放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS カップラーメン紀行【6】板橋区「蒙古タンメン中本」編

<<   作成日時 : 2016/04/15 18:14   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

蒙古タンメン中本と言えば、、、、とにかく激辛がウリの店ですね。
イチオウは、(一般的な)辛いモノ好きなワタクシ。。
中本が誇る激辛の北極とか冷し味噌ラーメンとか、、、
一歩マチガエれば致死量を越えそうなヤツ(イメージです)も試してみましたよ。
もちろん、翌朝は(トイレで)生みの苦しみを味わいましたっけ。。
そんな中本のスタンダードナンバー「蒙古タンメン」のカップ麺を発見!
製造販売元は、日清食品です。
画像

カップは縦長のタイプで、具材も麺と一緒に最初っから入ってました。(↓の写真)
調理油だけが別袋になっていたものの、、、
基本的にはカップヌードルスタイルだと言えましょう。
具材にフリーズドライされた豆腐は入っているあたり、、
ホンモノの蒙古タンメンをキチンと再現しているあたりも嬉しいぢゃないですか。
もちろん、店で出てくるヤツはホンモノの豆腐ですよ。
画像

熱湯を入れて5分、、、、
完成したのがコチラです。(↓の写真)
予想していた真っ赤っかな感じでは無く、、、見た目は辛くは無さそうですよ。
さっそく食べてみると、、
なるほど、こんなモノかというレベルでした。
カップ麺の辛いヤツとしては、ペヤング激辛焼きそばに大きく負けてます。
そもそも、蒙古タンメンなるヤツは、、、
辛さNo.1の「冷し味噌ラーメン」、No.2の「北極」、そしてNo.3の「味噌卵麺」、、、
それらに比べたら穏やかな部類のメニューですもんね。
もちろん、相応には辛いですよ。ハヒハヒ。。
この位のほうが、辛さ以外の味わいも楽しめましょうし。
で、、カップ麺としての仕上がりは、、、、
けっして悪くは無いですよ。辛さは七難を隠すと言いますし。
さらに、ホンモノとの比較は、、、
ワタクシ、蒙古タンメンは未経験なので、ソレを食べてから結論を出したいと思います。。
画像

えっと、板橋で紀行ネタですか。。
厳しいですねぇ。仕事でもプライベートでも縁が薄い地域でしたし。。
ムリにコジツケれば、、、
そうそう、ワタクシが若かりし頃のハナシです。
当時、会社の上司が退職し、、小粋なバーを始めたんです。
場所は、東武東上線の常盤台駅の近く。
中本の本店がある、上板橋の隣駅ですね。
ある日、会社の同僚ら数名で、その店に行ってみようという話になりました。
シゴトが終わってから、ゾロゾロと東上線に揺られて辿り着いてみれば、、
ソコに、たまちゃんが居たんです。
浅草キッドの玉袋筋太郎ぢゃないですよ。
かつて同僚だった、たまちゃんという女の子です。
その店に行こうというハナシになった際、、、
誰かがカノジョにも声をかけたとの事でした。

たまちゃんは美人とは言い難いものの、、、、
ふわふわぽわぁんとした、何とも言えない雰囲気が魅力的なヒトでした。
物静かで、清楚なロングスカートが良く似合い、、、、
まるでポエムの世界に生きているような感じなんですよ。
行動も、ちょっとフワポワしているんです。
1人で海が見たくなったと電車で房総方面に出かけ、、、
辿り着いた海岸でふわふわぽわぁんと海を眺めたたまちゃん。
駅に戻る道が判らなくなり、1人で迷子になったんですって。
通りがかった自転車の男子高校生に道を聞き、、
そのまま二人乗りで駅まで送ってもらったそうなんです。
ロングスカートに麦藁帽子で、横座りで荷台に座るたまちゃん、、
夕陽に染まる海をバックに、カノジョを乗せた自転車のシルエット、、、、
実際の状況は判りませんが、まさにそんな光景が目に浮かぶんです。
ポ、ポエムな世界ぢゃないですか!

やがて、たまちゃんは、、、退職して実家に帰る事になったんです。
その数日前の事。
「カレーを食べに来ませんか?」
唐突に、たまちゃんからナゾのお誘いがあったんです。
1人暮らしのたまちゃんの部屋は、まさにオンナノコって感じながらも、、
やはり清楚な、カノジョらしい雰囲気でした。
「ナスが好きなんでしたよね? トッピングに用意しましたよ」
たまちゃんが作った手作りカレー、、、もちろんウマいです。
そして辛さよりも、ふわふわぽわぁんとした味わいが印象的でした。
食べ終えて、ほどなく
「駅までお送りしますね」
滞在時間は2時間程度、、、よく判らないヒトトキ、、、、
アレはいったい、何だったんでしょうか。

ハナシは常盤台の店に戻りまして、、、
とにかく、、、久々に姿を見せた、たまちゃん。
相変わらずのふわふわぽわぁんとした雰囲気に、なにやら安心しました。
店では、みんなで飲めや食えやのワッハッハァってな感じで盛り上がり、、
やがて、お開きになって、、再び東上線の車中の人々に。
その車内で、誰かが聞きました。
「たまちゃん、今夜はどこに泊まるの? もう実家には帰れないよね?」
「そうですね。オトモダチのところに泊まるんです」
そう言いながら、たまちゃんは、、、
決してふわふわぽわぁんとしていない視線を、ワタクシに送り続けていたんです。。

【その5】江戸川区船堀「大島」編
【その7】京都「新福菜館 本店」編

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
中本最辛!「北極の火山」、、レベル12(蒙古タンメン中本御徒町店・台東区御徒町)
激辛ラーメンと言えば、、中本ですよね。 中本の激辛メニューの代名詞的な北極ラーメンは、実は辛さナンバー2。 数値的には一番辛いとされるのが、冷し味噌ラーメン、、 ナンバー3の味噌卵麺だって、かなりキョーレツですよ。 そしたら、、、ソレを上回るメニューがあると言うぢゃないですか! それが「北極の火山」、、名前からしてもヤバそうです。 で、、、でも、、、試してみたい。。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/11/18 07:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カップラーメン紀行【6】板橋区「蒙古タンメン中本」編  放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる