バルト3国料理に挑戦!【1】「豚肉のザワークラウト焼き(エストニア)」と「スープルィブィヌィイ(ラトビア)」


トォチャンが晩メシ担当の、とある日。。。
「何が食べたい? 和か、洋か、中か、、、その他か」
家族からリクエストを募ったのです。すると、、
「その他って、何があるの?」
などと聞かれたものですから、
「えっと、韓国とかインドとか、、、バルト3国とか、、、」
最後はモノのハズミで言ったんですよ。。
そしたら、、「バルト3国がイイ!!」の大合唱。。
わ、判った! ソレを作ればイイのですな。

NEC_1300.JPG

そうは言ってみたものの、、、、
無知なワタクシ、、、ソチラの料理は見当すらつきません。。
なので、ソソクサとネットで調べてみました。
何を置いてもコレ! 的に、絶対的なモノは無さそうです。
それでも、、ザワークラフトとかジャガイモとか、
いくつかのキーワードは見つかりました。
ただし、、いっぺんに3国分を作ろうとすると、、、
力量を超えてキッチン崩壊を起こすのは必至でしょう。
3年前、トルコ料理にチャレンジした際は、まさにそういう展開にハマりましたっけ。
なのでムリをせず、、
この日は、北から順番にエストニアとラトビアの2国に絞る事にしました。

NEC_1285.JPG

「エストニア料理」の写真を見まくったら、、
一番気になったのがコレ。(↑の写真)
「豚肉のザワークラウト焼き」とありました。
ううむ、なんだかステキなオモモチをしているぢゃないですか。
写真だけで、レシピが無いのが気がかりながら、、
他のレシピも参考にすれば、どうにかなりましょう。

そして、ラトビア料理。
クックパッドで、「スープルィブィヌィイ」なるモノを見つけました。(↓の写真)
スープならば、他と並行しても出来そうですね。
ならば、この組み合わせで行きましょう!

NEC_1287.JPG

まずはザワークラウトですが、キャベツの漬物なのですね。
なので、フツーは漬けるのに何日もかかってしまうんですよ。
でもダイジョーブ!
クックパッドで、なんと1時間で出来る手法を見つけたんです。
「レンジで時短 ザワークラウト風」
なるほど、発酵させる代わりに酢を使うのがミソなのですな。
あくまでも「風」ですが、、、どうせ家族は誰も見抜けませんでしょう。
キャベツを刻んで塩を少々、、レンジでチンして酢と砂糖、、、
冷蔵庫で冷やしたら出来上がり!
ね、ね、簡単でしょう。
レシピにあったローリエは、、、見て見ぬフリをしました。。

NEC_1291.JPG

「豚肉のザワークラウト焼き」ですから、豚も要りましょう。
ただし、その調理法は全く判りません。。
なので、テキトーに味付けして炒めてみました。
どうせ家族は誰も、、、、、

NEC_1292.JPG

ジャガイモは、あらかじめレンジでチンしました。
まあ、よくある手法ですよね、、時短できますし。
本場エストニアでは、どうやっているのかは判りません。。

NEC_1294.JPG

ザワークラウト、豚肉炒め、ジャガイモを盛りつけ、、、
オーブンで焼けば良い訳ですね。
そのままだとキャベツが焦げまくっちゃうので、アルミ箔で包みました。
これは、他のレシピで見たパクリです。

NEC_1297.JPG

オーブンとグリルを動員して2皿ずつ焼きました。
アルミで包んだおかげでキャベツは炭化しませんでしたが、
その分だけ、ジャガイモは少々焼き足らず。。
そのあたりの加減がムツカシいですね。
別々に焼いてトッピングのほうがキレイな仕上がりになったかもです。

NEC_1299.JPG

焼き上がりを待つ間に、ラトビアのスープルィブィヌィイを。
ザックリ言えば、サケとジャガイモのスープです。
タマネギとニンジンも一緒です。
見るレシピによって、トマトだったり違ったりするのですが、
今回はトマトでいきました。
分量は、すべてレシピどおり、、、ではなく、、、
ローリエやオールスパイス・マジョラム、、そのあたりは見て見ぬフリ。。
どうせ家族は、、、、

NEC_1290.JPG

出来上がった「豚肉のザワークラウト焼き」がコチラ。
ネットで見た写真のようにコギレイではないものの、、
どうにかなって一安心です。。
エストニアのみなさま! これで正解でしょうか。。
少しでもカスっているのであれば嬉しいです。。
まあ、ブタと新じゃがの組み合わせですから、
なにをやってもマズい訳がないですよね。。
カミさんには、ザワークラウドがエラく好評でした。

NEC_1301.JPG

「スープルィブィヌィイ」がコチラ。
ラトビアのみなさま! これで正解でしょうか。。
レシピどおりの水量では、あまりにもシャバシャバな味わいだったので、、
カミさんの助言に従い、トマトピューレを思いっきり追加しました。
なので、本来のモノとはかけ離れているかもしれません。。。
ぢゃあ、「風」でイイです。風で。

NEC_1302.JPG

どうにか形になった(と思いたい)バルト3国料理のうちの2つ。
(一番↑の写真)
右隅のカニグラタンは、いつもの100円冷凍モノで、、、、
バルト3国とは無関係です。
でも、、意外や意外な事実がありまして、、
世界一のカニカマ生産国は、なんとリトアニアなのだそうですよ。
そうそう、残るリトアニア料理をヌキにする訳にはいきませんよね。
翌日にチャレンジしたソレは、もっと過酷な結果となりました。。
そのあたりは後ほど。。。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    今晩は!
    いや~あっ、何事も挑戦あるのみで、為せば成るを実践されましたね^^
    まだ成果が判らないのがミソでしょうか(^_-)-☆
    2020年05月10日 21:11
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。

    自宅で飲み食いしか楽しみの無いGWなので、
    せめて、アレコレやってみた次第です。
    気晴らしにはなりますね。
    2020年05月11日 07:31