放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS まかいの牧場でソーセージ造り。焼き物も。。(静岡県富士宮市)

<<   作成日時 : 2016/05/19 05:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 0

GW後半の3連休。
富士山麓の観光牧場「まかいの牧場」に出向きました。
漢字で書くと「馬飼野」。けっして「魔界野」ではありせん。
かつて、ココでクッキーやアイスクリーム造りにチャレンジした二人たち。
今回は、もっとムツカシいモノにチャレンジしてみました。
まあ、ダイジョーブでしょう。
前回の訪問より3年、、、、それなりに成長していますもの。
画像

牧場ですから、ウシ、ウマ、ヒツジ、ヤギなどに触れ合えます。
ヒツジとタワムれる長男坊。(↓の写真)
マナムスメは、、、ダメでした。。
この手の動物が全て怖いと言うのならば判りますが、、、
ヒツジは苦手でも、ヤギならば全然平気なんですって。
そのあたりの理由は、、全く理解できません。
画像

牧場のテッペン、、「海の見える丘アスレチック」にチャレンジするマナムスメ。(↓の写真)
ココにはヒツジは入り込めないので、思いっきり安心して遊べましょう。
眼下には駿河湾が一望でき、なかなかステキな環境ですよ。
画像

さっそく、体験教室にチャレンジです。
まずは「ものづくり工房」で、ネイチャークラフト。(↓の写真)
牧場内で入手できる木、木の実、ヒツジの毛などを使った、
ご自由にどうぞの工作です。(有償です。800円)
画像

始めに材料選び。(↓の写真)
チャレンジするのはマナムスメだけで、
長男坊はスーパーバイザー役ですね。
なかなかスナオに言う事を聞くマナムスメではありませんが。。
画像

部品の接着は、ロウを使います。
ソレをグルーガンで溶かして流し込み、、冷えれば接着する仕組みですね。(↓の写真)
やけどに注意! なのでスーパーバイザーが使い方を説明するも、、、
どこ見てんの、アナタ!
画像

完成したヒツジがコチラ。(↓の写真)
どうです? ヒツジに見えましょうか。。。
まあ、ゲージツ作品ですね。
ちなみに、、
作りモノなら、ヒツジもヘーキみたいです。
画像

続いて、、、陶芸工房で焼き物作り。(有償です。1300円)
コレには長男坊も参加しました。(↓の写真)
マナムスメは平皿、、、長男坊は茶碗にチャレンジです。
かつて初島で初挑戦した時と逆ですな。
画像

茶碗は、轆轤(ろくろ)で回転させながら形を整えます。(↓の写真)
けっこうムツカシそうですよ。
薄すぎるとヒビが入るし、厚すぎると材料が足りなくなって小さくなっちゃうし。
画像

皿は、麺棒のようなモノで伸ばして作ります。(↓の写真)
コチラはラクチンそうですが、、そうは簡単にいきません。
粘土細工のように部品を付け足したりすると、ソコから割れてしまうそうで、、
ひたすら伸ばすだけで形を整えねばならないんです。
画像

長男坊が仕上げた茶碗がコチラ。(↓の写真)
ワビサビ風に歪んでいますが、、、
狙った訳ではありません。要はヘタクソなだけなんです。
焼くと一回りほどサイズが縮むそうですので、、、、
果たして、茶碗のハズが小鉢になったりしませんでしょうか。
画像

マナムスメが仕上げた皿がコチラ。(↓の写真)
なるほど、ウシ形できましたか。
たいへん良く出来ました。けれど。。。
食洗機にセットしづらいなぁ。。

この後の色付けや焼き上げは、工房がやってくれまして、、
完成品の発送は、3か月後。
楽しみです。
画像

ヒルメシは、牧場内の屋台で済ませました。
だって、アレやコレの体験教室で時間が無いんですもの。
コチラは、肉巻きおにぎりドッグ。400円(↓の写真)
どこぞのB級グルメだそうです。
マヨネーズがビシっと似合い、、コレはイケていますね。
画像 画像

続いて、インドカレーとナン。(↓の写真)
富士宮の「インド料理 王様のカレー」という店が出店している屋台みたいです。
ナンはフツーのヤツとチーズナンが選べ、、、
小ぶりなほうがチーズナンですね。
これまた、なかなかイケていました。
画像 画像

そして、、、
食の体験工房で、ソーセージ作りです。(↓の写真)
コレも有償。1600円。
ちょっと値が張るものの、、、
この後に向かうキャンプ場では、ステキなツマミになりましょう。
画像

まずは、挽肉と調味料を混ぜ合わせます。(↓の写真)
それぞれ個々に用意されていますので、味付けはダイジョーブでしょう。
ちなみに、手でコネてはダメなんですって。
体温で肉が暖まり、脂分が溶けちゃうからだそうです。
途中で少しばかり水を足すのも、肉の温度を下げる為なのだとか。
画像

十分にコネた肉を、クリームの絞り袋のようなモノに入れ、、
コレをブタの腸に封入する訳ですね。(↓の写真)
その作業が、一番ムツカシいポイントなのだそうです。
画像

絞り袋の先端に、腸をセット。(↓の写真)
なんだか、明るい家庭計画に使うアレみたいです。
薄くて破れやすいので、、、、
キチンと先っちょに被せる作業に、多くの参加者が苦労していました。
画像

でもダイジョーブ!
美形インストラクターのオネェサンが、手取り足取り教えてくれますから。(↓の写真)
とっても、おジョーズです。
「シワにならないように被せてね。破れちゃったら困りますから」
ハイッ! 判りました!
画像

フクロを絞り、、、徐々に肉が詰まってきました。(↓の写真)
肉の入れ方が足りないと、フニャフニャになってしまいます。
あまりビンビンにしちゃいますと、、ねじる時にハチ切れてしまいます。
そのあたり、、キリンと硬さを確認しながら挿入しなければなりません。
画像

最後に、ネジリを入れて完成です。(↓の写真)
マナムスメは短めに、、長男坊はロングサイズに仕上げました。
長さは各自の好き好きでして、、、
もちろん、ねじらずに一本モノに仕上げるのも自由です。
オソロしく扱いづらいソーセージになりそうでうが。
画像

この後、工房側でボイルしてくれまして、、、、
完成したソーセージはコチラ!(↓の写真)
どちらもウマそうですよ。
ああ、キャンプ場での夜メシがタノシミ楽しみ。。わくわく。
画像

アレもコレもの体験を楽しめた二人たちですが、、、、
実は、ソーセージ作りは本人たちが進んで希望した訳では無く、、、
ワタクシからの要請でチャレンジしてもらったんです。
もちろん、喜んで参加してくれましたけどね。
だって、、、
クッキーやアイスではツマミになりませんですもの。
画像

参考:まかいの牧場 公式サイト
http://www.makaino.com/

ふもとっぱらキャンプ場編に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
爽快! ふもとっぱらキャンプ場(静岡県富士宮市)
GW後半の3連休は、富士山麓でキャンプ。 荒天が予想された初日は自宅で過ごし、 日程は1泊2日となってしまいましたがでしたが。。 テントを張ったのはコチラ! とにかく広さがウリの「ふもとっぱら」ですね。 多客期であっても、たいがい収まりきりますもの。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/05/20 05:46
美人の湯、、ヘルシーパーク裾野(静岡県裾野市)
GW後半の3連休(のうちの2日間)、、ふもとっぱらにテントを張り、、、 まかいの牧場やこどもの国を満喫しました。 やっぱり、トドメは温泉!  と言う事で、立ち寄ったのがコチラです。 公共系の立ち寄り湯で、別名は「すその美人の湯」なのだそうです。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/05/22 06:16
焼き物到着! From まかいの牧場(静岡県富士宮市)
GWに訪れたまかいの牧場で、陶芸にチャレンジした二人たち。 その作品が、予定より1月早く到着しました。 長男坊は茶碗を、マナムスメは皿を作ったのですが、、 果たして出来栄えは、、、、 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/07/01 05:35
山田牧場「レッドウッド イン」、、、雲上のゴチソウ(長野県高山村)
チームぽっぽや菅平キャンプの際に、、山田牧場まで遠征してみました。 神津牧場やまかいの牧場のような体験型の牧場ではありませんが、、、 スキー場やキャンプ場、温泉なんぞがあったりします。 ウリは、標高1500mを越える立地。 とっても涼しく、、、 この牧場の本来の目的は、牛の避暑地なんですって。 ...続きを見る
放浪者の平日
2016/07/24 10:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まかいの牧場でソーセージ造り。焼き物も。。(静岡県富士宮市) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる