放浪者の平日

アクセスカウンタ

zoom RSS 野島公園キャンプ場2018【2】野島掩体壕と伊藤博文別邸(横浜市金沢区)

<<   作成日時 : 2018/06/03 07:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

今年も、GW明け恒例の野島キャンプが終わりました。
これで日常に戻るのね、、などと嘆きつつ、、、
今年は、もう少しだけココに留まらねばなりません。
だって、、
よーたんが、昼前の11時頃にやっと到着したんです。
このまま解散したら、あまりにもムゴいぢゃないですか。
画像

本隊は、すでに撤収が完了しています。(↓の写真)
野島キャンプ場は駐車場とサイトとが離れていますのでリヤカーは必須。
備え付けのヤツがありますので、ご活用くださいませ。
もちろんタダです。
ただし、設営や撤収が集中する時間帯には不足気味になりますが。
画像

という訳で、よーたんと共に島内を散策してみる事になりました。
島の中央には野島山(標高57m)がデーンと構えているのですが、、
その中腹に、ナゾのトンネルがあるぢゃないですか!(↓の写真)
やたら平べったく、閉鎖されていますが、果たしてその正体は?
画像

コレは「野島掩体壕(えんたいごう)」というモノの残骸。
第二次世界大戦中、飛行機を敵の空襲から守る為、
海軍がココに掘った巨大防空壕なのだそうです。
東西方向に貫通していまして、その長さは260m。
幅は最大で20mとの事です。
ココに何機が隠せたのか判りませんが、
焼石に水だったように思えます。
ちなみに、、
実際には使用開始前に終戦を迎えたんですって。
画像

おっと、島に砂浜があったのですね。(↓の写真)
野島海岸といいまして、横浜市では唯一の天然の砂浜なのだそうです。
という事は、、、
対岸に見える八景島は、島自体が人工島なのは知っていましたけれど、
潮干狩りのメッカ・海の公園の砂浜も人工浜だったのですか。
これはオドロキです。
画像

伊藤博文邸に着きました。(↓の写真)
正式名称は「旧伊藤博文金沢別邸」と言うそうです。
玄関前でタワムレる、よーたんんとマナムスメ。
中にも入れますよ。無料です。
画像

建造は明治31年(1898年)。
2007年に解体・調査され、2009年に復元されたそうです。
ココは調理場。(↓の写真)
2つの丸い穴が、今で言うコンロにあたる訳ですね。
当然ながら、IHではありません。
画像

トイレはこんな感じです。(↓の写真)
木製の和式。右はオトコ用の小便器です。
ウォシュレットはついていません。
ご自分でケツをお拭きになられたのですな。
画像

ここは浴室。(↓の写真)
ずいぶん大きな浴槽です。
伊藤博文はお妾さん(愛人)が掃いて捨てるほどいて、
「帚(ほうき)」というアダナをつけられたほどなんですって。
きっとこの浴槽にも、お妾さんと一緒に入りやがったのでしょう。
困ったものです。
画像

海を望む広い縁側、、、キモチよさそうですね。(↓の写真)
ココが旅館だったなら、相当な宿泊料になりましょう。
明治天皇も遊びに来られたそうです。
今だったら警備がタイヘンな事になるんでしょうね。
画像

この別邸で、面白いサービスがありました。
自慢の客間で、抹茶と菓子を楽しめるんです。(↓の写真)
コレは無料ではありません。
1セット600円になります。
画像

抹茶は、思いっきり泡だっています。
きっと本格的なのでしょう。よく判りませんが。
シブさニガさは全く無く、マナムスメもキモチ良く飲んでいました。
画像

イニシヘのエラい人たちがクツロいだ絶景の部屋で、
ずいぶん優雅な思いをさせていただきました。
これで600円ならば、けっして高くないのかもしれません。
キミたち、貴重な体験をしましたね。(↓の写真)
画像

ぴかたんも、抹茶と菓子を欲しました。(↓の写真)
カノジョの場合、情緒とか優雅とかは関係なく、、
オネイサンたちが食べていたオヤツが欲しかっただけでしょう。。
よろしい。キッチリと味わうが良い。
背後から迫る変質者には、くれぐれも気をつけるのだよ。
画像

これが、野島の概略図です。(↓の写真)
3方向を陸地に囲まれていますが、、天然の島なんですよ。
赤い丸が伊藤博文別邸で、南東面がキャンプ場ですね。
伊藤博文別邸の公式サイトはコチラです。↓
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/park/nojima/hakubuntei/outline.php#
画像

【その1】大漁! ヘンなモノ。。に戻る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野島公園キャンプ場2018【2】野島掩体壕と伊藤博文別邸(横浜市金沢区) 放浪者の平日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる