冬の定番、期間限定・味噌ラーメン(ラーメン大至・文京区湯島)

6月に、1年2か月ぶりの復活を遂げたコチラの店。
さっそくラーメンランチを食べまして、、
相変わらずの、極上のフツーさを堪能させて頂きました。
でも、それだけで満足はしませんよ。
冬の定番だった味噌ラーメンの復活も信じて、
心待ちにしていたんです。
そしたら、、、出ましたよ! ソレが!
画像

味噌のメニューは2本立て。(↓の写真)
1つ目は「味噌ラーメン」800円。
デフォのラーメン同様、オーソドックスさを追求しているとの事です。
そして「辛味噌ラーメン」850円。
コチラは生唐辛子バター乗せ。
この店では唯一の、、、フツーではない方向性のメニューですよ。
画像

ワタクシ、、、この辛味噌は、6年ほど前に食べています。
当時も「生唐辛子バターのせ」という方向性で、
奇を狙わないハズの店の思いっきりな奇を、
ゲリラチックに堪能させられましたっけ。
またソレを食べられると思うと、、、
食券代わりのプラ券を持つ手も汗ばんできますよ。
わくわく。
他サイトですが、当時のワタクシの投稿レポです。
https://ramendb.supleks.jp/review/325315.html
画像

これが「辛味噌ラーメン」850円。(↓の写真)
キクラゲ、ニンジン、モヤシ、コーン。
野菜たちはシャクシャク感を醸し出し、、
太い縮れ麺のモチモチ感がソレに加わり、、
とにかくフクザツな食感が具合イイんです。
でも、やっぱり主役はレタスに包まれたバターでしょう。
味噌とバターが合わない訳がありません。
コレが溶ければ溶けるほど、ドンブリ内はマッタリ感と辛さが入り乱れ、、
全くフツーではない至福さに包まれていきました。
ハヒハヒ。
画像

ああグクラクゴクラクな一杯でしたよ。うんうん。
繰り返しになりますが、、、、
この一杯、コチラの店が求める
「奇を狙わないフツーさ」
というポリシーに明らかに反しています。
そういう意味でも貴重な存在かもしれませんね。
なお、味噌ラーメンのほうは、、、
わざわざ「オーソドックスです」と宣言しているんです。
そう言われてしまうと、ソチラも気になりますって。
販売期間は3月頃までとの事なので、
ソチラにもチャレンジしょうかと思う次第です。
画像

店舗情報:
https://ramendb.supleks.jp/s/12163.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ロジェ・カフェヌードルで味噌ラーメン(文京区湯島)
Excerpt: ロジェ? カフェルードル?  ラーメン屋さんなんですか? コソバゆくなりそうなインテリアに包まれて食べる、 キラビヤカながらも物量チョコォンなラーメン、、、 そんなシュチュエーションを想像して..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-02-24 11:46

麺屋 睡蓮(すいれん)、、、和え玉でキマリ!(文京区湯島)
Excerpt: 駅から遠いのにラーメン屋がヒシメく、清水坂交差点。 その中で1~2を争う人気店が、コチラ睡蓮です。 つけ麺専門店とアピールしていますので、 ソレを殆ど食べないワタクシには縁の薄い店なんです。 ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-05-28 06:05

香港屋台、、、ラーメン激戦地の地下に潜む、ニィハオ飯店(文京区湯島)
Excerpt: 駅前でもないのにラーメン店がひしめく清水坂下交差点付近。 ラーメンを提供するカレー屋さんも含め、 7つの店でラーメンを食べましたよ。 これでコンプリートかと思ったら、、、 ややや! さらに、も..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-06-15 07:18