我が家のヒルメシ、、With コロナ【5】宇宙の創世と、青春の片手鍋


このシリーズは、、トォチャンの在宅メシと長男坊の弁当日記。。
そんな色合いが濃くなりましたが、、
引きこもり続きのネタ切れにつき、細々とお伝え続けます。
7/13(月)。
これは、カミさんが怪我から復帰してから最初に作った弁当。
いかにもなシャケ弁、、しみじみと美味しそうでございます。
食べるのは長男坊ですが。。

NEC_1742.JPG

7/14(火)。
この日は長男坊の自作弁当。
ルーロー飯を作ると張り切りまして、
ひき肉と素を買ってきた長男坊。
素はハウスの「アジアン屋台街」というシリーズで、
トムヤムクンとかガパオとかグリーンカレーとか、、
色々とソチラ系のメニューがある模様です。

NEC_1759.JPG

挽肉を炒めてゴハンに乗せれば、まさにルーロー飯。
ウマそうではありますが、、、
なんだか、茹で玉子が痛々しい姿ですね。
どうしちゃったのでしょうか。

NEC_1750.JPG

玉子が失敗した理由がコチラ。
茹でている最中に殻にヒビが入り、、
そこから白身が噴き出してきたのだとか。
星の誕生を彷彿させる、なんとも言えない白身の、、、
思いっきりアートです。

NEC_1748.JPG

お湯から取り出すと、、、こんな感じになりましま。
コチラは、未知なる深海の生物みたいですね。
まあ、食ってしまえば宇宙風も深海魚風も一緒です。
お疲れさまでした。

NEC_1749.JPG

さて。
我が家では、茹で玉子や、天ツユなどの少量のモノを作る際に活躍したのが、
この小さな、そして妙に年季を感じるアルミの片手鍋なんです。
実はコレ、カミさんの嫁入り道具、、、と言うよりも、もっと歴史がありまして、、
カミさんが進学し、初めての一人暮らしを始める際に買ったんですって。
コレでゴハンも炊き、オカズも作り、、、
イタイケなオトメの暮らしを支える、大事な大事な鍋だったのだとか。
(もしかしたら)初カレよりも先に付き合い始めたパートナー、、、
去年あたりに柄が折れた際に捨てもせず、一生懸命に補強していたのは、そういう理由だったのでしょう。

NEC_1688.JPG

そんな鍋でしたが、、、
ある日、茹で玉子を作る為に水を張ると、、、なんとコンロが水浸し!
鍋に穴が開いてしまったんです。
よぉぉぉく見ると、、鍋底の一部分がアルミ缶のごとく薄くなっていまして、
ちょっとしたキズから、水が漏れていたんです。。
さすがに、もう使えません。。
長男坊が別の鉄鍋で玉子を茹で始めた際に起きた宇宙的な異変は、
このアルミ鍋の怨念だったのかもしれません。。

NEC_1689.JPG

気を取り直しまして、、、、
この日はテレワークだったワタクシの分も、
長男坊がルーロー飯を作ってくれました。
ソレをゴハンに乗せ、イワシ缶を添えればリッパなヒルメシですよ。
なぜか、玉子はついていませんでした。
別にイイんですけどね。。。。

NEC_1789.JPG

7/15(水)。
この日は、ワタクシが長男坊の弁当作り。
リクエストにお応えして、、、エビマヨ弁当にしました。
ゴハンは炒飯。ポテサラは、長男坊が使い残したモノ。
鉄鍋で茹でた玉子は、、、フシギな事に、、、
小規模ながらも、長男坊と同様の宇宙現象が起こりまして、
イビツな半熟になったのは、ソレが理由です。
おそるべし、アルミ鍋の怨念。。

NEC_1794.JPG

7/16(木)。
この日は、カミさんが長男坊用の弁当を作りました。
唐揚げ、ブロッコリ、トマト、炊き込みご飯、、、
相変わらず彩りが素晴らしい弁当ですが、、、
何と言う事でしょう。
またまた玉子が失敗したというのです。
長男坊、ワタクシ、そしてカミさん、、、、
3人が揃いも揃って茹で玉子がうまくいかないとは、
本格的に、アルミ鍋の呪いに違いありません。
ぶるぶる。。

NEC_1766.JPG

7/17日(金)。
この日はトォチャン弁当です。
タイトルは「セーシュンの片手鍋」だったのに、、、
なんだか「怨念の片手鍋」っぽい展開になってきました。
ソレを断ち切るべく、、、
手作りハンバーグ&タコさんウィンナー弁当にしてみました。
19歳が食べるのに思いっきり相応しくないオコチャマ弁当を作るとなれば、、、
バカらしくなって、アルミ鍋の怨霊も出てこないに違いありません。
ところが、、、見ての通りです。
警戒して、いつもより余計に茹でたのに、、、白身がグズグズ。。
な、何をすればこうなるのぢゃ! 教えてくれたまい!

NEC_1775.JPG

恐らくですが、、、
カミさんが愛用した片手鍋で玉子を茹でる場合の所要時間が、
この青い鉄鍋には合わなかったとか、イロイロと物理的な原因があるのでしょう。
と言う訳で、、、ほぼ同じサイズのアルミ製片手鍋を買ってきました。
これでダイジョーブですよ。きっと。
でも、、
穴の開いた片手鍋は捨てずに、セーシュンのヒトコマとして保存しておく事に。
ああ、カミさんのモトカレに対してまで、なんて優しいワタクシ。。
これで鍋の精も、安心して新しい鍋に乗り移ってくれれば良いのですが。
果たして、新鍋での茹で玉子の出来栄えは、、、、
今日現在、、まだ試していません。。

2020072006210000.jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    こんにちは!
    いや~あっ、鍋にも怨念が乗り移るんだ(@_@;)
    これからは穴が空かない鉄鍋にしなくっちゃ。
    2020年07月22日 15:46
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。

    2代目は、再びアルミ鍋になりました。。
    果たして、何年後に穴が開きますやら。。

    2020年07月23日 07:47