南篠崎たいよう公園

街中の小さな、そして比較的新しい公園です。
名前の「たいよう」の由来は、公園内の時計に起因しています。
コドモが描きそうな太陽の姿を思い浮かべてください。
「円形の時計のフチに、ライオンのタテガミようなギザギザとしたオカザリがつけられている」
それだけの事です。

画像


小さなジャングルジム、キリン風の滑り台、砂場、ブランコ。
そんな程度の遊具しかありませんが・・・・
我が家のマナムススメ、ココで遊具デビューいたしました。
足がバネになっていて、ただただユラユラとするアレでです。

もちろん自分の意思で登れる事は有り得ず、オトォチャンに抱えられて乗せられたのです。
それでも本人は大喜びなので、けっして幼児虐待ではありません。
とは言え、実際には写真撮影のためのヤラセです。
しかし、本人の意思に反し、いつ落ちてもフシギではありません。
そこで長男坊が役に立ちます。
写真を撮る直前まで、彼がマナムスメを抑えていてくれました。
次の写真に収められているのは、逃げそこなった長男坊の姿なのです。

画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

父娘のヒルメシ、、コーデュロイにGO!(江戸川区南篠崎)
Excerpt: カミさんも長男坊もお出かけで、マナムスメと二人きりで過ごす休日。 ヒルメシは、父娘で食べねばなりません。 「何が食べたい?」 「何でもイイ」 なにをぉ? 作った後で「アレが良かったコレが良か..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-11-06 06:09