きを読む

世界遺産・石見銀山、、、ナゾの要塞・清水谷精錬所跡【2018GWその15】(島根県大田市)

常時公開されている唯一の坑道・龍源寺間歩に潜ってみたものの、 何となく食い足りないキモチですね。正直なところ。。 ソレを補うデザートを求めて、、、 散策MAPに書かれた「清水谷精錬所跡」なる所を目指してみました。 なんだか廃墟系のニホイが漂っていそうでしたから。 精錬とは、掘り出された鉱石からお目当ての金属を抽出する工程です。 メインの散策路から枝道に入り、急坂を登るのですが、、…

続きを読む

嗚呼!JR三江線と尾道ラーメン【2018GWその13】(島根県邑南町・美郷町・川本町)

温泉津の櫛島キャンプ場を出発し、そのまま石見銀山を目指す我が家ですが、、、、 ちょっと、、いやかなり寄り道する事になりました。 ほんの1ヵ月前に廃止されたばかりの、JR三江線の様子を見る為です。 三次から江津を結ぶ100km超のローカル線でしたが、 ほぼ全線が中国地方の大河「江の川」に沿って走る絶景のリバーサイドライン。 それでも、客が乗らなきゃ話にならない訳で、、、 JRも民間企業…

続きを読む

冬の三陸【3】津波からの復興、まだ遠し。。(岩手県陸前高田市・大船渡市・釜石市)

今回の出張の訪問先は、大船渡が2件と釜石が1件。 それぞれ気仙沼からの往復となりました。 先の津波で激しく被災した地域ですね。 一昨年の宮古・釜石、、、 昨年の石巻・気仙沼、、、 それぞれシゴトで訪問しましたが、、、 いずれも「まだ、こんな状態?」ってな感想です。 進まぬ復興、、、もうすぐ7年目が終わろうとしているんですけどね。。 訪問先へはクルマで移動です。 その車窓に次…

続きを読む

旧・昌平橋駅跡、、、その痕跡はビミョーです(千代田区神田淡路町)

ワタクシが勝手にアキバの裏門などと認識している昌平橋ですが、、、 なんとソコに、かつて駅があったと聞きました。 エッ? それは旧・万世橋駅の事ではなくて? いやいや、昌平橋駅も存在したのだそうです。 ただし、万世橋駅の開業と入れ替わりに、 昌平橋駅は消滅したのだとか。 昌平橋駅は、中央線の始発駅として誕生しました。 ただし、線路を東に延長する途中に設けられた仮の駅で、、 すぐ…

続きを読む

姫川の源流はココだ!(姫川源流自然探勝園・長野県白馬村)

姫川は、フォッサマグナの西端に刻まれた川。 糸魚川静岡構造線の底を流れている訳ですね。 1級河川としては水質日本一を誇り、 河川敷でヒスイが拾える事でも名が知れています。 その姫川の源流、、、どんな山深いところにあるのかと思ったら、、、 人里のハジッコあたりから、チョロっと湧き出しているんです。 白馬岳トレッキングの後、立ち寄ってみました。 R148号線、白馬さのさかスキー場の…

続きを読む

コチラが元祖、、美瑛パッチワークの丘【2017北海道・最終回】(北海道美瑛町)

士別の「かわにしの丘」で、美瑛チックな光景を満喫した我が家でしたが、、、 やっぱりホンモノも見とこう! と言う事で、美瑛の丘にも立ち寄りました。 今回の我が家の旅のゴールは旭川空港ですので、 美瑛の丘からは、僅か15分の距離ですし。 いわゆるパッチワークの丘、、元祖と新鋭の対決です。 辿り着いてみれば、、、、 ううむ、やっぱり美瑛は美瑛、、、そんな感想です。 どのあたりがかわ…

続きを読む

さらば天売島! シメは座礁船と海鮮塩ラーメン【2017北海道・9】(北海道羽幌町)

天売島の最終日、、、と言っても上陸2日目ですが。 島を一周する観光船(漁船)が天気の様子見となり、 宿で口をあけて待っているのもナニですから、 小雨の中、観光に出る事にしました。 行先は、前日に見残していた天売島灯台です。 まずは港側から灯台に至る道を探したのですが、 それらしき階段はあるものの、、、 地元の人に聞いても、アプローチが見当たりません。 なので、南側の林道からの…

続きを読む

八島湿原と奥霧キャンプ場跡【霧ヶ峰4】(長野県下諏訪町)

標高1632m。 かなりな高所にデデーンと広がる八島湿原は、 国の天然記念物に指定されています。 この時期は、ニッコウキスゲが満開ですね。(↓の写真) ソレに埋め尽くされた平原を、散歩しようぢゃないですか。 およそ70分の、木道歩きの旅になります。 八島湿原へのアプローチは、湿原の東端にあるビジターセンターからが便利です。 ビーナスライン沿いで、駐車場もありますし。 しかし、…

続きを読む

南三陸・島巡り【13】亀山リフトでオマエと二人、、、大島2(宮城県気仙沼市)

気仙沼大島の最高峰は亀山。 標高は235m。 港(浦の浜港)の裏山ってなオモモチの山ですね。 ソコに登る手段はマイカー、マイバイク、タクシー、あるいは徒歩、、、 そんなところです。 ガイドブックやwikiを見るとリフトが存在してる? そ、それわ、、、、天に召されてしまったんです。。 我が家はクルマで登りました。 頂上直下の亀山レストハウスまで舗装路が通じているんです。 ただ…

続きを読む

南三陸・島巡り【11】嗚呼、大川小、、、そして気仙沼大島へ(宮城県石巻市・気仙沼市)

金華山から戻り、次に目指したのは大島。 気仙沼市街の沖に浮かぶ、いわゆる気仙沼大島ですね。 フェリーの時刻に追われつつ、 三陸独特のリアス式海岸をクネクネと北上していたら、、、 いきなり、ニュースなどで見慣れた光景が目に入りました。 石巻市立大川小学校、、、 津波によって先生10名と児童74名の命が奪われた、 あの小学校の跡地ですよ。 大川小があったのは、海っぺりではありませ…

続きを読む

南三陸・島巡り【7】津波跡と不思議な廃墟、、、出島2(宮城県女川町)

牡鹿諸島・出島の寺間港に上陸し、 出島港まで島を横断してきた我が家。 島を離れる船の出航時刻までは、まだ3時間近くありまして、、、 ならば、港の周辺をじっくり探索する事に。 何か、シヤワセなモノがあればイイのですが。。 まず、目に入ったのは、、、 港の近くの集落跡に、デーンと構える石碑。(↓の写真) ソレに刻まれた文字を読んでみると、、、 こ、これわ! 昭和3年3月3日、、…

続きを読む

南会津2016【4】帰りは乗り鉄・一人旅(会津田島~浅草)

豊田組・南会津林道祭りの真っただ中、、、 ワタクシだけ、1人でオウチに帰らねばなりません。 受験勉強を理由にオルスバンしている長男坊を、 3日間も野放しにしておけないですからね。 カミさんとマナムスメを南会津に残し、、、、 帰路は、鉄道を利用しての一人旅なんです。 林道祭りの陣地・高清水自然公園からクルマで40分余り、、、 カミさんに、会津田島駅まで送ってもらいました。(↑の写…

続きを読む

南会津2016【1】会津高原尾瀬口駅と、会津滝ノ原駅(福島県南会津町)

今年も豊田組林道祭りに参加すべく、南会津に出向いてきました。 例年と違うのは、、、 受験生である長男坊がオルスバンとなった事。 0歳児の時から参加を続けた長男坊でしたが、、、 連続参加記録は15年で途切れました。 それも本人の意志なので、仕方ありません。。。 南会津に突入し、まず立ち寄ったのは会津高原尾瀬口駅です。(↑の写真) 野岩鉄道と会津鉄道が接する駅ですが、駅舎もホームも…

続きを読む

万世橋と万世橋駅(千代田区神田須田町)

万世橋は、中央通りが神田川を渡る橋。 何となく、秋葉原の正門ってな感じでしょうか。 裏門っぽい昌平橋と同様、さりげなく芸術的な欄干ですよ。 その万世橋の神田須田町側には、、、 かつて「万世橋駅」という駅があったそうなんです。 客扱いを中止したのは1943年との事ですから、 ワタクシなんぞ生まれる前の出来事でございます。 このレンガ造りの建物が、まさに駅だった所です。(↑の写真)…

続きを読む

エトワール商店街の廃墟、、江戸一ショッピングセンター(江戸川区江戸川)

江戸川1丁目だから「江戸一ショッピングセンター」、、、 なかなか判りやすいネーミングですよね。 それは、、江戸川共栄商店街(通称エトワール商店街)の一角にあるんです。 食料品系をメインに、およそ10店舗ほどのテナントが入って、、、 いたんですよね。。。かつては。。 今では、、、、キッチリと廃墟です。 入り口のシャッターはキッチリと閉じられ、、(↑の写真) もう、何年もソレが続い…

続きを読む

上五島空港と頭ヶ島天主堂(頭ヶ島・長崎県新上五島町)

我が家が五島列島を巡ってから、10年が経ちました。 佐世保からロートルフェリー「なみじ」で中通島に上陸し、、 奈留島などを経て福江島に渡ったんです。 当初、上五島島には空路で上陸って案もあったのですが、、、 存在するハズの航空路線が予約不能で、オドロきましたですとも。 果たして、どういう事だったのでしょうか。。 当時、長男坊は5歳、、マナムスメは存在していません。 ↑は、モンダ…

続きを読む

京葉道路の中華の墓場地帯(江戸川区小松川~谷河内)

R14京葉道路、、、我が江戸川区では屈指の幹線道路。 沿道は、切れ目なくビルや各種店舗などが並んでいます。 なのに、、、 走行中、ふとラーメンが食べたくなっても、、、 おおよそ3kmほど、ソレの過疎地帯が続くんです。 その状況を確認すべく、、 小松川の中華蕎麦あさひ(↓の写真)を出発し、、、東に向かってみましょうか。 荒川を渡って、平和橋通り(船堀街道)を過ぎたあたり、、、 …

続きを読む

うの島、、、湖上の廃墟島(山梨県富士河口湖町)

富士五湖・河口湖に浮かぶ無人島、、、うの島。 「世田谷区立河口湖林間学園」のすぐ目の前の沖合で、、 中学生時代にソコを利用したワタクシにとっては、懐かしい島影なんです。 今回、「ふじてん」「ねこペン」を訪問した際も、、 キッチリと、その姿を拝みましたですもの。 ソコへの上陸が叶ったのは、10年ほど前。 ねこペンションのご主人から指南を受けてのチャレンジでした。 かつては、うの島…

続きを読む

フォーエバー、、街中の牧場(千葉県千葉市)

千葉市内のベッドタウン、、と言ってもスカスカですが、、、 カミさんの実家の近くに、牧場がありました。 牛の姿が消えて、もう幾年も過ぎている模様です。 カミさんは、ココの牛の声を聞いて育ったと言ってました。 ワタクシがカミさんとケッコンし、この牧場の存在を知った時点で、、 すでに牛の声は無かったですね。。 その代り、、、、 ダチョウが飼われていたんですよ! ダチョウが! 一時期…

続きを読む

伊良湖からの離島めぐり【1】神島(三重県鳥羽市)

三島由紀夫の「潮騒」、そして椎名誠の「わしらは怪しい探険隊」の舞台となった神島。。 両者の作品の文学的な位置付けは置いときまして、、、 ワタクシども家族も、神島には訪問しています。 それは2007年の冬。。 神島は三重県に属し、鳥羽から渡船で渡るのがメインルートながら、、 我が家は、渥美半島の突端・伊良湖から船で渡りました。 そのほうが、メチャクチャ近いですよ。 椎名作品では、…

続きを読む

哀愁の世界遺産、、、荒船風穴(群馬県下仁田町)

荒船山に登る為に内山峠を目指した際、、、 その道中で、やたら目にしたのが「世界遺産・荒船風穴」の看板でした。 エッ?  そのようなモノが登録されたというニュースは聞いた事が無い、、、、と思ったら、、、 「富岡製糸場」の関連施設として登録されたとの事です。  なるほど。そういう事ですか。 内山峠からさほど遠くなく、下山後に立ち寄ってみた次第です。 荒船風穴の場所は、神津牧場の裏手…

続きを読む

東神田らーめん発見!! でも、、、(千代田区東神田)

江東区の西大島に、捨てがたいラーメン店があったんです。 その名は「東神田ら〜めん」。 屋号と店の場所がチグハグですが、、、 かつては東神田に店を構え、、ソレが店名の由来ですね。 2008年、西大島に移転した為に、噛み合わなくなった次第です。 個人的には激しく感動したんですよ、ソコの味噌ラーメンに。 でも、、、2013年の秋に閉店してしまいました。。 何に感動したか…

続きを読む

岩場にチャレンジ! 乾徳山【1】スタートは笛吹小屋キャンプ場(山梨県山梨市)

3年ほど前、妙義山の石門巡りの鎖場に連れて行ったら、、、 すっかり、そういう岩場が気に入ってしまった二人たち。。 「また、そういうところを登りたい!」 などとせがまれ、、、 真っ先に思いついたのが、乾徳山の鎖場でした。 でも、、、鎖場までのアプローチは3時間ほど登りっぱなしで、、 マナムスメは、鎖場に着く前に力尽きる可能性が大なんですよ。 それで、お蔵入りにしていたのですが、、、、…

続きを読む

再会!見晴の「はらこめし」(ごはんと麺の店 見晴・宮城県亘理町)

見晴(みはる)は、鳥の海という入り江に面した食堂兼民宿でした。 ソコに泊まり、亘理名物の「はらこめし」をタラフク食べたのは2009年の秋。 その1年半後、、東日本大震災の津波が亘理の町を襲い、、 半年後に見晴を訪問するも、目を覆いたくなる状況だったんです。 あれから4年、、、、 場所を移転して、見晴が食堂として再出発! そんなニュースを聞き、思わず訪れてみました。 震災前後の見晴の…

続きを読む

秋・会津【1】「塔のへつり」で身もへつる(福島県下郷町)

シルバーウイークは、、、会津からスタートです。 この界隈はアチコチ出向きましたが、、、 なぜか未訪だった「塔のへつり」に初めて立ち寄る事にしました。 大川に削り取られた珍岩奇岩が並ぶ渓谷で、、 国の天然記念物に指定されているそうです。 関西弁の「へつる」とは、関係が有るような無いような。。 塔のへつりの入り口付近にあったのが、その名もズバリ「塔のへつり駅」。(↓の写真) 旧JR…

続きを読む

奥尻島2015夏【10】神威脇温泉、湯ノ浜温泉、幌内温泉跡(北海道奥尻町)

奥尻島にも温泉がありました。 キチンとした温泉でして、源泉掛け流しですよ。 場所は島の西側の神威脇地区。 温泉名も、ズバリ神威脇温泉です。 さっそく、入ってみようぢゃないですか。 我が家が上陸2日目に入浴したのがコチラ。 「神威脇温泉保養所」という、町営の日帰り温泉です。(↑の写真) ややコナレぎみの施設ながら、、、 まあ、風情がアリアリとヨロコべる範疇です。 浴場は、男女…

続きを読む