ビッグサイト青海展示場で、木久蔵ラーメンと遭遇!(江東区青海)

シゴト関係の展示会を見学すべく、東京ビッグサイトに向かいました。もう通いなれた場所ではありますが、、、、現在、東京オリンピックの関連で東展示場が使えず、仮説の青海展示場というのがオープンしているんです。ソコに立ち入るのは初めてなので、ちょっぴり楽しみなワタクシでした。 既存のビッグサイトから青海展示場へは、無料の巡回バスが運行されているとの事でした。さっそく、その乗り場に向かってみると…

続きを読む

オヂサンの街の裏路地で、本格的な長崎チャンポンを喰らふ(長崎街道・港区新橋)

ビッグサイトでの展示会に向かう途中、、、、ゆりかもめに乗り換る新橋で、ヒルメシを食う事にしました。久々の新橋ですから何を食べようか迷いつつ、、、とある店の存在を思い出したんです。そうだ、長崎に行こう!そこで、ちゃんぽんを食べようぢゃないですか。 オヂサンが集う駅前のSL広場を抜け、狭い狭ぁい裏路地へ。このような所に長崎がある?そうなんです。あるんですよ、長崎が。 思いっきり怪しげ…

続きを読む

雪はあるのか2020裏磐梯【番外編】オミヤゲは、にんにく辛子味噌とナゾのサイフ。。

成人の日の3連休は、裏磐梯でスキーでした。ご覧の通り、猪苗代町の市街は地べた丸見え状態で、例年にない雪不足が体験できた!!と、、ブログには書いておきましょう。。今回は、お土産も貧弱です。。 我が家が必ず買うのは、にんにく辛子味噌です。ラーメン、チャーハン、餃子、炒め物、、、何にでも合っちゃう、万能調味料なんですよ。主な製造元もこんなにあります。これで全部ではありません。会津地方では定番…

続きを読む

雪はあるのか2020裏磐梯【7】喜多方インスパイア、、「ガリミソ」(喜多方ラーメン来夢 猪苗代店・福島県猪苗代町)

成人の日の3連休。今シーズンの積雪の少なさは記録的で、、、磐梯山の周辺では、複数のスキー場がオープン出来ない有様でした。猪苗代町の市街から眺めた猪苗代スキー場も、ゲレンデの下部は無雪状態ですね。我が家は、イチオウはスキーを楽しめましたから喜多方ラーメンでも食べて、とっとと帰りましょう。 喜多方まで出向くのは時間がかかりますので、おなじみの、来夢 猪苗代店で食べましょうか。かつて、シゴトで何…

続きを読む

雪はあるのか2020裏磐梯【6】スキーの後は天ぷらまんじゅうと温泉!、、中ノ沢温泉ボナリの森(福島県猪苗代町)

沼尻スキー場を後に、、、向かったのは、中ノ沢温泉の日乃出屋。名物、天ぷらまんじゅうを食べる為です。そもそも、この日の行動は、、、まんじゅうが主役で、スキー場がオマケだったんですよ。ソレはソレとしまして、、食いましょう! 天ぷらまんじゅうを! これが、天ぷらまんじゅうです。よくあるタイプの温泉饅頭を、天ぷらにしたモノですね。右上が「つぶあん」、右下が「こしあん」、、そして左は、新製品の「芋あ…

続きを読む

雪はあるのか2020裏磐梯【5】日本最古の現存スキー場、、、沼尻スキー場へ!(福島県猪苗代町)

この地域に、日本最古のスキー場があるのです。五色温泉スキー場(山形県・1911年)が先にオープンしていますが、、「現在でも営業しているスキー場」に限れば、コチラ沼尻が一番古いんですって。1915年、、、大正4年の出来事なのだそうです。 4年前、箕輪スキー場で滑った後、、温泉を求めて、中ノ沢温泉に辿り着いたんです。その温泉街で出会った天ぷらまんじゅうがすっかり気に入りまして、この地域に来るた…

続きを読む

雪はあるのか2020裏磐梯【4】お宿は、、おなじみ「リゾートインみちのく」です(福島県北塩原村)

成人の日の3連休。今回の宿も、おなじみのリゾートインみちのくです。ゴチソウと露天風呂が自慢の民宿ですね。我が家にとっては、リーズナブルなのもアリガタく、、今回で6回目の宿泊になりました。 宿の場所は、五色沼の入り口からグランデコに向かう道沿い、秋元湖と小野川湖に挟まれた、赤矢印のあたりです。奥が猪苗代湖、その手前が磐梯山、一番手前が檜原湖ですね。この鳥瞰図は南北が逆転していますので、お間違…

続きを読む

雪はあるのか2020裏磐梯【3】星野リゾート猫魔スキー場、、、、スノボ編(福島県北塩原村)

成人の日の3連休。裏磐梯の猫魔スキー場で滑る2日目。未明にキモチばかりの積雪がありまして、、、これは新雪を滑れると、大喜びのカミさん。ソソクサとクルマに乗り込み、スキー場に出向いたのでした。 さっそく、スキーを履いて、、、、って、、、あれ? マナムスメさん、、、、アナタが手にしている、その小粋な板っきれは何? もちろん、、スノーボードです。新雪が降ればボード!逆に、、、新雪が無き…

続きを読む

雪はあるのか2020裏磐梯【2】星野リゾート猫魔スキー場、、、、ゲレ食編・猫魔食堂(福島県北塩原村)

ヒルメシのゲレ食も、スキー場での楽しみの一つですよね。観光インフレ価格である事は避けられませんけれど、、、シュチュエーションも大いに手伝ってか、たいがいウマいですよ。でも、、、コチラ猫魔スキー場の唯一の食事処である猫魔食堂は年々、メニューがショボくなっているのが気になります。。 数年前に比べて、、だいぶメニューが減りました。今ではカレー4種、ドンブリが4種、ラーメン、以上です。。カレーは、…

続きを読む

雪はあるのか2020裏磐梯【1】星野リゾート猫魔スキー場、、、、スキー編(福島県北塩原村)

成人の日の3連休、、我が家は年末に続いてスキーです。年末の志賀高原では雪不足でエラい目に遭いましたが、、果たして、裏磐梯の状況は如何に?表磐梯のスキー場は、軒並みオープン出来ない状態でしたけれど、我らが猫魔スキー場は、ほぼ全面オープンとの事で一安心。やれやれ。。 なぜ猫魔スキー場には雪があるのか、、その位置関係を見てみましょう。中央の茶色いのが磐梯山です。稜線伝いに左に辿ると、隣の山が猫魔…

続きを読む

二人たちのランチデートは「カフェピノ」、、、続いて「汐彩」。。(江戸川区瑞江)

学校が冬休みに入ると、弁当や給食は無くなりますよね。長男坊のヒルメシは、テキトーに外食または買い食い、、、マナムスメは、親が作り置くオカズで、自宅ボッチめし、、それが日常となるんです。そんな冬休みのある日、、、、マナムスメが「お昼ごはんに、行ってみたい店がある」と言い出しまして、、一人ではナニなので、長男坊と行かせてみました。 どこに行きたいのかと思ったら、、、、鎌田小学校の近くの「カ…

続きを読む

本枯中華そば 魚雷で稲庭中華そば。そして、こんにゃくえんま様(文京区小石川)

魚雷、、、なんだかタダナラぬ屋号ですが、、文京区・春日駅の近くの人気ラーメン店です。ビシバシと効いたカツオ出汁がウリでして、、、、そのあたりを魚雷で表現したのでしょうか。健康診断(の再検査。。。)の為、店の近くまで行きましたので、そのついでに立ち寄ってみました。 店先で、まず目を引くのは、、軒上に、デーンと掲げられた魚雷ですよ。もちろんハリボテでしょうけれど、なかなかの威圧感です。ぶるぶる…

続きを読む

雪不足の志賀高原 2019~20【番外編】山ノ内町の町民食、、サバタケを食べてみました。(長野県山ノ内町)

年末年始を過ごした志賀高原のオミヤゲ編です。これ何だかお判りでしょうか。ソバはフツーのソバです。東京で買いました。この場合の主役は、漬け汁なんですよ。その正体は、、、、 道の駅「北信州やまのうち」で買ってきた「サバタケ」の缶詰です。サブタイトルに「北信州 山ノ内町の町民食」とあります。このあたりの特産である「根曲がり竹」の筍と、サバとを煮込んだ汁、、、これを味噌汁として食べるのが山ノ内流な…

続きを読む

雪不足の志賀高原 2019~20【5】シメは今年も渋温泉・天川荘、、、、、ゴチソウで年越し。。

志賀高原でのスキーをした後は、、、例年通り、渋温泉に降りてきました。温泉街の天川荘で、年越し宴会をする為ですね。我が家は、7回目の参加になります。今年も雪の露天風呂にシッポリと浸かり、ゴチソウを食べながら新年を迎えようぢゃないですか。 部屋は、こんな感じです。落ち着いた感じの純和風、、、決して豪華・金ピカ・成金仕様ではありませんですよ。コタツがあり、その上に置かれたお茶と温泉饅頭、、もうそ…

続きを読む

雪不足の志賀高原 2019~20【4】最終日は奥志賀スキー場へ。そこで待っていたものは、、、、

2019年最後の日。我々が目指したのは奥志賀スキー場です。我が家の二人たちも大好きなゲレンデで、オヤヂどもが、伝説の奥志賀チキンレースを演じた聖地でもあるんです。滑り終わったら、そのまま志賀高原から離れますので、宿泊先の発哺温泉から奥志賀スキー場までは、クルマで移動する事にしました。 「エエッ! ずっと滑っていくのが奥志賀の楽しさなのに。。」マナムスメさん、ならばソレでもイイのですよ。付け…

続きを読む

雪不足の志賀高原 2019~20【3】雪を求めて中央エリアへ。寺小屋、一ノ瀬、焼額、高天原、東舘、西舘、、

志賀高原での年末スキーの2日目。前夜から「チームぽっぽや」の本隊とも合流し、この日から、やっとオープンした寺小屋スキー場からのスタートです。たまゴンドラを降り立てば、、、、ややや、案外と雪があるぢゃないですか。 所々にブッシュが出ていたりするものの、、ソコさえ気を付ければ大丈夫。ならばと、寺小屋から一ノ瀬ファミリー、一ノ瀬ダイヤモンドと渡り、、、中央エリアを脱して、焼額山に移動しました。ゴ…

続きを読む

雪不足の志賀高原 2019~20【2】今年の宿も、発哺温泉の岩菅ホテル。雪は無くともゴチソウは有るぞ!

年末の志賀高原でのスキー。横手山を下り、、、その枝葉のバーン、クイーンゲレンデへ。ワタクシ的には、高校のスキー教室での特訓場となった、熊の湯と共にナツカシのバーンなんですよ。いまだにボードを締め出した、スキーオンリーのバーンでもあります。今や貴重なシングルリフトも珍いですよね。 残念ながら下半分のリフトしか動いていなかったものの、、林間に踏み入って深雪に挑むマナムスメ。カノジョにとっては、…

続きを読む

雪不足の志賀高原 2019~20【1】唯一の全面オープン、熊の湯スキー場へ

この年末も、志賀高原でスキーを楽む事になりました。ずっと通っていると、雪が少ないシーズンにも当たりますが、、今シーズンは、超ド級のソレだったんです。慌てて行っても雪が無いので、予定よりも1日遅れの29日発としたものの、、その時点で、東舘、西舘、タンネ、寺子屋、ブナ平、ジャイアント、渋峠は未オープン。その他のゲレンデも、一部オープンが精一杯。。果たして、どうなりましょうか。。 向かったの…

続きを読む

七草粥2020、、、今年は純正お粥でした。

正月の飲み食いで疲れた内臓を休めるのが、七草粥と言われます。我が家も例外ではなく、イブクロをイタワりましょう。我が家は、ここ数年、、お粥ではなく七草雑炊にする事が多かったです。前日の鍋の残り汁を利用して、雑炊に作り変えるわけですね。でも今年は、純正お粥になりました。 七草は例年どおり、スーパーで売ってるセットもの。せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ。イチオウ…

続きを読む

2020正月、、令和最初の初詣【5】トリは大物、、、神田明神は大混雑(千代田区外神田)

アレやコレやと続いた初詣。。トリを務めるのは、神田明神となりました。シゴト初めの日に、カイシャぐるみで参拝する訳ですね。朝早く、集合場所の随神門を目指すと、、、、、神田明神の前の中山道を警察車両が封鎖し、早くも通行止めになっていました。 随神門に向かう参道は、ズラっと露店が並ぶんです。もはやお祭りの様相ですね。参拝するのはサラリーマンが殆どですので、果たして、バナナチョコは売れるのでし…

続きを読む