奥尻島2015夏【8】うに丼《潮騒》と、なべつるカレー《さくらばな》(北海道奥尻町)

今回は、奥尻島でのヒルメシ編です。
トータル4泊5日の旅程ながら、、島内でのソレは2回。。
なので、店を厳選して食べねばなりません。
もっとも、、、大いに迷うほどに店は無いんですけどね。。
画像

上陸2日目のヒルメシはコチラ。
(初日のヒルメシは、上陸前に松前で食べました)
青苗地区の「お食事処 潮騒」です。(↓の写真)
カミさんがゲットした観光マップ(無料)に、うに丼がウリの店として紹介されていたんです。
画像

メニューを見ると、、、、(↓の写真)
五目、みそ、醤油、塩、チャーシューメン。。
なるほど、ラーメン系も充実しているのですね。
でも、、、
今回は、アナタ達には用はありません。
画像

メニューの裏を見ると、、、、(↓の写真)
天丼、カツ丼、親子丼、カレーライスにハンバーグ、、、
ふむふむ、何でもアリなのですね。
でも、、、
もちろん、アナタ達にも用はありません。
って、、、、
あのぉ、、、うに丼は?
画像

おおっ! ありましたありました!
レジにセロテープで貼られた「うに丼定食 2300円」の舌代が!(↓の写真)
想定していた価格帯よりも高めですが、、、、
コレを食べねば、奥尻島に出向いてきた価値が半減ですもの。
相応の出費も仕方ありません。
画像

で、、、マナムスメは、、、
呆れるほどに空気が読めず、、
「醤油ラーメン」600円也を選びました。。(↓の写真)
永福大勝軒を思わせる、ブ厚い脂の層に覆われたタップリなスープ。。
デーンと「ふ」が浮いているのが印象的です。
味見をしてみると、、、ピチピチ縮れ麺が思いのほかウマく、、
スープの旨みもバツグンぢゃないですか!
や、やりますな。
離島の何でも食堂、、アナドレません。
画像

で、、、うに丼定食は、、、、ぐぇぇぇぇぇぇぇ!
何ですか、コレわ!
うに丼+味噌汁+お新香程度を想定していたのに、、、
イカソーメン、タコ、ツブ、ブリ大根(?)にホッケがデーン。。。
割烹旅館のバンメシですよ! これでは!
高い理由が判りました。いえいえ、コレを見せられたら、決して高くないです。
それにしても、、、
心ならずも、とてつもなくゼイタクをしてしまいました。
ああウマい、、あ苦しい、、ウップ。。

後から思えば、、、
ウニは民宿のバンメシでイヤってほど食えるんですから、
ココは味噌ラーメンでも食べておくべきでしたね。
(この時点では、民宿の晩飯の実態が判っていなかったんです)

お食事処潮騒 店舗情報:
http://ramendb.supleks.jp/s/85782.html
画像

3日目のヒルメシはコチラ。
稲穂岬にある「食事処 北の岬さくらばな」です。(↓の写真)
ウニ系を食べるな! 
重たいモノを食べるな!
そんな合言葉を交わしながらの入店ですよ。
画像

実際には、注文は入店前から決まっていまして、、、
「なべつるカレー」、ソレが狙いだったんです。(↓の写真)
これも、カミさんが観光マップ(無料)で目をつけていました。
奥尻島のシンボル、なべつる岩をイメージした盛り付けで、、
町おこしの一環として考案されたモノなんですって。
画像

他のメニューは、こんな感じです。(↓の写真)
フツーに迫る「潮騒」とは相反し、、、
コチラは、ご当地モノに思いっきり舵を切っています。
三色丼、ウニ丼、アワビ丼、、、このあたりは、まだまだフツーの部類で、、
うにラーメンとか、おくしりさくらラーメン(アワビ ホタテ ツブ ウニ)とか、、
何気に目をむいてしまいそうな方向性なんです。。
画像

で、マナムスメったら、、、、
悲しいほどに空気が読めず、、、
「正油ラーメン」645円を選びました。(↓の写真)
ま、まあ、、おくしりさくらラーメンぢゃなかっただけでもヨシとしましょう。
なお、コチラのラーメンも「ふ」が入ってまして、、、
これは、奥尻の伝統なのかしらん。。
スープの方向性も「潮騒」チックでしたから、、、
もしかしたら師弟関係があるのかもしれません。
画像

で、コレが「なべつるカレー」1295円です。(↓の写真)
確かに、ゴハンがなべつる岩の形に盛られていまして、、、
ちょっと食べにくそうですね。。。
このあたりの、形から入ったコダワリは、、、、
神奈川県愛川町の宮ヶ瀬ダムカレーを思い出します。
画像

このカレー、コダワリは見た目だけではありません。
具材にイカ、ホタテ、エビ、アワビ、、、、(↓の写真)
海鮮のオールスターが勢ぞろいぢゃないですか。
それらがカレーとベストマッチしている、、、、
のかどうかは、ちょっとナニではあるものの、、、
奥尻に来たぞ! ソレっぽいモノも食ったぞ!
なぁんてキモチになるには、十二分なカレーだと言えましょう。
コホン。。

食事処北の岬さくらばな 店舗情報:
http://currydb.supleks.jp/s/85783.html
画像

【その7】宮津弁天宮、球島山、賽の河原に戻る
【その9】奥尻島フットパスDコースに続く

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

  • たこ焼き器は一家に一台な国

    ウニ丼定食もよろしおすなあ~
    (本日のお仕事は京都だったので京風で)
    あ、こんばんは

    うちの嫁さんウニ・イクラ・イカ・ウナギ
    嫌いなので、食卓にあがることは、めったにありませんが、

    あがっても(なぜか、いつの間にかレジかごに入っていますので)
    チェブラーシカ似の社長こと末っ子(学校でのあだ名はチェブちゃん)がジャイアンの法則を発動させるので

    お兄ちゃんお姉ちゃん、ウニ・イクラの味は知りません(涙)
    ヤツは、「パパの身体が心配やからオレ食べたげるわ」と、
    のたまい、残すなんて遠慮はしません

    ウニ・イクラ・カニ尿酸値気にせず食べたいよお~
    ってか少しは残せ!!(少しぐらい食べたって大丈夫なはず)

    文句を言っても大きなお耳は都合の悪いこと全く聞こえません

    何時もボヤいてスミマセン…
    2015年08月24日 19:48
  • おぎひま

    たこ焼き器は一家に一台な国さん、コメントありがとうございます。

    な、なんてタクマシいチェブラーシカくん!
    「オレのモノは・・・」
    ってな法則を完全マスターされているのですね。
    もしかしてお兄ちゃん、お姉ちゃんは、ヨソで摂取しているとか。。
    だとしたら、オトォチャンだけが不憫でなりません。。
    2015年08月26日 09:31

この記事へのトラックバック

新名物! 二海(ふたみ)カレー(まるみ食堂・北海道二海郡八雲町)
Excerpt: 北海道、函館と長万部の間にある八雲町は、、、 日本中の市町村では唯一ココだけというウリがあるんです。 それは、、、、 太平洋と日本海、両方に面しているという事。 双方の海の幸を素材として開発さ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2015-08-29 07:29