放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ばんやの湯」で海鮮丼。海鮮茶漬に変身!(千葉県鋸南町)

<<   作成日時 : 2017/08/02 05:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

房総のマッターホルン・伊予ヶ岳登山の後、、、
ソコでかいた大汗を流しに、保田港の「ばんやの湯」にやって来ました。
漁協直営の食事処「番屋」の中の日帰り温泉で、
入浴後にヒルメシも食おうという作戦なんですよ。
クルマなのでビールが飲めないのが残念ですが、、
出来る限りのゴクラクを味わおうぢゃないですか。
画像

ココが番屋です。(↓の写真)
ばんやの湯は天然の温泉では無く、、
「ラムネ温泉」とも称する、人工の炭酸温泉です。
我が家は保田海岸での海水浴の後に、昨年、一昨年と利用しています。
画像

浴室は、こんな感じです。(↓の写真)
露天風呂とか展望風呂といったモノはありません。
湯船がいくつも並んでいるとか、、、ナシです。
炭酸は日本最大級の規模を誇る高濃度だそうで、
お湯の性質で勝負している感じでしょうか。
38℃という湯温がキモチよく、、
ノンビリ長湯出来るのがイイですね。
画像

さって、風呂から出たら、館内のお食事処に出向き、
遅くなったヒルメシを喰う所存です。
が。。。。
アレ? ずいぶんメニューがコザッパリしちゃったのですね。
「究極の湯上りメニュー」と題したソレを見ても、
海鮮丼と刺身定食しか無いぢゃないですか。。(↓の写真)
画像

番屋新館からの出前という形で、寿司は注文出来る模様です。
ただし、「湯上り寿司」1000円の1品だけ。(↓の写真)
鉄火巻き、納豆巻き、うめじそ巻き、かんぴょう巻きの文字もあるものの、
いずれも1000円単位。
1種類ばかり大量では持て余しますよね。
画像

番屋の敷地内には番屋本館と番屋新館の2軒のお食事処がありまして、
メシはソチラに集約し、ばんやの湯のメシ屋は縮小してしまった模様です。
前回の写真を見ても「漬け丼」や「イクラの切り落とし丼」など、イロイロ映っていますもの。
壁の黒板を見ると、かつてはメニューが豊富だった事を伺わせますね。(↓の写真)
「刺身」「煮物」「焼き物」のコーナーは、舌代がゼロ。。
「本日のおすすめ」も然りです。
画像

徒歩数十秒ですから、いったん外に出て本館や新館に向かえば良いのですが、、
やはり、風呂から出て座敷でゴロゴロして食べる、、
ソレを満喫する為には、ばんやの湯の少数メニューから選ぶ事にしました。
本館・新館はイス席みたいですし。
マナムスメは、「湯上り寿司」1000円をサビ抜きで。(↓の写真)
ウニとかイクラとか高そうなネタは無いものの、、
ニギリ6個に巻物4つ、玉子焼き、けっこう良心的な内容でした。
画像

ワタクシ、カミさん、、長男坊は、そろって海鮮丼1200円。(一番↑の写真)
正式名称は「1度で2度美味しい海鮮丼」。
どういう意味かと言いますと、、、
海鮮丼専用の出し汁が用意されていまして、(↓の写真)
半分くらい食べたら、ソレをブッかけて海鮮茶漬けにせよという仕組みなんです。
こ、、これは楽しそうぢゃないですか!
画像

出し汁は、麦茶のような色合いをしていまして、(↓の写真)
単独で飲んでみると、、、あらウマい!
魚っ気の味わいが効きまくりですって。
フツー、出し汁だけでは味が判りにくいものですが、
コレは、あえて醤油っ気で味を調えてある感じです。
でわ、海鮮丼の残りに突入させましょうか。
基本的に食べかけなので、一部画像を加工しています。
画像

出し汁が入った、海鮮茶漬けがコレ。(↓の写真)
新たな食べ物として完成! という解釈で、、、
画像は加工していません。ちょとバッチいですね。。
見た目はともかく、、、コレがンマいんですよ!
刺身の魚と魚の出し汁の相性が悪い訳が無く、、
酢飯の茶づけってのも残滓でイイですね。
最初っから海鮮茶漬けにしちゃってもイイくらいですよ。
でも、それでは海鮮丼のプライドを傷つけちゃいそうですね。。
画像

オヤクソクのように、デザートにアイスをムサボるマナムスメ。(↓の写真)
コレは、フロントで売っていました。
なお、海鮮丼や出前寿司で食べたりない御仁は、、
写真左奥の自販機を活用してくださいませ。
焼きおにぎり、焼きそば、たこ焼き、チャーハンなどが揃ってます。
本館や新館に行けばイイんですけどね。
画像

食事処からフロントに戻る廊下に、、、
コレはオドロキ! ウーパルーパーがオワシマシました。(↓の写真)
もちろんホンモノです。動いてます。
一時期、日清焼そばU.F.O.のコマーシャルで全国デビューしたものの、、
今となっては懐かしいの一言ですよ。
ウーパルーパーは本当の名前では無く、
「メキシコサラマンダー」というそうです。
サンショウウオの仲間なんですって。
メキシコの固有種で、湖に生息するイキモノとの事なので、、、
保田漁協との関係は、、、、、判りません。。
画像

ばんやの湯 公式サイト:
http://www.banya-grp.jp/bath/

房総のマッターホルン・伊予ヶ岳【2】登頂編に戻る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ばんやの湯」で海鮮丼。海鮮茶漬に変身!(千葉県鋸南町) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる