野島公園キャンプ場2019、、、キャンプ場で手作りパン(パンドイル・横浜市金沢区)

GW明けの週末は、恒例の野島キャンプ。
場所は横浜市金沢区の野島公園キャンプ場で、
主催は、オナジミの豊田組です。
毎年、このキャンプが終わると、
ああ、GWはホントに終わってしまったのね。。
などとウメく事になりまして、、、
そういう意味では、日常への良いクギリにもなっていと言えましょう。。
画像

野島は、天然の島なんです。
本土と橋で結ばれていますし、そうは見えないんですけどね。
目の前は、運河に見えますけれどリッパな海。
スタンドアップパドルを楽しむ人々の姿も見えます。(↓の写真)
波がありませんから、初心者の練習には良いのかもしれません。
向こう岸は日産の追浜工場。
と言う事は、横須賀市になるのですね。
画像

横浜DeNAベイスターズの横須賀スタジアムも見えるんですよ。(↓の写真)
巨大な望遠鏡を持ち込めば、、、
ココから試合が見れるかも知れません。
1軍では無く、イースタンリーグになりますが。
ウソです。絶対にムリです。キッパリ。
画像

そんな環境のキャンプ場ですが、、、
デイキャンプのバーベキューが大人気。
機材は全てレンタルできますし、ラクチンそうですね。
もちろん有料です。事前予約も必要です。
この日も、とある大企業の一団が、楽しげに肉を焼いていました。(↓の写真)
画像

1週間前に、四国の三野農村ふれあい広場キャンプ場で畳んだばかりの、
我が家のメインテントを張りました。(↓の写真)
梅雨前ですからキチンと乾かしておきたいところ。
GW明けの野島キャンプは、そういう場としても便利なんです。
画像

さて。宴を始めましょうか。
駐車場とサイトが離れているのがココの欠点。
それでも、ダブルコンロを持ち込むアナタ!(↓の写真)
頑張ってツマミを作ってくれたまい。
画像

こんな巨大肉も登場しました。(↓の写真)
こういうシュチュエーションで焼くと、
ロクに味付けなんぞしなくてもウマいものですよ。
でも、、、、
これは我が家のオカズではありません。
マナムスメくん、、この肉をジックリと見て、
唾液が出てきたら、ゴハンを掻き込むのだよ。
画像

次第にヨッパラっていくオトナ達から距離を置き、、、
コチラはコドモ達の宴会会場です。(↓の写真)
もう、全員が小学校高学年ですので、
放置していても何ら心配はありません。
かつては、宴会中にテントから夜泣きの声が聞こえてくると、、
「ややや! ウチの子か」
などと、みんなでドキドキしたものですが。。
画像

一夜明け、、、、
アサメシは、GWの残り物、、、、、
関ヶ原の朝倉運動公園でのゲリキャンで食べ損ねた、
スガキヤのラーメンです。(↓の写真)
名古屋の味を横浜で食べるのもオツなものですね。
やっと、スーちゃんを成仏させてあげられました。
画像

テントもキッチリと乾かしてから畳む事が出来まして、、、
さて、ボチボチ帰ろうかと思ったら、、、、
ナゾの行動をするマナムスメ。(↓の写真)
まだ帰りたくないのポーズなのだそうです。
もっと遊びたいんですって。
画像

仕方ありません。
そうであれば、ヒルメシの支度が必要ですな。
持ち込んだ食材は食べつくしましたので、、、
ならば、島内のパン屋さんに行きましょう。
島の西岸にある、、、手作りパンの店「パンドイル」です。(↓の写真)
画像

天然酵母の国産小麦のパンがウリで、
多彩な品数が自慢の店なんです。
でも、この日は出足が遅れたものですから、、
これだけ買うのが精一杯。。(↓の写真)
我が家を最後に、、ほぼ売り切れ状態となりました。
画像

先に買っていたグリーン家からもオスソワケを頂戴し、、、(↓の写真)
手作りパンのランチも満喫できました。
マナムスメくん、これでイイですかな?
とっととオウチへ、、、そして日常に帰るよ。
画像

野島公園キャンプ場 公式サイト:
https://yokohamagrill.com/nozima/park/
Pan d' ile(パンドイル) 公式フェイスブック:
https://ja-jp.facebook.com/Pan-d-ile%E3%83%91%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%AB-479387838901426/

"野島公園キャンプ場2019、、、キャンプ場で手作りパン(パンドイル・横浜市金沢区)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: