マシントラブル! さあ、どうする。。。バイク編


列車、飛行機、船、クルマ、、、、そしたら次はバイクでしょう。
アチコチ走り回っていれば、多少のマシントラブルは避けられず、、
それは覚悟の上ですが、、、ヤバい時はヤバいです。
ツーリング先でバイクがオシャカになっちゃったとか、、
そういうハナシもありますし。
幸い、ワタクシはソコまでには至っていません。。

aso.jpg

それに近い事はありました。
1998年のGW、九州ツーリングの際に、そのピンチが訪れたんです。
大阪までは自走し、南港から名門大洋フェリーに乗ったワタクシ。
翌朝、北九州行に上陸した後は、林道を繋ぎながら南下。
天気は、あいにくの雨模様でした。
奥日田スーパー林道を延々と辿り、熊本県の菊池市あたりで、、、
パリーンと、何やら聞いてはイケナさそうな音が!
同時に、リヤブレーキが全く効かなくなったんです。。。

img119.jpg

バイクを止め、恐る恐る覗き込むと、、、
リヤブレーキの軸を押さえる金属板(赤矢印)が割れているではありませんか!
これでは、絶対にブレージが効く訳がありません。
しかも、、、この金属板は、ハブ(後輪の軸受け。緑矢印の部分)と一体ですから、
割れが広がってハブに至れば、完全に走行が不能。。
押し歩きさえも出来なくなりましょう。
走行中にソレが起これば、シムかもしれません。
ど、どないしまひょ。。

BXVL0658-1.jpg

とりあえず、20kmほど先の熊本市街を目指し、リアブレーキ無しで自走しました。
バイク屋さんに向かった訳ですね。
都合よく、この部品の在庫があるなんて期待してはいませんですけれど、
当時、我がバイク・TW200は街乗りアンチャン達に大人気となり、
どの店に行っても、必ず実車がある状態だったんです。
片っ端からバイク屋を周れば、一軒ぐらい、実車から部品を外して売ってくれる店がないかと。。
それが、ワタクシのモクロミでした。

hirao.jpg

大都市・熊本市にはバイク屋が何軒もありましたけれど、、
やはり、その部品は在庫など無く、実車から外してくれる店などありませんでした。
まあ、冷静に考えれば、、そりゃそうですよね。。
部品を外した時点で、そのバイクは新車では無くなってしまいますから。
後から部品をつけ直して「新車」と称したら、たぶん問題になりましょう。
その場で、新車を丸々買っちゃえば良かった?
ナイスアイデアですけれど、、、それはそれで、イロイロと問題が。。
結局、熊本市内のバイク屋さん巡りは壊滅状態で、、、、
フロントブレーキだけを頼りに、阿蘇のキャンプ場に潜り込んだのでした。。

nukuyama.jpg

翌朝、、、まず目指したのは大分市。
東京に帰るフェリーは宮崎県の日向からの出航ですので、
ツーリングを中断して帰る事も想定し、宮崎に近い側に移動したんです。
国道57号をトボトボと東に進んでいると、、途中でバイクの解体屋を発見!
そこに立ち寄ってみる事にしました。
廃車になったTW200があれば、部品が手に入ると思ったんです。
営業時間前なのか休みなのか、事務所には人の姿がありません。
積み上げられたバイクを眺めていると、、
フイに4WD車、、トヨタのランクルが止まり、オヂサンが話しかけてきたんです。
「ソコでなにをやってる?」
オイラ、怪しいもんぢゃないよ! 
などと妖怪人間のように答えながら、事情を説明するワタクシ。
ランクルおぢさんは、
「判った。なだばオレに着いてこい!」
そう告げると、、おぢさんのランクルは、大分市街方向に走り出しました。

img117.jpg

ランクルおぢさんが止まったのは、大分市内のYSPのバイクショップ。
店長らしき御仁と親し気に会話するランクルおぢさん。。
オロオロと、ソレを見守るだけのワタクシ。
「イイでしょう。やりましょう!」
まぢすか店長!? ホントですね!!
もう聞いちゃったから、やっぱダメはダメですよ!
この店には、街乗りアンチャン向けのTW200カスタム展示車が存在し、
それの部品を外し、我がTWに着けてくれると事でした。
展示車なので、どのみち新車としての販売はしないからイイよ! ってな感じです。

img115.jpg

店としては、「展示車から部品を外す」、「(ワタクシのバイクに)着ける」、
そして、「(後で)新しい部品を展示車に着け直す」の3度手間。
まずは、そんなメンドクサい事を引き受けてくれた店長に感謝です
それは、お得意様のランクルおぢさんの仲介があってこそでしょうから、
ワタクシに声を掛け、連れて来てくれたランクルおぢさんにも大感謝です。
もし解体屋を通過していたら、、ランクルおぢさんとは会わなかった訳で、、
その偶然にも、大いに感謝しましょうか。
そして、、、
元々はオフロード車であるTW200を、街乗り用に流行らせてくれたアンチャン達、、
アナタタチにも感謝しなければなりませんですね。
だって、その展示車が存在したからこその成り行きでしたから。

tw-1.jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

  • 山ちゃん

    こんにちは!
    いや~あっ、とんでもないアクシデントに遭われたんですね。
    よくぞ前ブレーキだけで走り、修理可能なお店まで辿り着けましたね。
    そんな運があったから、今のおぎひまさん家族が存在するんですね。
    2022年05月01日 11:36
  • おぎひま

    山ちゃんさん、コメントありがとうございます。

    このバイク、後輪はドラムブレーキで、
    もともと、利きが悪いんです。。
    でも、全く無しになったのには、タマベました。

    2022年05月01日 20:02