金管バンド「春のコンサート」と「アルルの女弁当」

マナムスメが通う「東江戸川3丁目小学校(仮称)」の春のコンサート、、
金管バンドの演奏会です。
4年生から、そのメンバーに加わったマナムスメ。
これまで運動会などでの演奏は見ましたけれど、
ステージでのソレは初めて見る事になります。
わくわく。
画像

マナムスメが担当するのは打楽器。
入部時にイロイロと金管楽器も試したそうですが、
結局、マウスピースから音が出せず、、、
打楽器に甘んじたとの事です。
でも、本人はソレを大いに楽しんでいますから、
何らモンダイはありません。
カミさんも小学校のブラバン出身ですが、同様の理由で大太鼓をドォンと担いでいたんですって。
親子ですね。ププププ。
画像

今回、前半は小太鼓、後半は木琴を担当しました。(↓の写真)
小太鼓って案外と目立ちますし、その勇ましさがイイですよ。
木琴の音色もホレボレ、、、、親BAKAです。。
5年生に進級する際は楽器をチェンジするチャンスもあるものの、、
マナムスメは、そのまま打楽器希望です。
画像 画像

この日は給食はありませんので、弁当を持参しなければなりません。
「トォチャン弁当がイイ!」
との事でしたので、、、
「ぢゃあ、どれがイイ?」
などと選ばせた候補がコチラ。
「ベートーベン弁当」「モーッァルト弁当」「アルルの女弁当」
以上3つです。
いずれも、何かしらのアイデアに基づいたタイトルでは無く、、
金管コンサートですから、ソレっぽいお題をテキトーにでっち上げてみただけなんです。。
果たして、マナムスメが選んだのは、、、
「アルルの女弁当」でした。
さて、、、何を作りましょうか。。
画像 画像

アルルの女はビゼー、、ビゼーならカルメン。
なればスペイン料理ですな。パエリアとかどうかしらん。
でも、それだけではダメですよね。
アルルの女は2面性を持った曲。
そういう弁当に仕立てなければいけません。
念の為に調べると、、、
げげげげげ!
アルルの女もビゼーも、スペインなんかぢゃありませんがな!!
正解は南フランス、、、
こ、このワタクシが、、、、まさか、おフランス料理を作る事になろうとわ。。。

で、、、クックバッドをアレコレひっくり返して選んだメニューは、、、
「マルセイユ仕立てのカマンベールおにぎらず」
「鶏胸肉のラタトゥイユ」
以上2品になりました。。(↑の写真)
画像

まずはラタトゥイユ」。
ムツカシい事は出来ませんので、、、
市販の「鶏肉のトマト煮」のスープを使いました。(↑の写真)
材料は鶏肉、ナス、ピーマン、パプリカ、、、
ね、ね、ソレっぽいでしょ?
大サービスで、キューリもブチ込みました。
もちろんコレは、ズッキーニの代用です。
あとは煮込むだけ、、、、
楽勝です。ソッコー完成です。(↓の写真)
この重厚さ、、アルルの女の前奏曲「王の行進」が聞こえてきそうでしょう?
自画自賛。。
画像

次は、「マルセイユ仕立てのカマンベールおにぎらず。
アルルは古代から続く港町で、大都市マルセイユの隣りの隣り、、、
そんな位置関係みたいです。
ならば、マルセイユ風ならばアルル風でもありましょう。たぶん。
まあ、おにぎらずなんてのは思いっきり和風ですが。。
材料は、カマンベールチーズ、バター、レタス、タマネギ、ノリ、ゴハン。
コレは、かなりレシピに忠実に作りました
画像

ゴハンをラップに包んで四角く成形し、、、ソレを2つ用意。
あとは、じゃかすか乗せていくだけです。(↓の写真)
パンで作ればサンドイッチですな。
そのほうがフランスっぽかったでしょうか。
でも、フランスパンとか言い出したらヤヤコシそうですよ。
画像

食べる際にボロンボロンになってもナニですから、
再びラップの上から成形。。。
おにぎらずと言っても、けっこうニギってます。
このあたりは正しいレシピとは違うかもしれません。
何気にポップで、 アルルの女・ファランドールなキモチになりませんか?
自画自賛、、その2
画像

完成した「アルルの女弁当」、、
「鶏胸肉のラタトゥイユ」と「マルセイユ仕立てのカマンベールおにぎらず」
ソレがコチラです。(↓の写真)
「王の行進」と「ファランドール」が組み合わされ、
情熱的なクライマックスを感じさせる弁当ぢゃないですか?
とにかく自画自賛。。
で、、マナムスメの感想は、、、
「美味しかった。カマンベールチーズが良かった」
ありがとう。
でもソコは、クックパッドがエラい部分。。
もともとアナタはチーズ好きですし。
「アルルの女」としての出来栄えを評価してくださいませ。
「おけ。良かったよ。バッチリ。カンペキ」
ず、ずいぶん棒読みなのですね。。
画像

"金管バンド「春のコンサート」と「アルルの女弁当」"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: