「Shohei Bridge」、、交差点名標識の英語化が進んでます。

通勤路として、毎日通る昌平橋交差点
信号機の脇に掲げられた交差点名を、何となく見上げると、、、
アルファベット部分に、書き直した跡がありますね。(↓の写真)
「Shohei Bridge」、、しょうへいブリッジ、、、
なるほど、橋を英訳したのですね。
これは外国人観光客に対するサービスで、
数年前から国土交通省が始めた事業だそうです。
画像

例えば「国会前」は「Kokkai」から「The National Diet」へ。
「葛西臨海公園前」は「Kasairinkai Park」へ。
このあたりは判りやすいのですが、、、
コチラ「神田明神下」は、「Kandamyojin Shrine」、、、(↓の写真)
「下」は無視して、「かんだみょうじん じんじゃ」と訳してしまったのですな。
画像

続いて「昌平小学校入口」。(↓の写真)
これは「Shihei Elementary School」となってます。
そのまんま小学校ですね。「入口」は省かれました。
画像

これは簡単。
「神田郵便局」は「Kanda Post Office」。(↓の写真)
英単語の練習みたいで楽しいですね。
画像

「外神田5丁目」は「Sotokanda 5」。(↓の写真)
「丁目」は、そのまんま数字ですか。
案外と判りやすいです。
画像

そして「妻恋坂」。(↓の写真)
これは、若干苦労しましたね。
「Tsumakoi-Zaka Hill」になりましたか。
「妻恋坂」は固有名詞だとして、「坂」だけを分離しなかったのでしょうけれど、
でも、「Hill」は「丘」ですよね。
「Slope」ぢゃないのでしょうか。
調べてみたら、、、
英語での言い回し的には、Hillがフツーみたいです。。

The store is up the hill.・・・お店は坂の上にあります。
画像

かつて、旅先で出会った外国人チャリダーに、
地名の漢字とローマ字の対比表を書いて欲しいと頼まれた事がありました。
当時、地方の地名標識は漢字だけのケースが少なからずあり、
彼らが持ってる英文の地図と照合できないんですって。
もちろんソレに応じて書きましたけれど、
漢字は記号みたいなものでしょうから、大変だったと思います。
ワタクシにとっては、たぶんアラビア語やハングル文字で、
ソレをやるのと同じ感覚でしょう。

ローマ字から英語になる事により、
ますます彼らにとって便利になる事を期待します。
ただし、、
「温泉」の場合で「Onsen」と「Spa.」が混在していたり、、、
「道の駅」はそのまま「Michi-no-Eki」だったり、、、 
まだまだ修正すべき点はありそうですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック