離島の山・振り返り編、、、伊豆・小笠原で山登り

離島好きの我が家ですから、アチコチの島に上陸しております。いざ上陸を果たせば、、、ナントカとケムリと同様、一番高い所にも登りたくなるモノでして、、それぞれの島の最高峰にも、足跡を残したりしました。今回は、都内編と言う事で、、、伊豆諸島、小笠原諸島の島々を振り返ってみましょうか。今は なかなか出かけられず、、ネタ切れだったりしますし。。 伊豆大島まずは、コチラ。独身時代、カミさんはダイビ…

続きを読む

誕生日2020【トォちゃん編】プレゼントは、ダイヤル式の登山靴とポータブル電源?

家族の誕生日会、、、今年のトリはワタクシ、、トォチャンです。あ、、「今年は」は余計でしたね。年によって順番が変わる訳がありませんから。新しいトォチャンが来れば変わるかもしれない?そ、そういう事を言うモノぢゃありません。イチオウは、トォチャンの お祝いなんですぞよ。ドキドキ。。 と言う訳で、、、お祝いのケーキも頂戴いたしました。おなじみ、瑞江の夏っこ工房製でして、絵のデザインは長男坊。ベ…

続きを読む

秋の西吾妻山【4】雲上のカップ麺。。。。迫る最終ゴンドラ!(福島県北塩原村・山形県米沢市)

奥羽山脈No.2の高峰・西吾妻山(2035m)への登頂を果たした我が家。ヒルメシを食べるツモリだった西吾妻小屋はトイレ臭がキツく、、前衛の山・西大巓(にしだいてん)まで戻る事にしました。展望も良いですし、食べた後は下るだけなので、気も楽でしょう。西吾妻小屋からは、地図のコースタイムでは40分の道のりです。【西吾妻小屋出発 12:51】 目の前に迫る西大巓(1982m)。いったん下り、標…

続きを読む

秋の西吾妻山【3】西大巓(にしだいてん)から西吾妻山へ(福島県北塩原村・山形県米沢市)

グランデコの裏磐梯ロープウェイで、イッキに標高1390m地点まで辿り着いた我が家。目指す西吾妻山の山頂との高低差は、残り645mです。出だしはスキー場のゲレンデの中をダラダラ登るルートで、、見通しも良く、ハイキング気分ですね。でも、ずっとコレが続く訳がありません。気合を入れていきましょう。。【登山開始 8:53】 ゲレンデのテッペンに着きました。山頂駅の看板にはビューポイントと書かれて…

続きを読む

秋の西吾妻山【2】秘密兵器、、、、裏磐梯ロープウェイでデコ平へ(福島県北塩原村)

秋の4連休の3日目。ベースキャンプ・みちのくキャンプ場を出発し、西吾妻山(2035m)への登頂を目指す我が家。クルマで向かったのは、グランデコスノーリゾートでした。なぜスキー場に向かうのかですって?グリーンシーズンにも運行する、グランデコのロープウェイに乗り、その分だけ楽をする為です。。。 みちのくキャンプ場からは、山道を登る1本道。レークラインの下を潜ったあたりで、サルの親子と遭遇し…

続きを読む

屋上駐車場からの眺め【17】マナムスメ、登山靴&山ガールウエアをゲット!(三井アウトレットパーク 幕張・千葉市美浜区)

夏休みに、久々のお出かけ、、登山&キャンプを堪能した我が家。それから、もうひと月も経ちまして、、、再び、屋上駐車場からの眺めを堪能する暮らしに逆戻り。。。マナムスメは、やたら土曜日登校がありますので、なかなか予定がたてられないのです。おのれぇ! それだって「コ」のシワザぢゃないか! 今回、出向いたのは、、、千葉市の幕張新都心にあります、三井アウトレットパーク です。抜けるような青空、、…

続きを読む

我が家のシルバーウイーク、、振り返り

2009年より、敬老の日がフレキシブル運用される事になり、それが秋分の日と上手く絡む年にやってくるシルバーウイーク。2009年、そして2015年に5連休となりました。今年は4連休なので、正式にはシルバーウイークとまでは言えないそうですが、、それでも、4連休はアリガタい事ですよ。「コ」さえいなければね。。ケッ。。。 我が家の9月の連休は、南会津で開催される豊田組林道祭りに参加するのが恒例…

続きを読む

真夏の磐梯山【6】雲上の おしること、崖の上のお花畑(福島県猪苗代町・磐梯町・北塩原村)

雨の磐梯山の登頂を終え、弘法清水でクツロぐ我が家。ご機嫌ナナメのマナムスメも、チョコを食べて復活しました。ぢゃあ、ぼちぼち下山しましょうか。ヒルメシは、どのへんで食べましょうかね。えっ? ちょっと待て?マナムスメさん、何か御用でしょうか? お言葉は、、恐れ多くも「お汁粉が食べたい」との事でした。。。弘法清水小屋を覗いた際、お汁粉の文字が目に入り、、それが食べたくなっちゃったんですって。…

続きを読む

真夏の磐梯山【5】磐梯山のテッペンで郷愁を叫ぶ。。(福島県猪苗代町・磐梯町・北塩原村)

「コ」がハビコる夏休み。。アウトドアならば安全ではないかと、、会津磐梯山を目指した我が家。。磐梯山の大きな特徴は、山腹にパックリと口を開いた巨大爆裂火口ですね。これまで何度も見上げてきた そのフチに、遂にたどり着きました。引き続き、山頂を目指す訳ですが、、、天候が、だんだんアヤシくなってきたんです。。。 火口のフチの絶景ポイントを過ぎると、徐々に勾配が楽になりました。殆ど横移動のアップ…

続きを読む

真夏の磐梯山【4】爆裂火口の磐梯山へ!(福島県猪苗代町・磐梯町・北塩原村)

磐梯山、1816m。会津磐梯山と言ったほうが有名でしょうか。大いに目立つ独立峰でして、日本百名山にも数えられています。我が家は、毎年のように この界隈にスキーに来ていまして、姿を見たり、その斜面を滑っていたりするんです。いつか頂上まで登る機会を狙っていたのですが、、まさかの「コ」騒ぎの中、チャレンジする事になりました。我が家は、もっとも安全とされる八方台登山口からのスタートです。 猫魔…

続きを読む

真夏の磐梯山【2】猫魔ヶ岳からの眺望、、、、ゲレンデはどこだ!(福島県磐梯町・北塩原村)

「コ」が蔓延る夏休み。我が家は、GOTOキャンペーンからハジかれた都民ではありますが、、ヒトサマとの接触を大いに避けながら、福島にやって来ました。9か月ぶりの登山で、猫魔ヶ岳1404mの山頂を踏み、、、そこからの眺望もバッチリと楽しめましたですとも。都内の屋上駐車場からの眺めなんぞ、比較にもなりません。。 山頂から北側を眺めると、、、一番左のデカい湖が檜原湖、右隣りが小野川湖、その右が…

続きを読む

真夏の磐梯山【1】足慣らし、、グリーンシーズンの猫魔ヶ岳へ!(福島県磐梯町・北塩原村)

ステイホームの夏休みに耐え切れず、、、、後半、2泊3日でGOTOをして来ました。都民ですから、オコヅカイはナシですね。。「コ」の拡散幇助にならない様、かなり気を使って行動しましたよ。移動はマイカー、宿泊は超ソーシャルディスタンスのキャンプ場です。出かけてから3週間が経過しましたが、、、何事も起こっていませんし、起こしてきた様子も無いのが幸いです。 朝、自宅を出て、、東北道を北へ。磐梯山…

続きを読む

我が家の夏休み、、振り返り【2】2014~2010年

夏休み振り返りシリーズの2回目です。今年の休みはナニのせいでナニですから、、、過去を振り返って懐かしがるしかありません。ああ、今年限定の出来事で終わればいいのですが。来年の今頃は、もう振り返るものが無いですよ。。とにかく、2014年からスタートしましょうか。 【2014年】この年の夏休みは、前年に引き続いて2本立てでした。前半は、家族全員で三宅島へ。三原山は、当時は山頂までは立ち入り禁…

続きを読む

我が家の夏休み、、振り返り【1】2019~2015年

今年の夏休みは9連休。ああ嬉しいなっと。お出かけですか? 全く予定が立ちません。理由は、もちろんアレ。「コ」ですよ、新型の「コ」!まあ、どうにも出来ない事を嘆いていても仕方ありませんですね。。なので、、、GW、そして海の日連休に続き、、、またまた、振り返り編の登場です。 【2019年】この年の訪問先は東北地方。出羽三山に登りたいというカミさんの提案に乗り、せっかくなので鳥海山も加えてみ…

続きを読む

屋上駐車場からの眺め【14】丹沢から秩父まで見えた!(ラパーク瑞江・江戸川区瑞江)

買いもののついでに屋上駐車場から眺望を楽しむ、、、ああ、なんて有意義な4連休の過ごしかたなのでしょう。まあ、仕方ありません。1泊ぐらいは近場、、県境を越えない都内でキャンプを、、、そんなモクロミもあったのですが、天気予報が悪くてソレも叶いませんでした。。 これは、7月のアタマに、瑞江駅前のビル「ラパーク瑞江」の屋上駐車場でえ撮った写真です。スカイツリーから視線を右にズラしていくと、、、…

続きを読む

我が家の海の日連休、、振り返り。。。【2019~2013】

今年の海の日3連休は、予定が全く立ちません。もちろん、原因は新型コロナ。。。当ブログで、このような出だしの文章に見覚えがありませんでしょうか。そうです。ソレです。どこにも出かけられないGWを憂いて、過去のGWを振り返った記事でしたね。まさか、夏にも続編が出ようとは、夢にも思いませんでした。。。おのれ! コロナめ!果たして、こうやって引き篭ったまま、年老いていかねばならないのでしょうか。。。 …

続きを読む

我が家のGW、、振り返り【2】2014~2010年

週末になっても、お出かけ出来ず、、、平日も、テレワークでオウチに閉じこもり、、これまで生きてきて、初めての経験ですよ。おそらくGWも、こんな感じかもしれません。。明るい未来を信じで、、、これまでのGWを、さらに振り返ってみたりしましょう。どうせネタ切れぎみですし。。 前編に引き続き、、、2014年から始めます。2014年のGWは、、琵琶湖の島巡り。琵琶湖に浮かぶ4つ(あるいは5つ)の島…

続きを読む

どうなる! 今年のGW。。。。。この5年間を振り返ると、、、

今年は、GWの予定が全く立ちません。もちろん、原因は新型コロナ。。。飛行機や船便の空席状況を見ると、、、あり得ない事に、どれもこれも空きだらけですよ。なのに、さすがに出かける状況ではありません。。全くお出かけナシのGWは、、、カミさんが臨月だった、2001年以来の出来事ですよ。。その時のオナカの中身は、、、長男坊ですね。 振り返ってみると、、、去年、、、2019年のGWは、四国に出向きまし…

続きを読む

山の名前と旧日本海軍の重巡洋艦

先日、望郷の湯で見かけた「群馬の酒蔵 のみくらべ」なるセット。「榛名山」「妙義山」「赤城山」、、群馬の山名がつけられた日本酒3本を揃えたものでした。「おおっ! 上毛三山が揃っている!」などと感激したのですが、、、、「空母 赤城、戦艦 榛名、、、妙義は無いな。。。」そんな感想も持ってしまうワタクシ。実は、かつてのワタクシ、、、それら軍艦のプラモデルを作っては喜んでいたんです。 ワタクシが…

続きを読む

2019総括【2】今年は、この山に登りました、、、、その2

今年、我が家が登った山のおさらい、、、その2です。GWの四国に石鎚山、剣岳、、四国の高峰2山に登頂した我が家は、、イキオイづいて、夏休みは東北の名山を目指す事にまりました。安全第一で登りましょうね。。 まずは、月山(1984m)東北地方を代表する霊山、出羽三山の盟主ですね。日本100名山のメンバーでもあります。天候に恵まれ、快適な山行でした。前日に、出羽三山の一角である湯殿山にも訪問しまし…

続きを読む

2019総括【1】今年は、この山に登りました、、、、その1

今年、我が家が登った山、、、その総集編です。昨年のように富士山登頂といった大目標はありませんでしたが、、気がつけば、日本百名山へのチャレンジが多かったように思えます。特に狙った訳ではありません。たまたま思い立った山が、その一員だったんだと思います。ま、まさま、、カミさんは、密かにコンプリートを狙っていたりして。。。 今年のトップバッターはコチラ。3月末に訪れた、奥多摩の三頭山(1531…

続きを読む

初冬の伊豆半島、、、山と温泉【6】伊東と言えば、大室山、、、、いざ山頂へ!(静岡県伊東市)

天城山登山、そして伊東温泉でバイキング、、、今回の旅の主目的は果たしましたが、、、もう少し伊豆を楽もうぢゃないですか。という事で目指したのは、、、、大室山。伊東と言えばハトヤ、、に次ぐ、伊東のシンボル的な山なんです。 これが大室山。標高は580m。絵に描いたような、ステレオタイプな火山ですね。スコリア丘と言われる火山だそうでして、阿蘇山の杵島岳や米塚、富士の大室山などが、同じタイプだそうで…

続きを読む

初冬の伊豆半島、、、山と温泉【3】雪ウサギと鹿軍団、、、万三郎岳~天城高原駐車場(静岡県伊豆市)

天城山の最高峰、万三郎岳(1405.3m)に登頂し、ソコでカップヌードルを食べた我が家。帰路は滑りまくりの下山、、、、予定していたシャクナゲコースは放棄し、来た道をピストンする事にしました。気を引き締めて戻りましょう。 足元だけでなく、頭上にもキケンが潜んでいたんです。天気が良いので、木の枝に付着している霧氷や雪が溶け、、無差別爆撃状態に落下してくるんです。氷のカタマリなので、けっこう痛い…

続きを読む

初冬の伊豆半島、、、山と温泉【2】天城山頂でカップヌードル集合、、、万二郎岳~万三郎岳(静岡県伊豆市)

伊豆半島の最高峰、天城山。日本百名山にも名を連ねる名山です。その先鋒である万二郎岳に登ったものの、、最高峰・万三郎岳への道は、ますます雪が深くなりそうです。行ける所まで行きましょうか。前方には馬の背、そして万三郎岳が顔を見せています。【万次郎岳出発 10:35】 下りの急斜面、、、なかなか難儀しました。岩、木、根っこ、、その上に雪。。。凍っちゃいないだけマシですが、とにかく滑るんです。時お…

続きを読む

初冬の伊豆半島、、、山と温泉【1】伊豆の最高峰、天城山へ、、、天城高原~万二郎岳(静岡県伊豆市)

カミさんが、11月の末に天城山に登ると言い出しました。夏前に計画した際には悪天候で中止していまして、要は、そのリベンジな訳ですね。で、でも、、、寒くない? 雪が積もっていたらヤバそうだし。。登山後に、温泉ホテルに泊まってバイキング?い、行きましょう!  早朝に東京を出発し、目指すは天城高原の駐車場。箱根から伊豆スカイラインに抜ける予定でしたが、十国峠付近は台風19号による被災で、いまだに通…

続きを読む

晩秋の安達太良山【5】下山路は、馬車道・旧道・あだたら渓谷自然遊歩道(福島県二本松市)

安達太良山(標高1700m、ロープウェイ利用。。)に登頂し、、、くろがね小屋でヒルメシも食った我が家。下山は、全て自力で降りる事にしました。小屋まで来てしまったらロープウェイは使えませんし。。ところが、、、くろがね小屋にはクルマの姿が!こ、これわ!! くろがね小屋から先は、狭いながらも林道チックな道でした。「馬車道」と呼ばれ、かつてはソレも通ったのでしょうか。しかし、関係者のクルマしか乗り…

続きを読む

晩秋の安達太良山【4】山頂から、くろがね小屋へ。ヒルメシはラーメン&おにぎり(福島県二本松市)

東北の名峰・安達太良山の登頂を果たした我が家。半分はロープウェイ頼みだったのはヒミツです。。乳首山(おっぱい山)と呼ばれる溶岩ドームからは、北に連なる安達太良連峰の山々と、その向こうには吾妻連邦の姿も見えました。何はともあれ、晴天に感謝です。 溶岩ドームの登り降りは一方通行で、すれ違い渋滞はありません。ハシゴ場はありますが、気を付ければダイジョーブ。とっとと降りて、くろがね小屋でメシにする…

続きを読む

晩秋の安達太良山【3】安達太良山、、、別名「おっぱい山」に登頂! (福島県二本松市、他)

福島の名峰、安達太良山(1699.6m)。日本百名山にも名を連ねる、ユニークな形の成層火山です。この秋は、登山の予定を何度も台風に吹き飛ばされ、、やっとこさ、文化の日の3連休に、ソレが叶いました。我が家にとっては、季節的に高山は厳しくなり、、、キャンプを絡めて楽しむべく、この山が選ばれた次第です。それでは参りましょうか。 山の斜面を、何やら丸いモノが登っていく?そうです。「あだたら山ロープ…

続きを読む

秋・会津2019【5】会津駒ケ岳から駒の湯へ。駒の汗は駒で流せ!(福島県檜枝岐村)

会津の最高峰、会津駒ケ岳(2133m)への登頂を果たした我が家。駒ノ小屋まで戻り、ソコでヒルメシを食べる所存です。サクっと食べて、夕方前には下山を終えたいところです。なにぶん、クマが出没する地域ですから。。【駒ケ岳山頂出発 12:24】 快適な湿原地帯を通り抜け、アッサリと駒ノ小屋に到着。小屋の前でクツロぐ人々は、ほぼほぼ小屋泊まりの人々で、13時のチェックイン開始を待っている状態でした。駒ノ…

続きを読む

秋・会津2019【4】会津の最高峰、会津駒ケ岳へ(福島県檜枝岐村)

「駒ケ岳」という山は日本中のアチコチにありまして、最高峰は甲斐駒ケ岳の2967m、、あと一歩で3000mにも届く高峰ですよ。我が家が敬老3連休で訪れた会津にも駒ケ岳があるんです。その名もズバリ「会津駒ケ岳」。標高は2133m、会津地方では一番高い山なんです。東北地方では尾瀬の燧ケ岳、夏に登った鳥海山に続くNo.3の標高で、日本百名山のメンバーでもあります。ぢゃあ、登っときましょうか。【登山開始 …

続きを読む