秋・会津2019【1】田子倉ダムと只見ダム(福島県只見町)

敬老の日の3連休。我が家は、今年も南会津を目指しました。「第22回豊田組林道祭り」への参加が主目的ではありますが、観光や登山と絡めるのも例年通り。早朝に東京を発った連休初日は、、、只見町にある田子倉ダムにやって来ました。 田子倉ダムは、高さ145mの重力式コンクリートダムで、貯水量は徳山ダム(岐阜)、奥只見ダム(新潟)に続く日本3位。日本のダム百選にも名を連ねています。なぜ、ココの観光を選…

続きを読む

2019夏休み【番外編】お留守番、長男坊の食生活。。

家族3人で東北・登山の旅を満喫している最中、、、長男坊は一人で留守番・おベンキョーの日々でした。実は羽を伸ばしていただけかもしれませんが、その間、何を食べたのかを写メで報告してきました。どれどれ、果たしてどんな食生活だったのでしょうか。「 」内は、写メに添えられた文言です。 まずは、みんなが家を出た8月10日の朝。(↑の写真)「チーズがかかったご飯と味噌が溶け込んでる汁物」白メシにチーズを…

続きを読む

アキバで見かけた変わったクルマ

神田明神の境内の片隅に、このようなクルマが停まっていました。「KEIRIN補助車両」とありますね。絵の感じからしても、「KEIRIN」は公営ギャンプルの競輪でしょう。それの補助車両?中には自転車のパーツとか工具とかが満載されているのでしょうか。 いえいえ、そういうクルマでは無さそうです。「消化器検診車」とありますもの。バリウムを飲まされて体をグリグリと回される、あのクルマですな。そのクルマ…

続きを読む

マ、マチガイですよね? コレは。。 (その18)鏡とメダカとカモメと祭り

これは、床屋さんの鏡を見たところです。ソレに写る文字、、、、あれ? なんで鏡文字になっていないのでしょうか?フシギです。ナゾです。世の中に、反転しない鏡というモノがあるそうですが、まさか、コレがソレ? そんな訳がありません。リバーサルミラー(反転しない鏡)なんぞを使ったら、高くつきそうですし。正解は、、、店の窓に貼ってある文字が映り込んでいたんです。この文字、外から正しく見えるようになって…

続きを読む

行徳ラーメン街道のJ系「麺屋 本日も晴天です」、、辛味噌もあります。(千葉県市川市)

浦安・行徳バイパス、、通称「ラーメン街道」。ソコにJ系ラーメンの新店「麺屋 本日も晴天です」が誕生し、気になりつつも、すでに3年も経ってしまいました。直線距離は近いのに、旧江戸川を渡る橋が無く、、なかなか行き辛い地域なんですよ。せっかく、メニューに味噌や辛味噌もあるのに。。 やっと、訪問のチャンスが到来したんです。この日、マナムスメは小学校のお祭りで土曜登校&給食。カミさんは祭りのお手伝い…

続きを読む

小学校の夏祭り2019

マナムスメの通う小学校の夏祭り。6年生のマナムスメは、今回が最後のソレになります。もちろん来年以降はOGとして見に来る事はできますけどね。頑張って、有終の美を飾りましょうぞ。 6年生にもなりますと、親と行動なんぞしたがりません。オトモダチと連れ立って、模擬店でヒルメシを食べるんですって。メシ代が欲しい? いくら?「1500円!」そ、そんなに食える訳がないでしょうよ!PTAのオトォサンが作る…

続きを読む

お役所内の展望食堂、、、ウマ安い!(港区港南)

シゴトで、湾岸沿いの役所に行ってきました。猛暑の中、殺風景な町並みを歩き、んもぉ、ソレだけで汗ビッショリですよ。とっとと終らせて、とっとと帰りましょう。 そのお役所の前には、このようなモノが。。「第一芝浦丸」とありまして、イニシヘのタグボートですね。大正15年に建造され、昭和49年に廃船となったとの事です。50年も働いたのですね。お疲れ様です。 お役所の敷地からは、レインボーブリッジ…

続きを読む

カップラーメン紀行【19】我が家の2019夏、、、お山で食べたカップ麺

我が家の夏休みは、東北地方の山登り。その際に食べたカップ麺をご紹介いたします。お手軽キャンプ(車中泊)の時には、とても便利なゴチソウですよ。今や、イロイロなラーメンが選べますし。 まずは、羽黒山の隋神門前駐車場にて車中泊した際の朝ゴハン。カミさんが食べたのは、、、沖縄そばです。カップ麺での沖縄モノは、初めて見ましたよ。「しむじょう」という、沖縄そばの有名店とのタイアップ商品です。製品名は「…

続きを読む

台風15号襲来! アキバまでワープしてみたら、、、、

台風の中の出勤、、昨年の台風24号以来ですね。あの時は、新宿線の迂回で乗った総武線でスシ詰めとなり、しかも長時間乗車でエラい目にあいましたっけ。今回の15号は威力が違います。歴代級の強風が吹きまくった模様で、、近隣の住宅の屋根の一部がモゲて、我が家に飛んできましたもの。なのにカイシャに行かねばなりません。やれやれ。 我らが都営新宿線は、新宿~大島間は平常運転で、地上部分のある大島~本八幡間…

続きを読む

山中湖平野温泉 石割の湯、、、石割の汗は石割で流せ!(山梨県山中湖村)

石割山(1412m)登山で、ひと汗かいた我が家。下山後は、温泉に浸かって帰るのがキモチ良いですよ。山中湖界隈の温泉ですと、山中湖温泉 紅富士の湯がオナジミですが、登った山の名を冠した「石割の湯」ってのもあるぢゃないですか。ならばと、ソコを目指してみました。 石割山の登山口から2km足らず、、、、クルマで、わずか5分で到着しました。石割の湯は、山中湖村が運営する日帰り温泉。入浴料は800円、…

続きを読む

富士山の展望台、、石割山へ!(山梨県山中湖村・忍野村・都留市)

マナムスメの願いを叶えてネコペンションに泊まり、、カミさんの希望にも応じて山登りもする。。。そんな週末を迎えました。ネコペンがあるのは河口湖ですので、山の候補は、御正体山、御坂山塊、毛無山などが候補に挙がりましたが、結局、山中湖畔の石割山(1412m)に決まりました。 石割山は、平野の登山口から登れば山頂まで1時間15分というお手軽さ。マナムスメの学校行事で土曜日は使えず、、、日曜の昼頃か…

続きを読む

3年ぶりの「ねこペン」、、健康開運温泉ブルーポピー(山梨県富士河口湖町)

ブルーポピーは、河口湖プチペンションビレッジの中にあるペンションで、。ネコや小型犬と一緒に泊まれる事がウリなんです。また、ペットがいなくても、、このペンションには8匹の接待ネコがいまして、宿泊客を癒してくれるんですよ。我が家のマナムスメ&カミさんはソレが大好きでして、、「ふじてん」でのスキーと絡めた3年前以来、4回目の訪問となりました。 マナムスメの学校行事の関係で、到着したのは夜。この宿…

続きを読む

2019夏休み・総集編【鳥海山の部】

我が家の夏休み。出羽三山と抱き合わせでチャレンジしたのが、こちら鳥海山です。オマケのような書き方ですが、、、登山としては、鳥海山のほうが数段格上です。標高2236mは、東北地方No.2の高峰ですし、ルートの難易度、求められる健脚度も上回りましょう。果たして、ヘタレな我が家が山頂に立てましょうか。。 ●3日目(8/12)登山口の鉾立に向かう途中のヒトコマです。秋田およびその周辺ではオナジミの…

続きを読む

2019夏休み・総集編【出羽三山の部】 

今年の夏休みは6日間。日程をフルに使って、東北の山を目指す事になりました。まずは、カミさんが希望した出羽三山。さらに、せっかく出向くならばもう一山、、と言う事で、鳥海山を選びました。鳥海山は、ヘタレの我が家にとっては厳しそうで、、果たして無事に登頂できますやら。 ●1日目(8/10)朝早くに東京を出発し、、大回りして渋滞を避けながら、「道の駅チェリーランドさがえ」に到着。ココでヒルメシ…

続きを読む

おみやげ菓子、、どれがウマい?【6】(三重・韓国・伊豆・東京・兵庫)

誰かしらが出張先で買ってくる、お土産菓子。そのシリーズも5回目になりました。テキトーかつ場当たり的なシリーズですので、同じものが登場しましてもご容赦くださいませ。これは、三重限定とある「松阪牛せんべい」。ホントに松坂牛を使っているとアピールしていますが、正直、、、味わいでは判りません。。 これは「かにせんべい」と「たこせんべい」のセット。どこのオミヤゲだか判らなくなってしまいました。他のシ…

続きを読む

高校生・長男坊の弁当【27】マナムスメの夏休みランチ・その2

今年から、すくすくスクール(学童)に行くのを止めたマナムスメ。夏休み中のヒルメシは自宅で食べる事になりまして、カミさん作、週に2回はワタクシ作、、、作り置きのランチを自宅で一人で食べる事になっています。これは、ワタクシか作ったハンバーグランチ。何だか、お子様ランチ風ですね。。 これは、カミさんが作った冷やしうどん。ううむ。やっぱり、トォチャンランチとは出来が違いましょう。。マナムスメが要求…

続きを読む

2019夏休み・鳥海山編【6】最終回・・旅の打ち上げは「鳥海温泉 あぽん西浜」と「とりみ亭」

鳥海山を降りた足で向かったのがコチラ。鳥海温泉あぽん西浜、、鳥海山の汗は、鳥海山で流さねばなりません。2日前に訪問した際は、海水浴客が溢れていて退散しましたが、13時過ぎですから、まだ皆様は海で泳いるハズですって。その隙を狙って、風呂へGO! あぽん西浜は、山形県遊佐町にある公共系の立ち寄り温泉です。400円は良心的ながら、大広間を使のであれば610円になります。我が家は、使わないからダイ…

続きを読む

2019夏休み・鳥海山編【5】さらば鳥海山。下山は外輪山巡り

朝、山頂御室小屋を出発し、七高山に向かった我が家。そのまま外輪山を伝いながら下山するツモリです。その為には、、、立ちはだかる外輪山の内壁を登らねばなりません。少しばかり下って大雪渓の脇を抜け、、、さあ! 頑張りましょう!【御室小屋出発 6:36】 コレが外輪山の壁。キケンがアブナい難所、、、という程ではありませんが、下るのは、相応に気合が必要かもしれません。とにかくガレガレなんです。 …

続きを読む

2019夏休み・鳥海山編【4】お泊りは、山頂御室小屋、、、影鳥海、出現なるか?

鳥海山(新山)の登頂を果たした我が家。予定通り、そのまま山頂御室小屋に泊まります。健脚者なら下山してしまう所でしょうけれど、、泊まる事によって、山頂ならではのオタノシミを満喫する所存です。それにしても、、、よくぞ、こんな険しい所に小屋を作りましたね。。外輪山から御室小屋を眺めると、、、まさに岩場のハジッコにヘバリついてますよ。 山頂御室小屋は鳥海山大物忌神社が運営する宿泊施設で、オフィシャ…

続きを読む

2019夏休み・鳥海山編【3】最高峰・新山(2236m)は岩だらけ。。

鳥海山への登頂を目指し、千蛇谷の雪渓を渡る我が家。異様に涼しく、ココまでの汗だく登山がウソのようですよ。雪上に張られたロープを目印に、ソロリソロリと雪渓を横切ったら、そこからは、「もう登るしかない」急登が待っています。。 大きな石と言いますか、、小さな岩と言いますか、、そんなのがゴロゴロっとした道が、ひたすら続きました。御室小屋のスタッフが「(お盆でも)アイゼンが必要」と言った湯ノ台ルート…

続きを読む