秋・会津2019【1】田子倉ダムと只見ダム(福島県只見町)

敬老の日の3連休。
我が家は、今年も南会津を目指しました。
「第22回豊田組林道祭り」への参加が主目的ではありますが、
観光や登山と絡めるのも例年通り。
早朝に東京を発った連休初日は、、、
只見町にある田子倉ダムにやって来ました。

NEC_1403.JPG

田子倉ダムは、高さ145mの重力式コンクリートダムで、
貯水量は徳山ダム(岐阜)、奥只見ダム(新潟)に続く日本3位。
日本のダム百選にも名を連ねています。
なぜ、ココの観光を選んだのか、、、
それは、カミさんやマナムスメが未訪だったから。。
ワタクシはR252やJR只見線で通り抜けていますが、
ジックリとダムを見物するのは初めてです。

NEC_1404.JPG

田子倉湖には遊覧船が運行されていまして、
せっかくなので、ソレにも乗ってみる事にしました。
船名はブルーレイク、、
6月初旬から11月初旬まで運行されます。

NEC_1405.JPG

運行時間は30分。
乗船料金は大人1200円、子供600円。
この日の場合は出航時刻は決まっておらず、
客が4人揃ったら出航との事でした。
我が家は大人2人子供1人の2.5人換算ですので、
あと1.5人で出航条件が満たされます。
長男坊ですか? 今回もおルスバンでオベンキョーです。。。

NEC_1421.JPG

その後に続く乗船客は現れず、、
結局、我が家だけを乗せて出航する事になりました。
80人乗りの船に2.5人、、、貸し切りです。
なんだか申し訳ないですね。。

NEC_1406.JPG

席は2階建て。
1階船室は、こんな感じです。
3人と2人で横並び、、、、
新幹線みたいですね。

NEC_1407.JPG

2階席は、屋根付きのオープンデッキ。
天気が良いですから、コッチのほうがナイスですよ。
ベンチがショボい?
そんな事は気にしません。寝泊まりする訳ぢゃないですし。

NEC_1408.JPG

出航すると、、、
湖と山とのコントラストがイイですね。
コチラは浅草岳(1586m)。
1等三角点もある、何気に人気な山だそうです。
山頂付近には草原や池塘の湿地が広がり、
その草原に生える浅い草、、背が低い草という意味でしょうかね。
それが山名の由来なのだとか。

NEC_1413.JPG

これは会津朝日岳(1624m)、、かもしれない山。
正解は判りませんが、、、
だいたい、その周辺の山だと思われます。

NEC_1409.JPG

フクザツに入り組んだ入江だらけの湖ですから、
その奥には、オヤクソクのように連なる山々が見えてくるんです。
コチラは、新潟と福島の県境の山稜、、、たぶんソレです。

NEC_1412.JPG

山ばかり見ていてもナニですね。。
この祠は、若宮神社。
ダム湖の完成と引き換えに集落と共に湖底に沈み、、
神社だけは、ココに移設されたのだそうです。
昭和34年、、1959年の出来事です。
ワタクシは生まれていません。。

NEC_1411.JPG

これが、水没前の田子倉集落。
やたらノドカそうですね。
新日本紀行のテーマソングが流れてきそうです。
もし、この写真の光景を長男坊が眺めたら
「小さな旅のテーマが流れる!」
と言いそうですが、、、
トォチャン的には、新日本紀行なのです。
これは、遊覧船の船室に展示されていた写真を撮ったヤツです。

NEC_1418.JPG

思いっきりダムに接近する遊覧船。
あの壁の裏は、145mの断崖ですよ。
ぶるぶる。
コンクリが痛んでませんか? ダイジョーブですか?

NEC_1417.JPG

桟橋に戻りました。ホッ。。
田子倉湖はダム湖である為、
シーズンによって湖面の高低差が激しく、、
船からの眺めも大きく変わっちゃうんでしょうね。
乗り比べてみるのも面白いかもしれません。
でも、渇水期はあまり絵にならなそうな。。

NEC_1420.JPG

遊覧船を降り、歩いてダムの上に。
途中までは立ち入りが出来ます。
下を眺めると、、、迫力満点ですよ。
こりゃチヂミますね。。
直下に、田子倉発電所の建屋が見えました。

NEC_1422.JPG

ダムから下流方向を見ると、、、
細長いダム湖があって、その奥が只見ダムです。
メインのダム湖の下流に補助的なダム湖を設け、
下流への水量を調節するのだそうです。

NEC_1423.JPG

コチラが只見ダム。
高さ30mのロックフィルダムで、、
田子倉ダムと比べると、ずいぶんコジンマリとしています。
前記の通り補助的なダムですので、それでイイのでしょう。
谷底にヒッソリとタタズむ只見湖ですので、周辺よりも湖面の風が弱く、
鏡のような天地返しの風景が見えやすいんですって。
ユニ塩湖ウみたいに、それをウリにしてみたら如何でしょうか。

NEC_1444.JPG

只見ダムから望む、田子倉ダム方向。
ダムも山々も湖面に映っていましょう。
完全な「逆さ田子倉」状態になるには、あと一歩でしょうかね。。。

NEC_1445.JPG

田子倉ダムをアップにしてみました。
まあ、イチオウは逆さ田子倉ダムですよ。
ガラケーカメラでは、こんなもんでしょう。
さて。ダム見物の後は、、、
最近では、ダム湖と言えばオナジミの、
ダムカレーでも食べましょうか。

NEC_1449.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント