山の名前と旧日本海軍の重巡洋艦


先日、望郷の湯で見かけた「群馬の酒蔵 のみくらべ」なるセット。
「榛名山」「妙義山」「赤城山」、、
群馬の山名がつけられた日本酒3本を揃えたものでした。
「おおっ! 上毛三山が揃っている!」
などと感激したのですが、、、、
「空母 赤城、戦艦 榛名、、、妙義は無いな。。。」
そんな感想も持ってしまうワタクシ。
実は、かつてのワタクシ、、、
それら軍艦のプラモデルを作っては喜んでいたんです。

NEC_1634.JPG

ワタクシが凝っていたのは、ウォーターラインシリーズというヤツで、、
海に浮かんだ水面上だけのモデルです。
タミヤ、アオシマ、フジミ、ハセガワの4社が分担して販売していました。
主だった軍艦は、殆ど揃えましたっけ。
今は、ひとつも残っていませんが。ああ懐かしい。。
で、、旧日本軍の軍艦の場合、、、
「重巡洋艦」なるタイプの艦に、山の名前が付けられたのです。
ちょっと待て、「赤城」は空母(航空母艦)、「榛名」は戦艦だと書いたばかり?
そうなんです。
赤城の場合は、起工時は巡洋艦だったのですが、途中で空母に改装されたんです。
榛名は、「巡洋戦艦」という位置づけでしたので、山の名前になったのでしょう。
同型の戦艦である「金剛」「比叡」「霧島」も、みな山の名前ですね。
ちなみに、、戦艦は旧国名が基本です。
「大和」「武蔵」「長門」「陸奥」「伊勢」「日向」「山城」。
「扶桑」だけが、抽象的な国名です。。
途中で空母に改装された「信濃」「加賀」も、国名のまま空母になりました。

さて。山の名がついた重巡洋艦は、こんな感じです。
妙高」「羽黒」「足柄」「愛宕」「高雄」「摩耶」「鳥海」「青葉」「衣笠」「古鷹」。
名だたる山が揃っているものの、、、、
北アルプスや南アルプスの高峰は皆無で、コジンマリとした山が多いですね。。
「穂高」「立山」「白馬」「剣」「白根」「赤石」なんてのがあっても良さそうなのに。
時代的には、まだ登山が一般的では無く、信仰や歴史的な山が選ばれたのでしょうか。
「高雄」は東京の高尾山ではなく、「愛宕」は芝の愛宕山ではなく、、いずでも京都の名山です。。
途中で空母に改装された「葛城」「天城(未完成)」「生駒(未完成)」「阿蘇(未完成)」「伊吹(未完成)」
なども山の名前です。
もっと昔の軍艦では
「富士」「八雲」「浅間」「吾妻」「磐手」「春日」
なんてのもあった模様です。

なお、、軽巡洋艦は川の名前。「木曽」「長良」「阿賀野」なんてのがソレですね。
我が東京の川。「多摩」もありました。
途中で軽巡洋艦から格上げされた「最上」「加古」「利根」「筑摩」「三隅」「鈴谷」「熊野」、、
これらは川の名前の重巡洋艦です。
鈴谷川と言うのは聞いた事が無く、どこの川かと思ったら、、、
樺太の川でした。。。

という訳で、、、、
旧日本軍の軍艦に命名された山は20座ありましたが、、、
(太平洋戦争当時の艦。天城などの未完も含む)
すべて登った人は居ましょうか。
ワタクシは、
以上7つです。。


ところで。
↓の写真は、本文とは全く無関係ですが、、、
家族で登山を楽しむカミさん、、当時中学生の姿です。
まあカワイラしいお姿です事。
この画像から、登った山の名前が判りましょうか。
正解は、、、この文中にも登場する山ですよ。。

2020031517340000-1.jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント