「谷記 御徒町店」改め「中華料理 慶豊」、、、安さは、そのまんま(台東区御徒町)

錦糸町を中心に展開する、格安中華の「谷記」。
読みは「くき」です。なかなか読めません。。
御徒町の、ラーメン横丁の近くにも支店があったのですが、、
気が付けば、看板が変わっていたんです。
「中華料理 慶豊」とありまして、、
果たして、どんな店でしょうか。
画像

場所は、麺や希の、一軒挟んだすぐ隣。
屋号は「慶豊」。フツーに「けいほう」と読みます。(↓の写真)
この看板に変わったのは、先月、ラー横のつけめんTETSUに出向いた際。
その時は、看板以外には何も変わっていないように見えました。
画像

店先に張られたメッセージを読みますと、、(↓の写真)
「谷記 御徒町店から
慶豊に変わりました!
メニュー、スタッフに変更はありませんので
ご安心ください。
スタッフ一同今迄以上に
サービス向上に務めさせて頂きます」
とあります。
単なる店名変更なのか、、、店ごと谷記から独立したのか、、
よくわかりませんが、、、、
「谷記」の他の支店は、そのまま「谷記」のようです。
画像

メニューは、相変わらず安いセットがウリですね。(↓の写真)
660円均一で
酢辛味ラーメン、チャーシューメン、タン麺、五目ラーメン、肉野菜麺、上海焼きそば、、、
これらは半チャーハンつき。
タンタン麺、高菜麺、天津麺、もやしラーメン、野菜麺、五目焼きそば、、、
コチラのチームは餃子つき。
写真で見ると、餃子は4個ですね。
画像

「本日定食」とあるメニューも、660円均一です。(↓の写真)
スタミナ、ニラレバ、カニ玉、マーボ、、
どれもウマそうですが、
なんとなく、この日は麺類を食べたいキモチです。
画像

その「本日定食」にも麺類がありまして、(↓の写真)
マーボ豆腐麺+半チャーハンが新たに加わり、
一部のメニューは627円なのですね。
このハンパな値段、、どういう意味があるのでしょうか。
画像

結局、「チャーシューメン+半チャーハン」660円を選びました。
だって、世間的なチャーシューメン単品よりも安いんですもの。
まずはチャーハンが登場。(↓の写真)
マッハの速さですので、たぶん作り置きでしょうか。。。
お皿に書かれた屋号は、谷記のまんま。
その上には「料理の達人」と記されています。
画像

追っかけで登場したチャーシューメン。(↓の写真)
ドンブリがデカく、なかなかの物量ですね。
ロース系のチャーシューは5切れ。
食べてみると、これでもかってくらいの量に感じられました。
ラーメン自体は典型的なニイハオ中華の風味ですね。
決して薄っぺらい訳ではありませんですけれど、、
ガツンとした味わいが好きな方には、少々物足りないと思われます。
手ごろな価格でハラを満たす、、、そう思えば不足はありません。
ワタクシは肉っけに走りましたが、
調理麺系がオモシロいかもしれませんですよ。
例えば、マーボ麺なんぞいかがでしょうか。
ワタクシが大好きな中華のオカズは酢豚なのですが、
まさかのソレ入りのラーメンは、コチラには無いみたいです。
エッ? ある? 駿河台の店?
ううむ。昼休みでも頑張れば行けるかも。。
ごくり。
画像

店舗情報:
https://ramendb.supleks.jp/s/116235.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック