放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋葉原拉麺劇場【4】四川麺匠 炎(千代田区外神田)

<<   作成日時 : 2017/08/08 05:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

が撤退してしまい、寂しさ2/3だったアキバのラー劇でしたが、、、
7月末に新店が誕生し、またまた3店フル稼働状態に戻りました。
今度の店は四川系、、激辛路線みたいですね。
さっそく、ヒィヒィ言わせてもらおうぢゃないですか!
それでなくても汗ダラダラな日々なんですけどね。。
画像

屋号は「四川麺匠 炎」、、、、「しせんめんしょう えん」と読みます。
しかし、、「匠」だなんて、、、
ソレはヒトサマから崇められる称号であって、
自分から名乗るなんてワタクシはハズカシく感じます。
「ワタクシは名人です!」なんて言ってるのと同じですもの。
で、メニューはこんな感じです。(↓の写真)
四川風黒ごま坦々麺、、、コレがイチオシでしょうかね。
汁アリと汁ナシがあって、どちらも850円です。
あとは「マーラー麺」、「マーボー麺」、、、辛そうでステキですよ。
「豚の角煮麺」や「牛すじ麺」なんてのもソソられますね。
イマドキは外せない、巷で流行りの「台湾風まぜそば」もキッチリとメニューにありました。
なんだか孤立している感じの、塩チャーシュー麺もイイですね。
ソレが唯一の800円未満(750円)ですし。
画像

ワタウシが選んだのは、「四川風黒ごま坦々麺」850円。(↓の写真)
やっぱり、クソ暑い夏はコレぢゃないですか?
サービスの大盛りで、なかなかタクマシきサイズのドンブリです。
流行りのパクチー系も、ぬかりなく使われているんですね。
スープをススってみると、、、
か゛ら゛い゛で゛す゛う゛。。。。。。
生命のキケンを感じる程のソレではありませんが、
思った以上にコシが入った辛さですね。
ちなみに、コチラの辛さは
マーラー麺>坦々麺>マーボー麺
なる順番の模様です。
画像

主導権は唐辛子と花椒っけが握り、ゴマっけは追いやられている感があります。
挽肉の量も控えめで、そのあたりは坦々麺っぽくないように思えます。
太くてやや平べったい麺も、コシの感じがラーメンというよりもうどんっぽく、
どこぞの名物の激辛うどん、、そのようなモノを食べている感覚になってきました。
そんな感じなので、、やや食べ飽きてきまして、、、
大盛にしたのを少しばかり公開もしてしまいました。。
セルフのザーサイと唐辛子、(↓の写真)
キミタチの活躍がアリガタかったです。
画像

箸袋の裏を見ると、、、、
「萬福飯店」「萬福餃子房」「福園」、、2種類の屋号が書かれていました。(↓の写真)
なるほど、コチラは飯田橋界隈に展開する中華屋さんの系列で、
「麺匠 炎」なる屋号は、ラー劇専用に設けたソレですな。
それで店名に「秋葉原店」といった文字が入っていないのでしょう。
画像

とにかく、3店揃って良かったですよ。
やっぱり選択の余地は多いほうが嬉しいですって。
ヘンな空きが無いほうが、眺めもイイですよね。(↓の写真)
一番個性的だった「凪」がオカクレアソバシたのは残念ながら、、、
コチラはコチラで、ウリの辛さで頑張ってくださいませ。
次回があれば、マーラー麺でノタウチまわってみたいと思いますです。
画像

店舗情報:
https://ramendb.supleks.jp/s/102000.html

【その1】すごい煮干ラーメン 凪 秋葉原UDX店≪閉店≫
【その2】らーめん 二男坊 秋葉原店
【その3】麺処 直久 秋葉原UDX店

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋葉原拉麺劇場【4】四川麺匠 炎(千代田区外神田) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる