googleページランク【その9】

SEO
1/12から始まった今回のgoogoleページランクの更新、
もう落ち着いた頃でしょうか。
悲喜コモゴモありましょうが、自分のメインサイトの場合で少々考察をしてみます。

今回の更新は、明らかに前回までとアルゴリズムが変わりましたね。
主な変更点と、その根拠を以下に挙げてみますが、
あくまでもワタクシのサイトのみからの推測ですので。

1.リンクのみのページは評価が低下?

⇒サイトマップ、リンクのページ、目次的なページ(サブカテゴリのトップ)、更新履歴、
いずれもページランクが消滅です。
確かに、これらのページは内外へのリンクが主たる内容です。

2.内部リンクの影響力が低下?

⇒上記1のページの中で、現状維持やランクアップしたページがありました。
それは外部からの被リンクがあったページです。
トップページの評価が高くても、枝葉のページへの影響力が減少すれば、
それらのページは外部リンクに頼るしかありません。
しかし、フツーはリンクはトップページが貰うもの。
枝葉のページにリンクを依頼するのは不自然でしょう。
ブログが流行りし昨今、
「おっ、このページはオモシロい! リンクを張っとこう」
そのように思ってもらえる内容のページに仕上げるしか無いかもです。
ただし、無関係なトラックバック乱発はイケませんぞ。

3.閲覧(検索)されると評価が上がる?

⇒インデックスと補足インデックスを繰り返してるページがありまして、
まあ、あまり見られていないと思われるページです。
そのページ、アクセス解析に閲覧された様子が見られると、
正規インデックスに復活したりしておりました。
googleツールバーの普及で、googleは各ページの閲覧数を見ています。

閲覧者なし→評価が低下→補足インデックス

こんな構図があるのかもしれません。
まあ、コレはニワトリとタマゴの関係で、逆に

評価が低下→検索順位が低下→閲覧者減少

というのが実態なのかもしれません。

補足インデックスとか正規インデックスについては、以下あたりからお読みください。
http://ogihima.at.webry.info/200712/article_20.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック