放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 南三陸・島巡り【7】津波跡と不思議な廃墟、、、出島2(宮城県女川町)

<<   作成日時 : 2017/05/17 06:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

牡鹿諸島・出島の寺間港に上陸し、
出島港まで島を横断してきた我が家。
島を離れる船の出航時刻までは、まだ3時間近くありまして、、、
ならば、港の周辺をじっくり探索する事に。
何か、シヤワセなモノがあればイイのですが。。
画像

まず、目に入ったのは、、、
港の近くの集落跡に、デーンと構える石碑。(↓の写真)
ソレに刻まれた文字を読んでみると、、、
こ、これわ!
昭和3年3月3日、、昭和三陸地震の記念碑でした。
「大地震の後には津波が来る」
キッチリと、ソレが刻まれていました。
この碑に救われた方々が居たと信じたいですね。
画像

写真中央、記念碑の遥か後方に見える、赤い屋根が永清寺というお寺です。(↓の写真)
お寺のすぐ下まで波が到達し、、、、
そのあたりまで連なっていた集落があった地帯は、、、
ご覧のとおりの光景です。
画像

逆側、、、お寺から見た記念碑の方向がコレ。(↓の写真)
震災直後ではありませんよ。
その6年後、、2017年5月の写真なんです。
画像

お寺の直下に、「女川いのちの石碑」がありました。
ココまで津波が到達した証拠ですね。
お言葉は
「あの時の悲しみ苦しみ忘れない」
これまでに見かけた文学チック的な要素は無く、
かなりストレートな感想が刻まれていました。
画像

永清寺で、鎮魂の鐘をつく(フリをする)マナムスメ。(↓の写真)
勝手に突いたらウルサイですもんね。。
このお寺までたどり着けたかどうか、、、
出島で亡くなられた方は、25名だそうです。
画像

永清寺から、港とは反対側の海側に降りてみると、、、
なにやら、よく判らないガレキ地帯に出ました。
防潮堤に覆われたソコ、、、、
木造では無い建物が崩壊した跡なんです。(↓の写真)
津波で被災? もっと古いような気がします。 
波打ち際ギリギリまで基礎が打たれているのですが、
果たして、何があったのでしょうか。
画像

その場所に打ち上げられていた浮き球で、
ハンマー投げごっこをするマナムスメ。(↓の写真)
大小様々、そして色とりどりのソレが打ち上げられているのですが、、、
なんともキョーレツなヤツを見かけました。
画像

それがコレです。(↓の写真)
10m以上もある木の上に、ギチギチに引っかかっているんです。
風で飛んでくるモノではありませんし、
わざわざ人力で持ち上げるのは重機が要りましょう。
たぶん、津波の時に引っかかったんでしょうね。
海面が、あんなところまで持ちあがったとは。。
画像

よく判らない廃墟の、倒れた壁の上でヒルネするマナムスメ。(↓の写真)
宮戸島江島、そしてコチラ出島、、、
連日、(親の都合で)離島を歩かされてるので疲れたのでしょう。
ゴメンね。
でも、、、次の島では登山が待っているよ。
なので、、思いっきり休息するがよい。
画像

それにしても、、、海がキレイです。
海底にオワシマシますウニが、クッキリと見えるんですもの。(↓の写真)
どなたかのサイトで、島の民宿のバンメシ写真を拝見しましたが、
海の幸が満載で、ヨダレものでしたよ。
その民宿も、6月で廃業との事で、、、
島の宿泊施設は無くなってしまいます。
困ったモノです。
参考:そのブログ
http://dadebo.blog.fc2.com/blog-entry-202.html
画像

陸上に落ちていた、ウニの殻。(↓の写真)
ワタクシのシワザではありません。
勝手に獲ったら密漁ですもの。
今宵は、キッチリと売ってるウニを堪能しましょうか。
画像

なんだか震災報告だらけの出島報告になってしまいましたが、、、
それが現実なので仕方ありません。
2015年、仙台湾の浦戸諸島を訪れた際、、
3年も経って、この現状? などとオドロくばかりでしたが、、
それから2年、、、、、牛歩ですね。。
出島に関しては、橋の完成が復興を加速させてくれる事を祈るばかりです。
画像

【その6】上陸!寺間港、、、出島1に戻る
【その8】ホテル・エルファロ、、、トレーラーハウスに続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
南三陸・島巡り【8】ホテル・エルファロ、、、トレーラーハウスです(宮城県女川町)
我が家の2泊目の宿はコチラ。 女川のトレーラーハウスのホテル、、、エルファロです。 復興事業には作業員の宿泊施設が必須、、、 観光客の誘致も大事、、、その宿も要りましょう。 なので、トレーラーハウスの機動力を生かして、 2012年にオープンしたホテルなんです。 実は、我が家が宿泊した直後のGW明けに営業を終了し、、、 2017年8月、場所を女川駅の近くに変えて再オープンするそうです。 ...続きを見る
放浪者の平日
2017/05/18 07:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南三陸・島巡り【7】津波跡と不思議な廃墟、、、出島2(宮城県女川町)  放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる