googleページランク【その2】

SEO
さて。
ワタクシのメインサイトがページランク0に成り果てた事の続き。

おおよその原因は判っちゃいるが、かなりヤヤコシい内容なので、その前に
『インデックス』『リダイレクト』についてのノーガキを少々。
判りきっている方は飛ばし読みして欲しい。

●インデックス
たとえば「ラーメン」というキーワードをgoogle(yahooやmsnも同じ)で検索する場合、
googleは、いちいち全てのページから「ラーメン」という語句を探しに行く訳ではない。
あらかじめ
「googleの検索結果として表示する価値がある」
と考えるページのコピーをgoogleのサーバに保存していて、
その中から「ラーメン」という語句を探しに行くのだ。

ページのコピーがgoogleのサーバに保存される事を
「インデックスされる」とか「キャッシュされる」とか言う。
googleから「価値無し」と判断されるなどしてインデックスされていないページは、
間違いなく検索結果には登場しない事になる。

そのページがインデックスされているかを確認する方法は、
そのページのURLで検索すれば判る。
(ツールバーからの検索ではダメ。googleのページから)
サイトごと確認するのであれば、
site:自分のサイトのURL
で検索する事により確認できる。

●リダイレクト
とあるサイトを見に行ったら
「このページは移転しました。*秒後に自動的にジャンプします」
などというメッセージに遭遇する事があると思う。
この「自動的にジャンプ」する事を「リダイレクト」と呼ぶのだ。

主にサイトの移転時に用いられる手法で、その方法は2つ。
1.『.htaccess』というファイルに移転元、移転先などのコマンドを書き、サーバに送信。
2.移転元のページに、metaタグのリフレッシュを用いたコマンドを書いてジャンプさせる。

googleやyahooが推奨しているのは1で、恒久的な移転である旨を書き込む事により、
移転元ページの被リンクやページランクを移転先ページに引き継がせる事が出来る。
(いわゆる、301リダイレクト)
ただし、大手プロバイダなどはユーザーに『.htaccess』を使わせてくれない事が多く、
それらのユーザーは2の手法に頼らざるを得ない。
これがサイト移転時の不具合に繋がる事が多い。


ワタクシのサイトの場合は移転した訳ではないのに、
これらに起因してページランクが0になってしまったのだ。
その真相は・・・
またまた続く。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ページランクを上げる方法
Excerpt: みなさん こんにちわ 過積載推進連合会なんて意味不明な物を見てしまいました。 ついでに最大積載量は積めるだけらしいです。 これって違法なんじゃないでしょうか・・・ さて 今回は、..
Weblog: 内職副業!誰でもすぐ出来るブログアフィリエイト方法
Tracked: 2007-09-06 23:35