熊本まぜそば ごくまる、、、母体は熊本の炭火焼店?(千代田区神田須田町)

熊本ラーメンの特徴と言えば、豚骨・マー油・揚げニンニク。
本場の老舗「桂花」なんぞも都内に進出しています。
なかなかタクマしい熊本ラーメンですが、
「熊本まぜそば」ってのは初耳ですよ。
コチラは、ソレをウリに5月に誕生した新店です。
果たして、どんなんでしょう。
画像

店先には「熊本まぜそば」の看板。(↑の写真)
ノレンにはデカデカと「熊本まぜそば」の文字。(↓の写真)
しかし、、、
店内を含めて、ソレに関する説明的なモノが一切合切見当たらないんです。
まるで、誰もが知っていて当然のごとく。
お、おしえて頂戴! 熊本まぜそばの正体を!
画像

メニューは簡潔です。
「まぜそば」 650円か「まぜ丼」680円を軸に、
麺、肉味噌、ネギ、玉ネギが増せる仕組みです(有料)
あとの選択肢は、玉子とライス、(有料)
シメ用に「 一口ご飯」ってのもありました。(有料)
ワタクシはフツーに「まぜそば」650円、、
そして「一口ご飯」20円をチョイス。
そして登場したのがコチラです。(↓の写真)
画像

豚そぼろをメインに、ネギ、ゴマ、そして魚粉なんぞもドバっとかかっています。
麺は細麺、、博多っぽいヤツですね。
硬めの茹で具合いで食感もヨロシいですが、、、
なんだかカップ焼きそばを食べているキモチになってきました。
そんな安っぽい感じではありませんよ。あくまでも気分的な問題です。
味わいにメリハリがなく、なにかヒトヒネリしたくなりましたが、、
目についたのはラー油くらいです。
ぢゃあソレでってんで、ラー油攻め。。
ストロングな感じになりましたが、、
熊本ラーメンっぽさはミジンもありません。
最後に「一口ご飯」を所望すると、、
しゃもじでポトっと落してくれる仕組みでした。(↓の写真)
ホントに一口なのね、、、と、コレもラー油攻め。
なんだか、アッと言う間にゴチソウサマとなりました。
画像

ネット情報によりますと、この「ごくまる」は、
熊本市を中心にチェーン展開する「まるしょう」という炭火焼の店の系列なのだとか。
「まるしょう」のメニューに、まぜそばがあるらしく、、
ソレは呑んだ後の〆用なのかもしれませんね。
つまりコレは、熊本ラーメンを意識したまぜそばではなく、
発祥の店が熊本と言う事で、「熊本まぜそば」を名乗ったのでしょうか。
なんだぁ。。って感じです。
熊本らしさを追求するのであれば、浦安に
昭和30年代の熊本ラーメンを再現したという分田上なんて店もありますよ。

ワタクシは、まぜそば屋から見たら外道の客で、、
今年は麺処 MAZERU以来の2杯目。
去年は広島式 汁無し担担麺 湯島ひよこ堂の1杯だけ。
一昨年はローストビーフ油そば ビースト 麺屋はるかの2杯。
そんな程度しか食べないんです。
なのでコチラも、まぜそば好きな人にはタマラナい一杯かもしれませんね。


店舗情報:
https://ramendb.supleks.jp/s/110720.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

らーめん影武者で油そば、、、絶妙マヨ攻め!(千代田区外神田)
Excerpt: 当ブログ、夏休みの北海道旅行の記事が続いてますが、、、 実際には、もう帰ってきています。あしからず。。 昔っからそうなのですが、フシギなもので、、、 長期のキャンプツーリングから帰ってくると、 ..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-08-22 06:00

最強油そば春日亭で「鶏豚油そば」(千代田区外神田)
Excerpt: コチラは都内に10店舗ほど展開する、油そばの専門店です。 ホントにイツワリの無い専門店でして、 メニューには、油そばしかありません。 なので、汁なし系を殆ど食べないワタクシには縁の無い店だったの..
Weblog: 放浪者の平日
Tracked: 2018-09-21 06:33