ラーメン豚山 上野店、、、二郎系新店、味噌もある!(台東区上野)

御徒町に、いわゆるJ系のラーメンが誕生しました。
場所は、御徒町の中央通沿い。
一風堂 上野広小路店のすぐ並びで、
僅か4か月足らずで閉店したらーめん よつば上野広小路店の跡地です。
さっそく、開店初日に出向いてみました。
画像

ラーメン豚山、、、、
本店は町田で、その他東京と神奈川にチラホラ。
この上野店は6軒目の店舗の模様です。
方向性は、カジュアルなJ系とのウワサもありました。
近くには同じくJ系の麺や希 御徒町店がありまして、
そのあたりがライバルになりましょうか。
画像

メニューは、こんな感じです。(↓の写真)
「ラーメン(小)」が、麺250gの豚2枚で780円。
「ラーメン(大)」は375g、2枚、880円。になりますが、
125g、2枚の「ラーメンミニ」なんてのもあるのですね。
ソチラは730円になります。
豚5枚だと200円プラス、8枚のダブルだと更に200円です。
100円で、汁なしにもなるとの事です。
画像

嬉しい事に、味噌がありました!(↓の写真)
「味噌山」100円というのがソレでして、
コレで味噌ラーメンに早変わり。
ただし、スープは味噌ラーメン専用ではありません。
デフォのラーメンに味噌を入れるだけみたいです。
画像

初めてのJ系の店では、「マシ」の量が判らなくて迷う事がありますよね。
どんだけ盛られるのは判りませんですもの。
ラーメン大のように、せっかく見本写真が出ているのに、
必ずソレ以上に盛ってくる店もありますし。。
コチラの店では、そのあたりが数値化されていました。(↓の写真)
例えば、ニンニクの場合、、、
少しで大さじ半杯、マシで1杯、マシマシで2杯。
野菜はグラム数が示されていました。
増しが450g、マシマシが600gです。
アブラとカラメはさすがに数値管理がムツカシいのか、
「少し」「たくさん」という説明になってます。
画像

ワタクシの注文は、
ラーメン(小)+味噌山、ニンニク、ヤサイです。(↓の写真)
ふむふむ。そこそこ盛ってきましたね。
山の標高は一番上の写真をご覧ください。
スープは、思った以上にドロっとした感じです。
これは味噌だけですね。多客のドンブリはキッチリと液体ですもの。
見た目の割には濃ゆ濃ゆ味噌という印象では無く、
なかなか口当たりがマイルドです。
おそらくフツーのラーメンも、穏やかなJ系なんでしょうね。
画像

麺はド太い平打ちタイプ。
食感バッチリですが、J系のストロングな店で遭遇するゴワゴワ感はありません。
アゴが疲れないホロホロの豚も具合よく、なかなかヤルぢゃないですか。
キモチよく、ドンブリはカラッポになりました。

これは、J系入門編には最適ですよ。
あるいは、体に悪いウマさも程々な気分の時とか。
この店は、そういう立ち位置を狙っているのかもしれませんね。
案内も判りやすく、説明も丁寧で、紙エプロンまで用意されているJ系、、、、
ある意味、貴重な存在かもしれません。
画像

店舗情報:
https://ramendb.supleks.jp/s/117038.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック